アラフォーのシングルマザーが「いま、ここ」と「これから」を楽しみながら綴るブログ。
あな吉手帳術 + ゆる家事 + 卵&魚アレルギーっ子育児。
すきなものいろいろつめこみました。
オリジナルレシピ「にじいろスイーツ」はnoteで販売中。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 【手帳術】フセンに投資する派。 | main | クーヨン 2007年12月号 >>
勝間和代さんの「年収10倍アップ時間投資法」

「時間は、『管理』ではなく『投資』するものです!」

今週読んだ、勝間和代さんの本。

本文を読む前に、

帯に書かれていたこの一言がガツーンと心に響きました。

 

今、わたしは再就職して4年目。

途中で専業主婦時代もあったけど、キャリアとしては10年目で、

仕事の内容にも慣れてきたころです。

 

そして今年はPTA関係の仕事も少ないので、

過去2年間ほど忙しくもないです。

(おととしは広報部部長、去年は地区部員だったので、

1学期は土日を犠牲にして作業するほど忙しかった…)

 

でも、今年ラクになったからといって、

ここでダラダラすごしてたらいけないんだな〜。

 

平日は仕事・家事・育児でいっぱいいっぱい、

かといって土日2日間ともダラダラしていたら、いつまでも現状維持。

職場ではあっというまに、勉強熱心な独身新人に追い抜かれます。

 

子持ち時短勤務主婦と、残業も休日出勤もしてくれる新人、

もし今後リストラがあって、

実力も月給も同じだったら、

経営側はどっちを選び、どっちを切り捨てるかな?と考えたら、

子どもの都合で突然仕事を休むかもしれない、主婦のわたしですよね。

 

わたしは一家の大黒柱だから、切られるわけにはいかない。

自分が選ばれる側にならないといけません。

新人よりも、仕事の成果を上げねば。

つまり、時短でも生産性を高く保っておかねば。

 

だから余裕のできた今こそ、

将来の成果につながる「投資」時間を作らないとね。

 

勝間さんのこの本は、一発逆転本ではありません。

毎日少しずつ、コツコツ「カイゼン」を積み重ねていき、

今後10倍のごほうびが得られるためのノウハウが書かれている本です。

 

ごほうびの内容は、年収かもしれないし、

子どものすこやかな成長かもしれない。

自分自身が長く働けるための健康かもしれない。

 

勝間さんが本で強調されているポイント。

時間を作り出すには手帳が必須で、

わたしたちの時間の使い方について、

「消費」「浪費」「投資」「空費」の4つのマトリックスに分けて、

なるべく「投資」(緊急ではないけど重要)の時間をふやそう!

そのために、「浪費」「空費」を減らしていこう!

ということ。

 

投資といっても、お金で株を買うとかではありません。

道具・体力・変化・知識・手法の5つの面で、

あらゆる投資を惜しむな、ということです。

 

わたし、時短家電を取り入れたり、ウォーキングやストレッチをしたりと、

道具と体力については投資をしている方ですが、

変化・知識・手法(全部自分でやらずにプロに頼む)については、

調べることが苦手ということもあって、

これまで投資することを避けてきたな〜。

 

けれど、来年度は息子が小4になり、

学童保育がなくなる「小4の壁」を迎えます。

それでも今の収入をなるべく減らさずに働くには、

自分の時給が上がるように、

そして、労働時間を減らさずにすむように、

「投資」が必要なのよね。

 

毎日少しずつ、「カイゼン」を続けていこうと思います!

 

勝間さんのこの本、10年前に発行されているけど、

今でも古さを感じさせない。

このころからすでに「生産性」について発言されていたんだな〜。

 

スポンサーサイト
COMMENT