40代シングルマザーが「いま、ここ」と「これから」を楽しみながら綴るブログ。
あな吉手帳術 + 卵&魚アレルギーっ子育児。
すきなものいろいろつめこみました。
オリジナルレシピ「にじいろスイーツ」はnoteで販売中。
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
夏の定番つくりおき

冷蔵庫にこの2品があれば安心。

夏になると毎週のようにつくりおきするのが、

ゆるベジ料理の「なすと青じそのもみ漬け」と「パプリカのオイルマリネ」。

 

猛暑の日々、コンロで火をつかって料理したくない〜という日でも、

冷凍しておいた野菜を切るだけでカンタンにできるこの料理、

今年もヘビロテしてます。

 

夏はゆるベジ料理本の中でも、

とくにフリージング本が活躍するんだよな〜。

 

ふだんつくりおき料理はしないんですが

(つくりたてがおいしいものが多いから)、

この2品だけは1〜2日後でもおいしく食べられるので、

まとめて作っちゃいます。

 

今日は親子で朝6時半に出かけて夜18時半帰宅だったので、

もうクタクタ。

料理する気力なし。

けれど、アレルギーっ子の息子が安心して食べられる外食、

近所にないのよね。

 

それを予想できたので昨日のうちに買っておいた、

コムギヤナカシマさんの天然酵母パンと、

冷蔵庫にこの野菜料理2品、ハムとレタス、そしてフルーツで、

手抜き夕ごはん。たまにはいいのだ〜。

野菜料理がうちで待ってると思うと、心強いのよね。

おいしい野菜料理のレパートリー、もっと増やそう!

久々にゆるベジスイーツ!

久々に、ゆるベジスイーツ作った〜!

 

ゆるベジ焼き菓子教室の本から、

「季節のフルーツとラムクリームのタルト」です。

フルーツはキウイでね。

 

先月うちでミシンカフェした友達が、

「今月はうちに遊びにおいで〜」と誘ってくれたのです。

友達、今週が誕生日だったし、

よっし、手みやげにお菓子持って行こう!と思って。

 

ゆるベジとはいえ、焼き菓子を作るのはホント久しぶり。

息子が幼稚園の時はしょっちゅう作っていたのに、

最近では市販のおやつが増えていたから、

生地を作るのに勘がにぶってて、うまくできるか自信がない〜。

緊張する…。

 

生地はフープロでガッガッやって作りましたよ。

タルト台、実は型からはずす時に割れたんだけど、すぐにくっつけて修復!

クリームには、ラム酒をMAXまで入れて。

キウイを並べたら、完成!

ホッ、無事にできた〜。

ミントの葉があればよかったねえ。

(今度花壇に植えとこう)

 

うちの台所にずーっとしまってあった、ケーキ用の箱。

18cm径タルトにサイズぴったり!なので入れて行きました。

 

友達のおうちには中学2年生の次男さんがいて、

(旦那さんと長男さんは外出中)

わたしと息子がはじめておうちにお伺いしてちょっと緊張してる中、

まずは4人でボードゲーム。

ブロックス、初体験だけど盛り上がった〜。

 

そのあとわたしと友達がおしゃべりしてる間、

お兄ちゃんが息子とテレビゲームで遊んでくれました。

小4男子と中学2年生のお兄ちゃん、

初対面でいっしょに遊べるんだろうか…と心配だったけど、

優しいお兄ちゃんのおかげで4時間楽しんだようです。

帰りの車の中で、息子、

「あたらしい友だちができた〜!」って、

目がキラキラしてたもん。

よかったねえ。

ナルトのバトルゲームもできたしね。

 

持っていたタルトも、

友達ご家族がおいしい!って言って食べてくれたのでうれしかった〜。

友達の方が料理上手なのに、

「今度はいっしょにお菓子作りしよう、ケーキの作り方教えて♪」

なんて言われてびっくり。

おお、考えたことなかった!でも楽しそう!

 

わたしと息子のふたりだけなら、

ケーキ1ホールとかめったに焼いたりとかしないから、

最近はスイーツ作りから遠ざかってたもんね。

誕生日かクリスマスくらいだったもん。

 

食べてくれる人がいるなら、

作るのもまた楽しめそうです。