アラフォーのシングルマザーが「いま、ここ」と「これから」を楽しみながら綴るブログ。
あな吉手帳術 + ゆる家事 + 卵&魚アレルギーっ子育児。
すきなものいろいろつめこみました。
オリジナルレシピ「にじいろスイーツ」はnoteで販売中。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< つくレポありがとう!!☆にじいろスイーツ☆ | main | 本日 午後2時&22時!! >>
にじいろスイーツが生まれたワケ。
料理は苦手です。

家事の中で、料理・洗濯・そうじのどれがすきかって言ったら、
まちがいなく、1番は洗濯。
次がそうじ。

料理は最後です。

そんなわたしから、にじいろスイーツは生まれました。


わたしが、どんだけ料理ができなかったか。

ここで、3年前の息子の誕生日の食卓を見てみましょう。
ザーン。

解説:
・息子2歳の誕生日。
・彼には、卵・魚・小麦・米、その他いろいろ食物アレルギーあり。
・ケーキは、蒸したサツマイモがベース+蒸しにんじん+海苔のアンパンマン。
・このころわたしは苦手な食事作りに疲れていて、子どもの誕生日だってのに、ご飯+みそ汁+蒸し野菜のみ。
(毎日これだった。土鍋のなかには、みそ汁がたんまり入ってるという…)

チーン。
こんな日々でした。

しかし、料理が苦手なわたしでも、
「これは絶対つくりたい!!」と
燃えるときがあるんです。

それは、ビジュアルがすごくすきな料理に出会ったとき!
そして、「これ、どうなっちゃうんだろう」とワクワクするレシピに出会えたとき!


昨年夏。
プロスクの前期の授業がおわって、
さあ、後期はオリジナルレシピ開発だ!という時。

わたしの脳内に降って来たのは、
「いろんな色が層状になってて、作り手もワクワクする料理
のスイーツ」
でした。

レシピのターゲットは、小さな子どもを持つお母さん。

特別な日につくるスイーツ。

でも、小さな子どもがいると、
デコレーションケーキってむずかしい。

焼き上がったスポンジを水平にカットするのは、
プロでないとなかなかできない。

さらに、その間にクリームはさんで、
ケーキ全体にクリーム塗るのも、
時間がかかるし、きれいに仕上げる自信がない。

作業に集中してるあいだも、子どもから、
「かあちゃーん!!ちょっと来て!!こっち見て!!」
と言われるのが、自分の経験からわかってる。

じゃあ、途中で子どもから呼ばれても、
気合い入れなくても、
多少、加熱時間がオーバーしても、
だいじょうぶなレシピを。

一層一層、確実にできあがる。
そして、最後にはちゃーんと表面なめらかになる。
そんな色トリドリのスイーツをめざしたのです。

食べるひともワクワク、
そして、作るひともワクワクできたらいいな。
わたし自身、料理へのモチベーションは「ワクワクする気持ち」だったから。

それが、にじいろスイーツです。



このレシピは、2月22日午後2時オープンの、
レシピカードウェブストア「さだ吉商店」でもお買い求めいただけます。
明日のオープンを、どうぞ、お楽しみに♪♪


ああ、そうそう、3歳以降の息子の誕生日は、
ケーキはこうなって↓


こうなって↓


5歳の今年は、こうなりました↓

チーン。










 
スポンサーサイト
COMMENT