アラフォーのシングルマザーが「いま、ここ」と「これから」を楽しみながら綴るブログ。
あな吉手帳術 + ゆる家事 + 卵&魚アレルギーっ子育児。
すきなものいろいろつめこみました。
オリジナルレシピ「にじいろスイーツ」はnoteで販売中。
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ゆふいんの森号、初体験! | main | Tarzanで筋トレ >>
はぜろうハンドクリームを作ってみた

理想のハンドクリームを求めて。

 

わが家の大掃除は年末ではなく年始に行いました。

主に台所とお風呂をひたすら磨き、

ゴム手袋をしてたけど、摩擦で指先がガッサガサ。

 

市販のハンドクリームやアルガンオイルなどはうちにあるんだけど、

どれを塗っても手洗いしたらすぐとれちゃう。

職場でも手洗いや手指アルコール消毒をくりかえすので、

皮脂もとれて、潤うヒマなし!

 

これまで使ったハンドクリームでは、

水俣の桜野園さんのネット通販で購入した、

抹茶はぜろうクリームが最強だったのを思い出しました。

 

※はぜろうは、はぜの実の皮からとれる植物油で、

Japan waxと呼ばれているそう。

昔から化粧品や力士の鬢付け油として使われる他、

ろうそくの原料にも使われていました。

 

そういえば、水俣にはじめて行った時、

「はぜのき館」で和ろうそくを買ったな〜。

(もったいなくて使ってない)

 

 

桜野園さんで買った抹茶入りのはぜろうクリームは、

まさにワックスのように硬めの触感でコシがあり、

手肌にピシャッと密着して、保湿性ばっちりだったのです。

 

息子の乾燥肌にも良くて、

秋冬には乾燥で目尻にシワができるほどカサカサになる彼の、

ほっぺたにのばしていました。

ほんのりツヤも出て、潤うのよ〜。

 

(はぜろうの木はウルシ科ですが、

かぶれの原因になるウルシオールは樹液や葉に含まれており、

はぜろうの果皮には含まれていないとのこと)

 

残念なことに、その最強の抹茶はぜろうクリームは現在は売り切れ。

そして、はぜろう以外で原料に使われていた油も、

米ぬか油や麻の実油など、わたしには入手するものが難しい…。

ううう、でもまた使いたいよう。

この手荒れに効くクリーム、はぜろう以外に他に思いつかないよう。

 

あきらめきれず、

うちでもはぜろうを使ってクリームが作れないかな?と思い立ち、

原料のはぜろうをネットで取り寄せ、実験してみました。

 

材料は、

・九州ハゼロウ(グリーンフラスコさんの) 8g

・アルガンオイル 16g(メルヴィータ、顔保湿用オイル)

・椿油 16g(村山製油、髪保湿用オイル)

 

ガラスの容器に全部入れて、鍋で湯煎にかけながら、

はぜろうを溶かします。

はぜろうの融点が52℃台なので、なかなか溶けにくい。

ガスで鍋を熱しつつ、へらでグルグル。

 

溶けました!

 

よくまぜて、冷やして固めます。

常温では時間がかかりそうだったので、冷蔵庫に入れてみました。

(せっかちで待てない性分)

 

やった!すぐ固まった!

 

はぜろう:油を 1 : 4 にしたので、

肌にのせると溶けるくらいの固さ。

手全体にのばしたあと、

手のひらの真ん中に置いてみました。

あら!いいわ〜。

これくらいの固さだったら、使いやすそう。

 

そして塗ったところはツヤが出て、

指先までピシャッと蓋をされたように保護されてる!

少し防水効果もあるようで、水をはじきます。

指先の皮膚がガサガサ細かく毛羽立っていたのが、

ようやくおさまりました。

 

もっと固めにしたいときは、

はぜろう:油= 1 : 3 くらいの比率でいいんだって。

その割合でもう1個作ってみました。

これだとはぜろうがかなり多い。

手にとっても固いままで、体温で溶ける感じはなく、

まさに固形のワックス。

 

ナッツのような独特の香りがするので、

もう1回溶かして、アロマオイルを足してもいいかもね♡

あ、もしかしてヘアワックスにも使えるかな?

はぜろうの他は、アルガンオイルと椿油で、

もともと髪にも使える原料だけだし。

むふふ、想像すると楽しい!

 

はぜろうの木は九州一円にあるらしいのだけど、

どれなのかわからないのよね〜。

実家の裏山にあるかな?ばーちゃんに聞いてみよう。

自宅ではぜろうを作れたら最高だなあ。

 

台所での実験から始まった、

はぜろうクリーム作り。

もともと日本にある資源と文化、

これからも活かせたらいいよね。

スポンサーサイト
COMMENT