アラフォーのシングルマザーが「いま、ここ」と「これから」を楽しみながら綴るブログ。
あな吉手帳術 + ゆる家事 + 卵&魚アレルギーっ子育児。
すきなものいろいろつめこみました。
オリジナルレシピ「にじいろスイーツ」はnoteで販売中。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 白崎茶会スイーツ、3連発。 | main | NEW WORLD >>
趣味をアウトソーシング

20年来の趣味であったソーイングを、手放すことにしました。

 

2020年になってから考えていたこと。

自分の趣味であるソーイング、

なかなか縫う時間がとれずに逆にストレスがたまる。

 

作りたいものはいっぱいあるし、

布やボタンなどの材料もそろってる。

でも、それを形にするための時間が取れそうにない。

 

休日も、今日は○○を縫おうかなとかちらっと思うのですが、

それよりも部屋の片づけをしよう、

息子の歯医者通院にあてよう、

仕事や自治会の書類づくりしよう、

とか優先順位の高い他の用事でつぶれるんですね。

 

あな吉手帳術で、

仕事と趣味を両立しよう!

育児と趣味を両立しよう!

とがんばってきましたが、

手帳をどんなに活用しても、

時間と気力体力が追いつかない。

 

縫い物にかけられる時間が減っていたところに、

仕事がおもしろくなってきたことや、

小5息子が反抗期に入ったこともあり、

本業と育児にエネルギーを注ぐことに決めました。

 

そもそもわたしがソーイングをし始めた理由ってなんだっけ?

とふりかえってみると、

学生時代から体格が標準体型からはみだしていて、

(肩幅がひろく腕が長い)

市販の女性服のほとんどが合わなかったためです。

 

そして上質な日本製の服がどんどん減っていく時代に入って、

既製服のタグを見ると人件費の安いアジア製のものが多く、

布の品質や染め方に納得がいかなかった。

(色の濃い服は洗濯で色おち・色うつりするのが本当に腹がたった)

 

ならば自分で日本製の材料を取り寄せて、

納得のいく服を作ればいい!と始めてみたのが、

20代はじめの学生時代。

 

就職してからも布や型紙をネットで買い、

失敗をくりかえしながらも縫ってみて、

洋服の作り方を大まかには理解できるようになりました。

 

でも、自分よりもっときれいに縫ってくれる人がいれば、

この趣味はなくなってもいいわけです。

 

わたしより縫うことが好きな人にまかせれば、

これまでソーイングに注いでいた時間やエネルギーを自分の仕事にまわせるし、

仕事で得た報酬を、服を縫ってくれる人に渡せばいいではないか。

「こういうものを作ってほしい」という布と型紙が決まってて指定できるのであれば、

自分が欲しい服を手に入れられるし、Win-Winではないか。

 

ゴールがどこなのかをあらためて考えたら、

ああ、もう自分で縫う必要はないんだ。
 

昨年末、お正月休みに読もうと買った本たち。

あいかわらず、ソーイング本を見るのはすきです。

この布であれ縫おう〜とか、妄想だけで1日すごせるから。

でも、1日は24時間。

わたしももう40代。

自分にしかできないことを、もっと深く追求することに決めました。

 

趣味をひとつあきらめるのはさびしいけれど、

ソーイングをアウトソーシングすることに決めた、

2020年の春でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト
COMMENT