November 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

「勝間式 食事ハック」とホットクック

勝間和代さんの新刊、「勝間式 食事ハック」を読みました。

 

この本の中に出てくる電気調理鍋のホットクック、

ずーっとずーっと気になってて。

 

材料を入れて自動調理でセットすれば、

鍋のまぜ棒がかきまぜてくれるから焦げつかず、

ほっておいても料理ができあがるというすばらしい鍋なの。

「ほっとくクッキング」=「ホットクック」という名前らしい。

 

これがあれば、新学期はじまってからも朝のコピー給食づくりも楽になるな〜。

仕事から疲れて帰ってきても、材料さえ切って入れればできあがりまで休憩できる〜。

 

あいかわらず職場では昼休みもとれない忙しさで、

最近は猛暑のせいもあってか帰宅したらぐったりして、

すぐには夕ごはん作りには取りかかれないのです。

ダラダラしてしまう時間がもったいないんだけど、動けないのよ〜。

 

ホットクック、そんな我が家の救世主になってくれるはず!

 

しかし大きな家電なので、ネット購入にはふみきれず、まず実店舗に見に行きました。

サイズは2種類、小1.6L(2〜4人分)と、大2.4L(2〜6人分)。

色は派手なレッドしかないのかと思ってたら、

なんと7月に1.6Lにはホワイトが追加発売されてた!

 

うう〜悩む〜。家電は白がいいんだよな〜。

でも、大きさは、大は小を兼ねるで大きい2.4Lの方が便利だと思うし〜。

勝間さんも、2.4Lサイズを愛用されてるようだし〜。

 

結局決めきれず、購入の前にレンタルで使ってみることにしました。

そう、ホットクック、レンタルできるんです!

実際にレンタルで使用されているブロガーさんの記事を読み、

Rentioの月単位レンタル(最低3カ月以上)を申し込みました。

 

ネットで申し込んで、3日くらいで届きましたよ。早い〜!

かなり大きいダンボール。ホットクック自体の箱つきで送られてきます。

 

開封すると、まず保存用の黒ブタ。その下にホットクック本体が!

レンタルはレッド2.4Lしかないんだけど、あら、ピカピカした赤でかっこいい!

なんかガンダムっぽい!

 

置き場所をどこにしようかな〜と迷ってたんですが、

台所シンクの横、水切りカゴを反対側に移して、

ホットクックを設置。

うん、電源も近いし、ここがいいみたい。

2.4L、かなり場所はとります。1.6Lだったらはみださずに置けるかな?

 

今日、さっそく朝にサツマイモをゆでてみました。

いも・かぼちゃのゆでコースで20分。

女性の声で残り時間とか教えてくれるのでおもしろい。

水を大さじ3しか入れないのに、しっかり加熱できましたー!

 

味のほうは…えーと…ふつうな感じ…。

あれ?ホットクックだったら何でもおいしくできるんじゃないの?

おっかしーなー。

 

しかし夜、別の料理で、この鍋の威力を思い知らされました。

肉じゃがの材料(じゃがいも・たまねぎ・にんじん・豚肉)を入れて、

勝間さんの本のとおりに醤油のみ総重量の3.75%入れて、

あとは水分や調味料は足さず。

肉じゃがコースをセットして、35分。

ときどき香ってくる、醤油のいい香り。

途中、かきまぜ棒が出てまぜる音がしてたわ。

 

できあがってから鍋を開けたら、水分が増えてる!

え、これ、野菜から出たってことよね?

食べてみたら、味が…野菜の味が…濃いよ〜!!

自分史上、最高の肉じゃがができましたよ!!

 

息子、肉じゃがを牛丼みたいにごはんにのっけて食べてた。

ふだん煮物があまり好きじゃない彼でもおかわりしてました。

4人分作ったのに、ふたりで食べ尽くしてしまった。

 

勝間さんの本に書かれているように、

ホットクックみたいな便利な調理道具を購入することは、

楽に野菜をたくさん食べられるようになる=健康に投資することと同じだし、

外食に行ったりする時間やお金を考えれば、

半年から1年でじゅうぶん回収できる買い物なのよね。

 

とくにうちは息子に食物アレルギーがあるので、

気軽に外食もできず、休日もほとんど三食手作り。

ホットクックがきたら、これからの食事づくりがずいぶん楽になるはず。

自由な時間もできて調理で体力消耗しなくてすむな〜。

夏の台所に立つの、ホントきついもんね。

 

狙うは白のホットクックですが、

ひとまず3カ月間は、このレッド2.4Lでいきます!

低温調理できるみたいなので、楽しみ〜。

新しい家電、いいね。

久しぶりに、料理でワクワクしました。

スポンサーサイト

comments

   
pagetop