アラフォーのシングルマザーが「いま、ここ」と「これから」を楽しみながら綴るブログ。
あな吉手帳術 + ゆる家事 + 卵&魚アレルギーっ子育児。
すきなものいろいろつめこみました。
オリジナルレシピ「にじいろスイーツ」はnoteで販売中。
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2018→2019 | main | はぜろうハンドクリームを作ってみた >>
ゆふいんの森号、初体験!

ゆふいんの森号、生まれてはじめて乗ったよ!

 

お正月の鹿児島旅行で、

はじめてゆふいんの森号に乗りました。

 

ゆふいんの森号

博多ー由布院を久大本線経由で往復している特急列車。

全席指定席。

 

これまでは大分ー鹿児島 間は小倉・博多経由の特急ソニックで、

博多で新幹線に乗り換えて行っていました。

しかしソニックは速い代わりにとにかく揺れがひどくて、

わたしも息子もかなりの確率で酔うのです。

途中の小倉で座席を前後逆に回さなきゃいけないし、

片道2時間をゆっくり乗っていられない。

 

今回はその路線を使わずに、由布院・日田を経由するコース、

久大本線で久留米駅まで行き、そこから新幹線に乗り換えて、

鹿児島に行きました。

 

左:小倉経由の地獄の振り子式コース。 本数多いし速いんだけどね。

右:由布院・日田経由ののんびり久大本線コース。途中に何があるのか謎。

 

あこがれのゆふいんの森号、

ホームにグリーンの車両が入ってきたときはワクワク!

 

わたしは鉄子ではないけれど、

この車両見たら特別な感じがして、乗れるだけでうれしい!

 

車内は入口入ってすぐに階段が数段あるので、

決してバリアフリーではなく車いすのお客さんには厳しいですが…。

重さ30kg近くあるスーツケースをひきずって乗ったわたしにも、

決して優しくはなかったですが…。

(荷物持ちすぎ)

 

座席は普通の列車より目線が高くなるので、窓からの眺め良し!

ちょっと古風な佇まい。

あら、しかも1両め!

 

車内販売のメニューがあるのよ。

ああ〜お弁当とおやつ、ジュースも、すでに買って持ち込んでしまった。

息子のアレルギーのこと考えると、食べるのはちょっと心配。

うん、買うのは今度の機会にしよう!

 

ゆふいんの森号はソニックほどびゅんびゅん飛ばす列車ではなく、

道中の景色もふくめて、ゆっくり楽しみながら走る列車のようです。

 

観光名所に近づくと車内放送で解説が流れて徐行したり、

日付プレートを持ったゆふいんレディーさんがやってきて記念撮影してくださったり、

(母子家庭にはありがたい!息子とのツーショットはなかなか撮れないので)

運転手さんのミニ制服で子どもがコスプレできたり。

(わたしが着たいくらいだ…)

息子は小4、そろそろこういう格好に喜ばなくなるお年頃。

今回ギリギリ着せられてよかった!

それにしても、写真見て自分の正月太りっぷりにびっくりしました。

あごがたるんどるね〜。ダイエットがんばろ!

 

列車の中にも外にも目が離せなくて、

読書しようと本を持ってたのに全然読むヒマなし。

 

日田市を通るときは、

進撃の巨人の作者の故郷ってあのへんかな〜、

あの壁みたいな山脈が、マンガのモチーフになったのかもな〜と想像し。

 

玖珠町の伐株山(きりかぶやま)が見えたときは、窓に釘付けに。

山頂が平らになっていて、まさに切り株!

お正月だというのに、いくつもパラグライダーが飛んでたよ。

どうやらここのてっぺんからテイクオフできるみたいね。

 

久留米駅から乗って、

終点の由布院駅で降り、

大分駅行きはそこからまさかの!

階段のぼって反対側のホーム(エレベーターなし)だったので、

また重いスーツケース持ってヒィヒィ言いながら乗り換えましたが。

 

それでも、ゆふいんの森号、楽しかった〜!!

途中下車してもおもしろそうな名所がたくさんあったし、

暖かくなったら、またこの列車に乗って出かけてみます。

スポンサーサイト
COMMENT