アラフォーのシングルマザーが「いま、ここ」と「これから」を楽しみながら綴るブログ。
あな吉手帳術 + ゆる家事 + 卵&魚アレルギーっ子育児。
すきなものいろいろつめこみました。
オリジナルレシピ「にじいろスイーツ」はnoteで販売中。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 日本刀の美@大分県立歴史博物館 | main | 趣味をアウトソーシング >>
白崎茶会スイーツ、3連発。

冬は焼き菓子。

 

先週末は久しぶりに手作りスイーツの日でした。

友人とのミシンカフェ(うちに縫い物を持ち寄っておしゃべりしながら縫う会)用に、

初めて紫いものタルトを作りました。

白崎茶会レシピ「へたおやつ」のかぼちゃのタルトのアレンジ。

(アレンジレシピも本に分量載ってます)

 

産直コーナーで紫いもを見つけて買っておいたのでね。

めずらしい野菜はつい買っちゃう。

せっかくなので、この色を活かしたスイーツにしたいな。

 

いもの下ごしらえは、ホットクックで。

切ったときは赤紫色のいも。

 

蒸したら、青紫色に。

 

タルト生地は難しいイメージがあったけど、

白崎茶会レシピでは小麦粉を使わずにオートミールと米粉だし、

型にぎゅっぎゅ押し固めて焼くので気楽に作れます。

いもを蒸してるあいだにタルト型を作って、

紫芋ペーストを作って焼いて、かぼちゃのタネをトッピング。

かぼちゃのタルトではタネを最後にのせるようになってたので、

紫いもでのアレンジでものせちゃったけど、いらなかったかな。

でもトッピングがないとさびしい見た目になっちゃうからな〜。

友人は喜んでくれたので良しとしよう。

 

そして翌日は、息子のおやつにキャラメルりんごのケーキ。

こちらも「へたおやつ」から初めて作ったよ。

りんご&シナモンが最強!でいい香り〜。

これも米粉レシピで小麦粉不使用。

最初のキャラメルの煮詰め方が足りなかったかな〜。

鍋が焦げつきそうで怖かったの。

初めて挑戦するレシピには課題がいっぱい。

 

息子にはこのケーキはどうだろう?シナモン入ってるし…と思っていたけど、

香りを嫌がることなく「おいしい!!おかわり!!」とたくさん食べてました。

あら、小5男子、大人の味覚に近づいてきたのかもね。

いつもの学童保育おやつ、最近では市販のものばかり持たせていたから、

手作りおやつを喜んでくれるとこちらもうれしいわ。

 

そしてつまめるお菓子も欲しくなり、

チョコのショートブレッドも焼いちゃった。

これもあっというまに、わたしと息子のお腹に消えたのでした。

 

白崎茶会の米粉スイーツ、3連発。

冬は焼き菓子の季節だからね。

今のうちに、初めてのレシピをいっぱい体験しておこう。

スポンサーサイト
COMMENT