アラフォーのシングルマザーが「いま、ここ」と「これから」を楽しみながら綴るブログ。
あな吉手帳術 + ゆる家事 + 卵&魚アレルギーっ子育児。
すきなものいろいろつめこみました。
オリジナルレシピ「にじいろスイーツ」はnoteで販売中。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 走り出す準備 | main | Amazon様様。 >>
とにかくガーする!

野菜はとにかくガーする!

年末年始は食べたい物ばかり食べていたので、

ここらで野菜を多く摂る食事にシフトします。

 

冷蔵庫の野菜室には、青菜と根菜がいっぱい。

これをひとつずつ調理するのは面倒〜。

なので、ゆるベジの出番です。

野菜はとにかくガーする!

 

フープロの千切りカッターで、

大根をガーして、フレンチなます。

にんじんもガーして、キャロットラペ。

ついでに余っていたキャベツも千切りに。

これらをぜ〜んぶ、保存容器に分けて冷蔵庫へ。

 

葉っぱ系の野菜はミキサーでガー。

実家からもらった水菜がたくさんあったので、

ジェノベーゼをお昼ごはんに。

 

いつもは穀物・芋類の糖質や肉類が多いから、

ガーした野菜をちょこちょこ付け足して食べることにします。

 

年始に実家に行ったら、

野菜を毎日たくさん食べている両親や祖母の肌が、

すんごくきれいだったの。

あれはきっと新鮮な野菜のおかげだと思うわ。

今のわたし、野菜不足だな〜って感じるから、

見習わねば!

 

・写真左:千切りしまくった野菜たち。

フープロのありがたさを実感します。

数秒で切り終わるもん。

大根のフレンチなますとキャロットラペは2倍量ずつ仕込んだよ。

 

・写真中:水菜のジェノベーゼ。

2日連続で作ろうと思ったら、2日めにはオリーブオイルが切れちゃった。

かわりにアマニオイル使用。加熱しない方がいいオイルだもんね。

 

・写真右:白崎茶会レシピの、「あたらしいおやつ」から、

米粉のはちみつマフィン!うまくふくらんだ〜♡

これはガーした野菜たちに合わせて朝ごはんに食べました。

ふわふわなのにグルテンフリーなのがすごい。

 

日曜日は、野菜をガーして冷蔵庫と体をリセットする日にしよう。

今年は毎週1回、まとめてガーする日を作ろうと思います。

スポンサーサイト
COMMENT