アラフォーのシングルマザーが「いま、ここ」と「これから」を楽しみながら綴るブログ。
あな吉手帳術 + ゆる家事 + 卵&魚アレルギーっ子育児。
すきなものいろいろつめこみました。
オリジナルレシピ「にじいろスイーツ」はnoteで販売中。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ポケット付きフレンチスリーブシャツ&ギャザーフレアースカート

今月いちばんヘビロテしている服。

 

ベージュのリネンブラウス。

パターン:ポケット付きフレンチスリーブシャツ 9号(クルール)

布:フレンチリネンヒアルロン酸加工(クルール)

アレンジ:後ろ身頃の丈を、前身頃にそろえた

 

このブラウス、去年から布のカットと大部分の縫製をしていて放置、

今年袖や裾の始末とボタンつけを終えて、ようやく着られるようになりました。

ふだん洋服は11号を着てるんだけど、

このブラウスはどう見てもゆったりデザインだったので9号に。

もう少し前後の丈を長くして、ボタンももうひとつ増やした方がよかったかな。

 

布はヒアルロン酸加工ということでやわらかめのリネン100%生地で、

縦糸がホワイト、横糸がベージュのシャンブレー。

クルールさんの生地は日本製の上質生地なのですきです。

 

通勤時はパンツに合わせて、

プライベートではスカート合わせで、本当によく着ています。

リネンだからとっても涼しいのよ。

別のカラーのでも作りたいなあ。

これからの季節、ネイビーとか。

 

そして、この猛暑を乗りきるためにあわてて作ったのが、綿ローンのスカート。

パターン:ギャザーフレアースカート6号(Mパターン研究所)

布:ドットシャーリングウェーブ ブラック×ベージュ(クルール)

アレンジ:丈を伸ばして、裏地はつけずに市販の裏地用スカートを重ねて着用

 

今年いろんなところで見かけるドット生地。

でもブラック地にホワイトのドットや、

ネイビー地にホワイトのドットは自分には明るすぎる気がしてて。

ブラック×ベージュのこの生地を見たとたんズキューン!

大人っぽくていいー!!♡

クルールさんの再々入荷を待って(SOLD OUTにならないかドキドキしながら)購入。

 

ワッシャーがかかっているので肌に張りつかず、

ふわふわした生地なので風とおりもよくて涼しいです。

こんなスカートを着る日がこようとは…。

フェミニンなデザインで最初はちょっと恥ずかしかったですが、

先日の別府プチ旅行にも着ていったし、

職場に履いていっても特に注意されなかったから、OKかな?

 

Mパターン研究所さんの型紙は、立体裁断で説明書も丁寧。

縫い物初心者だったわたしも、15年間こちらの型紙を買い続けていたら、

だいぶ縫うのが上手になりました。

20代のころはコートやジャケットなどの大物にも無謀にチャレンジしてましたが、

さすがにそれは市販の服のほうが仕上がりがきれいです。

厚手の生地だと、襟を縫うのが難しいんだよなあ。

 

このスカートは、前スカート1枚、後ろスカート2枚、ウエストベルト1枚、

ウエストもゴム入れるだけでファスナーもないので、

比較的簡単にできます。

薄い綿100%ローン生地のスカートが欲しかったの。

あと、洗濯しても色うつりしない(色も出ない)生地。

 

わたしは完成させるまで1日かかりましたが、集中すれば半日でできるんじゃないかな。

このパターンもまた、布を変えて作りたい形です。

休日、息子が工作に夢中になっている横で、わたしはミシン踏みまくってます。

 

さあ、夏休み中にもう少し研究&制作しよ!

 

 

 

おうちでミシンカフェ。

はじめての、おうちでミシンカフェでした。

 

金曜日の早朝に、幼なじみの友達からメールがきました。

「今度の土日、どちらかあいてる?いっしょに縫い物しない?

子どものシューズ入れを作ろうと思ってて」と。

 

このメールを見て、びっくり〜!!

実はわたしも、息子の上履き入れを作り直そうと思ってたの。

テレパシー!?

息子の入学時に作った袋には、

上履きが大きくなって入らなくなってて。

袋用の布まで買ってあるのになかなか縫えず、先延ばしにしてたところ。

 

すぐに、

「よかったらうちで縫おう〜!!道具もあるし!!」と即答メール。

 

この友達には、去年夏の同窓会で10年ぶりに再会したの。

保育園時代〜中学卒業まで12年間いっしょに過ごしてて、

部活もいっしょ。

彼女はサバサバしてて大らかな性格で、

人の面倒見もいい。

わたし、小学校時代いじめられっ子だったけど、

彼女からよく助けてもらった。

 

いちばん好きな友達なので、

10年ぶりに会っても気兼ねなくおしゃべりできる仲です。

 

おたがい子育て中で仕事をしていることもあり、

同じ市内に住んでるのになかなか会えなくて。

だから、会えるチャンスがあればすぐ会おう!

とお互い思っていたからか、

ソーイングの計画がすぐに決まりました。

 

金曜の朝6時にメールもらって、

友「じゃあ、土曜の午後に行くね!」

わたし「うん、待ってるね〜♪」

って、30分後には日時詳細決定。

早いでしょ。

 

とはいえ、彼女をうちにお招きするのははじめて。

学校の家庭訪問からまだそれほど日がたってないので、

和室もあまり散らかってなくてよかった。

1時間ほど片づけて、裁縫道具も準備OK!

祖母からもらったアンティークミシンと、

カットソー縫う時用のロックミシン、

アイロン、アイロン台、針と糸とはさみたち。

 

友達は、土曜のお昼すぎに来てくれて、

自分が縫う分の布持参。

この他に、自分の電動ミシンも。

お互い縫うものちがうから、ミシンにかける糸もちがうし、

慣れてるマシンの方がいいからね。

 

そして、手作りお菓子を2種類も持って来てくれた♡

スフレチーズケーキと、

ラッピングされてるのはナッツぎっしりのフロランタン!

お店で出せそうなレベルのおいしさ♡

しかも、市販のものほど甘すぎずちょうどよかった。

おしゃべりしつつ、スイーツ食べつつ、手も動かしつつ。

 

(息子は卵入りのスフレは食べられないので、

その代わりに自分のすきな市販のお菓子と炭酸ジュースでした)

 

わたしひとりでは休日も縫い物のモチベーションがあがらず、

何週間も布を放置してたけど、

友達が来てくれて作業しているうちに楽しくなり、

ようやく縫うことができました。

 

二人とも、この日はおしゃべりが最優先ではなく、

自分の縫い物を進めることが目的だったからね。

ミシンを使うときになるとふたりとも集中して無口になるのが、

なんだか面白かった。

同じ目的をもつ仲間、大事だ!

 

友達は息子さん二人分のシューズ入れをさくさく縫って、

夕方に帰っていきました〜。

あっという間の5時間だったよ。

わたしも上履き入れ、土曜に9割がた縫って、

日曜の今日、完成させました〜!

小4息子が選んだ布は、マリオカートでっす。

裏地は持ち手と同じ、ネイビーの綿麻ダンガリー。

本体は縫い目が見えないように、

内布つきの二重仕立てにしたよ。

 

おうちでおしゃべりとスイーツとソーイング。

こういうのをミシンカフェというのかな?

いつかやりたいな〜とぼんやり思い描いていたWISH、

友達のメールがきっかけですぐに実現できて、

もう〜うれしくってありがたかった〜。

友達が帰ったあとも、まだ余韻でワクワクドキドキしていたくらい。

 

はじめての、おうちでミシンカフェ。

次は洋服を縫おうね、と約束しています♪

楽しみだ!!

春はツイード。

春はツイード。

 

春になると、卒業式や入学式、

ツイード生地のスーツを着たお母さんたちをよく見かけます。

だからわたしにとって、ツイードって3月〜4月上旬のイメージ。

 

中学校の同窓会にツイードトップスを作って着ていく予定でした。

今回の同窓会は、卒業25周年、四十路突入記念。

あと、恩師が定年退職されるので、そのお祝いとお礼を兼ねた会です。

カジュアルすぎず、すこしフォーマル感のある装いで行きたかったの。

 

・写真左:日頃縫う時間がないからね〜。

同窓会は土曜の夜。

金曜夜に実家で息子をあずかってもらい、

土曜日の朝から縫い始めて、出かけるギリギリの時間まで縫っていました。

ミシン部屋にしている和室、

縫い物のときはモノが散乱しております。

 

・写真中:家を出る1時間前に完成しました!

春らしい、バニラホワイトの生地。

これにパンツを合わせて行きました。

雨で肌寒い夜だったから、これくらいの厚みの生地でちょうどよかった。

もう少しあたたかくなったら、屋内はもっと薄手の生地でいいね。

 

・写真右:職場ではネイルは原則禁止。

この日は年に数回あるかないかのネイルを塗りました。

ずーっと欲しかったukaのネイル、ようやく買ったよ〜。

ピンクベージュの2/0(ゼロブンノニ)に、

つめの先だけラメを重ねて、

ひかえめのラメグラデに。

これだけでわたしにとっては非日常、

桜貝のような自分の爪に、ワクワクしました。

 

40歳、思っていたより同級生も変わってなくて、

わたしも「全然変わらないね〜!」って言われました。

みんな、永遠の中学生?

あのころに、人間の素地ってできるのかもね。

 

先生も、60歳とは思えないほど若々しくて、

声も25年前のまま。

みんなからのプレゼントを幹事さんが渡したら、

とっても喜んで下さいました。

 

いい先生に、いい仲間に恵まれたなあ。

当時は反抗期でまわり全員敵!みたいに思ってたけど、

40歳になったら、いろいろわかることもあるのよ。

 

さて、ツイードトップスは完成したので、

次は春物ブラウスにとりかかります。

装うのが楽しい、春ですね。

 

2018SS、始動!

2018SS、始動!

ようやく、今年の春物ソーイングに着手。

先月まではあまりの寒さに、

ミシン部屋にしている和室にいられなかったんです。

 

・写真左:リビング横の和室。

いつもここに布を広げて縫い物をしています。

今週末になったら、急に日差しがあったかくなって、

日中はエアコンつけなくてもぽっかぽか。うれしい〜♡

 

・写真中:2018年のソーイング第一弾は、

ツイードワンピースの予定。

ネイビーとバニラホワイト、

去年イロチ買いした布があるのでね。

 

・写真右:Mパターン研究所のストレートサックドレスを作ろうと思ってます。

これ、廃番になってしまったパターンなので、

今はもう販売されていません。

やわらかい布で作ったら、

わたしのしっかりした骨格に合う形だと思うんだよな〜。

6分袖&膝上丈なので、それぞれ袖を身丈を伸ばそうと思ってます。

9分袖&膝下丈がいいんじゃないかな、と思って。

 

ソーイングは好きだけど、

仕事にするとつらいと思う。

欲しい服が売ってないから作るのであって、

もし、自分の体型に合った、すきな布で作られた服が売られてたら、

それを買います。

でも、オーダーメイドで注文するほど、

服にお金もかけられないしな〜。

 

エッセンシャル思考で優先度をつけたように、

・自分(が元気でハッピーでいること)

・家族(が元気でハッピーでいること)

・仕事

・趣味←ソーイングはここ

服を作ることは、優先度としては4番めなのです。

 

まあ、今月から来月にかけて、

人に会うイベントがつづくので、

それに間に合うようにできあがればいいかな。

 

2018SS、ゆっくりスタートです。

 

 

こんな子ども服が欲しいのです。

こんな子ども服があったらな〜。

 

小3息子に着せる冬服、

ネットショップをのぞいてはいるけど、

なかなか欲しいと思えるものが見つからない。

 

チェック綿100%素材(リブ部分はポリウレタン混でも可)

チェック白・黒・赤・青・黄などの原色ではないカラー(グレイッシュカラー希望)

チェック派手な全面ロゴなし

チェック家庭でガンガン洗濯しても型くずれなし

チェックあったか素材

 

う〜ん…夏用のTシャツならユニクロでいいのがあったんだけどな。

冬服となると、「綿100%」というひとつめのハードルを越えるのも難しい。

やっぱり、自分で作るしかないのか?

ちょうどいい布なら、いっぱい持ってるぞ。

 

・写真左:布在庫から出してきたのは、CHECK&STRIPEさんのフレンチパイル。

どれも綿100%でふわふわ、厚めの生地です。

冬生まれの息子の、ベビー服にも使った素材なので肌ざわり良し。

わたしもこの生地で洋服欲しいわ。

 

・写真中:子ども服の型紙は、polka dropsさんのパターンがすきです。

細身の息子に合ってるようで、身頃や袖がガバガバしない。

今回こどもジャージのダウンロード版を購入してみました。

自分でデータをプリントする手間はあるけど、

送料がかからない分安く購入できます。

パターンの表紙部分は、クラフト紙に印刷してみたよ。

 

・写真右:あんまり着るものにはこだわらない息子だけど、

いつも手に取るのは、脱ぎ着しやすくて着心地のいい服。

去年買ったZARA長袖Tシャツをヘビロテしてます。

これ、薄手の素材だから、そろそろ寒さに対応できなくなりそう。

 

「いつか息子の服を作ろう」ととっておいた布たちは、

い〜っぱいあるのです。

今年こそ使うチャンス!

スキマ時間を見つけて、子どもジャージの上下、作ろうと思います。

 

 

京都展@大分トキハ本店

京都展に行ってきました。

大分市の老舗デパート、トキハ本店にて開催中のこの展示会。

本店は食品も洋服も高いので、年に1回行くかどうかくらいなんだけど、

今日は仕事帰りに絶対行く!!と決めてました。

 

だって、京都の針やさん、「みすや針」さんが出店していらっしゃるんだもん〜!!

実物の針を見てさわって買えるチャンス、めったにないですよ。

 

・写真左:本日の戦利品。

手前がみすや針さんの商品。

左奥は、刃物処常久さんの野菜の抜き型。

右奥は、黒みつわらび餅です…。

おいしそうで思わず買ってしまった…。脂肪肝はどうした…。

 

・写真中:みすや針さんで購入した針とゆびぬき。

綿の普通地〜薄地用に、「三ノ四」。

絹の薄地用に、「つむぎくけ」。

コートのボタンつけに「大ちゃぼ」。

あと、刺繍用の「フランス刺繍針」。

ひと包みに25本入り、刺繍針は10本入りです。

 

絹用は「四ノ〜」シリーズらしいんだけど、

わたしの手では持ったときに針が細すぎるな、と感じたので、

木綿用と正絹用のあいだの太さ「つむぎくけ」を選んでいただきました。

 

店員さんが実物の針を1本ずつ触らせてくださるので、

自分の手でどれが運針しやすいか確かめて購入できます。

うふふ、しあわせ〜♡

 

・写真右:みすや針さんのすごさ。

針穴がまんまるなの!

まんまるにすることで糸が通りやすく、しかも糸を傷めにくい。

針穴が縦長のものが多い中、この技術はすごい…。

 

そして、針を磨くときに、横方向ではなく、

人の手で1本ずつ縦に磨いていると!!

この穴をこわさずに、外側も、穴の中も磨いているとのことです。

京都の技術の素晴らしさよ…。

針はひと包みずつ錫の箔に包まれているので、

湿気を避けて保管すれば何年もさびずにもつそうです。

 

これまで使っていたのは、ステンレスの針。

さびないし丈夫なんだけど、みすや針さんのように「ねばり」がないので、

縫っていると針がしならなくて硬すぎるので、疲れるの。

 

ああ、京都展、何百年も受け継がれてきた技術を見られて楽しかった…。

他にも、美しい漆器とか、七宝焼のアクセサリーとかあったけど、

30代のわたしには、まだ早い。

40代になったら、似合うかな。

今回はみすや針さんだけで大満足!!

(わらび餅も買ったけど…)

 

京都展は、11/1()まで大分市のトキハ本店8階催事場で開催中です。

お近くの方、ぜひ行ってみて下さいね。

 

 

 

 

秋のソーイング計画 2017

イロトリドリの布たち。

 

今年は、どうしてもきれいな秋色の服を縫いたくて、

クルールさんから布地サンプルを取り寄せました。

(5点まで無料、6〜10点は送料込みで300円)

 

秋の色といえば、ベージュ、ブラウン、ボルドー、くすんだピンク、カーキグリーン。

ああ、どの色も眺めててワクワクする〜!

 

風が涼しくなって空が高く感じる、この季節がだいすきです。

山の樹々も、美しく色づいていくからかな。

この時期、おしゃれがいちばん楽しい。洋服縫いたい〜!
 

ネット通販の布の色は、パソコンのディスプレイで見るのと実物とではちがうことがあります。

服を1着縫うとなると、布が2~3mは必要になるし、

色で失敗したくないので、注文前にサンプルを取り寄せることにしました。

 

わたしのパーソナルカラーは、オータム&ウィンターらしいのですが、

その中でも似合わない色はもちろんあります。

オレンジ・ブラウン系はことごとく似合わないのよね〜。

身につけたとたん、あか抜けない感じになる。

 

パソコン画面上ではきれいに見えたオレンジの布も、

サンプルで見たら実物はかなりブラウン寄りでした。

顔の近くに持ってくると、あら、肌色がくすむ。

これは似合わない色だな〜。サンプルで試してよかった〜。

 

今年は、この布がすき!という気持ちだけで注文することは少なくなりました。

まず、自分が欲しい洋服のイメージを固めて、

この色・この形・この素材…と具体的に決めてから、

サンプル布を取り寄せて、その後ようやく注文します。

布を眠らせておきたくないし、洋服として完成させたいので。

 

クルールさんは、洋服用の布が豊富なのでだいすきです。

月に1〜2回新着布がupされるので、眺めているだけでも楽しい。

今年の秋はベリー色が流行ということで、

きれいなワイン色のスカート、縫いたいな。

布を見ていると、野望&妄想がふくらみます!

 

写真左:「布地と型紙のお店クルール」さんから取り寄せた、布地サンプル

写真中:トップスとボトムスのコーディネート、布を組み合わせてイメトレ

写真右:夏色・夏素材の布たちは、また来年〜。

 

 

 

縫いたい服リスト 2016AW

秋冬に縫いたい服のリスト。

妄想だけれど、

頭の中にとどめておくだけだったら実現しないので、

ときどきこうやって妄想を「見える化」してみます。

 

文字だけのリストにしていた時期もありましたが、

これまた実現しにくいので、

イラストにして、

できれば素材なども具体的にイメージして、メモ。

手帳の「SEW(縫う)」ページに貼っています。

 

 

改めて見てみると、

わたし、ベーシックな服を持ってないんだよな〜。

・白地×黒か、白地×ネイビーの、長袖ボーダーTシャツが欲しい。

今年の春に、同じような服を断捨離したので、

今度は秋冬向けの生地で作りたいな。

 

・グレーのTシャツは、今持ってるパーカーの跡継ぎに。

裏毛の、あったかい布で作りたい。

 

・長袖白シャツ、ずっと探しているんだけど、

自分にぴったりのサイズってなかなか出会えない。

今ならちょっと大きめが流行りなのかな?

 

・スカートはブルー系が似合うとわかった。

それも、冬カラーのパキッとしたロイヤルブルー。

別珍素材で作ってみたらどうだろう。

 

・柄パンツにもチャレンジしたい。

黒×オフホワイトのギンガムチェックパンツ、あこがれる。

 

・たまには色で冒険してみたい。

膝丈のスカートだったら、そんなに面積広くないから、

くすんだ水色とかイエローとか、着てみたいな。

ウール地に、防寒用の裏地をつけて。

 

 

はっはっは、メモ用紙が1枚あるだけで、

これだけ妄想できてしまう。

やっぱり、手帳ライフは楽しいね♪

 

今年の秋冬にこそ、叶うといいな〜。

【ソーイング】いいボビンの見分け方
ミシン作業がスムーズにいくかどうかは、
下糸ボビンにかかっている!


この2つのボビンのうち、
片方はわたしが先月出会ったもの。
もう片方は、これまで何年も使い続けてきたもの。


ちがいがわかりますか?
パッと見は、同じように見えるボビン。

横から見てみましょう↓


あ、ちょっとちがいが見えてきましたね。

厚みはほぼ同じなんですが、
左側は上下にほんのわずかに凸で、丸みをおびた形。
右側は直線的な形。そして、中央の柱に継ぎ目が見えます。

ここで、もう一度アップで見てみます。
左側のボビン↓

きれいにつるりとしています。
写真で見ただけだとわかりませんが、
手に取って触ってみると、なめらかで心地いいのです。

一方、右側のボビンのアップ↓


ガーン。
見てしまった。
中央の柱部分、内側から見ても切れ目が入ってる。

さらに、天板部分との接合部分、
あまった金属をムリヤリ短くしたような跡が。


ハイ、もうおわかりですね。
あらためて、2つのボビンを並べてみると…

左が、今回わたしが新しく買ったボビン。
最初はお試しのつもりで、
古いミシンを修理していただいた、
アンティークミシン修理士の工房さんから購入したのです。

開封して、手にふれたときにびっくり!
それまでのボビンとは、手触りが全然ちがったのです。
手の中で、「まるん」「ころん」と転がる感じ。

右のボビンは、これまで使ってきたものだけど、
よく見てみると研磨がいまひとつで、
金属の断端はザラザラとした感触。


わたしのミシン作業でいちばん時間がかかっていたのが、
下糸がからまって縫い目が乱れたときの、糸をほどく作業。

縫うのは一瞬なので、
その何倍もの時間を、ほどく方にあててました。

でも今回ボビンのちがいに気づいて、
下糸のトラブルの原因は、ここにあったのか〜!と発見。


もしや…と思って手持ちのボビンを全部出してみると、


全部に継ぎ目が入ってました…。


つまり、手触りザラザラのボビン。

たったそれだけ、手触りと継ぎ目のちがい?
と思うかもしれませんが、
この小さな部品が、ボビンケースの中で何時間もくるくるとスムーズにまわる、
それってミシン作業の要だと思う!

(「下町ロケット」の影響受けすぎ? 笑)


実際に、新しいほうのボビンに替えてみたら、
返し縫いしても、糸がもつれなかったぞ!
これまではもつれてた!(笑)


というわけで、
いいボビンの見分け方。

真ん中の柱部分に継ぎ目がなくて、
手でさわったときに、つるんと感じたら。

それが、これからのミシンライフをスムーズにしてくれる、
いいボビンだと思います♡

 
2015年度のソーイングまとめ
この1年、意外とたくさん縫ってました!


先週から急にあたたかくなり、
わたしの脳内は、春〜夏物のソーイング妄想でいっぱい!
2016SS コレクションですね(笑)

今年こそ、自分用に白シャツ縫いたい〜。
タイトスカートも欲しい〜。
手帳には、縫いたいもののイラストをいっぱい描いてます。

でも、なんだかんだいってこの1年間、
本当に縫いたかったものは縫えてました。
自分のためにも、まとめて記録しておきます。


まずは、2015年春。

息子の入学式用スーツ。
シャツとネクタイは市販のものですが、
生地・裏地・ボタン・縫い糸…とひとつずつそろえていって、
完成したときは達成感でいっぱいでした。

入学式当日の、午前1時に完成させたことも、今ではいい思い出。
(寝不足だったわりに、式の集合写真ではいい笑顔で写ってた、わたし。)


そして、息子にはライトグレーが似合うとわかった、
2015年夏。


手づくり甚平!
夏祭りに合わせて縫いました。
地味な色合いでも、子どもが着るとかわいいの♡

柄がななめのボーダーなことと、ガーゼ生地だったので、
柄合わせがタイヘンだった…。

袖のはしごレースは、綿素材なんだけど肌触りが固くて息子には不評。
来年はレースをはずす予定。



自分のものは、紫外線対策として日傘キットを作成。



そして大物を縫いたくなった、2015年秋。
ウエストゴムの裾リブパンツ。

す〜っごく楽チンで重宝しています!
今年はスニーカーと合わせてばかりだったので、
来年はヒール靴と合わせて着たいな。


夜が肌寒くなるハロウィン前には、
寝室のカーテンを手作り。

星型のLEDライトは、クリスマスまで窓辺に飾ってました☆

ハロウィン当日は、
息子のリクエストでフェイクファーのリス耳作り。

どう見てもネコ耳だけども。
今度はシッポを作りたい。


小学校はマフラー禁止と知った、2015年冬。

かーちゃんは夜なべして、息子のネックウォーマーを作りました。


調子にのって、
自分のスヌードも色ちがいで2種。



2016年になってからは、
どうしても作りたかった、キッズフランネルパジャマも♪



1年前に型紙をつくった、ショーツ2種もようやく完成。



ふわふわの生地に魅せられて。
息子のあおぞらTシャツ、120サイズで。


以上、色ちがいも含めて、
計13点でした!

来年度も、スキマ時間を有効に使って、
たくさんソーイングにチャレンジします♪

そのための秘密兵器も入手したのよ、ふふふ。
くわしくは、次回の記事にて!