アラフォーのシングルマザーが「いま、ここ」と「これから」を楽しみながら綴るブログ。
あな吉手帳術 + ゆる家事 + 卵&魚アレルギーっ子育児。
すきなものいろいろつめこみました。
オリジナルレシピ「にじいろスイーツ」はnoteで販売中。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ハロウィンに作ったスイーツ

今年のハロウィンスイーツ、備忘録。

 

息子の給食でかぼちゃムースが出たので、

ゆるベジレシピで作ったよ〜。

「野菜1種の5品献立」に載ってる、角切りかぼちゃのムースね。

レシピでは角切りかぼちゃを入れてるけど、

今回は省略。

 

ハロウィンスイーツ用のカップは、

通販サイト「cotta」で毎年少しずつ買い集めています。

毎年手帳の10月スペースには「cotta注文する」フセンが貼られてるのだ。

ハロウィン用のラッピング材料やお菓子の材料を忘れずに注文!

cottaさん、大分県にある会社だからすぐ届くのよ。

 

そして今年は、

そのcottaさんのHPに載っていたハロウィンレシピがど〜も気になって…。

ふだんは作らない、生クリームやグラニュー糖を使ったスイーツ、

ラッピング用品といっしょに、材料も注文して作っちゃいました!

 

ミイラ男のかぼちゃクリーム大福」〜!!

ううう、うまし!!

かぼちゃとクリームチーズってこんなに合うのね〜♡

 

いや〜、でもこれ、ハロウィン当日にぶっつけ本番で作ったら、

けっこう大変でした。

 

何十年ぶりだろう、手動で生クリームの泡立て。

(ハンドミキサーを持ってない)

最初はしゃばしゃばの液体状の生クリーム、

「絶対角なんて立たんわ…」とあきらめてたけど、

20分もカシャカシャやったら、わたしでもピンと角たったよ!

あら、手動でも大丈夫じゃん!

 

これにクリームチーズなどなどを合わせて、絞り出して冷凍して…。

生クリームを使い切るために、

中のクリーム餡を倍量で作って冷凍保存してしまったわ。

かぼちゃ餡作って(これがけっこう大変だった)、

求肥でつつんで、目とcottaで購入したコウモリピックつけたら、

あら、かわいいミイラ男になったよ〜♡

 

息子が生まれてからもうすぐ10年、

手作りお菓子ってゆるベジか白崎茶会レシピがほとんどだったので、

乳製品やらまっ白な砂糖を使ってのスイーツ作り、

数十年ぶりかも!

久しぶりすぎて新鮮でした。

 

それにしても、正当な手順での洋菓子作りって、

手間ひまかかるんだな…。

あ…大福だったから和菓子か…?

 

まあ今年のハロウィンも、

無事においしいものを食べられたのでよしとする♡

気になる色

最近気になる色は、赤みがかったダークな紫。

・写真左:スーパーの産直コーナーは、

マイナーな野菜も置いてあるのですきです。

今回見つけたのは、

「ブラックローズ」という名のリーフレタス。

おお、名前だけでワクワクする〜♡

一玉まるまる入ってて170円。

 

・写真中:こんなにダークな色よ〜!

ブラックというより、ダークパープル。

一瞬、赤シソか?と見間違うほど。

フリルが花びらのようにヒラヒラでしてて、繊細できれい。

ブーケに入れてもいいと思うわ(笑)

味はふつうのレタスですが、少し苦みが強いかな。

 

・写真右:今日の朝ごはんのサラダに使いました。

わさび菜のグリーンと合わせると、すごいコントラスト。

こんだけの色だから、きっと栄養価も高いと思う。

あ、手前の四角いものは白崎茶会のコーンブレッドです。

今週豆乳ヨーグルトを作ったので、

ようやくこのレシピにもチャレンジできました。

 

休日でも、朝ごはんはしっかり食べます。

フライパンでささっと焼ける、

米粉メインのホットケーキやクレープが多いです。

今日はたまたまオーブンで焼くコーンブレッドだったけどね〜。

 

米粉も、コーンミールも、糖質は多い。

ダイエットにはよくないんだけど、

いま読んでいる本で、いいことを知りました。

 

糖質を摂りすぎると血糖値が急にあがって、

インスリンが分泌され、

ブドウ糖が脂肪に変わることで肥満につながる。

でも糖質といっしょにオリーブオイルと摂ると、

糖質単独で摂るよりも、

血糖値の上昇がおだやかになるんだって!

 

なので、これから休日の朝ごはんは、

気になる色の野菜と、

オリーブオイルをいっしょに摂るようにします♪

いまハマっている野菜。

いまハマっている野菜は、これ!

わさび菜&紅大根です。実家からもらったもの。

ピンク&グリーンがきれい♡

わさび菜、けっこう日持ちするし、このレースのような形もかわいいし、

毎日のように食べています。

 

・写真左:わさび菜と塩もみした紅大根に、

冷蔵庫にあまってた野菜をいろいろ混ぜたサラダ。

そう、日曜日は冷蔵庫リセットの日なんでね〜。

在庫は使い切りますよ〜。

 

・写真中:食べる直前にドレッシングで和えます。

実家の母からおしえてもらったのは、

「らっきょう酢が万能よ♪」と。

らっきょうを漬ける酢のことね。

たしかにそうなのよ〜。

オリーブオイルとらっきょう酢だと、息子も生野菜のサラダをよく食べる。

 

・写真右:今日のお昼ごはん。

このピンク&グリーンのサラダ、

元気をもらう色。

まあ、息子にはわさび菜のピリッとした味は刺激が強いので、

きれいに残してましたが…。

9歳にはまだ早かったな。

 

平日の冷蔵庫内は息子のコピー給食に合わせた食材になるので、

週末にカラフルなメニューを食べるのは、ある意味お楽しみ。

春野菜が出てくるまで、

わたしのお弁当のグリーンはしばらくわさび菜だな。

ハロウィンおやつ

息子のおどろく顔が見たくて、本日のおやつはハロウィン仕様。

 

・写真左:息子の学童保育用のおやつ。

白崎茶会レシピで、クッキーをまとめ焼き〜。

先日購入したゲームキャラたちの型を使って。

ちなみに、息子がいちばんハマっているのが「星のカービィ」。

いちばん上にならんでいる丸いキャラね。

 

・写真中:アイシング不要のクッキー型なのに、

どーしても色づけしたくてやってみた。

スプラトゥーンと、マリオゲームのキノコ。

アイシング初挑戦!だったので、道具も正式なものは持っていなくて、

ひたすらゴムベラで塗りました。

明日、両方とも竹炭パウダーで目を塗る予定。画竜点睛。

 

・写真右:昨日京都展で購入したわらびもち。

本日のデザートになりました。

この日のために買っておいたハロウィンの器に入れてみる。

おお、器の中身は和菓子なのに、イッキにハロウィンっぽくなったじゃないの。

でも、息子はわらびもちが苦手だったみたい。あら、残念。

白玉団子のほうがよかったね。

 

ま、ビジュアルではどれも息子が喜んでくれたのでよしとする。

息子はアイシングクッキーなんて見たこともないから、

真っ赤なキノコの色にびっくりしてたよ。

一応「絵の具じゃないよ、食べられるんだよ」って言っておきました(笑)

 

それにしてもアイシング、ちょっとやってみたけど難しいね。

シュガーを練る硬さとか、

クッキーからはみださないように塗る方法とか。

ハマると時間を忘れて一日中研究してしまいそう。

 

作るのも食べるのも、

1年に1度、ハロウィンの時期だけのお楽しみおやつにしよう。

ハロウィンにぴったりのクッキー型

焼き菓子の季節、到来!

ようやく、オーブンを使っても台所が暑くならない季節になりました。

1年間サボってた息子の学童おやつ作り、再開です。

夏はアイス、それ以外は卵なしクッキーと、

過去1年間ほぼ市販品ですませてました。

 

去年は毎週のように焼いていた型抜きクッキー、

なんで今年は作るモチベーション下がっちゃったのかな…と考えたら、

作るわたしも、食べる息子も、

もう、形に飽きちゃってたのでした。

 

息子のすきなピカチュウの型はないかな〜とネットで探してたら、

なんと!

ピカチュウどころか、スーパーマリオにスプラトゥーン、

星のカービィ、おさるのジョージまで、

細部まで忠実に再現した型が売られていました。

 

販売しているお店は、アールの雑貨屋さん

ウェブカタログ見てると、全部の型が欲しくなってしまう…。

小学生男子なら、このキャラのクッキー、ワクワクするよね♪

・写真左:スプラトゥーン型で焼いた、紫芋クッキー。

白崎茶会レシピの、きなこクッキーのアレンジバージョンです。

この型にはこの色がぴったりだと思って♪♪

 

・写真中:人気のマリオ型もあるよ〜!

これはプレーン生地で焼いて、ぜひともカラフルにアイシングしたい。

「アイシング不要でキャラクタークッキーができる」が

この型の売りなんだけどね。

 

・写真右:ルイージ型もあります。

こちらは抹茶で色づけした緑色の生地で作ってみようかな。

クッキーは大人の手のひらぐらいの大きさなので、

ひとつでもお腹いっぱいになります。

 

そういえば、今月はハロウィンがありますね。

去年みたいに息子のクラスはパレードするのかしら。

 

ダンボールハウスキャンプの様子を見ると、

小3って男子女子が別々に遊び始めて、ビミョーなお年頃。

去年の小2が、みんないっしょに仲良く遊べてて、

ハロウィンイベントやるにはベストな年代だったな〜。

 

ま、息子はハロウィンの雰囲気がすきなので、

今月はこのクッキー型で、

学童保育用おやつを作って持たせることにします。

中秋の名月と、シラタマニア。

今夜は、中秋の名月。

 

そういえば、息子が生まれてから、

この日に合わせてお団子つくったことないな〜と思い、

今日は夕食のときに作りました。

 

東の空から昇ってきたお月様を一瞬だけ息子とふたりで眺めて、

あとはデザートのお団子をバクバク。

ああ、ススキを取ってきて飾ればよかったかな〜。

来年へのフセンに書いておこう。

 

うちのお団子は、熊本の白玉屋新三郎さんの白玉粉を使っています。

息子が2歳になるまで小麦を除去していて、

卵アレルギーもあったので(8歳の今も)、

食べさせられるおやつは米粉を使ったものに限られて苦労しました。

そんなとき、白玉屋新三郎さんを知りました。

 

この白玉粉が!もう、とってもおいしいのよ〜!

つるん、ぷるん、もっちもち。

このなめらかな食感、ありそうでなかなか出会えない。

アレルギーでよかったかもね、こんなおいしいものに早くに出会えたから(笑)

 

6年前、毎日のように息子に白玉ゆでてたけど、

あれはとっても贅沢なことだったのかも。

 

・写真左:今宵、昇ったばかりの月。

月や星ってうまく写せない〜。難しいですね〜。

肉眼では、月で餅つくうさぎがきれいに見えました。

 

・写真中:お団子2種。

息子はきなこで、わたしはあんこで。

久々に、おうちカフェ気分。

 

・写真右:白玉屋新三郎さんの白玉粉&レシピ本。

フルーツや野菜を練り込んだカラフルなお団子に、

求肥や練りきりの作り方まで載ってます。

白玉マニア=シラタマニアにはたまらない本。

食欲の秋だし、めずらしいお団子も作ってみようかな。

よく晴れた日に、陶器の目止め。

よく晴れた日にやりたかったこと。

それは、新しい器の目止め。

 

ふだんの器は、

つるんとした手触りで丈夫な磁器を愛用していますが、

寒くなってくると、

陶器の、ぽってりしたあたたかい感触が恋しくなります。

 

最近、新しい器を手に入れたので、

使うまえに、目止めをしました。

 

器のあいだに無地のふきんをはさんで鍋に入れ、

お米のとぎ汁の中にしずめます。

弱火で20分ほどぐつぐつ。

 

このあと、水洗いして、完全に乾かします。

今日は空気が乾燥していて、とってもいいお天気だったので、

室内でもぐんぐん乾きました。

黒っぽいお皿がすきなんだよな〜。

 

陶器は最初に使う前に、目止めをしておけば、

料理の色や匂いがつきにくくなります。

あとは、使う前に30分ほど浸水させておくといいらしい。

 

秋冬のに向けて準備したのは、

カトラリーレストに、

焼酎のお湯割りを入れたくなる(笑)ゴブレット。

 

近ごろが、おうちカフェというより、

おうちバー?

家飲み?

が楽しみになりつつあります。

 

明日はボジョレーヌーボー解禁日。

わたしは新酒にはあんまり興味ないんですが、

今年はおいしいワインを探してみたいな〜。

あ、もちろん日本酒にもチャレンジしたい。

 

そして、お酒に合う器を選ぶのが楽しい。

陶器たちの目止めは、その準備のひとつです。

 

秋は、料理上手になれるチャンス。

食材が豊富で、

台所に立つのも、

夏のように汗だくにはならないし、

冬の時期ほど凍えない。

 

おいしいおつまみ、作れるようにがんばるぜい!

 

ハロウィンに、和風スイーツ。
本日のデザートは、これ。


ハロウィンなので、眼球スイーツ〜。

一度作ってみたかったの♪


クックパッドで調べてみたら、
材料は、白玉粉+絹ごし豆腐。
一部をとりわけて、色づけすればOK!


緑色は、桜野園さんのかぶせ茶パウダーで。
黒色は、竹炭パウダーで。


成形したら、こんな感じ〜。



お湯でゆでたら、つやつや。
いきなり目玉感がアップします!



つぶあんを敷いたところにのっけて。


フツーの白玉団子が、
形を変えただけで眼球に…おそろしや。
剣ピックを添えると…
これまた食べるときにグロい形になります(汗)


他にもいろいろ妄想してたハロウィンメニューはあったんだけど、
今日は土曜日PTAだったので疲れてクタクタ〜。

眼球のみでいっぱいいっぱいでした。


あ、夕ごはんには「秋の吹き寄せおこわ」
(「めくって決める!今日の野菜ごはん」より)をつくったよ♪


ハロウィンだけど、和風メニューな夜でした♪
 
ハニージンジャークッキー
ジンジャーなジャッキー!


焼き菓子の似合う季節になりました。

1年前に手に入れたジャッキー&デイビッドのクッキー型。
やっと日の目を見て、息子の学童保育用おやつを量産。

夕ごはんの片づけをして、すこし時間ができた夜に、
まとめておやつ作りをすることにしました。

オーブンでは朝お弁当用のパンを焼くのが精一杯で、
夏以降はお菓子作りで使うことはほとんどなかったな。

朝のバタバタ時間でクッキーを焼いていたのは、
もっぱら、ビタントニオでした。


でも、あの形に息子もわたしも飽きてきて(笑)
せっかく他にクッキー型もあることだし、
型抜きクッキーを焼いてみよう〜。
おやつも、毎朝バタバタ焼くのではなく、
1週間分まとめて作っておこう〜。

ということで、こちらの本↓

なかしましほさんの、
「まいにち食べたい“ごはんのような”クッキーとビスケットの本」から、
ハニージンジャークッキーを。

甘味は、おもにきび砂糖。
そして、スプーン1杯のはちみつがポイント。
よっしゃ、先週台所の整理して、きび砂糖は発掘してある(笑)

ガスオーブンで焼くので、
レシピの温度から10℃下げて、焼き時間も5分短縮してみました。

焼いているあいだ、はちみつとしょうがのいい香り〜♪♪

ちょっと焦げ気味だったので、
まだ温度&時間調整の必要ありそうです。


やっぱりクッキーは型抜きがいちばん燃え(萌え)ますね。
実はハロウィン用にもつくろうと思っていて、
先日新たに型をゲットしてしまい…
こればっかりは、断捨離できず、ついつい集めてしまうアイテムです。

なかしましほさんのレシピ、
卵アレルギーの息子でも食べられるレシピがたくさん!
そして、思っていたより甘味料の量が少ない!

もちろん、息子の卵アレルギーが治ったら、
この本に載ってるメレンゲも、たまごボーロも作りたい〜。
あとね、とくにレシピはないけれど、
たき火での焼きマシュマロ、
秘かにわたしのあこがれなのです。

それまでは、息子のおやつに、そして、わたしのダイエットに。
毎日食べられるお菓子、作るぞ〜!
くるくる、上達!
しつこくしつこく、くるくる特訓してたら、
コツをつかめてきました!


Atelier Hachiさんのレシピ、
くるくるビスケット。
今日はプレーン&よもぎパウダー入りの緑で、くるくる〜。


数日前に比べると、きれいに巻けるようになりました!

比べてみましょう、数日前の悲劇はこちら↓


敗因は、わたしが勝手にレシピをアレンジして、
地粉70%+玄米粉30%でつくるところを、
勝手に地粉100%でつくったためと思われます。

だって〜玄米粉は近所で売ってないんだもん…。

粉の種類を変えると、
生地の状態もまったく変わり、
紫芋パウダーのときは悲惨なほどポロポロして巻けなかったのですが、
今回は地粉の量を調整して解決!

「の」の字のくるくる、たのし〜い♪


レシピには、他にもいろんなアレンジが載っています。
ココアの茶色、
紫芋パウダーのピンク、
そして今日は、よもぎパウダーの深い緑色でした。
よもぎの深くていい香りがするよ♪

生地は夜のうちにつくっておいて、冷凍保存。
朝、バタバタしながらも切り分けて焼けば、
出勤前にギリギリ完成!
(kimiさんにご報告:生地が固すぎて糸では切れませんでした〜)


登校前の息子のランドセルにしのばせました。
ふふふ、きれいにできたものだけ入れよう(笑)


夕方、学童保育に迎えに行ったら、
息子「(緑)色がおいしそうじゃなかったから食べなかった〜」ですって!
にゃに〜!!(怒)

事前にあずけておいた果物だけ食べたらしい。


今度は、おいしそうな色で再チャレンジです…。