アラフォーのシングルマザーが「いま、ここ」と「これから」を楽しみながら綴るブログ。
あな吉手帳術 + ゆる家事 + 卵&魚アレルギーっ子育児。
すきなものいろいろつめこみました。
オリジナルレシピ「にじいろスイーツ」はnoteで販売中。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< サプライズピザパーティー! | main | iTunesではじめて音楽買った! >>
手作りタルト2種

はじめて作りました。

放り投げいちごタルト!(白崎茶会レシピ)

 

昨日は月イチの友人とのお茶会。

といってもスイーツ食べつつおしゃべりして、

おたがい自宅ではなかなか進まない繕い物などをするのです。

ほら、シャツのボタンつけとかね。

 

場所はどちらかの自宅で、今回はわが家。

よっしゃ、新しいスイーツレシピにチャレンジするチャンス!と思い、

白崎茶会「へたおやつ」本から、放り投げいちごタルトを作りました。

レシピ本の裏表紙にも載ってるこのタルト、

いちごぎっしりのトッピングが美しくてずーっと作りたかったの。

卵・乳製品不使用な上、なんと小麦粉も使ってない、すごいタルト。

指で押して作るタルト生地、うまくできたしザクザクでおいしかった!

いちごはみずみずしく、しかもつやつや。

「放り投げ」の意味がようやくわかりましたよ。ぐふふ。

 

レシピ写真のようにパウダーシュガーか、

ミントの葉があればよかったね〜。

毎年「ミントの苗植えよう」と思いつつ忘れるので、

今年の春こそ植えよう!

 

そしてもうひとつのタルトも。

こちらもはじめて作りました。

ゆるベジ焼き菓子本から、「抹茶ときなこの和風タルト」。

 

桜野園さんの抹茶「ひろは」を使ってます。

すごくきれいな緑色に仕上がりました。

むふふ、この緑色がどこか春っぽいでしょ。

きなこの層とのコントラストがきれい。

 

しっかり味のある抹茶なので、レシピより少なめでもよかったかな。

今回は小さじ2で作ったけど、次はその半分〜2/3量くらいにしてみよう。

 

タルト生地の伸ばし方がむずかしくて、

側面にちょっと量が足りなかったからか、

型から出すときに崩れちゃった。

今度は生地を1.5倍量で厚めに作ってみようかな。

手作りだと自分の好みに微調整できるのがいいよね。

 

抹茶フィリングは少し苦みがあって、

その下のきなこフィリングは甘め。

抹茶・きなこ・あまじょっぱいタルト生地の3層を、

いっしょに食べると、うう、しあわせ〜。

桜野園さんのお茶といっしょにいただきました。

 

先日の黒豆といい、

最近和風のスイーツが気になって無性に作りたくなるのは、

きっと映画刀剣乱舞の影響だな…。

次は三色団子作るかもしれない…。

 

友人は乳製品なしのお菓子はめずらしいみたいで、

喜んで食べてくれました。

タルト生地がすぐできるのにも驚いてたし。

 

あと、「これはもうちょっと甘くてもよかったね」とか、

「抹茶の層だけだと苦いけど、3層いっしょに食べるとちょうどいいね」とか、

食べながら意見もくれるのでありがたいわ。

ほら、わたしだけだと「おいしい」の感度が狂うから。

(手作りしたことに満足しちゃうタイプ)

 

息子とふたりだけだったら、

大きなタルトは量が多すぎて、最近は焼かなくなっちゃったの。

でも、お菓子作りはやっぱりワクワクするし、

はじめてのレシピにもチャレンジしてみたい。

 

友人が来てくれる日は、その小さなチャレンジのチャンス!

本来ならはじめてのレシピは自宅で何度か練習して、

うまくできるようになってから出すべきものだけどね。

失敗するかもしれないドキドキの味見に、

つきあってくれる友人に感謝です。

 

この日は14時集合、スイーツ食べて繕い物して、

17時にはお開きに。

アルコールなしのお茶会っていいねえ。

おたがい家での家事が待ってるから、

時間が来たらサッと終了。

潔いのよ、わたしたち。

 

仕事も育児も明るくがんばっているこの友人に会うと、

こちらも元気をもらえるの。

 

そしてフットワーク軽い友人を見ていると、

「なんだか行動する前にウダウダ考えるのって、もったいないな。

とにかく、やればいいんじゃん!」

と思えるのよね。

 

来月会える日を、楽しみにして。

次があるから、またがんばれるのよ。

スポンサーサイト
COMMENT