アラフォーのシングルマザーが「いま、ここ」と「これから」を楽しみながら綴るブログ。
あな吉手帳術 + ゆる家事 + 卵&魚アレルギーっ子育児。
すきなものいろいろつめこみました。
オリジナルレシピ「にじいろスイーツ」はnoteで販売中。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
くまもと講座のアレ、の作り方。
お待たせしました!

くまもと講座でお配りした、布製封筒の作り方、いきま〜っす。

【材料】(封筒1枚ぶん)


・表布 15cm×15cm

・ウラ布 15cm×15cm

・ニカワ(牛の皮を原料にした接着剤。こちらで買えます→

・ボンド

 
【道具】

・ラップ

・ステンレスボウル 2個

・封筒の型
(なければ、お年玉袋を解体。使用済みのもので可)

・刷毛

・ペン

・はさみ




【作り方】

1. ニカワを湯せんで溶かす。
(外側のボウルに、約80℃のお湯を入れてます↓)


2. ラップをしいた上に表布を置く。
(ニカワで机を汚さないようにするため)
表布とウラ布を、ニカワで貼りあわせる。
乾くまで2〜3時間、できればひと晩おく。

ここでは、まず刷毛で表布の裏にニカワを塗り↓


ウラ布を貼る。
ニカワが染み出してるけど、かわけば固まる。


かわいたところ↓


3. 布に封筒型をあててペンで印をつけ、はさみで切りとる。


4. 封筒型に折り、布がかさなる部分をボンドで貼る。


以上です!



つくるときは、イッキに大量生産するほうがよいです。
ニカワは何度も湯せんにかけていると、
接着力がおちてしまうので。

くろーばーさんの手帳術講座@くまもとでもらってくださったかた、
ありがとうございました!
くさいのは、ニカワ臭です。
ごめんなさい。
風にあてるなどして、とばしてください。


わたしは手帳のフセンゴミ入れとして使ってますが、
シール入れにもよし。
名刺入れにもよし。

子どもたちへのお年玉袋にもよし。


そして、なんといっても、
家計をあずかる主婦のわたしたちですから、

ヘソクリ入れにもよし!
(大声で言うな)


毎日、家族のためにがんばっている、わたしたちだからこそ。
たまにはここから、自分へのごほうび、あげちゃいましょう。


封筒の内側には、たくさんの人。

ワーキングマザーとして。
そして、チームの一員として。
働くわたしたちをイメージしました。

だいじょうぶ、時には立ち止まって、休んでも。
たくさんの人が、あなたを支えてくれてるから。

ひとやすみしたら、
またいっしょに、歩きだしましょう。
熊本講座の、アレ。
チーム九州、アツイっす。
(今回はリンク張りまくりです。覚悟してっ)
くろーばーさんの手帳術講座@くまもと。
★こ〜んな↑すてきなウェルカムボードを作って、
空港でくろーばーさんを出待ちしていたのは、
巴。さんと、妹さん。
(主催者rinrinさんのブログで、空港でどんな感じだったのか見てきてね〜。むふふ。目立つぞ〜)
★しかも、ボードはこれだけではなくて、
熊本駅の改札口にも案内板が。
(受講者のおひとり、かぼちゃプリンさんが証拠写真upしてます〜)
案内役の巴。さん、マダレナさん、おつかれさまでしたー!!
★電車・新幹線組への配慮だけでなく、
クルマ組のわたしたちには、
にこにこさんと、巴。さんの妹さんが、
会場の駐車場入口で案内してくださってました。
★会場に入ってからも、おもてなしの品が次々と。
rinrinさんのベジタブルクラッカー、
みず・レフアさんのブラウニー♪
これに、サクラベリーさんのお茶もついてましたよん♪
講座がはじまってすぐ、ぜ〜んぶおいしくいただきました。
(イッキに食べ尽くした、とも言う…ははは…。
写真用に、畑仲間のshipoさんにブラウニーお借りしました)
左上は、なんとクローバー形の消しゴムはんこ!!
rinrinさんの手書きのメッセージつきです。
これも、いただいちゃっていいんですか〜!!
わーいわーい!!(←スタンプマニア)
★そして前回の記事でも書きましたが、
ネームプレートは、巴。さんの妹さん作♪
安全ピン&ハトメ好きのわたしは、ひそかに萌えておりました。
ぐふふ(←アヤシイ)
ピンクのリボンが、かわいいの〜。
これからは、こんなきれいな色も身につけていきたいな〜。
ふだん地味色(よく言えばアースカラー)ばかり着てるもんでね〜。
★このほかにも、
rinrinさんのきなこのハードクッキーあり。
(もちろん、またすぐ食べ尽くし。)
お昼の交流会は、おいしいカフェランチあり。
★講座のあとには、こかげさんの無農薬野菜のおみやげあり!!
(なすは焼きなすに、きゅうりはそのままかじっていただきました〜)
九州…。
そしてこの地のどまんなか、くまもと。
一生に一度のこの日を、絶対たのしもうね!!っていう、
みなさんのパワーが、どこ見てもあふれてました。
とくに地元のかたの、「くまもとなら、まかせて!!」っていう心配りで、
県外からも安心して参加できました。
そして、この日のリーダーが、
九州が誇るブロガー、rinrinさんでした。
(ブログの更新頻度が、ハンパないです、このお方。
九州のゆるベジイベントは、この方のブログに飛んでいくと一発でわかりますよ〜)
rinrinさんは、一度会ったかたの得意分野を、ちゃんと把握してらっしゃる。
そして、信頼して、仕事を任せていらっしゃる。
こんなリーダーのもとで働きたいなあ、と本気で思う今日このごろなのでした。
あ、実はわたしも、今回もやりたい放題やらせていただきました↓
布でつくった、ぽち袋。
手帳の使用済みフセン入れにどうかな?と思いつつ。
つぎの記事で、つくり方upしますね。
チーム九州、まだまだわくわくする企画がいっぱい。
今年の夏は、九州がアツイぜ!
福岡講座の、アレ。その2
ネームプレートを作製させていただきました。
ネームプレート拡大

1月のカントリー姐さん講座@水俣のとき、
彩香さんがネームプレートに目をとめてくださって。
「3月の福岡講座にもつくってほしい〜」とリクエストをいただき、
「ハ、ハイ、人数さえわかれば〜」と、お引き受けしました。

とはいっても、全然ネタがなくて。

どーしよーどーしよーと悩み、
彩香さんに福岡講座のテーマをおたずねしたところ、

「新たな出会い」 
「新たな発見」 
「新たな一歩」
すべての講座に共通して、
この講座を通して出会い・発見し、
そのことが来てくださった方
皆様の大きな一歩になると嬉しい。

とのことでした。
そこで、このモチーフになりました。
もし、虫系がダメなかたがいらっしゃったらごめんなさい。
一応、蝶のかわりにカエルモチーフも用意してたんですけどね…。
(↑ もっといやだ?)


長い冬をこえて、あたたかくなったこの季節にあらわれる蝶たち。
その姿に、固い殻を脱いで、新しい世界へ飛び立つわたしたちを重ねました。

なんにでもチャレンジしよう!っていう強い気持ちだけではなくて。
寒くてつらいあいだは、冬眠していいんだよ、しっかり休んでいいんだよ。
サナギという形で、自分を守るのもアリだ。
ゆっくり充電してから、つぎのことをはじめればいいんだから。

そんな気持ちで、どちらかというと、
蝶が殻のなかで眠っていた冬にフォーカスしています。

蝶がひきたって見えるように、プレート本体をわざと汚しました。
(冬がキライってわけじゃないんですよ〜。わたしは季節のなかでいちばんすき♪)

それは、LUNA SEAのこのアルバム「STYLE」↓
アルバム「STYLE」の1曲めです
この1曲め「WITH LOVE」 と、
4曲め「RA-SE-N」 を聴いてできたイメージです。

とくに1曲めの、バックでガッシャガッシャ鳴る歪んだサウンド、
ギターがガーとかピーとか鳴ってるなかに、美しいメロディがのる。
それをそのまんまプレートのイメージにしました。
(汚れたプレート=サウンド、蝶=メロディ、ね。
これ以上語ると、LUNA SEA知らないひとはついてこれないので、割愛。
ま、結局、わたしのルーツはLUNA SEA なんですね)

蝶の下にある「full your life with sunshine and your heart with love.」
という文字は、たまたま持っていたスタンプの一部を使いました。
あな吉さんいつもがおっしゃっている
「大人は自分をゴキゲンに保つ責務がある」って、
これに近いんじゃないかな?と、自分なりに解釈。

PC関係に疎いので、デジタル機器はつかわず(つかえず)、
はさみと両面テープとスタンプで…というアナログな作業でした。
たのしかった〜♪♪♪
彩香さん、好き勝手やらせてくださって、ありがとうございました!!

でも完成形のイメージはできていたんですが、どうつくったらいいかわからなくて。
材料探しに行ったお店で相談して、いろんなテクニックを伝授していただきました。
ぶっつけ本番で、習ったばかりの技術を使っちゃうのが、わたしの強み。
(↑ けっこう神経ずぶといのよね)

うん、やっぱり手帳は応援団をつれてきますよ!
やりたいこと、妄想レベルのこと、手帳には書いておいたほうがいいですよ♪


これから新しい生活、新しい世界にむかって、
みなさんが羽ばたいていけますように!
ネームプレート

ネームプレートのつくりかた

お待たせしました〜。

ネームプレートの作り方、いきま〜っす。

ネームプレートの材料

【材料】
厚紙 名刺サイズ
(たて5.5×よこ9センチくらい)

・ネームプレートのおもて用の紙
名刺サイズより1.5センチくらい大きく切っておく。
切り口は見えなくなるので、ざっくりでO.K.
(ここでは使用済みの茶封筒を再利用)

ウラ用の紙
名刺サイズより5ミリくらい小さく切っておく。
この切り口はあとで見えるので、きっちりまっすぐ直角に切っておくといいかも。
(これも使用済み茶封筒)

リボン 幅1センチ、長さ7センチくらいのもの
(なければそのへんの布を幅2.5センチくらいで切っておく)

両面テープ
(のりでもO.K. ただ両面テープのほうが手やまわりが汚れず、大量生産にも便利。幅広推奨)

ボンド(速乾性推奨)

はさみ

安全ピン


まず厚紙の片面に、すきまなく両面テープを貼ります。
はみ出たぶんは裏側にまわして貼ります。
厚紙に両面テープを貼る

はくり紙をはがし、おもて用の紙をべったり貼りつけ、裏返します。
写真はその裏返したところ。
1.5センチずつの余白があります。
おもて用の紙を貼りつけ、裏返す

おもて用の紙、余白の4隅をカットします。
これから余白部分をウラ側に折っていくのですが、
プレートの角からはみださないよう かつ すきまができないよう やや台形ぎみにカットしておきます。
紙の4隅を切り落とす

4か所の余白部分に両面テープを貼り、裏側に折ってくっつけます。
余白に両面テープを貼って折り返す

余白部分を全部折ったところ。
もう8割がた完成です。
余白部分を折ったところ

安全ピンをとおすためのリボンをつけます。
リボンが手元にないときは、布の裏側に両面テープを貼って1センチ幅になるよう両端を折ります。
布でリボンをつくって


これを2つ折りにして、端から1センチくらいまで内側をボンドでとめておきます。
さらにわの部分を上にして、
先ほどのネームプレートの裏側にボンドでくっつけます。

プレートの裏にボンドでくっつける
(なぜここだけボンド使用かというと、両面テープやのりだと強度に不安があるから。←石橋叩いてる)

この上から、ウラ用の紙に全面両面テープを貼り、くっつけます。
布で自作したリボンに厚みがあるので、ちょっともこもこしてますね。
ま、裏側なので気にしないでおきましょう。
ウラに紙を貼りつけたら、完成


おもてに返すと、こんなかんじ。
まっさらなプレートになっています。
マステやスタンプなどでデコりましょう♪
おもてに返すと、こう


水俣講座では、リボンに安全ピンをとおして使いました。
首から下げる場合は、ひもやテープをとおせます。

ちなみに右側の3つは、おもて用・ウラ用の紙を布に置きかえたもの。
紙と比べてやわらかく角が出にくいので、そこだけボンドとつまようじなどでちまちま留めるといいですよ〜。
(こういう作業がすきなんだよな…楽しかった…)
布でもできます



あと、手づくりしなくても、いまはこんな便利な道具がありますので↓
プラスチック製ネームプレート
(プラスチックの透明ネームプレート、裏には安全ピンとクリップ両方ついてる)

名刺を入れるだけで、ネームプレートのできあがり〜。
名刺を入れるだけ♪
(ハイ、この名刺、手書きです…。アナログ人間です…。プリンタでミスプリントするのがこわくて。名刺交換してくださったみなさん、ありがとうございました〜)

名刺に使った花柄の用紙は、水俣駅から徒歩10分の文具のたかやまさんで買いました♪
10枚入りで210円也。
こちらのお店、手帳術やスクラップブッキングの品ぞろえがすばらしかったです!
あな吉さんオリジナルバインダーも、リフィルまで全部セットされて店内に見本が置かれてました。

というわけで、ネームプレートのつくりかた&名刺づくりも楽しいよ、というお話でした。
みなさんぜひぜひ名刺もつくって、講座・オフ会に参加しましょ〜。

水俣講座の、アレ その2
水俣講座での、ネームプレート。
こちらも、妄想炸裂!で、自由に作製させていただきました。

DVC00771.jpg 

きっかけは、熊本オフ会参加のときに、ネームプレートをつくって持って行ったこと。

わたし、ひとの名前を覚えるのが苦手でして。
3人以上ひとが集まると、自己紹介の直後でも、
頭のなかで名前がシャッフルされてわからなくなってしまう。

あと、会話のなかで「ねえ、○○さん〜」という風に、ひとの名前を呼ぶのもうまくないんですよね。
そこで、お名前をまちがえないように、必死に覚えなくてもいいように、ネームプレートを作ればいいんじゃないかと。
そうすればお話ししているあいだも「お名前なんだったかな…」とモヤモヤすることなく、会話に集中できるなあと思ったのです。
お名前を耳で聞くだけでなく、目で文字も見た方が、記憶に残るだろうし、ね。


オフ会では紙でつくっていたネームプレートを、水俣講座では布にしました。
色とりどりの花にしよう、
そして、会場でみなさんにおすきな花をえらんでいただく。

自分がえらんだ花を、自分の人生で、思いっきり咲かせましょう。
カントリー姐さんのブログからは、そんなあたたかいメッセージがあふれている気がします。
DVC00694.jpg

(あ、ちなみにカントリー姐さんのネームプレートは、ブラックベースですよ…。
その中に、ダイヤのようなキラキラをちりばめて。)

本来はこの左側部分に、rinrinさんのりんごストラップがつくはずだったのですが、
わたしの手違いで、カントリー姐さんにこのことをお伝えできないまま講座がはじまってしまいました。
ごめんなさい。
実はこれが、rinrinさんとの水俣コラボ企画だったのです〜。

ネームプレートに使った布は、あな吉さんの手帳術ビジュアル本でもおなじみの、
CHECK&STRIPE さんのもの♪
東京や神戸に実店舗があるんですよね。
行ってみたいな〜。
(今回使った布と同じものが、2月13日まで予約販売されてます〜

その他に、maru10 さんのもの♪
こちらは福岡のお店です。

たくさんの布の花たちを眺めながら、
つぎの手帳カバーはあれでつくろうかな、これでつくろうかな、と妄想中です。
むふふ。


つぎは、ネームプレートの作り方、いきま〜っす。
水俣講座の、アレ その1

カントリー姐さんの講座から、もう1週間たったのね…。
早い…早いわ…。
まだ講座のアンケート書いてないわ…。
(ごめんなさい、この記事打ったらすぐ書きます〜)

水俣講座では、ウエルカムボードとネームプレートを(わたしの趣味全開で)作成させていただきました。
声をかけてくださったサクラベリーさん、ありがとうございました!!
最初このお話をいただいたとき、もううれしくってわくわくして、手帳にはあっというまに妄想のフセンが炸裂してました。
そして、できあがったウエルカムボードが、こちら↓
DVC00769.jpg

ボードのまわりにあしらった葉は、実家の花壇に生えていたアイビー。
アイビーの花言葉は「友情」なのです。

カントリー姐さんのブログの、
「手帳が仲間をつれてくる!」というメッセージから

いつも元気をいただいていて、

(ここ→とか、ここ→

この講座にぴったりの葉だと思って使いました。

と、ここまでは夜の交流会でお伝えしたんですが、

言い忘れていたことが!↓ 

アイビーの葉は、

水につけておくと切ったところから根がでて、
それを土に植えるとどんどんふえます。

なのでご希望の方は、

どうぞおすきなだけちぎって持って帰ってください♪


と…。

しまった…。

気がつけばみなさん、帰りのバスに乗りこんで、

会場をあとにされていました。


ひとまずボード&アイビーを宿まで持ち帰ったところ、

あの徹夜手帳オフ会メンバーの御三方が、

もらってくださいました。

わたしも今年の夏は、自宅でこのアイビーをふやして、

グリーンカーテンにチャレンジしてみます。


って、あ、フセンに書いとこ。

妄想炸裂フセンたち