June 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

くいしんぼうの原点は、絵本から。

小学生のころに好きだった本。(画像はネットからお借りしました)

今日は週末恒例、近所のママさんとの早朝ウォーキング。

小学生のころに読んだ絵本、

おばけのアッチシリーズの話で盛り上がりました〜。

 

ママさんはわたしより1つ年下。

学校の読み聞かせサークルに入っていて、

児童書にとてもくわしいの。

 

そのママさんがウォーキングの最中に、

「そういえば、昨日図書館に絵本を選びに行ったら、

『おばけのアッチシリーズ』の新作が出ててね〜」と。

 

ママさん「知ってる?おばけのアッチ。」

わたし「うんうん!たしか、えっちゃんっていう女の子が出てくるよね?」

マ「すごいね!よく覚えてるね〜!

他には、ノラネコのボンと、ネズミのチとキ。」

わ「そうだった〜!!なつかしすぎる〜!!」

と、ふたりとも30年前の子どもにもどって、ワクワク。

 

アッチは、レストランひばりのコックさん。

絵本では、毎回いろんなお料理が出てきます。

 

わたし、あのシリーズでハンバーグの焼き方を知ったんです。

弱火でグズグズ焼いちゃダメだと。

今でも、ハンバーグのタネをフライパンに入れるタイミングで、

毎回おばけのアッチが思い浮かびます(笑)

 

たしか、絵本では、

登場人物それぞれすきな形のハンバーグを作ってたような…。

ああ、もう一回読みたいなあ…。

 

それにしても、30年前に読んでた絵本の新作が出るなんて、すごいね。

検索してみたら、あのころと変わらず、

やわらかそうなアッチとふわふわのチとキ、

ちょっと悪そうなボンの画像が出てきて、なごみました〜。

・写真左:あと、うちの絵本で好きだったのがスプーンおばさん。

これ、NHKでアニメやってたよね。

動物としゃべれるスプーンおばさんがうらやましかったな〜。

 

・写真中:アッチシリーズの最新作。

作者さんも画家さんが今も変わらずのコンビ、というところがすごい!

 

・写真右:小学校の本で覚えてるのが、

ふしぎなかぎばあさん。

田舎で、両親や祖父母と暮らしてたわたしには、

この本に出てくる鍵っ子の心細さがわかんなかった。

いつも家には誰か大人がいたからね。

でも今後、息子が鍵っ子になるかもな〜と思うとき、

いつも思い出すのはかぎばあさん。

 

あ、こうやって思い返してみると、

どの絵本も、おいしいものが出てきます。

わたしのくいしんぼうの原点は、絵本からかもね。

今月読む本&読んでいる本

今月読む本&読んでいる本。

・写真左:先週から読んでいる本、

「自分を変える1つの習慣」。

自分の仕事、健康、人間関係、人生…

毎日の小さな積み重ねが、大きな結果につながっていることに気づく。

2018年は始まったばかり。

今年、自分がどうなりたいか?どう変わりたいか?を考えるときに、

まずこの本を読んでからでも遅くないと思いました。

今週中には読み終わるかな。

 

・写真中:次に、来週から読もうと思っている本。

「いま世界の哲学者が考えていること」。

わたし、自分では哲学は苦手だと思っているんですけどね。

だって、単語自体が難しそうだもん。

もくじをパラッと見たら、

「IT革命は人類に何をもたらすのか」

「人類は地球を守らなくてはいけないのか」

とか、おもしろそうな題が並んでいます。

自然や科学と結びつけて考えるんだったら、興味ある分野だから読めるかも。

よし、挫折せずに読んでみよう。

 

・写真右:今月中には読みたい本。

「エッセンシャル思考」。

エッセンシャル思考って、そもそも何だろう?

まずはそこからだね。

これもまたもくじをパラパラ見ると

(わたし、読む前にもくじにざっと目を通すのがすきなんです)、

「何かを選ぶことは、何かを捨てること」

って書いてあったよ!

どこかで聞いたような…!

 

と、こんな感じで、うちのリビングには本が次々と積まれていくのであります。

数年前には手に取らなかったであろう本たち。

最近は読書する体力もついてきたのか、

文字の多い、厚めの本を読むのが楽しいです。

 

日帰り旅行に持っていったモノ&持ち帰ったモノ。

ひとり旅行の道中は、読書のチャンス。

・写真左:昨日の大阪日帰りメイクレッスン、

持って行ったのは、読書用の本。

「時間をかけずに成功する人 コツコツやっても伸びない人 SMARTCUTS」。

これからは、ショートカット(単なる近道)ではなく、

スマートカット(賢い近道)が必要になる時代。

とくに、この本に書かれているフィンランドの教育制度は、

これからの自分の子育てに活かせそうだと思いました。

 

あとわたし自身も、ネガティブフィードバックを恐れないことだな。

 

・写真中:持ち帰ったモノ。

息子へのおみやげ、エヴァンゲリオンのコアまんじゅう。

外側はまっくろ、中が赤い餡。

実家から息子を送り届けてくれた母もいっしょに食べました。

「またこんなマニアックなものを…(笑)」って母には言われましたがね。

ちなみに両親へはどらやきのおみやげ。

 

・写真右:息子にはもうひとつおみやげ、

エヴァのICカードケースもあげました。

そこについてたNERV(ネルフ)のロゴを見たとたん、

いきなり描き始める息子。

その下につけ加えた「PKT」は、ピカチュウの略だそう。

彼の頭の中、エヴァとピカチュウと巨人でいっぱいみたいね。

 

日帰り弾丸旅行だったけど、家族へのおみやげは忘れずに。

これで、わたしも、息子も、両親も、三方良し。

 

さて、明日からは日常です。

レッスンで習ったメイクを少しずつ取り入れつつ、

また1週間がんばりましょう。

週末のお楽しみ

やっと金曜日!楽しみにしていた本が読める〜。

平日はなかなか読書の時間がとれなくってね。

 

・写真左:石井ゆかりさんの「3年の星占い」。

この前の2015-2017年分の本を読んでいて、

すごく勇気づけられたので今回も購入。

そうそう、占いの通りに2015年に手に入れた武器(仕事で新たな資格取得)は、

今年から使えるようになりました。

 

・写真中:日経ビジネスアソシエ、2018年1月号。

やっぱりビジネス本が面白い!

別冊付録に「嫌われない技術」ですって。

へええ…わたし自身は今年、職場ではふっきれて、

「どーでもいい人に嫌われても 別にいいわ、

自分の仕事を誠心誠意やるだけだ」

って思えるようになったんだけどね。←「嫌われる勇気」ね。

ま、それだけじゃ〜イタイ人になっちゃうから、嫌われないポイントもおさえとかないとね。

 

・写真右:白崎茶会レシピの「へたおやつ」、Amazonから届きましたー!!

あああ、本の帯からして気になるレシピ名が載ってるけど、

だいじにだいじに、ちびちび読もう(笑)

 

今月は職場が繁盛期なので、

今週は毎日17時近くまで仕事してまして、

(本来は15時退勤の時短契約)

アクセル全開で息子の学童保育まで迎えに行って、

夕ごはん食べて&食べさせて寝る、の毎日でした。

 

疲労回復のためにも、睡眠が最優先!

やりたいことがあっても、

22時越えてたら翌日にまわします。

 

だから週末に本をのんびり読める時間は、何よりのしあわせ♡

もう最近ではブックカフェにも行かずに、

ただただ、自分の家でお茶やコーヒー片手に読書、が楽しみになっています。

カフェに行く往復の時間さえ、惜しいので。

 

今住んでいる家は、もう5年め。

静かで、窓から空や樹々を眺められて、ソファもあって、

読書にはもってこいの場所なのです。

 

さーて、また新しい本棚でもDIYで作ろうかな。

板を白くペイントして、ボンドでくっつけるだけの簡単本棚。

これもまた、週末の楽しみのひとつです。

実家に行くともらえるもの

実家に行くと、もらえるもの。

・写真左:実家で作っているお米。

紙の米袋ではなく、コンバイン用の袋に詰めてもらっています。

一袋30kg入るんだけど、わたしがその重さを抱えきれないので、

15kg×2袋に分けています。これだと一人でも車のトランクに積める。

今日から新米!ありがたや〜。

 

・写真中:実家の花壇にわっしゃわしゃ茂っていたアイビー。

伸びすぎたところをちょんちょん切って、

うちに持って帰りました。

水につけておいたら根が出るので、うちの庭に移植します。

あと、ローズマリーもね。

スッキリしたいい香りですきです。

 

・写真右:実家に帰ると、なぜかのんびりと時間が流れます。

時計の針が進むのがふだんの半分くらいのスピードに感じる…。

だから、「時間」をもらっているように思えます。

一晩泊まるだけだったので今回はパソコンは持って行かず。

おかげで読書する時間がたっぷりありました。

キングコング西野さんの「魔法のコンパス」、

自宅ではなかなか開けなかったのに、実家だとイッキに読めたよ〜。

 

本当は、今回の帰省はしし座流星群が目的だったの。

でも前夜から雨が続いていて、残念ながら星空は見えませんでした。

新月とも重なって、流星をしっかり見つけるチャンスだったんだけどね。

また来年のお楽しみだね。

12345>|next>>
pagetop