アラフォーのシングルマザーが「いま、ここ」と「これから」を楽しみながら綴るブログ。
あな吉手帳術 + ゆる家事 + 卵&魚アレルギーっ子育児。
すきなものいろいろつめこみました。
オリジナルレシピ「にじいろスイーツ」はnoteで販売中。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< アリガト、トーキョー。 | main | にじいろスイーツ、レシピカード通販開始! >>
プロスク、卒業!!
ゆるベジプロフェッショナルスクール4期生。

16名全員、無事、卒業しました!!


最後の持ちよりランチ。

なんだか、卒業式っぽく、ちょっと華やかなプレート♪

もちろん、どれも本当においしい!

デザートもあるよん♪


(当日のうちに、全部食べちゃいました♪ ふっふっふ)



プロスクは、
わたしが今まで学びたかったことが、
ギュッとつまった学校でした。


10年前の自分を思い出して。

10年後の自分を思い描いて。


これは、いま行っておかないと、
一生後悔する。

自分が死ぬときに、
「ああ…あのとき、勇気だしてプロスク行っときゃよかったよ…」
って、きっと家族に愚痴るはず。

そう思ったから、
去年の今ごろ、
思いきって入学を申し込んだのでした。


授業は想像以上に、
すごい内容でした。

毎回、教えてくださる先生も全力で。
そして、受けるこちらも、全力で。

ある意味「正解のない」課題に悩んで、
自分のなかにアイデアや技術の引き出しがないことに気づいて。

見るもの、聞くもの、食べるもの、
すべて、ゆるベジフィルターを通してすごすようになり。

常にゆるベジアンテナ立てて、
入ってきた情報は、即 ゆるベジ変換して。

こんなにガツガツ生きたのは、
生まれてはじめてかもしれない。


そして、自分の強みと弱みを知って。
足りないところは、
同期の仲間たちから、たくさんの刺激を受けて。

一生忘れられない、
駆け抜けた10ヵ月間でした。


ひとりじゃ、絶対卒業できなかった。

同期のみんながいたから、ここまでがんばれた。

みんな、本当にありがとう!!


そして、こんなすばらしい出会いの場、
プロスクという学校をつくってくれた、
あな吉先生。

わたしがこれまで通ってきた「学校」って、
競争、競争の連続で、
誰かを蹴落として自分が勝つ、
そんな場所だったから。

「学ぶ」ことの楽しさ、難しさ、
「みんなでいっしょに上がっていく」喜びを感じられたのは、
プロスクがはじめてでした。

本当に、ありがとうございました!!


ここからまた、
新たな一歩を踏み出します。



(まずは、レシピカード販売開始します!)














スポンサーサイト
eyesさん

プロスク、卒業おめでとうございます!!
はん | 2014/02/03 12:45
★はんちゃん
ありがとうございます!!

これでようやく、おんせん県で腰をすえて活動できそうです(^^)
まずは、野菜のタネをまくところから♪
(↑やっぱそこからか)
eyes | 2014/02/03 20:28
COMMENT