アラフォーのシングルマザーが「いま、ここ」と「これから」を楽しみながら綴るブログ。
あな吉手帳術 + ゆる家事 + 卵&魚アレルギーっ子育児。
すきなものいろいろつめこみました。
オリジナルレシピ「にじいろスイーツ」はnoteで販売中。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 趣味をアウトソーシング | main |
NEW WORLD

3カ月前とはちがう世界にいる。

 

たったひとつの感染症で、世界中がこんなに大きく変わるなんてね。

 

新型コロナウイルスの影響で、小学校休校が決まった3月初め。

わが家では息子を転校させることを決めていました。

 

わたしの仕事はリモートワーク不可の業種で、出勤が必須。

いわゆるエッセンシャルワーカーです。

 

(この単語、今回はじめて知った。

essential worker=人々が日常生活を送る上で欠かせない仕事を担っている人)

 

未知の感染症が広まってマスクも消毒用アルコールも店頭から消えていて、

仕事に行くのはすごく怖かった。

もし、自分が感染したらと思うと。

そして、家に持ち帰って息子に感染させる可能性を思うと。

 

「命がけ」ってこういう状況を言うんだな、って思いました。

爆弾が降り注いでるわけでもないのに、

災害が起きたわけでもないのに、

自分が死ぬ可能性を考えて行かなきゃいけないなんて。

 

仕事がようやく面白くなってきたところだっただけに、

遺書を用意して仕事に行くべきか、

それとも退職願いを出すべきか、

かつてないほど本気で悩みました。

 

結局仕事に行くことにしたんだけど、

以前から考えていた息子の転校手続きも同時に進めました。

 

万が一わたしに何かあった時に、

母ひとり子ひとりの母子家庭だと息子を守ってくれる人がいない。

それなら、わたしの実家の両親といっしょに暮らそう。

実家からだとわたしの通勤距離が長くなるけど、わたしが頑張ればいいだけだ。

その代わり、今度は実家に感染症を持ちこまないようにもっと対策せねば。

 

息子は転校で今の友達と離れることを嫌がったけど、

「これっきりの別れになるわけじゃないし、

コロナが落ち着いたらまた会えるんだよ、

ゲームやネットを通じても会えるし、

転校先で新しい友達も増えるし。

かーちゃんの仕事上、しょうがないんだよ。」

と話したら最後は納得してくれました。

おたがい、泣いたけどね…。

 

休校期間中は、

息子は実家で猫と遊んだり、ゲームやYoutube観たり。

実家の手伝いしたり、オンライン学習したり。

両親が見てくれるので、以前の家にひとりで留守番させるより安心でした。

 

わたしは平日は仕事、職場は人手不足なので毎日のように残業。

土日は転校のもろもろ手続きと、

息子といっしょに通学練習。

手帳が常にフル回転で忙しかった〜。

フセン書く枚数が通常の2〜3倍あったわ。

 

6月になると息子の学校も始まり、

わたしも仕事がすこし落ち着いて、

こうやってブログを書く余裕もできてきました。

 

息子は転校先でちょっと緊張しつつも、

新しい環境でがんばっています。

 

通学練習している時に、道ばたの花があまりにもきれいで作った花冠。

シロツメクサを編んで、あいだに他の花もはさんでいくの。

いや〜、こういうの作るの30年ぶりくらいだわ。

 

大変だった3ヵ月間だったけど、新しいことにも挑戦できて、いいこともたくさんあったのよ。

それはまた、追い追い書いていきます。

 

変わることを恐れずに。

失敗してもいいから。

新しい世界で、チャレンジしていこう。

スポンサーサイト
COMMENT