アラフォーのシングルマザーが「いま、ここ」と「これから」を楽しみながら綴るブログ。
あな吉手帳術 + ゆる家事 + 卵&魚アレルギーっ子育児。
すきなものいろいろつめこみました。
オリジナルレシピ「にじいろスイーツ」はnoteで販売中。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 最近の学童保育おやつ | main | ショートカットに。 >>
週末農業人は、満月モード。
月齢12。
満月が近づくと、そわそわします。

タネまきの時期だから。


植物を育てるには、コツがいる。
長年農業を続けている人には、かなわない。

なので、家庭菜園初心者のわたしが試しているのは、
月との関係。
とくに、月と地球の重力の関係です。

2年前に読んだ、この本がもとになってます。
「月と農業」
月と農業

月齢によって、地中や植物のなかの水分が、
どの位置に集中するかが書かれています。

新月から満月へ向かうこの時期は、
地面の上のほうや、植物の上部に水分が集中する。
だから、地面より上に育つ植物(夏野菜とか)や、
花の植え替えに適した時期なんだって。

満月2日前あたりにタネをまくと、
いちばん発芽率が高いそうなので、
わたしはいつもこの「満月前」をねらってタネまきをします。
だから、チャンスは月に1度しかないのよ〜。


今回まくタネは、
ゴーヤ・きゅうり・あずき・ミニトマト・バジル。

水につけてふやかしてます。
芽が出やすくなるかな〜♪

コーンは、直売所で在来種のものが売られてたのでゲット♪
売り場のおばちゃんが、
「ピーターコーンとかじゃないよ〜(^^) (品種改良された甘いコーンじゃないよ)」
と言ってくれたけど、
むしろ大歓迎!

在来種が売られてるのって、めずらしい。
これはまくのは来月かな。


いまのうちの家庭菜園は、こんなかんじ↓

台所の片隅で、芽がでてしまったじゃがいも。
先月rinrinさんのブログを読んで植えてみたら、
うちももしゃもしゃに!

わずか1ヵ月でぐんぐん伸びて、
いつのまにか、薄紫色の花も咲いてた!

(いもはいつ収穫できるんだろ〜?)


じゃがいものとなりには、
薄ピンクの花びらが、風にゆれています。

なんていう名前だろう…。

植えた覚えはないから、雑草のひとつなのかもしれないけど、
あまりにもきれいなので、台所の窓辺に飾りました。



月といっしょに、気持ちも満ちていく。

週末農業人、満月モードです。
スポンサーサイト
月づいていますね
多分その花の名は 「月見草」

http://www.shuminoengei.jp/?m=pc&a=page_image_slideshow&target_plant_code=867&target_hinshu_code=1

これじゃなかろうかってのをコピペしました。

私も頂いた種を播きますね
プランターの土の状態が悪いのよね〜やっぱり地植えが一番ですね
kimi | 2015/05/31 19:11
☆kimiさん
おしえてくださって、ありがとうございます!
まさか、この花の名が「月見草」だったなんて。
本当に月づいています♪

月見草って今まで見たことなくて、
ずーっと黄色の花だと思っていました。
ピンクもあるんですね。

kimiさんのタネも、元気に育ちますように〜(^^)
eyes | 2015/05/31 22:28
COMMENT