アラフォーのシングルマザーが「いま、ここ」と「これから」を楽しみながら綴るブログ。
あな吉手帳術 + ゆる家事 + 卵&魚アレルギーっ子育児。
すきなものいろいろつめこみました。
オリジナルレシピ「にじいろスイーツ」はnoteで販売中。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ゆるベジロジックがあればこそ。

今日のお弁当も、卵&魚ぬき!

 

息子のコピー給食を、わたしのお弁当に詰めたものです。

 

メニューは、

・クーブイリチー(沖縄料理、昆布の炒め物のこと)

具は、昆布・豚肉・にんじん・干し椎茸。

 

・キュウリのスタミナ炒め

キュウリ・鶏ささみ・ゆるベジ万能ダレ・ごま。

 

・いわしのフライ

いわしの代わりに豚ミンチ・塩・ナツメグ・海苔・衣は水溶き小麦粉。

フライ用のパン粉を切らしてたから、

天ぷらみたいになっちゃったな。

 

 

海苔を使うと、

魚じゃなくても(肉でも野菜でも)、

海産物みたいな味になる、と知ったのはゆるベジのおかげです。

 

他にも、

中華風の味つけなら、ごま油+ショウガ+醤油。

洋風の煮込み料理なら、オリーブオイル+ニンニク+ローリエ、とかね。

ゆるベジレシピから学んだことがたくさんあります。

 

息子が生まれるまで、

わたしの料理は、

テキトーに作りはじめて目指すものから遠い仕上がりになるか、

レシピどおりにきーっちり作りすぎて、

材料ひとつ欠けただけで完成できなくなるか、

の両極端でした。

 

だから、めったに使わない調味料でもひととおり揃えたりしてね。

 

息子の卵&魚アレルギーで出会ったゆるベジ。

いちばんの収穫は、料理に使わなくてもいい材料を知れたこと。

ダシをとらなくても、おいしいおかずが作れるってわかったこと。

 

給食で魚を使うメニューが出ても、もう緊張しない。

他の材料でアレンジできるようになったからね。

それは、ゆるベジロジックがあればこそ♪

 

今週も、コピー給食を作り終えることができて、

ホッと一息ついてます。

 

今週も、1週間、おつかれさまでした!

コピー給食、愛用お弁当アイテムたち。

コピー給食をつくるのに、愛用しているアイテムたち。

 

息子のお弁当グッズは、

・ステンレス製の丸形(シーガルorゼブラ)

・サーモスの保温ジャー

・サーモスのごはん用保温ジャー

・ポケモンのお箸&スプーン・フォークセット

に落ち着きました。

 

ステンレス製のお弁当箱、初代はこちら↓

シーガルの直径10cm・2段タイプ。

(下の段に顔が映り込んだので、画像加工しています)

わたしがまだ20代のとき、自分用に買ったもので、

もう15年間も使っています。

 

少々手荒く扱っても、壊れないのですき♡

(激しくぶつければ凹みますが)

よく、保温性はあるの?とか、

密閉できるの?(汁物OK?)ときかれるんですが、

 

保温性ゼロです!

汁物はスキマから漏れます!

でも、デザインがすきなんだい♡

 

漏れるのはパッキンがついてないからなんですが、

洗う手間や衛生面を考えると、

パッキンなしでよかったと思います。

 

ステンレス製なので、

冷凍庫からオーブンまで使える優れもの。

ちょっと重いのが難点かな。

 

息子が幼稚園年中のときは、これに入れて持たせていましたが、

その後わたしが仕事に出るようになり(自分のお弁当用にしたい)、

息子も食べる量がふえたので、

今はゼブラの直径12cm・2段タイプを使っています。

(←ゼブラは10cmしか見当たらなかった…)

 

シーガルとゼブラ、シールがちがうくらいで、

素材や形は同じです。

わたしはシーガルの昔からあるシールが好みだな〜。

 

これらの他、10cm3段、12cm3段も持っています。

おかずの量に合わせて、使い分け。

 

汁物を入れているのは、

サーモスの保温ジャー。

初代は右側の白い容器。容量270mL。

カバーなしで4年間使ってきたので外側がボロボロ。

 

中はこんな風になっています。

 

子ども用には、270mLでじゅうぶんです。

黒いタイプは、ホームセンターで半額になってたから買ったんだけど、

380mLで少し大きいのよね…。

 

中味をいっぱいいっぱいに入れたほうが保温性が高いような気がするので、

もっぱら白を愛用中。

汁物&ソースが出るときは、2つ同時に使うこともあります。

外側に傷をつけたくないのであれば、カバーもあると便利。

 

ごはん容器は、去年新しく買った、

サーモスのお弁当セット(バッグつき)についていたもの。

 

ごはんを、中の白いプラスチック容器に入れて、

本来ならレンジでチンしてから、黒い保温カバーをつける仕組み。

でも、うちにはレンジがないのよね〜。

(4年間、なくてもあんまり困らなかった。あたためたいものは蒸すので)

 

冬場、つめたいごはんがかわいそうで買ってみましたが、

プラスチック製なのがなんだか気になって。

あたたかくなってからは、またステンレス製お弁当箱にごはんを詰めています。

 

ただこのお弁当セット、バッグがかっこいいの。

 

開け方も、ファスナーが斜めになっているという♪

 

息子が高校生になったら、

このお弁当セットで使おうかなと思っています。

ごはんの量、この容器0.8合なんだけど足りるかなあ。

 

お箸は、ポケモンのXY&Zシリーズ。

キャラクターものって、

ごちゃごちゃして見えるのであんまり取り入れたくなかったのですが、

ポケモン映画を見に行って、

息子があまりにもピカチュウ好きなので去年導入。

 

これまでは、他のスプーン&フォークセットだったんですが、

去年担任の先生から、

「息子さん、スプーンやフォークを使おうとしないんですよ」と

ちょっぴり嫌味っぽい言われ方をしたので、

よおおおし、絶っっ対使いたくなるスプーン&フォークを入れてやる!!と

燃えたのが本音(笑)

 

なかみは、こうなってます↓

これなら絶対使いたくなるからね。ピカチュウいるし!

 

 

ちなみに、遠足のときのお弁当箱&袋も、

このシリーズでそろえました。

息子、大よろこび。

お弁当箱は400mLと小さいので、

食べる量が増えたら、買い直すかも。

 

こんな感じで、4年間、試行錯誤でした。

やっとお弁当グッズが落ち着いたかな〜と思います。

親も子も、すきなものを使うのがいちばんだよ♡

コピー給食、5年め突入で思うこと。

息子のコピー給食づくりも、5年めに突入しました。

 

幼稚園の年中時代から作り始めて、

ふと気づいたら、

もう、丸4年がたっていました。

 

この日の給食メニューは、

・パン

・ナポリタンスパゲティ

・ウインナーとスナップエンドウのソテー


パンは、白崎茶会のかんたんパンレシピから、

さっぱりタイプの丸パン↓

卵・乳製品・白砂糖不使用。

この本に載っています↓

 

 

スパゲティは、ゆるベジ圧力鍋本の、

玉ねぎナポリタン↓

 

材料全部一度に入れて、時短でできるから好き♡

ナポリタンが出るたびに、

このレシピに助けられています。

 

お弁当は、朝、出勤前に職員室に届けています。

先生が「いつも本当に見た目そっくりに作られていて、すごいです!」

と言って下さっているので、

まあ、今のところ外見は合っているのかな〜。

 

幼稚園時代のように、

給食室前に見本が置かれているわけではないので、

小学校入学後は、献立の材料表を見て想像しながら作っています。

 

そうそう、小学校の献立表は、

材料が全部書かれてあるので、わかりやすいのです↓

コピーして手帳にはさんでいます。

自宅に常備していない食材を、赤ペンでチェック〜。

こちらが予想していたより多くの野菜が使われているので、

前日までに買い出し。

保存がきく食材は、早めに買っておいたりしてね。

 

コピー給食を始めた当初は、

全部作るなんて無謀だったかな、

アレルゲンが含まれていないごはんやおかずは、

給食をお願いすればよかったかな、

とか、いろいろ悩みました。

 

とくに、主食のごはんだけでも、

給食のあったかいものを食べさせればよかったかな、と。

 

でも、一部だけコピーして作るのもめんどくさいし、

給食でお願いしたメニューに、

万が一アレルゲンが含まれることも考えて、

結局4年間、全部作ることにしてきました。

 

まあ、今となってはこれでよかったかも、と思います。

先月、息子のクラスで、

食物アレルギー持ちのお子さんが誤食しそうになったので、

(除去食のはずが除去されておらず、お子さんが気づいて食べなかった)

息子のようにアナフィラキシーになるほど症状がひどい場合は、

わたしとしては、自分の手で作った方が安心。

 

コピー給食で気をつけていたことは、

見た目そっくりに作ることもですが、

いちばん注意している点は、

とにかく、食中毒を起こさないこと。

給食調理室の清潔な環境に比べて、

自宅の台所はやっぱり劣るからね〜。

 

汁物は沸騰直後の状態で保温容器に入れて、

ごはんやおかずは、完全に冷ましてから持って行ってます。

中途ハンパな温度が、細菌が繁殖しやすくていちばんあぶない。

あっつあつか、冷たい(常温)か、のどちらかですね。

 

コピー給食を作っているのは、

息子の小学校ではわたしだけかと思っていたら

(アレルゲンが複数で多いから)

最近、上級生にも、

卵アレルギーで卵なしパンを手づくりされてるママさんがいると知りました。

 

かかりつけ医や、エピペン処方してくれる病院の情報交換をしたりして、

つながりができてうれしかった♪

 

一見、生活が制限されていてデメリットに見える息子のアレルギーですが、

わたしは、おかげで世界が広がりました。

 

息子にアレルギーがなかったら、

本屋さんでゆるベジレシピ本を手に取ることはなかった。

 

あの日、あの本(10分レシピ本)を手にしてから、

人生が変わった。

 

ゆるベジであな吉さんを知り、

あな吉手帳術を知れた。

 

そこからまた、あな吉さんご本人にもお会いできたし、

ゆるベジで、手帳術で、セルカンで、

全国いろんな人と出会えた。

 

そして、それらのおかげで、

30代前半とは180度変わった、

30代後半の今の生活がある。

 

人生、1冊の本の出会いで、

大きく変わっちゃうことがあるのよね。

 

GW中はコピー給食づくりがないので、

ちょっとリラックスできています。

早朝のバタバタ料理が、

なんだか、もう日常の一部になってたのよね。

 

お休みの間にエネルギー充電して、

来週からのお弁当づくりに備えます!

 

コピー給食、未知の郷土料理。

大分県民のみなさん、「お方寿司」ってご存じ?

わたしは知らなかった!!

 

 

地味〜に毎日つくっている、息子のコピー給食。

この日のメニューは、

・お方寿司

・厚焼き玉子

・かしわ汁(写真なし)

 

お方寿司〜〜〜?

大分県の郷土料理らしいんだけど、

はじめて聞いたし、材料も全然わからない。

 

ネットで検索してみたら、

大分市竹中地区に伝わる料理らしい。

な〜んだ、かなりせまい地域限定の郷土料理じゃないの。

大分市から遠い山中で育ったわたし、知らないはずだ。

 

お寿司の具は、煮豆と焼きアジとのこと。

昔、農繁期の前の「地獄入り」の時期に、

お方(庄屋さん)が「がんばろうね」という気持ちをこめて、

農家さんにふるまったお寿司なんだって。

知らなかった〜。

 

息子は魚アレルギーなので、アジの代わりに焼いたベーコンを混ぜ込みました。

シンプルに塩味で。

 

豆の入ったごはんって、めずらしい。

あ、でも、赤飯もそうか。

 

卵を使ってない、厚焼き玉子風。

蒸しカボチャ・薄力粉・ベーキングパウダー・水の生地に、

刻みネギを混ぜてます。

 

うまく焼けるようになったのは、これのおかげ↓

台所の奥にしまいこんでいた、

銅製の玉子焼き器。

 

10年くらい前に買ったものだけど、

息子に卵アレルギーがあるとわかってからは、

しばらく使うこともないだろうと封印してました。

 

8年ぶり?にひっぱり出してみて、

厚焼き卵風を焼いてみたら、

まあ、なんといい感じ!!

熱の伝導性がいいからか、とってもきれいに焼けました。

 

手放す予定の道具だったけど、

晴れて、うちの調理道具一軍に復帰。

試しに使ってみてよかったよ〜!

 

コピー給食は、メニューになるべく忠実に作っているので、

未知の料理にもしばしば遭遇します。

 

大分県の郷土料理って、

かしわごはん、団子汁、じり焼きだけじゃなかったのね。

 

お方寿司ミッション、無事クリアしました。

【コピー給食】今日のメニューは、PPAP!

今年最後のお弁当は、PPAP!

 

息子の小学校、今日が終業式でした。

 

給食メニューは、

・パインパン

・白いんげんのポタージュ

・からあげ

・ケーキ

です。

 

パインパンには、ドライパインを角切りにして入れました。

使ったのは、KALDIのドライパイン↓

 

白崎茶会の「かんたんパンレシピ」のさっぱり生地で、

一次発酵が終わったところで、パインを生地に混ぜます。

 

パンチして空気抜きしたら、パインを練りこんで丸めます。

 

このあと二次発酵させて、オーブンで焼いたらできあがり!

 

あ、このパンはパインが沈んじゃったな。

ドライパインとパン、意外な組み合わせですがおいしいんですよ〜。

 

パイナップルといえば、PPAP!

今日は絶対さ〜

「パイナッポーパ〜ン♪」って踊りながら食べた子がいると思う!(笑)

 

まあ、正確にはパイナップルブレッドか…。

 

ポタージュは、圧力鍋で20分加圧した白いんげんを、ミキサーでガー。

このあと、ベーコン・ローリエを入れて煮て、

薄力粉でトロミづけ、

塩で味付けしました。

 

わたしのお弁当には、

これにアボカドとピンクペッパー入りのかぼちゃサラダも入れたぞ!

 

Pineapple bread

Potage of white kidney bean

Avocado

Pumpkin salad with pink pepper

 

どーだ、これでPPAPコンプリートだ〜!

(と、ひとり朝からワクワクしてました・笑)

 

あ、ケーキはいちごショートにしました。

卵なしのスポンジ生地に、

ベルちゃんレシピの豆腐クリーム。

今年も粉寒天入れて、煮て固めました。

これで、多少揺れてもびくともしないケーキのできあがり〜!

 

毎月22日は、ショートケーキの日だそうで。

なぜなら、カレンダーの22日の上には、

15(いちご)がのってるから♪

 

今年も1年間、毎日早起きしてコピー給食作るの、

大変だったけど、楽しかった!

 

PPAPを見てたから、

1年でいちばんハードル高い今日のメニューも、

ワクワクしながら作れました。

 

ピコ太郎さん、ありがとう!(笑)

【コピー給食】今年もあの季節がきたよ
今年も来ました、
たけのこごはん&かしわもち!


小学校の給食は、
今日が端午の節句モードでした。

メニューは、
・たけのこごはん
・春野菜の味噌汁
・厚焼きたまご
・かしわもち

でした。

昨日のうちに、
スーパーの直売コーナーで生たけのこ購入!
和菓子屋さんでかしわもち購入!

(生菓子は消費期限が当日中なので、
かしわの葉のみ使います)

たけのこを米ぬかといっしょに圧力鍋でゆでて、
かしわもちのあんこ用に、
もうひとつの圧力鍋で小豆を炊き…。

って、コピー給食も4年めになると、
だいたい慣れてきますね。


かしわもちは、
3年前にupしたオリジナルレシピを改良。

あのころは、フープロを使うことばかり考えてたけど、
手動でもできました。

上新粉150gと、熱湯150mlを混ぜて、

(力がいるので木べらがいいけど、
持ってないので今回はすりこぎ使用)

生地がまとまります。


一口大にちぎって、
蒸し器で20分蒸したあと、
こねる代わりにすりこぎで突きます。


この生地を、
手を水でぬらしてから5分割し、
楕円形に伸ばし、
あんこを包んでとじます。

かしわの葉を巻けば、できあがり!


あ〜、また今年も、
市販の葉っぱを使っちゃった。

3年前のように、
ばーちゃんといっしょに、
かしわの葉、また摘みに行きたいな。

過去記事:「これが、かしわの葉」


かしわもちの季節。
豪快にかしわの木の枝を折ってくれた、
祖母を思い出す季節です。

 
コピー給食、春を食らう。
地震の揺れにおびえながらの1週間でした。


幸い、大分市のわが家は被害もなく、
仕事も学校もふだんどおり。

でも、夜になると時々ガタガタ…ゆらゆら…と揺れて。

今週は、お風呂に入ってる最中に揺れて飛び出したし、
さあ寝ようか、と布団に入ったとたんにも揺れたし、
夜明けの、これから1日がはじまるぞっていう時間にも揺れました。

もう、勘弁して〜。

朝、息子を学校に送り出したあとに、
「わたしが仕事に行って離れているあいだ、
どうか1日、無事でありますように」
と祈る日々でした。

朝、目が覚めることに心から感謝し、
夕方、学童保育に息子を迎えに行くと、
ああ、今日も無事に会えた、とホッとしました。


さて、そんな中でのコピー給食。

実は今年は、桜の花が散るのを楽しみに待っていました。
その理由は、これ↓

桜の葉っぱ♪


給食に桜餅が出るので、
桜の葉の塩漬けを手作りしよう〜と企んでいました。

摘んできた葉っぱを、熱湯でさっとゆでます。

お湯に入れたとたん、色がパッとあざやかに!
そして、桜の葉独特のいい香りがふわ〜っと漂います♡

これを塩水につけて、
2日間冷蔵庫で保存していました。

そして桜餅を持って行く当日。
レシピはクックパッドで検索して、
白玉粉を使う餅に決定!

色づけは、食紅がないので、
このストロベリーパウダーで↓


ほんのり、色づく程度に。

(あんまり入れすぎると、
いちごの香りが強すぎて、葉っぱの香りが負けちゃうので注意〜)

生地を鉄フライパンで、弱火で焼いているところ↓

うう、しかし、鉄製だからか、くっつく!!
テフロンフライパンだとうまくいくのかな?

とにかくっつくので、冷めたあとにやっとはがして、
自家製あんこを包みました。

そして、桜の葉の塩漬けでまけば、完成♪

不格好だけど、香りがよくておいしかったよ♡

人生初!桜餅を手作りしちゃった♪
しかも、桜の葉を摘むところからはじめて(笑)

はい、もう、充実感でいっぱいです(笑)
ちゃんと、学校の先生には許可いただきましたよ。
(↑ええ、小学校の桜の木からいただきました…笑)


あともうひとつ、春の味覚。
セリごはん♡


ゆでたセリを刻んで、ごま油でサッと炒め、
醤油・白ごまを混ぜました。

こちらもとってもいい香り〜!
この季節だけの、とっておきの味覚ですね。

ごはんと混ぜて、お弁当に詰めました。

大人の味だよな〜、
小学校の給食メニュー、渋いよな〜と思いつつ。
息子が完食して帰ってきたのでよかった♪


八重桜がとっても美しかった今週。


コピー給食を作りながら、
被災したアレルギー持ちのお子さんのことを考えていました。
どうかどうか、早く、
アレルギーを心配せず食べられる物資が届きますように。


さあ、春のパワーもいただいたし、
わたしは自分ができることをやろう!
コピー給食、再開!
今日からコピー給食、再開です!


息子のコピー給食お弁当づくり、4年目に突入しました。

年を重ねるごとに慣れてきて、
今では6時起きでも間に合います。

3年前の幼稚園年中時代、はじめてのお弁当づくりで、
毎日5時起きでてんやわんやになりながら作っていた時期が、
とてもなつかしい…。


幸い、先生やお友達にも恵まれて、
お弁当持参だからといって、
息子がいじめられたことはないです。

誤食による事故防止のためにも、
1学期最初に先生が説明してくださってるんだと思います。

同級生にとっては、いじめのネタにするよりもまだ珍しさだけのようで、
「なんで○○くん(息子)、お弁当なのー?」と無邪気な質問。

わたしや息子が「アレルギーだからだよ〜」と答えると、
「そうなんだ〜」とあっさり納得してくれる。
ええっ、食物アレルギーって今はそんなに珍しくないんだね。


本日のメニューは、
・ごはん
・麻婆豆腐
・たくあんの炒め煮
​だったので、わたしのお弁当にも入れました↓


あと、どうしてもスペースが埋まらなかったので、
ビタントニオでバタバタ焼いた、
メイプルクッキー(ゆるベジ焼き菓子本より)も入れました〜。

なんでもありなお弁当(汗)
あ、クッキーは学童保育おやつ用で、
息子には、大きめに焼いたものをジップロックコンテナー(小)に入れて持たせています。


今週は入学式もあるし、
給食も、お祝いモードでちょっと豪華な日があります。

4年目になってもまだはじめてのメニューに出会うので、
うまく作れるかどうか、ドキドキしながら材料を準備中。

(ヒントは、これ↑)


さ〜て、また1年間、コピー給食づくりを楽しみましょう!
【コピー給食】もう、いちご○○も怖くない。
本日のコピー給食は、いちごを使って…


朝からコレを作りました!

手作りいちご大福です♡
人生初挑戦!

小学校の給食に、いちご大福なんて出るんですね〜。

今日のその他のメニューは、
・赤飯
・鶏の照り焼き
・味噌汁
とカンタンなものばかりだったので、
とにかくいちご大福作りに注力〜。

クックパッドでレシピを検索したら、
大福の皮の作り方は、レンジ使用のものばかりヒットします。
うう、うちにはレンジがないのよ〜。

そこで見つけたのが、こちら↓
「いちご大福 / きちんとレシピ」
料理家 松本美佐さんの、レンジを使わないレシピです。
鍋で練る方法で、3〜4分で皮が完成。

レシピではあんこ使用ですが、
代わりにゆであずきを使うことにしました。


これ、すでに砂糖が入っているのでじゅうぶん甘いです。
あずきの粒が残っているので、ミキサーでガーしたあとに鍋で煮て、
水分を飛ばします。

最初はトロトロ、ゆるゆる。


たえず混ぜながらグツグツ煮たら、あんこの固さになりました!

よっしゃ!

次は皮づくり。
鍋に材料投入。


加熱しながら練ります。
わりとすぐに固まってきます。


鍋から出して、あら熱をとっているところ。


いちごをあんこで包んだあと、
皮に片栗粉をまぶしながらのばして、
あんこを包めば、完成〜!!


ちょっと大きすぎた…。
「なんじゃこりゃ大福」みたいになっちゃった。

(※なんじゃこりゃ大福…宮崎県の名物お菓子。
いちご・栗・クリームチーズ・あんこが入った、まさに「なんじゃこりゃ」な大福)

皮は大福6個ぶんだったのに、
いちごが大きめだったのと、欲ばってあんこをモリモリつけたので、
包んでみたら3個しかできなかった。

比較的きれいにできた2個を、息子のお弁当に入れて。


残りの1個は、わたしのおやつに。

皮で包むのに苦戦して、つぎはぎだらけ(笑)
教訓:片栗粉はがっつり多めにつけたほうが手にくっつかなくていいです。


今日は仕事がお休みだったので、
桜野園さんの緑茶といっしょに、家でゆっくりいただきました。

切ってみたら、いちごがななめ(汗)

あ、そうか、レシピの見本のように、
いちごの先端にはあんこをつけずに、
ちょっとピンク色が透けるくらいに包むほうがかわいくてよかったのね。


はじめて作ったいちご大福、
作ってみるまでは、
「ちゃんとできるかな?一発で成功するかな?」とかなり心配でしたが、
一度作ってみれば、次からはもう大丈夫。

経験0と1の差は大きいね。

これで、いちご大福ももう怖くないです♡
【コピー給食】エビ・卵ぬきでエビフライ風
本日のコピー給食は、
エビ・卵ぬきで、エビフライ風!


材料はこちら。

・とりひき肉 適量
・玉ねぎみじん切り 少量
・塩 少々
・ニンジン千切り 20本
・水溶き薄力粉 適量
・パン粉 適量

「適量」ばっかだな(笑)
最近のコピー給食は、こんな感じでテキトーに作ってます。


とりひき肉と玉ねぎみじん切り少量を塩で味つけして、よく混ぜます。
ニンジンの千切り数本を芯にして、
まわりに棒状にくっつけます。


水溶き薄力粉→パン粉の順にくっつけて、油で揚げます。


完成!

あ、けっこうニンジン焦げました…(汗)

自家製パン粉だから(パンをフープロでガーしたもの)
ちょっと細かくなりすぎて、見た目はエビ天みたいだけど(笑)


卵・魚介類アレルギーの息子のために始めた、
コピー給食。

2年前に始めた当初は、プロスクでゆるベジを勉強中だったこともあり、
「いかにベジでコピーするか」ということばかり考えてました。

でも最近は、「魚を使えないんなら肉で代用しちゃえ〜♪」と
かなりゆるいです。
息子がおいしく安全に食べられることが、最優先だからね。


これまで肉料理から遠ざかっていたこともあり、
今年の課題は「肉!」です。

肉料理をおいしく作りたい!
ゆるベジ料理本のように、
時短でカンタンにおいしくできる肉レシピ本があるといいのにな♪