アラフォーのシングルマザーが「いま、ここ」と「これから」を楽しみながら綴るブログ。
あな吉手帳術 + ゆる家事 + 卵&魚アレルギーっ子育児。
すきなものいろいろつめこみました。
オリジナルレシピ「にじいろスイーツ」はnoteで販売中。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
寒さをのりきるためのお買い物

寒さをのりきるためのお買い物。

・写真左:カーテンフック。

今住んでいる家は築30年以上たっていて、カーテンフックがもう限界です。

プラスチック製なので長年の紫外線で劣化してて、

朝カーテンをシャーッと開けると、フック部分が突然ポキッと折れたりするの。

今年の冬は、壊れたフックを取り替えるぞ〜。

あと、寝室のカーテンを二重にして防寒したい。

そのためにもフック追加!

 

・写真中:めっちゃ熱いカイロ「マグマ」。

息子のバスケ練習の時に保護者は体育館で見学していて、

まあ〜この時期の夜の体育館って、冷える冷える。

敷物&カイロは必須です!

今年見つけた桐灰の「マグマ」はすぐ熱くなるカイロ。

最高温度73℃ですって。屋外で使うのもよさそう!

持続時間はふつうのカイロの半分で、12時間ほどですけどね。

寒さでこごえながらじっとしている時間、もうふつうのカイロには戻れないかも〜。

 

・写真右:寒くなると恋しくなるのが、あったかいお茶。

熊本・水俣の桜野園さんの緑茶、

わたしは「蒼(あお」がすっきりしていていちばんすきです。

朝起きた時に、今日も1日がんばろ〜っと思いながら一福、

夜仕事から帰ってきた時に、1日おつかれさま〜と思いつつ一福。

「桜野煎茶」はお客様用、

紅茶「紅」は洋菓子に合わせる時のお茶。

 

さあ、寒さをのりきるあれこれ、そろったな。

年末はカーテンのメンテナンスが楽しみです。

結局わたし、家のことをちまちまやるのが楽しいのよね。

極細主義

筆記用具は、極細主義です。

・写真左:愛用している文房具&メイク道具。

右上から時計回りに、

フリクションボール4ホワイトの替芯0.5を、0.38に入れ替えて使用中。

芯が折れないシャーペン、オレンズネロ0.2。

黒い紙に書く時の白ペン、ジュースアップ0.4。

フセンや日記を書くときに、シグノ黒0.28。

まつげの内側にアイラインがひける、フローフシのアイライナー。筆が細い!

 

・写真中:オレンズネロは、趣味のソーイング用に先月購入しました。

芯が折れないってだけでもすごいのに、芯の太さ0.2ですよ?

こんな極細芯を作る技術がすごい…。

日本の職人さん、尊敬します。

 

・写真右:ソーイングのどこで使うかというと、

パターンをトレーシングペーパーに写すときです。

これまでは0.3の製図用シャーペンを使ってましたが、

わたし筆圧が強いので芯がポキポキ折れて、

全然トレースが進まずストレスでした。

オレンズは金属の筒から芯を出さずに書けるので、芯折れの心配がないです。

すごいわ〜!

 

あ、0.2といっても、慣れてくるとそんなに細くは感じないです。

トレースした紙には型番とサイズを書いておくけど、

ふつうに読める細さです。

 

こんな便利な文具が世に出ていて、

今の学生さんがうらやましいわ〜。

ノートに細かい書き込みいっぱいできるね。

 

 

さて、今日は台風接近のため大分県は1日雨でした。

オリオン座流星群を見たかったけど、今年は無理だね。

また来年に期待!

 

息子の冬用パジャマの型紙だけは、なんとか写すことができました。

明日も1日、ひきこもり決定ですな。

ガスオーブンでパンがうまく焼けないので…

先月から、ガスオーブンでパンがうまく焼けないのです。

 

ケーキは焼ける。

ベルちゃんレシピ、米粉のアーモンドチョコケーキ。

 

クッキーも焼ける。

きなこのハードクッキー。

(ゆるベジ焼き菓子レシピ本より)

 

焼き温度が150℃〜170℃のレシピはうまく焼けるんですが、

190℃で焼いているパンは、いつも焼き色がつかず、白っぽい。

 

それに、二次発酵をしっかりさせているのに、

焼いてるあいだはほとんどふくらまず、焼き上がりも固い。

 

オーブンの温度がじゅうぶん上がってないのかも?と思い、

ガス屋さんに点検に来てもらいました。

150℃のクッキーはきれいに焼けるけど、

190℃のパンはうまく焼けないことを伝えました。

 

そしたらガス屋さん、本社に電話し、

オーブンの設定をちょっといじったかと思うと、

「10℃補正しておきましたから」と一言。

ちょ、ちょっと待った〜!

 

10℃温度を上げればすむ問題か?

そもそも、温度がちゃんと上がってるのかどうか知りたいんですけど?

それじゃ、今まできれいに焼けていたクッキーやケーキは、

今後焦げることになるぞ。

 

結局、設定をもとにもどしてもらい、

パンが焼けない件は保留のまま、

ガス屋さんには帰ってもらいました。

 

そもそも、故障してるの?してないの?

まだ1年半しか使ってないぞ。

う〜ん、自分でやれるとこまでやるしかない…。

 

というわけで、まずはオーブンの温度を知るために、

オーブン用温度計をゲット。

 

 

170℃設定で焼いている最中。

このとき、庫内は180℃。

ガスオーブンが電気オーブンより10℃〜20℃高めというウワサは、本当だった!

これからは10℃低めにセットしよう。

 

高温だとどれくらい上がるのか知りたくて、

まるごとチョコバナナスコーンも焼きました。

(ゆるベジ焼き菓子本より)

 

こちらは、レシピでは220℃設定。

オーブンを200℃に設定したら、庫内は220℃。

あら、温度はちゃんと上がってるじゃないの。

じゃあ、パンを焼く温度は問題なしということ。

問題は、パンの原料にあるのかも。

 

いつも産直コーナーの地粉を使っているんですが、

先月からあきらかに、粉の感じが変わったんですよね。

いつもどおりこねても、ベタベタして、吸水率がちがう。

今年収穫分から、小麦の種類が変わったのかも…。

 

今度は、ちがう地粉を使ってみよう。

うまく焼き色がついたらいいな〜。

パンづくりも、オーブンの扱いも、なんとなくアナログでやってきたので、

今回温度計でハッキリ温度がわかってよかったです。

これも一種の「見える化」かな?

 

きれいな焼き色のついたパン、

2学期までにはリベンジしたい!

ソーダストリーーーム!!

最近の楽しみ。

蒸し暑い外から帰ったら、

キンと冷えた炭酸水を飲む!

 

おうちで炭酸水がつくれるマシン、

ソーダストリーム買いましたー!

 

2年前の今ごろは、

仕事から帰ってきたら、

缶ビールをプシュッと開け、

飲みながら夕ごはんを作ってました。

 

夏中そうやってすごしていたら、

お腹まわりが大変なことに〜(>_<)(←ビールっ腹よ…)

 

去年は、その反動でビールをやめ。

代わりに、甘い物をつまんでいたら、

これまた体重が過去最高値に…。(←ストレスによる過食よ…)

 

今年になって気がついたこと。

別に、ビールじゃなくていいのよ。

コーラでいい。

 

いや、甘い飲み物じゃなくていい。

炭酸がきいてるレモン水でいい。

あの、パチパチはじける刺激が欲しいだけ。

 

 

で、今は便利な道具があるんですね。

炭酸水メーカー、ソーダストリーム♪

 

わたしが買ったのは「ジェネシス」といういちばん安くて軽いモデル↓

同じ形の「ジェネシスデラックス」↓とのちがいがよくわからないんだけど…

上部のボタンと下の受け皿の色が、

デラックスだと金属っぽい色、くらいかな。

 

箱から出すと、

中身はこんなかんじ↓

左から、本体、ガスシリンダー、水用1.0Lボトル、

プレミアムオレンジシロップ(←これはおまけでついてきた)

 

炭酸水の作り方は、

まず、本体にガスシリンダーをセットするところから。

本体ウラのボタンを押して、

 

フタをはずします。

 

ガスシリンダーの青いシールをはがして、

この後、白いキャップもはがします。

出た!

フタ部分をひっくり返して、

右の穴部分にガスシリンダーをまわしながら取り付けます。

こうね↓

フタを元通りにはめればOK!

水用ボトルの基線まで水を入れて、

冷蔵庫で1時間ほど冷やしておきます。

 

水が冷えたら、ボトルを本体にまわしながらとりつけて、

上のボタンを押すと、炭酸ガス注入〜!

ブシュ〜ッ!

 

ガスが充填されると、ブッと音がします。

ボトルをまわしてはずせば、炭酸水完成〜!

 

パチパチ感じる、じゅうぶん炭酸が強い水。

どれだけ強いかというと、

飲んだら胸やけするくらい(笑)(←炭酸入れすぎじゃ)

 

夜つくった炭酸水、ボトルで翌朝まで炭酸が残ってました。

水筒に入れていったら、炭酸が強すぎたのか、

フタを開けた時にポン!と鳴りました(笑)

 

おまけでもらったオレンジシロップ、

入れたら甘過ぎなくていい感じ〜。

これは子ども用だね。

本体に付属のボトルは1L用だったので、

こまめに作りたいときは500ml用のボトルがいいと思います。

 

初期費用はかかりますが

(本体はセールで10000円、ガスシリンダーは交換のたびに2160円)

炭酸水500mlあたりガス18円分でつくれる計算なので、

かなりお得。

 

ビールに比べればヘルシーだしね。

これからは、自分の健康にもっと気をつけよう。

 

お酒は、ひとりで飲むのはつまんない。

わたしは、みんなでワイワイ楽しく飲みたいほう。

ストレス解消に飲むアルコールは、あんまりすきじゃない。

 

だから、今年の夏は、スカッとさわやかに。

自家製ソーダでのりきります!

 

 

 

 

 

 

 

 

無印のグレーアイテムで、旅の準備。

パッキング下手な理由がわかったぞ!

荷物を小分けしてないからだ!

 

近々、1泊旅行の予定がありまして。

 

いつもスーツケースがパンパン&激・重のわたし。

自分でもなぜ荷物が多いのかわからないまま、

これまであちこち旅に出かけてたわけですが…。

 

今日、わかりました。

これまで、入れるものを小分けにしてなかったからです!

 

これまでは、ホテルに備え付けのシャンプー&リンスが苦手で、

自宅で使っているものをいつも荷物に入れてました。

 

それも、シャンプー、コンディショナー、

250mlのボトルごと…。

 

そして、化粧水に、保湿のクリームも、

もちろんボトルごと…。

 

今は使わなくなったけど、

以前はこれにクレンジング剤もボトルごと入れてたので、

そりゃあ、重くなるはずだ!

 

 

旅上手な人の荷物を見ると、量が少ないし、

きちんと小分けされて、何がどこに入ってるかがひとめでわかる。

 

そこで小分けにできるアイテムを探しに、無印良品へ。

 

メッシュ地の小物ケース。

これでもう、アクセサリーが行方不明になることもあるまい。

 

液体類は、ボトルに小分けするぞ。

シャンプー・コンディショナー・化粧水は、

1日分だけ持って行けばいいからね。

 

洋服も、1日分をまとめて小分けして入れよう。

上のケースは、そのまま洗濯ネットとして使えるもの。

下のケースは、仕切りが2つついているので、トップス・ボトムスで分けてもいいね。

洋服用ケースは、偶然にも、愛用のスーツケースの幅ぴったりでした。

あら、うれし♪

 

 

旅行以外でも、おんせんめぐりに使えそうなケースたちです。

(これまでは、着替えもボトル類も、小分けせず、

まとめて大きなトートバッグにドサーッと詰めこんでた)

 

 

無印良品、旅にぴったりな、シンプルなアイテムが常時そろっているからすきです。

黒は重いかな?と思って、グレーを選びました。

次の旅からは、パッキング上手をめざしまーす♪

今年の紫外線対策、3種の神器
今年の紫外線対策。
新たに導入したグッズは、この3点。

1、サングラス

(レンズは真っ黒じゃないものがいいらしい。
真っ黒で瞳孔が開きすぎると、目のダメージが大きくなるので)


2、ヤケーヌ(商品名)

(鼻から下の顔〜首すじを守るアイテム。
日に「焼けぬ」からきてるんだろうな〜)


3、涼かちゃん(すずかちゃん:商品名)



実家の母が今月購入して、絶賛している、この帽子。
太陽光カット99%以上&風とおしもよくて涼しいらしく、
「仕事(農作業)に行くのが楽しい〜♪」とよろこぶほど。


涼かちゃん&ヤケーヌのコンビは最強で、
涼かちゃんをかぶって、まず頭〜首の後ろをガード。


そしてヤケーヌを装着し、顔も紫外線からガード。

ヤケーヌは2枚の布が組み合わされているので、
のどが乾いたときは、はずさなくても、
スキマから水分補給ができます。

農家の仕事は、気温との戦い。
これからの季節はとくに、熱中症予防が大切です。
母が仕事道具にこだわる気持ちがわかるわ〜。


ところで、なぜわたしが農作業帽子をゲットしたかというと、
実家の田植えのため。


しかし、田んぼに水が入ってはいるものの、
父が運転するトラクターが田んぼにハマって、
代かきが間に合わず、
苗を植える事はできませんでした…。


残念。
今年こそやりたかったのにい…。

(↑家族からは「あやしすぎる」と不評だった、3点セットフル装備の図)


田植えは延期になったので、
サングラス&ヤケーヌの2点だけつけて、
高原ドライブに行ってきました。

久住山が緑!
新緑の美しい季節です。


涼かちゃんは家庭菜園で使うことにします…。

サングラス・ヤケーヌ・涼かちゃん。
紫外線対策の3種の神器、おすすめです♪
新学期に準備したもの
息子、今日から二年生♪


始業式は午前中でおわり。
お昼ごはんは学童保育で食べます。

そこで今日は、給食が始まる前の、
最後の学童お弁当〜!特大!

まあ、いつもの鶏唐揚げ・玉ナポ・フルーツ詰め合わせですけどね…。
(ゆるベジ本たくさんあるのに、春休み中は結局これのヘビロテだった…)


あ、でも今日は、実家からもらったほうれん草がたくさんあったので、
「ほうれん草餅のきつね煮」を入れました。

4年前、わたしがはじめてあな吉さん講座を受講したときの、
ゆるベジ王道レシピ!

↑ちょっと色が悪いけど、右手前部分の三角ね。

息子は、このレシピじゃないとほうれん草を食べてくれない(汗)
このレシピだったら、食べられる♪

2倍量つくって鍋でぐつぐつ煮るの図。

手間がかかっているようで、カンタンなこのレシピ。
出勤前の短時間でもできました〜!


そうそう、今年度から時間に余裕をもって行動できるように、
新たに導入したものがあります。

アナログの壁掛け時計です♪


これまでうちにある時計といえば、
めざまし時計か、もらいものの小さな置き時計くらいでした。
でも、1年間すごしてみて、限界だってわかりました。

毎朝息子に、
「もう、何時だと思ってるのー!」
「はやく準備してー!」
「かーちゃんが仕事に行けないじゃんかー!」
と叫びながらの毎日。

(息子が家を出るのを見送ってから出勤しています)

昨年度は、叫んでいるうちに、登校班のお兄ちゃんたちが玄関でピンポーン。
ああ、今日も登校班集合に遅れた…。みたいな日々。

もう息子も時計をよめるようになったし、
遠くからでもひとめで時間感覚(残り時間)がパッとわかる、
アナログ時計がいるな〜と思っていたところでした。

デジタル時計だとどうしても数字の羅列に見えちゃって、
時刻や「あと何分」っていう感覚がつかめないのよね。
なので、わたしはアナログ時計推しです♪


また新しい1年間。
笑顔ですごす時間をふやしたい。
今年度は、時間のことで息子に叫ばずにすむかな(笑)

 
2015年度版、買ってよかったものベスト5
この1年間で買ってよかったもの、
ベスト5を紹介します!

まずは第5位!
星型LEDライト〜!

過去記事:「キラキラカーテン、いっちょあがり。」

当時、ミニマリスト本にハマってて、
家の中から装飾や季節のかざりまで撤去しそうな勢いでした。

そんなわたしを思いとどまらせてくれたのは、
ハロウィンやクリスマスなどのイベントをとっても楽しみにしていた、
息子の存在。

ミニマリストは、
「モノがいかに少ないか」を競争する人じゃない。
自分に必要な物、不要な物を、知っている人のこと。
だよね…(←我にかえった…)


このライトは、そんな折り、ハロウィン用に購入したものです。

星の形も数もほどよくて、
2セット買って、窓枠にたらしたらちょうどよい長さでした。


息子はこのライトをともした夜は目がキラキラ☆
やっぱり、こんな潤いも必要よねえ、
とわたしも思い直したのでした。

年末にライトはしまったけど、
秋になったら、また飾る予定♪


つぎに、第4位!
無印良品の業務用キッチンダスター!

過去記事:「一生ぶんのストック?」

台拭きをグレーにするだけで、
なんだか薄れる生活感、漂うおしゃれ感(笑)

うちの台所はステンレス製品多めなので、
色味を合わせたこのグレーのダスターがぴったりでした。

100枚入りだけど、半年で4枚ほどしか使ってない。
1年で8枚消費するとして、10年以上はもつ計算。
使い終わったあとも、無印良品さんが作りつづけてくれているよう願ってます。

とにかく乾きが早いのがうれしい〜♪


つづいて、第3位。
グリーンファン サーキュレーター!

過去記事:「グリーンファン サーキュレーター」

扇風機を持っていなかったので、
サーキュレーターと扇風機、どちらにしようかと(2ヵ月ほど)悩み、
結局こちらにしました。

風が強力!で、離れたところからもまっすぐ届きます。
夏場のクーラーのない寝室で眠るとき、
ホントに助かりました。

今は、洗濯物の室内干しの乾燥としても使ってます。
部屋ごとに、もう1台欲しいくらい(笑)

首ふり機能なし、タイマー機能なし、
音も4段階中、2からうるさくなる、など、
人によっては好き嫌いあると思いますが、
わたしはなんといってもこのデザインがすき♡


さあ、第2位!
ラバーゼの水切りカゴ!

過去記事:「最近、食器洗いが楽しいワケ。」

ステンレス製品に萌えるのは、
もう、一種の習性というか(笑)
自分ではおさえきれない衝動です(笑)

もっと早くに買えばよかった〜!と思っているのが、
この水切りカゴ。

洗ったお皿を立てて並べるのが楽しい♡

食洗機にもあこがれつつ、
今日もひろりんタワシで夜家事をのりきりましたっ。


そして、ついに、第1位!
ダイニングテーブル!

過去記事:「自分の『すき』に正直に♪」
「自分の『すき』に正直に♪その2」


映画「かもめ食堂」にも出てくる、
こちらのテーブル。

こんな大きな(物理的にも&金額的にも)買い物、
めったにしたことないから、
購入まで何ヵ月も悩んで、
「失敗しちゃならん」とお店で実物を見ることにして、福岡まで行って。

実物を目の前にしても、
色を選べなくて、お店で1時間以上も迷って。
自分の優柔不断さに、びっくり(笑)

注文から5ヵ月たってようやく届いたあとも、
その大きさにビビって、
「大きすぎた!?失敗した!??」と連日思って、
後悔したこともありましたが。

でも、この1年間で買ったもので、いちばんすき。
なによりも毎日使って、
使ううちにこのサイズにも慣れてきて。

食事、PC作業、手帳ミーティング。
息子の宿題に、最近ではお友だちとのおやつ会(?)。

なーんでも受けとめてくれて、
わが家の中でとっても頼もしい家具になりました。

テーブルって、がんばればわたしにでも作れるけど、
安定感と、この脚の曲線は、
自作ではとうてい無理だもんね。

プロがつくる家具を尊敬しつつ使った、
この半年間でした。


日々の暮らしで役立つ、美しいもの。
こんなすてきな物たちを生み出してくれた人たちに、
心から感謝しています♡
理想の洗濯カゴ
探していたんだよ〜!


ようやく見つかりました!
理想の洗濯カゴです。

無印良品の「18−8ステンレスワイヤーバスケット」です。

まるで給食の食器を運ぶカゴみたい(笑)
いや、そこが愛らしくていいんだけどね♪


洗濯カゴに求める条件は、
・錆びないこと(衣類に色がつかないように)
・カビないこと(衣類までカビないように)
・通気性がよいこと(しつこく、カビ防止)
・重すぎないこと
・衣類を出し入れするときにひっかからない素材であること(これ大事!)


ステンレス素材でも過信せず、細部までチェックします。
取っ手を外に出して〜


中にも入れて〜


洋服がひっかかるような凸凹がないかどうかチェック。
うん、だいじょうぶ!OK!

ええ、わたしの、日用品に対するチェックは、素人にしては厳しすぎると(笑)
身内からもときどき言われています。

わたしと6歳ちがいの妹は、
「ねーちゃん、なんでそんなこだわりが強いの!?」と言うし、
でも一方で、2歳ちがいの弟は、
「ねーちゃんが買うんならまちがいねーな」と信頼してくれる。

まあ、こだわりが強すぎるのも一長一短ですね。


ああ、でもこれでようやく!
洗濯ネットの山(洗濯物)を腕にかかえて移動していた日々から、解放されます〜。

このカゴ、シリーズでサイズが7種類もあります
スタッキングも可能なので、便利〜♪

台所で野菜カゴとしても使えそうだし(現在うちはダンボール箱でしのいでる・汗)、
趣味のソーイングの道具も、これにまとめようかと計画中。
次の無印週間で買い足し決定ですな。


探していたんだよ〜。

ようやく見つけたよ♡

 
圧力鍋のメンテナンス
「かーちゃん、ごはんがおいしくない」


今月から、息子がこう言うようになりました。

うちは圧力鍋でごはんを炊いてるんですが、
たしかに、炊きあがったごはんに以前のようなモチモチ感がない。

なんとなーく原因はわかってて。
鍋のふたのパッキンがゆるんでいるからです。

7年前に買ってそのままのパッキン。

外側の茶色い輪っかが、シリコン製パッキンです。
7年も経過するとさすがに変色・劣化していて、
弾力性もおちてるし、
縮んで小さくなってるので、洗うたびにふたからパカパカ落ちます。

それに加えて、ここも↓



圧力ピンの内側。
なんと、ここのシーリングキャップにうっすら亀裂が入っていて、
圧が十分かかってなかった…。



シリット圧力鍋のパーツは、通販で購入できます。
大分市の健康食品店、
こころ広場さんでも買えます〜♪
(場所はOPAMのすぐ近く、川をはさんで橋をわたったところ)


新しいシリコン製パッキンと、シーリングキャップ↓


通販ではキャップがふつう3個セットのところを、
こころ広場さんは1個から売ってくれます。

取り付けて〜↓


Before


After

​きれいになりましたっ!

新しいパッキンにしたら、
ふたをしめるときにギュ〜ッと手応えがあって、
火にかけたあとも、圧がかかるのが早い早い。
圧が逃げなくなったのね。


せっかくなので、
汚れがたまっていた取っ手部分も分解して掃除。

取っ手と本体のつなぎめは、こうなってます↓


取っ手をはずすためのドライバーは、
日本製のもの(左)だとうまくいきました。

右側のはメーカー不明だけど、ネジがうまくはずせなかった。
あやうくネジ頭をつぶしそうになって、あぶないあぶない。


圧力鍋自体は一生ものですが、
ときどきメンテナンスが要りますね。
これからも、定期的にパーツのチェックをしつつ、大事に使います♡