アラフォーのシングルマザーが「いま、ここ」と「これから」を楽しみながら綴るブログ。
あな吉手帳術 + ゆる家事 + 卵&魚アレルギーっ子育児。
すきなものいろいろつめこみました。
オリジナルレシピ「にじいろスイーツ」はnoteで販売中。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 仕事が休みの日は何をしてるの? | main | 圧力鍋のメンテナンス >>
手づくりドラえもんビスケット
今日のおやつは、手づくりビスケット♡


本日午前中、小学校の授業参観でした。

3、4時間めの授業だったので、
仕事を11時にあがらせてもらう予定にして
4時間め&給食の様子が見られればいいな〜と思ってかけつけたけど、
遅かった〜…。

職場を出るのが遅くなり、
途中の信号にも何度もひっかかって、
結局小学校に着いたのは、4時間めが終わる10分前。

息子から「(おそいよ〜)」と口パクで言われつつ、
わたしも手を合わせながら口パクで「(ごめん〜)」と返し。

それでも、そのあとの給食の様子をはじめて見られたのでよかった!

1年生たち、ちゃっちゃとエプロン&マスク姿に着替えて、
給食を取りに行きます。
(少人数なので、毎日クラス全員が着替えて給食準備してるの)

運ぶものの数は少なくて、食器・お盆・牛乳・主食・主菜・副菜くらい。
手ぶらで帰ってくる子も多い。
それでも、1年生全員がエプロン姿でぞろぞろ移動する姿は、
と〜ってもかわいかった〜!!(*^^*)

これ、2年生になったら、このあどけなさはもう見られないと思うの。
今日が1年生最後のチャンスでした。
(ホントは、1学期のまだ右も左もわからずピヨピヨしてる時期に見に行きたかったな〜)


息子はお弁当なんだけど、
まわりの子どもたちも、本人も、食べてるときはそんなに気にしてないのね。
自分の食べてるものがおいしいかどうか、そこだけに集中してる(笑)

親のわたしだけが、
「まわりの子と食べものがちがうけど、大丈夫かな」と心配してて、
それが原因でいじめられるってことは、
今のところナシ。

ただ、先生がたのご指導や、
クラス、学校の雰囲気も影響あるだろうな〜とは思います。
だって、この小学校、純朴な子が多いんだもん〜。
ありがたいことです。


念願の給食時間まで無事見られたので、
わたしは息子より先に帰宅。
家事や雑用をこなしつつ、15時すぎに息子が帰ってくるのを待っていました。

玄関をあけて「ただいま〜!」と元気な息子の声。
わたしもニコニコしながら「おかえり〜!」と。
おっ、やっぱりいいねえ、家で子どもの帰りを待つのって。


今日のおやつは、またまた白崎茶会(白崎裕子さん)レシピ「かんたんお菓子」から、
ビスケット2種。

日曜にまとめて焼いておいたもの。
プレーンなビスケットと、シナモンチョコビスケット(ドラえもん&ドラミちゃん)。
白崎茶会のスイーツだと、息子の食いつきがいいです♡


スイーツレシピ本は、
ゆるベジをはじめ数冊持っていてどれもおいしいのですが、
わたしの中での使い分けは、こうです↓

・ゆるベジレシピ
→油分・糖分・手順を極力減らして作れる時短レシピ。
スイーツで野菜が食べられるレシピもあり、野菜嫌い克服にも使える。
ジャンクな味に出会える♡(ゆるベジアイスは、紅ショウガ&青のりLOVE♡)

・なかしましほさんレシピ(いま持ってる本はこれですが→
→見た目は素朴なお菓子、ただし個性的なフレーバーもあり。
甘味にきび砂糖・てんさい糖・はちみつなど使用していて、メープルシロップより手に入りやすい。
ただしクッキー生地は作るときに手が汚れるのが難点(すりまぜるので)。

・白崎茶会レシピ
→「王道なお菓子!」感のあるレシピ。
見た目も味も、これが卵・乳製品なしで作られてるなんてホントにびっくり。
ゆるベジより油分多めなので、最初作るときはビビりました。
レシピのちょっとした小技に萌えます(ビスケットにアレをひとつまみ入れるところとか…)


まあ、おやつはおいしく、楽しく、食べられればいーのだ!

「ドラミもん〜!」って、息子よ…。
そんな食べ方するのかい(汗)


ドラえもんのクッキー型は、さだ吉さんのブログで存在を知り、
同じものかわからないけど、わたしはcottaで買いました〜。

さあ、今週末も、焼き菓子まとめ焼きだっ!
 
スポンサーサイト
COMMENT