アラフォーのシングルマザーが「いま、ここ」と「これから」を楽しみながら綴るブログ。
あな吉手帳術 + ゆる家事 + 卵&魚アレルギーっ子育児。
すきなものいろいろつめこみました。
オリジナルレシピ「にじいろスイーツ」はnoteで販売中。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 裏地つき裾リブウエストゴムパンツ | main | カシュクールサロペット >>
ハニージンジャークッキー
ジンジャーなジャッキー!


焼き菓子の似合う季節になりました。

1年前に手に入れたジャッキー&デイビッドのクッキー型。
やっと日の目を見て、息子の学童保育用おやつを量産。

夕ごはんの片づけをして、すこし時間ができた夜に、
まとめておやつ作りをすることにしました。

オーブンでは朝お弁当用のパンを焼くのが精一杯で、
夏以降はお菓子作りで使うことはほとんどなかったな。

朝のバタバタ時間でクッキーを焼いていたのは、
もっぱら、ビタントニオでした。


でも、あの形に息子もわたしも飽きてきて(笑)
せっかく他にクッキー型もあることだし、
型抜きクッキーを焼いてみよう〜。
おやつも、毎朝バタバタ焼くのではなく、
1週間分まとめて作っておこう〜。

ということで、こちらの本↓

なかしましほさんの、
「まいにち食べたい“ごはんのような”クッキーとビスケットの本」から、
ハニージンジャークッキーを。

甘味は、おもにきび砂糖。
そして、スプーン1杯のはちみつがポイント。
よっしゃ、先週台所の整理して、きび砂糖は発掘してある(笑)

ガスオーブンで焼くので、
レシピの温度から10℃下げて、焼き時間も5分短縮してみました。

焼いているあいだ、はちみつとしょうがのいい香り〜♪♪

ちょっと焦げ気味だったので、
まだ温度&時間調整の必要ありそうです。


やっぱりクッキーは型抜きがいちばん燃え(萌え)ますね。
実はハロウィン用にもつくろうと思っていて、
先日新たに型をゲットしてしまい…
こればっかりは、断捨離できず、ついつい集めてしまうアイテムです。

なかしましほさんのレシピ、
卵アレルギーの息子でも食べられるレシピがたくさん!
そして、思っていたより甘味料の量が少ない!

もちろん、息子の卵アレルギーが治ったら、
この本に載ってるメレンゲも、たまごボーロも作りたい〜。
あとね、とくにレシピはないけれど、
たき火での焼きマシュマロ、
秘かにわたしのあこがれなのです。

それまでは、息子のおやつに、そして、わたしのダイエットに。
毎日食べられるお菓子、作るぞ〜!
スポンサーサイト
COMMENT