アラフォーのシングルマザーが「いま、ここ」と「これから」を楽しみながら綴るブログ。
あな吉手帳術 + ゆる家事 + 卵&魚アレルギーっ子育児。
すきなものいろいろつめこみました。
オリジナルレシピ「にじいろスイーツ」はnoteで販売中。
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
冬じたく2018

「カーテン作る」フセン、ようやく剥がせました。

 

秋から縫おう縫おうと思っていた、玄関横の窓のカーテン。

これまではプチプチシートを貼って目隠し&防寒をしていたけど、

いつもガラス越しに冷気が伝わってきて、しんしんと冷える。

 

この家に住みはじめてもう6年め。

今年こそは、布で冷気をさえぎらなくては。

 

今日やっと縫える時間がとれました。

数カ月前から手帳に貼っていた「カーテン縫う」フセン、

ようやく剥がせたよ。

 

(いや、時間はこれまでにもあったのよ。

でも縫い物ってミリ単位で調節する集中力いるし、

わたしは布のギリギリ端っこ1mmくらいを縫うコバステッチがすきなので、

これまでその時間とエネルギー、両方がそろう日がなかったの)

 

カーテンは白い無地の自然素材、と決めているので、

手持ちの布から綿のダブルガーゼを出してきました。

刺繍や柄もなく、甘さはない、ただの真四角な布がすき。

うん、これならいい感じに透け感もあり、

窓全体を覆うサイズだし大丈夫そう。

 

足踏み人力ミシンでダダダと直線縫い。

玄関の窓にカーテンレールはないので、

これまた家にあった細めの角材(←なぜある)に布をとおして、

窓枠の上にのせたら、できあがり!

毎年ハロウィンからクリスマス時期まで飾る、

星形のライトもまわりにかけて。

 

夜になっても、玄関はこれまでのようには空気が冷たくないような。

あとは、明日の朝の冷え込みでどうなるか、

いつものように寒いかどうかチェックが必要だね。

あんまり冷えないといいなあ。

 

今年は室内の防寒に力を入れていて、

これまで閉めていなかった雨戸も、日が暮れたら閉めています。

一手間かかるけど、窓ガラスの外側に一枚戸があることで、

夜から翌朝にかけて急に室温が下がるのが、少し緩やかになります。

 

さて、玄関はひとまずカーテンがついたので、

来週のお客様はあたたかくお迎えできそう。

まだツリーも出していないけど、

ここだけ、ちょっとクリスマスモードです。

 

読書の秋、その前に。

読書の秋、その前に…。

 

本棚を作りました〜!

 

ホームセンターで板を買って、カットまでしてもらっていたのに、

なかなか作る時間をとれず、はや数年。

先週ようやくペンキ塗り。

リビングで塗ってるんだけど、換気が必要なので、

窓を開けられるくらい涼しくなってから取りかかろうと思ってたの。

つやなしの白ペンキに、ベージュを少量混ぜて2度塗りしてます。

 

乾いたら、木工用ボンドでくっつけて完成!

写真撮った4段+あとで作った1段で、合計5段分。

1段ずつ持ち運びできるよう、そして自由にレイアウトできるように、

段ごとにバラバラになっています。

 

ひとまず、リビングにはもともと作っておいた棚の横に、2段追加して横長に。

部屋の隅や押し入れに積ん読になっていた本たちもたくさんあるのよ。

ようやく棚の中に収めることができました〜。

これでやっとスッキリ!

あとは、片っ端から読むだけだ〜。

 

下段には、女性ファッション誌が数年分。

これも、家の中あちこちに分散していたのを、やっとひとまとめに置けました。

5年前のプロスク時代に読んでいたDomaniやら、

再就職してから毎月楽しみに購読しているMarisolやら、

どれもなかなか捨てられなくて。

 

でも、好きなコーディネートって昔も今もそう変わらなくて、

チェックしてフセン貼ってるページは、今でもときめく。

そのページだけスクラップすれば、ずいぶんスペースも空く気がします。

 

読書の秋…その前に、

まずは本の整理整頓だな。

 

冬本番にそなえて、リビング温室化計画。

冬にそなえて、リビングを温室にする!

 

わが家の南向きのリビング、

冬は太陽高度が低くなることもあって、

日中はかなりの日光がさしこみます。

 

ほら、窓から外を見てみると、

庭はこんなに明るい〜☆

 

太陽光って、いちばん効率よくあったまる暖房だと思ってます。

なので、冬のあいだは、

この熱をなるべく多く室内にとりこみたい。

 

2階の寝室は、昼間カーテンを開けていたら、

暖房をつけなくても室温が25度まで上がります。

 

でも、1階のリビングはカーテンを開けっ放しだと、

お隣さんから部屋の中が丸見え。

部屋干ししてる洗濯物も、丸見え。

 

だからレースカーテンをひいてるんだけど、

布1枚あるだけで、熱がカットされちゃって、

あったかさが伝わってこないのよね。

夏場はいいんだけど。

 

そこで、これです、これ。

くもりガラスシート〜!

ホームセンターで、1m1000円前後で売ってます。

カットされたタイプと、ロール状で切り売りされてるタイプがあります。

 

今回買ったモザイク柄シートは、

適度に光と熱を通すので、

リビング南側の窓にちょうどいいかも。

 

窓の下半分は、目隠し代わりに1年前に貼ってるんだけどね。

過去記事:「リビング温室化計画」(2016年1月12日)

 

今回は、カーテンをあけっぱなしにできるように、

上半分にも貼っちゃいます。

窓ガラスを水でぬらしておいて、

シートを貼りつけるだけ〜。

シートとガラスの間に入った空気を、スケッパーで押し出したらぴたっとつきます。

 

シートには糊はついておらず、

水でガラスに密着させているだけなので、

何度でも貼り直しできます。

 

賃貸物件だから、現状復帰できる範囲でのDIYです。

 

貼ってみた!

じゅうぶん明るいっ!

そして、窓際にいると日光で暑いくらい!

シート貼りながら、汗かいちゃったくらいよ…。

 

一応、紫外線カット効果もあるので、

洗濯物を窓際に干してても色あせないはず。

(洗濯物は陰干し派)

 

ガラスの上20cmくらいは、

お天気を見るためと、防犯も兼ねて、

シートを貼らずに外が見えるようにあけておきました。

 

これで、晴れた日の昼間は暖房いらず♪

エアコンをつけなくても、サーキュレーターであたたまった空気を循環させれば、

10時〜15時くらいまでは、ポカポカリビングになります。

そして、洗濯物もパリッと乾く予定。

 

冬だけど、明るく、あったかく。

寒さにちぢこまらずに、

のびのびすごせる温室になりますように♪

ガーデニングアイテムには、初期投資せよ。

ハロウィン企画と同時進行で準備していたのが、これ↓

 

ハロウィンモンスターの仮装用アイテムではありません。

庭の草木が伸びっぱなしなので、

ついに、最終兵器の、剪定用電動バリカンを手に入れたのです。

 

どのくらい伸びっぱなしかというと、

じゃーん↓

 

…。

この一角に、レンガで区切った家庭菜園コーナーがあったんだけど、

もう、草に覆われて見えないね…。

 

いつか草刈りしようしようと思っていて、

でも重い腰が上がらず。

 

今回、ハロウィンで子どもたちがたくさんうちに来ることになり、

庭がこんな有様ではあまりにも恥ずかしいので、

刈ることにしました。

 

それに先月、家の契約更新する際にも、

不動産やさんからチラッと言われたもんね。

「ところで、お庭の草刈りはされてますか?」って。

 

いかんいかん、実はチェックされてるぞ。

防犯のためにも、庭の手入れはこまめにしたほうがいいです。

 

 

これまでは枝切りバサミで地道に刈っていましたが、2時間以上かかります。

今回は、そんな時間的余裕なし!

あと、体力的にも余裕なし!

 

短時間でイッキにすませたいので、

道具に投資しましたよ。

 

まず、電動バリカンでしょ。

アルスコーポレーションの製品です。

手帳用の薄型ハサミ「ポケットセクレタリ」を作ってるメーカーさんだから、

安心だなと思って。

 

ホームセンターに実際に見に行って、

片っ端から電動バリカンをあれこれ持ってみて、

いちばん軽いこれにしました。

 

あと、刃物のお手入れには必須のもの。

・KURE5−56(錆び防止剤)

・刃物クリーナー(木のヤニを落とします)

 

・厚手のゴム手袋(綿性の軍手ではダメです。トゲが突き抜けて刺さるので。)

・ブルーシート(庭木剪定の際、下に敷いておいて刈った枝をイッキに集めます)

・ビニルシートでできたゴミバケツ(250Lだけど、芯入れたら自立するので便利)

 

これまでは、ミニマリストにあこがれて、

持ち物はなるべく少なくして〜とか思ってたけど、

肉体労働を軽減させる道具は、ケチったらダメです。

 

作業時間が長くなるほど疲れるので、

便利なアイテムに頼りましょう。

 

庭のジャングル、Before↓

 

(ちょっと角度ちがうけど)

30分ほど電動バリカンで刈りまくった、After↓

ふう。ちょっと肌寒い日だったのに、草刈り後は体がポカポカ。

おお、左のほうに、レンガ発掘〜。

あとは、刈った草が枯れてくれれば、もう少しスッキリするかな。

 

枝切りバサミと鎌だけじゃ、限界を感じていた今日このごろ。

ゴールは、気持ちのいい庭にすること、だもんね。

時間も、体力も、有限。

短時間で結果を出したいから、

ガーデニングアイテムには、初期投資しましょ。

 

もう少しきれいな庭になったら、

またお見せしますね〜。

読書の秋、はんこらーじゅでしおりを量産。

はんこらーじゅで、しおりをイッキに量産しました。

同時並行で複数の本を読んでいたら、しおりが足りなくなったので。

(前回作ったときが、こちら→「ラミネーターでブックマーカー」

 

 

消しゴムはんこを重ねつつ押して〜。

 

2cm幅にカット。

 

かどまるPROで、角部分は丸くパンチしておきます。

 

全体をラミネートしたあとに、切り離して、

また四隅をかどまるパンチしたあとに、1つ穴をパンチ。

 

できました〜!!

 

できあがったしおりは、

手帳のリング部分に通しています。

パンチ穴部分には切り込みを入れてあるから、

リングを開かなくてもすぐにしおりをはずせます。

 

しおりの下に透けているページは、

読みたい本リストです。

100冊書いたけどまだ足りなくて、

200冊に達する勢い。

 

読書の秋!

今年もあと2ヵ月ちょっと。

この手帳を使っているあいだに、どれだけ本を読めるかな?

 

新しいしおりが、後押ししてくれそうな気がしてます。

【DIY】ステンレスシェルフ×白い棚
ようやく完成!
ステンレスシェルフに載せる棚。


先週からちまちま塗り進めていた、白い板。

実は、無印のステンレスユニットシェルフ用の棚を、
DIYで作っていたのでした。

シェルフのオプションで、
白い棚も売ってるんだけど、
金属製(スチール)なのよね…。

どうしても木製の棚にしたかったので、
ホームセンターの板にペンキを塗って、
自作しました!

思いついたら、
やってみないと気がすまないタイプ(笑)


シェルフは幅84cmタイプのもの。
そこに、幅9cm×長さ83cmの板を、
4枚ずつ敷き詰めてます。


おかげでシェルフの上が、
ようやく片づきました。

公開するのも気がひける、
Before画像がこちら↓

…カオスだな(汗)

そして、物をいったん全部とっぱらって板を敷いた、
After写真がこちら↓


おお!!スッキリ〜♪

このシェルフは、
リビングの一角に置いてあって、
息子の本棚&クローゼットとして使ってます。
わたしの服も、大部分ここにハンガーでつるしています。

うちのリビング↓

写真には写ってないけど、
この右側に、
Before写真のような、魔窟シェルフがあったのです。

先月の家庭訪問のときも、
魔窟のまま先生をお迎えしました(笑)
まあ、現実をお見せせねばと思って…。

なぜリビングにクローゼットがあるかというと、
全部時短のため〜。

朝の出勤前に、お弁当つくって〜ごはん食べ(させ)て〜と、
バタバタしながら着替えるので、
リビングに洋服が置いてあると、
(息子もわたしも)動線が短くなってラクなのです。

たとえば、もし洋服が、
このリビング奥の押し入れにあったら…
朝は相当パニクってると思う(笑)

洗濯物もこの部屋に部屋干ししているので、
ハンガーにかけて乾いた服は、
シェルフに移動するだけで、ラク〜。

梅雨どきを思うと、
まだまだ改善の余地ありですけどね。


白い板はとても便利で、
部屋がイッキに明るくなりました。

あと、これまでは最上段がワイヤー棚だったので、
電灯の光がずーっと洋服にあたっていて、
服が早く色あせるように思えて、それも気になっていました。
その光も、ようやく板でシャットアウト。

でも、まっ白は便利なんだけど、
あまりに物がない白い空間だと、
それはそれで味気ない。

ちょっとずつ、物をもとどおりに置いてみたり。

(息子のペン立ては、お菓子やコーンの空き缶。いつかペイントしたい)

わたしの洋服をかけている部分には、
小物を置いてみたり。

(アクセサリーをとめているのが洗濯バサミってとこがね…汗)

白い板をベースに、
雑貨を飾ることも、楽しんでいきたいな〜と思ってます。

あ、洋服のコーディネートも、
ここに置いておくと便利だな♪

白い棚とともにすごす、
これからの季節がたのしみです。
 
手づくり日和
ゴールデンウィーク初日の今日は、
手づくり日和♪


平日はなかなかできないDIY、
この大型連休にやっちゃいます。


まずは、ちまちま買いあつめていた、
ホームセンターの木材。


無印良品のステンレスシェルフに、
ぴったり合う棚を作りたくて。

自分ではノコギリでまっすぐ切れないので、
ホームセンターの方に、
機械(一瞬で裁断!)で切ってもらってから、
持ち帰ります。

カット代は1カット20円と格安なので、
あらかじめサイズさえ決めておけば、
お願いするほうが断然早いし、
時間も労力も節約になります。

持って帰ったら、
断端にサンドペーパーをかけてなめらかにします。
電動サンダー、欲しいなあ…。



さあ、このあとは楽しいペンキ塗り作業♪
今回はハケのみでなく、
ローラーも準備しました。
使い捨ての手袋もあったほうがいいですよ。



ペンキはつやけしのマットな白を。

ホワイトのみだと、
青みがかった白になって冷たい感じがするので、
クリーム色をわずかに混ぜています。


次々に塗って、外で乾かしているところ〜。


空気が乾燥しているし、
日差しも強いのですぐ乾きます。

このあと、裏面も塗ったら、
板の準備はOK♪
連休中に、この板を使って組み立てる予定です。


今年のゴールデンウィークは、
地震もまだ心配なので、遠出はしない予定。
家の模様替えや断捨離をまとめてやろうかな。

わたしはインドア派なので、
読みたい本を読めて、
部屋の片づけができれば、
かなり満足できちゃうタイプ(笑)

この1年間、家の中を整えてきたのも大きいかな。
以前すきだったブックカフェ、
最近はわざわざそこまで行かずとも、
自宅で本を読んだら満たされています。


わたしに似たのか、
息子も、割と手づくり好き。

いま夢中になっている戦隊モノ、
ジュウオウジャーのアイテムをダンボールで手づくり。


このキューブタイプのアイテムね↓



でも一方で、
近場のおでかけは楽しみにしているので、
温泉と映画館は行こうと思ってます♪

さて、休み中にいくつ手づくりできるかな。
 
リビング温室化計画
リビング温室化計画!

年明けから秘かに妄想していたこと。
それは、南向きのリビングにもっと太陽光を取り入れて、
あったかくしちゃおう〜!という計画。

名付けて、リビング温室化計画!!


…なーんて、ひとりで盛り上がっていましたが。


要は、
冬のあいだは、窓のカーテン全開にしておひさまの熱を取り入れたいけど、
お隣さんの目も気になるし、プライバシーの問題もあるので、
くもりガラスシートを貼ってからカーテン開けておこう〜
というものです(^_^;)

ま、温室というより、ビニルハウスに近いかな?
(↑農業を営む実家では、真冬でもハウス内は暑くて汗ばむほどなのです!
そこからヒントを得て。)


ホームセンターで買ってきたのは、
おなじみのこれ↓

くもりガラスシートです!

このシートは去年から何度も買い足していて、
道路に面している、台所窓やリビング東側の窓にも貼り、今回3度め。

まずは窓ガラスをきれいにするところから始めて
(無印のガラスワイパーが便利!窓ふきが数分で終わる)
内側・外側ともピカピカにしてから、シート貼り作業へ。

窓ガラスのサイズを縦横測って、
カッターでシートを同じサイズにカットし
(大きめのカッターマットの方眼目盛りが活躍!持ってる方、活用しましょう)
シートにシワができないように窓ガラスに貼ります。


今回わたしが買ったのは糊がついていない、水で密着させるタイプ。
賃貸物件なので、退去時もきれいにはがせることが最優先なので。

左側:シートを貼った窓
右側:貼ってない窓、庭が丸見え=お隣さんからも部屋の中が丸見え


窓の下半分だけ貼ってみました↓ 曇りの日でも、けっこう明るい!

(※サーキュレーターは空気を循環させるため、冬でもエアコンと同時使用してます。)


この日はカーテンを下半分だけ開けて、太陽熱をとりこみました。
外気温や部屋の広さにもよるだろうけど、
天気のいい日はエアコンなしでも20度越えるんじゃないかな〜♡

上半分にシートを貼らなかったのは、
バードウォッチングを楽しみたいから♪
今年の冬も、メジロやヒヨドリが庭に来てくれたら、部屋の中から眺めていたいな♡
(去年小鳥たちを眺めていた日がこちら→


これからさらに冷え込む季節ですが、
我々ニンゲンは、冬眠するわけにもいかない。
おひさまのあたたかさをたくさん取りこんで、
冬のあいだも元気に活動したいものです。

そんな野望にアツくなりながらの、久々のDIYでした♪

 
リメイクチェスト、実は○○○○の台に。
先日完成させた、リメイクチェスト。


実は、オーブンの台にするのが目的でした!


来年度からはじまる息子の学童保育。
先生がたと面談した結果、
息子は食物アレルギーがあるので、
おやつは持ちこみ。
1週間ぶんをわたしがまとめて作っていくことになりました。

1週間も日持ちするおやつといえば、
やっぱり、クッキーやクラッカーなどの焼き菓子類。

これまでクッキーはビタントニオで毎朝焼いてたけど、
1週間分まとめてとなると、ちょっと間に合わない。

そこで、ついに念願のオーブン購入へ!

しかも、あこがれていたガスオーブン!!
2年越しのWISHが叶ったよお〜。
これで一度にお菓子が大量に焼ける〜♪
パンもケーキもグラタンも鶏の丸焼きもできる〜♡


…ですが、問題はこの重さ。

本体は40キロ近くあります。
この重さに耐えられる台に置かないと。

カタログ見たら、
木の板で作られたシンプルなオーブン台でも、
けっこういいお値段する。

自分で板を買ってきて作ったほうが、断然安くすむよな〜。
でも、この重さに耐えられるほど頑丈な台、作る自信ない〜。

と思っていたところに、思い出したのがこのチェスト。

ひと昔前の物だから作りがしっかりしてるし。
わたしが上に載っても壊れなかったぞ。
40キロ以上でも耐えられる作りってことだよね。

で、念のため上に板を1枚載せて、
オーブン台にするべくリメイクしたのでした↓


オーブンに対してサイズもぴったりでよかった!


さてさて、いまの課題は、
このガスオーブンのクセをつかむこと。


電気オーブンより明らかに、
予熱が早い!(2〜3分くらい)
火力も強い!(レシピ通りの温度&時間で焼くとなんでもすぐ焦げちゃう…)

アップルパイにチャレンジしたら、これ↓

こげこげ&乾燥…
あれ?期待していた仕上がりとちがう…(汗)


ゆるベジ即席パンを、水の代わりにトマトジュースを使用したもの↓

表面バリッと♪
しかしちょっと固い…

将来天然酵母パンも焼けるようになるのが目標なんだけど、
こりゃ、道のり遠いな…。


長ネギの味噌ボーロ(レシピは「野菜1種の5品献立」
は温度を下げたらうまくいった♡

おいしかった♡♡


息子の学童保育が始まるまで、あと半月。

それまでに、このオーブンと仲良くなれますように♪


 
リメイクチェスト、ついに完成!
先月からちまちま進めていた、
チェストのリメイク。

仕上げに、
セリアのインテリアネームプレートを。


ひとつ100円。
色は、マットな黒!
かっこいい♡


Before↓



After↓



リメイク過程↓

赤いペンキがはげてた引き出しは、



取っ手をはずして、
塗り直し↓



ちょっと青白すぎるかな〜と思って、
色を調合し↓



重ね塗り。

下の段の色、
あたたかみのあるオフホワイトに決めて、

本体も塗り直し、
乾燥させて〜。



引き出しの取っ手には、
先ほどのネームプレートを、


ドライバーでとりつけて、


完成!!



約20年前にもらったチェストですが、
自分好みに変身したので、大満足!!

家具のリメイク、ハマりそうです♪♪♪


おうちカフェ計画、続行中!




それにしても、
セリアはすごいね!