アラフォーのシングルマザーが「いま、ここ」と「これから」を楽しみながら綴るブログ。
あな吉手帳術 + ゆる家事 + 卵&魚アレルギーっ子育児。
すきなものいろいろつめこみました。
オリジナルレシピ「にじいろスイーツ」はnoteで販売中。
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
手作りタルト2種

はじめて作りました。

放り投げいちごタルト!(白崎茶会レシピ)

 

昨日は月イチの友人とのお茶会。

といってもスイーツ食べつつおしゃべりして、

おたがい自宅ではなかなか進まない繕い物などをするのです。

ほら、シャツのボタンつけとかね。

 

場所はどちらかの自宅で、今回はわが家。

よっしゃ、新しいスイーツレシピにチャレンジするチャンス!と思い、

白崎茶会「へたおやつ」本から、放り投げいちごタルトを作りました。

レシピ本の裏表紙にも載ってるこのタルト、

いちごぎっしりのトッピングが美しくてずーっと作りたかったの。

卵・乳製品不使用な上、なんと小麦粉も使ってない、すごいタルト。

指で押して作るタルト生地、うまくできたしザクザクでおいしかった!

いちごはみずみずしく、しかもつやつや。

「放り投げ」の意味がようやくわかりましたよ。ぐふふ。

 

レシピ写真のようにパウダーシュガーか、

ミントの葉があればよかったね〜。

毎年「ミントの苗植えよう」と思いつつ忘れるので、

今年の春こそ植えよう!

 

そしてもうひとつのタルトも。

こちらもはじめて作りました。

ゆるベジ焼き菓子本から、「抹茶ときなこの和風タルト」。

 

桜野園さんの抹茶「ひろは」を使ってます。

すごくきれいな緑色に仕上がりました。

むふふ、この緑色がどこか春っぽいでしょ。

きなこの層とのコントラストがきれい。

 

しっかり味のある抹茶なので、レシピより少なめでもよかったかな。

今回は小さじ2で作ったけど、次はその半分〜2/3量くらいにしてみよう。

 

タルト生地の伸ばし方がむずかしくて、

側面にちょっと量が足りなかったからか、

型から出すときに崩れちゃった。

今度は生地を1.5倍量で厚めに作ってみようかな。

手作りだと自分の好みに微調整できるのがいいよね。

 

抹茶フィリングは少し苦みがあって、

その下のきなこフィリングは甘め。

抹茶・きなこ・あまじょっぱいタルト生地の3層を、

いっしょに食べると、うう、しあわせ〜。

桜野園さんのお茶といっしょにいただきました。

 

先日の黒豆といい、

最近和風のスイーツが気になって無性に作りたくなるのは、

きっと映画刀剣乱舞の影響だな…。

次は三色団子作るかもしれない…。

 

友人は乳製品なしのお菓子はめずらしいみたいで、

喜んで食べてくれました。

タルト生地がすぐできるのにも驚いてたし。

 

あと、「これはもうちょっと甘くてもよかったね」とか、

「抹茶の層だけだと苦いけど、3層いっしょに食べるとちょうどいいね」とか、

食べながら意見もくれるのでありがたいわ。

ほら、わたしだけだと「おいしい」の感度が狂うから。

(手作りしたことに満足しちゃうタイプ)

 

息子とふたりだけだったら、

大きなタルトは量が多すぎて、最近は焼かなくなっちゃったの。

でも、お菓子作りはやっぱりワクワクするし、

はじめてのレシピにもチャレンジしてみたい。

 

友人が来てくれる日は、その小さなチャレンジのチャンス!

本来ならはじめてのレシピは自宅で何度か練習して、

うまくできるようになってから出すべきものだけどね。

失敗するかもしれないドキドキの味見に、

つきあってくれる友人に感謝です。

 

この日は14時集合、スイーツ食べて繕い物して、

17時にはお開きに。

アルコールなしのお茶会っていいねえ。

おたがい家での家事が待ってるから、

時間が来たらサッと終了。

潔いのよ、わたしたち。

 

仕事も育児も明るくがんばっているこの友人に会うと、

こちらも元気をもらえるの。

 

そしてフットワーク軽い友人を見ていると、

「なんだか行動する前にウダウダ考えるのって、もったいないな。

とにかく、やればいいんじゃん!」

と思えるのよね。

 

来月会える日を、楽しみにして。

次があるから、またがんばれるのよ。

グルテンフリーおやつを手作り

おやつを、ちょっとだけグルテンフリーにしてみる。

・写真左:白崎茶会レシピの、小麦粉を使わないごまクッキー。

これは白ごまバージョンで焼く前ね。

生地を混ぜまくっても大丈夫。

グルテンフリーの生地だから、固くならないのがいいところ。

 

・写真中:生地をフォークで押して模様づけします。

白ごま&黒ごま、どっちも作ってみました。

サクサクでおいしい〜!

ごまの香りがたまらん。

 

・写真右:今度はコーンフレークッキーと、

ピーナツバターソフトクッキーを作ろうと思って、

レシピ本でも使われている材料をAmazonで調達しました。

Amazon、すごいな。オーガニック製品もほとんどそろってる。

まさかコーンフレークも売ってるとは思わなかったわ。

 

わたしはもともと食物アレルギーはないし、

息子も今は小麦アレルギーではないので(2歳までは除去していました)、

厳密にグルテンを避けなくてもいいんだけども。

 

小麦のパンやクッキー、ホットケーキを食べたあとの、

胃もたれと急激にくる眠気は、

もしかしてグルテンのせいではないかな?と思い始めました。

胃での消化に、すんごいエネルギー使ってる感じがする。

 

だって、土日の朝に焼いているホットケーキ、

小麦粉で作っていたときより、

このレシピに載っている米粉バージョンに変えたときに、

1日胃の調子がよかったもん。

あの眠気もこないし〜。

 

あと、このごろ気になっているのが、自分の主婦湿疹。

小麦製品を食べすぎた翌日に、左手のかゆみが悪化する。

もうかれこれ5年もたつのに、いまだに完治しないのは、

もしかして小麦の食べ過ぎかな?

 

だってそれまでは、息子の小麦アレルゲン除去につきあって、

2年間小麦なし生活してたもんね。

大量の茶碗洗いしてたけど、とくに手荒れもなかったもん。

 

白崎茶会の小麦なしレシピに出会えたのをきっかけに、

これからおやつも、グルテンフリーを意識してみる。

今週焼いたのはごまクッキーだけど、

今月は冬休みにも入るし、

年末年始は家でゴロゴロするし、

せっかくなので、グルテンフリーおやつを作ってみます。

 

 

また行ってしまった、別府りんご園。

また行ってしまった!別府りんご園。

今日は仕事が休みだったので、りんごを買いに行ってきました。

今シーズン3回めなので、さすがにりんご園のお姉さんに顔を覚えられて、

「りんごお好きなんですね♡」と言われてしまった…。

 

・写真左:今日買ったりんご。

上から時計回りに、

きたろう、サンふじ、秋映、2個めのきたろう、陽光、ぐんま名月。

買う前に、全種類試食させてもらえます。

わたしも息子も、かじったら歯ぐきから出血しそうなほど固いりんごが好き。

さらにわたしは酸っぱい品種が好きなので、こんなセレクトになりました。

 

・写真中:固い品種を選んでも、

たま〜に、たま〜に、やわらかいりんごにあたります。

そんな時は、生で食べずにスイーツに使えばいいよ♪

今日の息子のおやつに、

白崎茶会レシピの「りんごくずゼリー」を作りました。

 

・写真右:今のうちの玄関。

今日は道中、紅葉が本当にきれいだった〜。

カメラを持参してなくて写真を撮れなかったのが残念でした。

代わりに、現在秋モードのうちの玄関をご覧ください。

 

キツネのお面は、去年の息子の図工作品。

わたしがウォーキングで拾ってきた落ち葉を添えてます。

ハロウィンが終わってクリスマスモードになる前に、

1カ月ほど秋を楽しめる時期です。

 

別府りんご園さんは、今は10種ほどのりんごを販売されていました。

秋映、きたろう、玉林、ぐんま名月、紅玉、

サンふじ、シナノゴールド、新世界、、陽光、らくらくふじ。

今月いっぱいくらいまでが、りんご狩りシーズンだそうです。

 

★別府りんご園★

〒874-0805 大分県別府市枝郷5組

 

 

日曜朝は、あげパンマン!

日曜朝は、あげパンマン!

 

平日の朝ごはんはお米だけど、

土日の朝ごはんは、手抜きしてパン食にしています。

 

いつもは金曜日の仕事帰りに、

お気に入りのパン屋さんで食パンを買うのが習慣。

しかし先週は寄るヒマがなかった…。

 

じゃあ代わりに、冷凍庫にストックしておいた、

白崎茶会レシピのパンを食べましょう。

 

息子のコピー給食に合わせて、

週2回パンを焼いています。

 

白崎茶会のレシピでは、1度に6個の丸パンができるので、

息子とわたし、お弁当に1つずつ持って行っても4個あまる×毎週2回。

なので、あまった分はフリーザーバッグに入れて冷凍庫へ。

 

食べるときは、5分ほど蒸しています。

 

先週、息子が実は揚げパンがだいすきだと知ったので、

これをさっと揚げて…

 

油を少しきったら、

ビニール袋にきなことてんさい糖を入れたものに、

揚げたパンも入れて、フリフリ振ります。

 

揚げパンのできあがり〜!

息子、2個じゃ足りなくて、結局4個も食べたわ。

さすが、成長期の男子。

 

朝っぱらからかき揚げも揚げちゃった。

クックパッドで、サクサクに揚がるポイントを知ったもんだから、

早く試したくてね。

 

朝から揚げ物を食べるわたしたち、

胃が若いのか、

それとも欲望に忠実なだけなのか。

顔がまんまるくなるぞ〜。

 

糖質制限ダイエットはどこいった?とツッコマレそうですね。

えーと、目標体重には達したので(お正月から2kg減)、

あとは筋トレ&リンパマッサージでやせることにしたのです。

 

ああ、それにしても、パンのリメイク方法が1つできてよかった。

白崎茶会レシピのパン、

あまった分はパン粉にするか、

蒸して食べるかしかなくて、

これまでは息子があまり食べてくれなかったのです。

 

これからは、日曜朝は揚げパンマンで決まりだね。

 

白崎茶会の丸パンは、

こちらの本に載っています↓

豆乳ヨーグルト、はじめました。

豆乳ヨーグルト生活、はじめました。

 

白崎茶会レシピで見て、ずーっと気になっていた、

豆乳ヨーグルト。

 

豆乳のパックに、菌を入れて保温したら、

ヨーグルトができるというもの。

 

専用の種菌とウォーマーさえあれば作れるらしいので、

チャレンジしてみました。

 

おからから生まれた、100%植物性乳酸菌ブルマンヨーグルト

初回セットで届いたのが、こちら↓

 

種菌12袋と、ウォームパッド(電気式)が入ってます。

 

今回使う豆乳は、ふくれんの成分無調整豆乳。

大豆固形分9%。

 

種菌1袋をザザーッと入れて、

フタを閉めて、よく振ります。

 

その後パックごとウォームパッドを巻いて、室内で8時間放置。

種菌の「Aoyama-YC菌」は38〜45℃で発酵するそうな。

 

朝8時に仕込んで、夕方16時に出してみると…

おお!!

ヨーグルトになってる〜!!

 

酸味はほとんどなく、

豆乳くささもあまりないヨーグルトです。

乳清っぽいものまでできていたのにはびっくり!

 

ノンシュガーがすきなので、

冷凍ベリーミックスといっしょに食べてみました。

 

 

うん、さっぱりとしてクセのない味。

ベリーの味をジャマしなくて、

ヨーグルトの食感も味わえるのがいいなあ〜♪

 

 

白崎茶会レシピには豆乳ヨーグルトを使ったレシピがあるので、

これからチャレンジできるのが楽しみです。

 

これまでは、このヨーグルトを作るまでが、

高いハードルだったからねえ。

やってみれば、カンタンだった♪

 

できたヨーグルトは、冷蔵保存できるので、

1Lパックで作っても1週間くらいは食べられるそう。

 

新しいレシピにチャレンジするのは、ワクワクするね。

ダイエットも気になりつつ、

やっぱり、食欲の秋ですな♡

 

「料理教室みたい」と言われちゃった♪
「料理教室みたい」と言われちゃった♡

息子の友だちが遊びに来る日は、
いつもより多めにおやつをつくっています。

この日は、白崎裕子さんの本「かんたんお菓子」から、
混ぜるだけでできるバナナマフィンを♪

はじめて作ったわりに、うまくふくらんだ〜!
息子ひとり分のおやつだったらこんなにたくさんは作らないのですが、
他に食べてくれるお子さんがいるときは、
マフィン系のお菓子が作りがいあります♪


そしてまたある日は、
同じく「かんたんお菓子」本から、
マーブルマフィンを♪


この日は、息子の同級生女の子&弟くん、
そしてそのママさんが遊びに来てくれました。

小学2年生の遊びは、
ダンボールがあるだけでかなり盛り上がります〜。

秘密基地・家具・乗り物…何でも作っちゃうもんね〜。
リビング隣りの和室にフリースペースを作っておいてよかったです。
息子のお友だちが来たときは、たいていここで遊んでます。

わたしが台所でマフィン生地を仕込んでいると、
ママさんが様子を見に来て、
さらに女の子がやってきて、
「手伝いたい!何か手伝いたい!」と。
つられてうちの息子も、
「オレも何かやらせて!」と(こういうときだけ・笑)。

ママさんは、子どもたちに食物アレルギーがないので、
わたしの作ってるおやつが珍しかったみたい。

薄力粉はどの家庭にもあると思うけど、
なたね油・無調製豆乳・てんさい糖・ラムフォードベーキングパウダーなどなど、
小さなスーパーでは扱ってないし、
ふだんのおやつ作りでは使わないもんね。

卵・牛乳・砂糖が使えれば、
十分ふつうのお菓子は作れるもんね。

なので、ママさんがはじめて見る材料について解説しつつ、
マフィン生地づくり〜。

「ベーキングパウダーでふくらませているので、
粉類に液体を加えたら、まんべんなくぐるぐる混ぜます〜」なんつって。
コックピットのような台所でね。

このへん、白崎茶会レシピのみでなく、
ゆるベジ本でお菓子のできる仕組みを知っててよかった!

女の子と息子には、
生地をカップに入れてマーブルにする作業を手伝ってもらいました。

ママさんが女の子をそばで見守りつつ、
「料理教室みたいだね〜♡」と言ってたのが、
わたしの胸にじ〜んときて、とてもうれしかった♡

そして、いろんな表情のマフィンが完成〜!

子どもたち、ママさんにも好評♡

いや〜、お菓子づくりは楽しいね♪
わたしも久しぶりに新しいレシピにチャレンジできて、
刺激をいっぱいもらってます。

喜んで&珍しがって食べてくれる人がいるから、
作るのも楽しい♡
料理講座はしたことないけど、
こんな気持ちになるのかな。

白崎裕子さんのレシピは、
最近もう1冊入手しまして。

こちらも、わくわくするレシピがいっぱい♪
(すでにフセン貼ってチェック済み・笑)
え〜、子どもに大人気のアレも、手づくりで作れちゃうの?


この夏は新しいレシピにチャレンジして、
息子&お友だちにも喜んでもらいたいです♡
新しいレシピにチャレンジできるとき。
はじめて作りました。
チェダーチーズクッキー!

(「かんたんお菓子
〜なつかしくてあたらしい、白崎茶会のオーガニックレシピ〜」より。)

rinrinさんが作っていらして、
わたしもずーっとチャレンジしてみたかった、
このレシピ。

でも、「酒粕を買う」のフセンがハードル高かったの〜。
どこで売ってるかわからなくて…。

(スーパーで年中売ってるとわかりました)

そして、酒粕を買ったあとも、
全粒薄力粉を買うのに、
これまたずいぶん時間がかかったの〜。

(大型スーパーにも、自然食品店にも置いてなくて、
結局通販cottaで買いました〜)


このクッキー、
マクロビレシピだからチーズは入ってないのに、
酒粕のおかげで濃厚なチーズ風味!


甘さは、他のスイーツに比べてかなり控えめだけど、
それでも、息子も、遊びに来てくれた同級生(女の子)も、
ポリポリおいしそうに食べてくれました〜。

わたしももちろん!いっしょに♪
ひとつ、またひとつ…と、
止まらない味!

なんか、こういうチーズ味のお菓子、市販のものであるよね。
う〜、ビールが欲しくなる〜!



最近気づいたこと。
新しいレシピにチャレンジする時期は、
ホルモンバランスがだいじ。

何のホルモンかというと、
女性ホルモンですよ!

わたしの場合、月経周期でいうと、
1日〜14日(月経開始〜排卵日)までは、
イケイケモード。

新しいことにチャレンジするのに抵抗ないし、
失敗しても、
「よっしゃ、人生トライ&エラーだ!」
って超ポジティブに思える。

だから、新しいレシピに挑戦するのなら、
排卵日前までの、
怖いもの知らずの時期が最適です(笑)

うまくできなくても、
「次こそ成功させる!」
と思えるので。


反対に、
月経周期15日〜28日(排卵後〜つぎの月経)までは、
しんみりモード。

ネガティブ思考になるし、
判断能力も鈍る。

この時期は家の片づけなんかをひたすらやって、
生産的なことはしないに限る。

だって、何かを作って失敗したときのダメージも大きいから(笑)

チャレンジしたいレシピがあれば、
この時期に材料を少しずつそろえる、
くらいにとどめておくといいんだろうな。


ホルモン周期に感情や行動をふりまわされるのも、
わたしはそれほどキライではなく、
毎月、自分の体の変化を味わっているほうです。

ああ、今、調子にのりすぎてるな。
ああ、今、いつもより落ちこんでるな。
と。

新しいレシピに挑戦できるということは、
料理以外でも、
何か新しくチャレンジできるということ♪

さあ、今月こそダイエット開始…
してみよう(笑)

このクッキーを、食べてからね(笑)


 
コロネ特訓ウィーク
小学生6人で、チョココロネを食す!


この三連休は、
毎日、白崎茶会レシピのコロネをつくってました。


「かんたんパンレシピ」の表紙にもなっている、
チョココロネです↓


もっとうまく成形できる方法はないかな〜と、
表紙をじーっと見ていたら、
あることに気がつきました。

太い巻きはじめ部分に、
2段目の巻きをクロスさせるように重ねれば、
スキマがあかずにきれいになります〜♪


今回は、忘れずにアレも塗ってから焼いたので、
表面ツヤツヤ♡

朝8時に生地を仕込み、
日中に一次発酵。
14時に成形して、二次発酵へとすすみます。

おやつに焼き上げたら、
なんと昨日はこの時間帯に、
5人も近所の小学生が遊びに来ていて。

息子も入れて、計6人!
今まで、こんなに大勢の子どもがうちにいたことないよ〜。

かんたんパンのレシピは、1回で6個できる分量。
ちょうどコロネが6個できあがったので、
みんなで食べてもらいました。

よかった、数がギリギリ足りて(笑)

卵・乳製品・白砂糖不使用だけど、
アレルギーのない子も、
おいしそうに完食してくれました♪
うれしい〜♪♪


それにしても、
こんな日が、こんなに早く来るなんて。

息子の食物アレルギーを、
わたしはずっと気にしていて、
お友だちといっしょにアレルゲンなしのパンをワイワイ食べるなんて、
夢のまた夢だと思ってました。

それがなんと、小2で叶ってしまったー!


息子自身の成長も、きっと大きいです。
小1までは、
なんでも「かーちゃんといっしょ」がよかったみたいだけど、
小2になってからは、
友だちと遊ぶほうが断然楽しい様子だし。

うちに突然友だちがやってくることにも、
息子もわたしも、慣れてきたしね(笑)

この三連休、
息子はごはんとおやつの他は、
毎日毎日、お友だちと遊んでました。

かーちゃんは、そんな休日を、
ちょっとうれしく、
そしてちょっとさみしく感じながらも、
コロネを特訓する日々でした。

今年のゴールデンウィークは、
コロネ特訓ウィークだね。

 
【白崎茶会レシピ】パンを100回ほどつくってみた
1年ぶりのリベンジ!


白崎茶会レシピの、
「かんたんパンレシピ」より。


1年ぶりにリベンジした、チョココロネです。
過去記事:「チョココロネは、さだ吉流で。」


かんたんパンレシピは、
この1年間、
息子のコピー給食でずっと作ってきました。

火・木がパンの日なので、
1週間に2回。
1年で100回は越えてるはず〜。


最初は、レシピの水分量では生地がゆるすぎて、
手にべたべたくっついていました。

勝手に水分を5〜10g減らしてみたり、
一次発酵のあとの成形で、
打ち粉を多くしてみたり。
すると、固めのパンができてしまって…。

パン作りって、むずかしい!

給食に出る前日に、
市販のパンを買っておけばラクになるんだろうけど、
どうしても手づくりをあきらめきれなくって。

しつこくしつこく週2回のペースでパンを焼くうちに、
生地の扱い方(手つき?)にも慣れてきたのか、
レシピどおりの分量で、
パン作りができるようになりました。


給食用には、2種類ある生地のうちの、
さっぱりタイプを焼いてます。

昨日は休日で時間もあったので、
ココナッツオイルと豆乳も加えて作る、
ふわふわタイプを、久しぶりに焼きました。


1年前と同じように、
コロネ型をさだ吉さん流で作って〜。

さだ吉さんのようにきれいにホイル巻けてないけど…汗)

今回は、ぐるぐる部分に穴もあかず、うまく焼けました!

表面にアレを塗るのを忘れたので、ツヤがないですが(汗)


今の季節、朝8時に生地を仕込めば、
14時には一次発酵完了です。

15時すぎのおやつに間に合った!

100回ほど生地にさわりつづけて、
ようやく扱いにも慣れてきた、
今日このごろ。

何事も、易行はないですな。

1年ぶりのリベンジチョココロネは、
欲ばっていーっぱいクリーム入れてしまって、
ちょっと不格好だけど、おいしかった!


さあ、今年も100回、焼いてみよっか♪
 
手づくりドラえもんビスケット
今日のおやつは、手づくりビスケット♡


本日午前中、小学校の授業参観でした。

3、4時間めの授業だったので、
仕事を11時にあがらせてもらう予定にして
4時間め&給食の様子が見られればいいな〜と思ってかけつけたけど、
遅かった〜…。

職場を出るのが遅くなり、
途中の信号にも何度もひっかかって、
結局小学校に着いたのは、4時間めが終わる10分前。

息子から「(おそいよ〜)」と口パクで言われつつ、
わたしも手を合わせながら口パクで「(ごめん〜)」と返し。

それでも、そのあとの給食の様子をはじめて見られたのでよかった!

1年生たち、ちゃっちゃとエプロン&マスク姿に着替えて、
給食を取りに行きます。
(少人数なので、毎日クラス全員が着替えて給食準備してるの)

運ぶものの数は少なくて、食器・お盆・牛乳・主食・主菜・副菜くらい。
手ぶらで帰ってくる子も多い。
それでも、1年生全員がエプロン姿でぞろぞろ移動する姿は、
と〜ってもかわいかった〜!!(*^^*)

これ、2年生になったら、このあどけなさはもう見られないと思うの。
今日が1年生最後のチャンスでした。
(ホントは、1学期のまだ右も左もわからずピヨピヨしてる時期に見に行きたかったな〜)


息子はお弁当なんだけど、
まわりの子どもたちも、本人も、食べてるときはそんなに気にしてないのね。
自分の食べてるものがおいしいかどうか、そこだけに集中してる(笑)

親のわたしだけが、
「まわりの子と食べものがちがうけど、大丈夫かな」と心配してて、
それが原因でいじめられるってことは、
今のところナシ。

ただ、先生がたのご指導や、
クラス、学校の雰囲気も影響あるだろうな〜とは思います。
だって、この小学校、純朴な子が多いんだもん〜。
ありがたいことです。


念願の給食時間まで無事見られたので、
わたしは息子より先に帰宅。
家事や雑用をこなしつつ、15時すぎに息子が帰ってくるのを待っていました。

玄関をあけて「ただいま〜!」と元気な息子の声。
わたしもニコニコしながら「おかえり〜!」と。
おっ、やっぱりいいねえ、家で子どもの帰りを待つのって。


今日のおやつは、またまた白崎茶会(白崎裕子さん)レシピ「かんたんお菓子」から、
ビスケット2種。

日曜にまとめて焼いておいたもの。
プレーンなビスケットと、シナモンチョコビスケット(ドラえもん&ドラミちゃん)。
白崎茶会のスイーツだと、息子の食いつきがいいです♡


スイーツレシピ本は、
ゆるベジをはじめ数冊持っていてどれもおいしいのですが、
わたしの中での使い分けは、こうです↓

・ゆるベジレシピ
→油分・糖分・手順を極力減らして作れる時短レシピ。
スイーツで野菜が食べられるレシピもあり、野菜嫌い克服にも使える。
ジャンクな味に出会える♡(ゆるベジアイスは、紅ショウガ&青のりLOVE♡)

・なかしましほさんレシピ(いま持ってる本はこれですが→
→見た目は素朴なお菓子、ただし個性的なフレーバーもあり。
甘味にきび砂糖・てんさい糖・はちみつなど使用していて、メープルシロップより手に入りやすい。
ただしクッキー生地は作るときに手が汚れるのが難点(すりまぜるので)。

・白崎茶会レシピ
→「王道なお菓子!」感のあるレシピ。
見た目も味も、これが卵・乳製品なしで作られてるなんてホントにびっくり。
ゆるベジより油分多めなので、最初作るときはビビりました。
レシピのちょっとした小技に萌えます(ビスケットにアレをひとつまみ入れるところとか…)


まあ、おやつはおいしく、楽しく、食べられればいーのだ!

「ドラミもん〜!」って、息子よ…。
そんな食べ方するのかい(汗)


ドラえもんのクッキー型は、さだ吉さんのブログで存在を知り、
同じものかわからないけど、わたしはcottaで買いました〜。

さあ、今週末も、焼き菓子まとめ焼きだっ!