アラフォーのシングルマザーが「いま、ここ」と「これから」を楽しみながら綴るブログ。
あな吉手帳術 + ゆる家事 + 卵&魚アレルギーっ子育児。
すきなものいろいろつめこみました。
オリジナルレシピ「にじいろスイーツ」はnoteで販売中。
<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 夏の靴は、5月に買う。 | main | Win-Winになる方法を考える。 >>
ゆるベジロジックがあればこそ。

今日のお弁当も、卵&魚ぬき!

 

息子のコピー給食を、わたしのお弁当に詰めたものです。

 

メニューは、

・クーブイリチー(沖縄料理、昆布の炒め物のこと)

具は、昆布・豚肉・にんじん・干し椎茸。

 

・キュウリのスタミナ炒め

キュウリ・鶏ささみ・ゆるベジ万能ダレ・ごま。

 

・いわしのフライ

いわしの代わりに豚ミンチ・塩・ナツメグ・海苔・衣は水溶き小麦粉。

フライ用のパン粉を切らしてたから、

天ぷらみたいになっちゃったな。

 

 

海苔を使うと、

魚じゃなくても(肉でも野菜でも)、

海産物みたいな味になる、と知ったのはゆるベジのおかげです。

 

他にも、

中華風の味つけなら、ごま油+ショウガ+醤油。

洋風の煮込み料理なら、オリーブオイル+ニンニク+ローリエ、とかね。

ゆるベジレシピから学んだことがたくさんあります。

 

息子が生まれるまで、

わたしの料理は、

テキトーに作りはじめて目指すものから遠い仕上がりになるか、

レシピどおりにきーっちり作りすぎて、

材料ひとつ欠けただけで完成できなくなるか、

の両極端でした。

 

だから、めったに使わない調味料でもひととおり揃えたりしてね。

 

息子の卵&魚アレルギーで出会ったゆるベジ。

いちばんの収穫は、料理に使わなくてもいい材料を知れたこと。

ダシをとらなくても、おいしいおかずが作れるってわかったこと。

 

給食で魚を使うメニューが出ても、もう緊張しない。

他の材料でアレンジできるようになったからね。

それは、ゆるベジロジックがあればこそ♪

 

今週も、コピー給食を作り終えることができて、

ホッと一息ついてます。

 

今週も、1週間、おつかれさまでした!

スポンサーサイト
COMMENT