アラフォーのシングルマザーが「いま、ここ」と「これから」を楽しみながら綴るブログ。
あな吉手帳術 + ゆる家事 + 卵&魚アレルギーっ子育児。
すきなものいろいろつめこみました。
オリジナルレシピ「にじいろスイーツ」はnoteで販売中。
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
世界一受けたい授業@福岡

世界一受けたい授業@福岡、行ってきました!

 

息子との夏休みおでかけイベントとしては、これが最後かな。

「世界一受けたい授業 恐竜に会える夏」

の福岡イベントに行ってきました。

 

朝6時半に自宅出発、7:46大分発のソニックでびゅんびゅんと。

(特急の白いソニック、2時間ちょっとで博多に着くので早いんだけど、

大分〜小倉間は揺れも大きくて酔います…。振り子式電車恐るべし)

 

大分駅→博多駅→駅前から臨時バスが出ていたので予想していたより移動スムーズ〜。

福岡のバス運転士さんの車内アナウンスがとても優しくて驚く。

直行便で、マリンメッセに到着!

(マリンメッセ、何年ぶりだろ〜)

 

わたし、この番組ほとんど観てないんで、

出演者がだれなのかもよくわかってなかったんですけどね。

芦田愛菜ちゃんが出てるのね。

 

会場で、生の愛菜ちゃんが出てきたときには大歓声!

中学生なのに大人のようにしっかりしてた〜。

声も聴きやすい!ポケモン映画の声優さんされてたの、納得。

まあ〜肌も髪もぴかぴかつるつるで若いエネルギー炸裂!

そして腕や指をまっすぐ伸ばすときの、美しさよ。

 

LIVEは、恐竜の歴史についての授業で、

ダンスあり歌あり恐竜ありの、

大人でも楽しめる2時間半でした。

 

ミュージシャンのLIVEではないけれど、

ああ、真っ暗な空間で重低音がお腹に響くこの感じ、本当に久しぶり。

生の音っていいね。

恐竜の写真撮影も、数分間だけOKでました。

いや〜、肉食恐竜たちがすぐそばまで来てくれて、

睨みをきかせつつ動く様、迫力ありました!!

号泣してる赤ちゃんもいましたが…(笑)

大人でも怖いもん。

 

このLIVEの翌日はPTA行事で早朝から除草作業だったので、

日帰り福岡という強行スケジュールでしたが、

またひとつ、息子との夏休みの思い出ができてよかったよ。

福岡、また行くね。

 

何が欲しいんだい? BUCK-TICK Live@広島

何が欲しいんだい?

人生は一度きり。

 

2年ぶりのBUCK-TICK Liveでした。

この日を、何ヵ月も前から楽しみにしていて、

手帳フル稼働でした〜。

 

まず、9月のアルバム発売後に全国ツアーがあると知って、

どの会場のチケットを取ろうかと悩み。

 

条件として、

土曜日開催

(翌日お弁当を作らなくていい)

 

片道3時間以内

(Live後に日帰りも可能な距離)

 

寒すぎない時期

(インフルエンザ流行期は避けたい)

 

と考えて、Liveスケジュールと手帳をにらめっこしてたら、

広島がベストでした!

 

 

昼間に宮島散策したあとに、

路面電車で広島市内に戻り、ホテルで着替え。

 

開演時間ギリギリに、

会場のアステールプラザに駆け込みました。

 

客席が暗くなったとたん、

椅子から総立ちになるお客さん!(わたしも!)

やっぱり、この瞬間がいちばんワクワクする…!

 

くわしいセットリストは、

まだツアーが続いているので書きませんが、

すっごく聴きたかった曲を演ってくれたので、うれしかったー!!

 

どうしても生で聴きたかったんだもん。

我慢できない曲だもん(笑)

 

そしてその曲のときの、あっちゃんがもう…

色気ダダ漏れだったー!!

50歳男性が、こんなに色っぽいとは。

 

布1枚で、女にも男にもなれる人。

愛も、死も、歌う人。

 

BUCK-TICKのLiveは、そんなにハデな演出はなくて、

火花が散ったり、滝が流れたり、銀テープが飛んだりはないです。

(広島だけ?)

 

でも、音ひとつで、

南国に行けたり、黄泉の国へ行けたり。

一瞬で、別世界にトリップ。

 

ニューアルバムの中に、

「Cuba Libre」という曲があって、

 

その歌詞に、

「何が欲しいんだい」

「人生は一度きり」

という言葉が出てくるんです。

 

この曲を聴きながら、

(行きの電車でちきりんさんの本を読んだのもあって)

何がしたいんだい?わたしは。

何が欲しいんだい?本当は。

 

Liveが終わってからも、

ずーっとずーっと考えていました。

 

残りの人生、

どうやって生きるんだい。

 

どんどん、時間はすぎてゆく。

刻一刻と、死へと向かう旅。

 

あらためて考えると、

やりたいことやろう!とワクワクするのと、

不安で怖いのと、

半々ですね。

 

何が欲しいんだい?

人生は一度きり。

さあ、もっと自分に正直になろう!

〜metaform nights〜@熊本
あの声を、
あの音を、
もう一度聴きたくて。



日曜日の夜。
鹿児島研修の帰りに、
BUCK-TICK Live@熊本に行ってきました。

(↑また行ったのかー!)



だって、ライブハウスでやるっていうんだもん!

次のツアー、いつあるかわかんないもん!


わたくし、チャンスの女神が目の前に見えたら、
見切り発車でもすぐ前髪をつかんじゃうタイプです。

やりたいことが見えたら、
手帳があるんだもん、
スケジュール調整は、
そのあと必死ですればよい!


今回はオールスタンディングのLiveなので、
息子は連れて行かず。

熊本に住んでる従姉(←子どものころから「おねえちゃん」と呼んで慕っていた人)
といっしょに行きました♪

このおねえちゃん、40歳で、
わたしよりちょっと年上。

ふっふっふ、
でも、わたしは覚えている。

おねえちゃんが中学生のとき、
お家に遊びに行ったら、
部屋にBUCK-TICKのポスターが貼られていたのを!
(↑このこと話したら「よく覚えてるね〜!」と言われた・笑)


Liveのチケット番号は500番台だったのに、
会場に入ってみたら、
ステージがめちゃめちゃ近い!!!

スタンディングで7〜8列めくらいだったと思います。
近!!近!!
魔王様が、すぐそこに!!!


8月の鹿児島Liveのときとはセットリストが大幅に変わってて、
新旧いろんな曲を聴くことができました。

20年前にBUCK-TICKファンだったおねえちゃんが、
1曲めのイントロ聴いたとたん、
「なつかしい…!!」って笑顔になってたもん。

わたしは初期か最近の曲しか知らなくて、
中期の曲もやってくれたんだけど、
知らない曲が2曲ほどありました。


でもでも、
そんなこと関係なく、
運動不足のアラフォーの肉体に鞭打って、
2時間半、飛び跳ね、踊り!


翌日はわたしたち、
それぞれ筋肉痛で悶えつつも、
仕事と家事育児をこなしておりました。


うん、この日のLiveのおかげで、
これから3ヵ月くらいは、
余韻にひたりつつ生きていける気がする(笑)



Liveは、なまもの。

そして、
わたしの命を燃やすためのエネルギー。

新鮮なうちに、
アツイうちに。
召しませ、この情熱!

 
或いはアナーキー
行ってきました!↓


BUCK-TICK Live!↓


@鹿児島!!


ステージの写真は撮れないから、開演前の機材用トラックを激写♪



今から20年以上前。
わたしが中学生のころに出会ったロックバンド、
BUCK-TICK。

まさか、まさか、
自分が30代後半になって、
このバンドのLive に行けるとはー!!

しかも、
息子といっしょに行けるとはー!!

(↑ 5歳児連れて行ったんかい)

(一応、「未就学児 入場不可」のLiveじゃないから、うちの子もO.K.でしたよ)


BUCK-TICKといえば、
・黒服
・ゴシック
・こわい
・髪が立ってる
というイメージでしたが…
曲は、それほど暗いドロドロしたものばかりではなく。

きれいなバラード、
ファンタジーもの、
ポップな曲、
いろいろあるのです♪


はじめて生で見るメンバーは、
怖いというより、
みんな、かわいかったー!!!♡♡♡

いや、40代後半の男性たちに向かって
「かわいい」はないかもしれないけど…

でも、でも、
演奏の合間にニコッとした顔が、
少年のように無邪気だったり。

ギターをかき鳴らしながらの軽快なステップに、
目が釘づけになってしまったり。

安定感ある穏やかな笑顔に、
安心して癒されたり。

唯一髪を立ててるメンバーが、
「鹿児島のお茶がだいすきです」と言ったり。

魔王様だと思って拝むつもりだった方が、
実は妖艶なイカロス様だったり。

(だんだん意味不明な表現になってるな)

そして、なんといっても、
デジタルの音源では感じることができなかった、
BUCK-TICKの世界。

やっと、やっと、味わうことができましたー!!


感無量です。


この日の余韻に、しばらく浸ります。



あ、うちの5歳男児は、
前もって曲を聴かせておいたからか(←母による洗脳)
「この曲、知ってる」とか
「悲しい歌だね」とか言いながら、
大音量にもビビらずに聴いてました。

終わったあとには
「かーちゃん、また来ようね〜」と言ってたし。

うん、かーちゃんはね、
もう、自分の「すき」に素直でいよう、
自由に生きよう、
と決めたんだ。


次…が、またあるといいな♪



 
SEKAI NO OWARI
世界の終わり。

そこからはじまる、夢物語。

行ってきました。
SEKAI NO OWARI のLIVE。

息子よ、
かーちゃんはゆびおりかぞえて、
この日を楽しみにしていたよ。


旅と、LIVEと、ソーイング。
それは、10代のころからの、
わたしの生きがいです。

30代になり、
子どもが生まれて、
LIVEに行く日々から遠ざかり。

しかし、ココロの中では、
いつか、いつか、
あの爆音の中に、
子どもといっしょに行ってみたいと、
ずっと思ってきました。

ここまで、5年かかったけどね。


息子にとっては、はじめてのLIVE。
でかける数時間前に、iPodをとりだしてみせたら。
はじめて見る機械に、興味シンシン。

「今日だけとくべつだよ〜」と言って、
その耳に、イヤホンをつけてあげました。

SEKAI NO OWARIの、
「スターライトパレード」


ききはじめて1時間後には、
5歳の彼も、サビ部分を口ずさめるようになり。
しめしめ。行けそうだね。

そのあと、電車を乗り継いで。
親子で行ってきました。
夢の世界へ。

「いつか、いつか」と思い描いていた夢。
このタイミングが、
「今だ!」と思えたから。


SEKAI NO OWARI 。
さあ、暗闇のなか、手をつないで行こう。
ここからはじまる、カーニバル。