アラフォーのシングルマザーが「いま、ここ」と「これから」を楽しみながら綴るブログ。
あな吉手帳術 + ゆる家事 + 卵&魚アレルギーっ子育児。
すきなものいろいろつめこみました。
オリジナルレシピ「にじいろスイーツ」はnoteで販売中。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< あらしのひるに。 | main | 彼岸になったら、めざせ、パクチニスト! >>
秋のガーデニング計画2017

サフランの球根が!!安い!!

 

最近、竹田市農産物直売所で見つけたもの。

サフランの球根、12個も入ってなんと400円です!!

 

買ってみてはじめて知ったんだけど、

わたしのふるさと大分県竹田市は、

サフランの生産量が日本一なんですって。

 

そういえば幼いころ、サフランは普通に家にありました。

ばーちゃんが販売用ではなく自宅用として植えてて。

川辺にずら〜っと薄紫色の花が咲いていたのを覚えています。

毎日のようにサフランティーを飲んでたな〜。

あの真っ赤なめしべから、あざやかな黄色のお茶になるのがふしぎでした。

 

いつのまにか実家でも栽培しなくなり、見かけなくなりました。

大人になってから、いざサフランライスやパエリアに挑戦しようとして、

スパイス売り場に行くと、サフランの値段にびっくりして買えませんでした。

数本しか入ってないのに、高いのよ〜。

 

それがまさか、球根が売られているなんて!

これは、わたしが育てろということでしょう。

 

しかも、球根に添えられた説明書によると、まさに今が植え時。

土に埋めなくても、風通しのいい日陰に転がしておくだけで花が咲くんですって。

10月に開花予定♪

 

そのあと花をつみ取って、赤いめしべだけ乾燥させます。

折れるくらいに乾燥したら、保存可能。

 

球根は、そのあと茎の太いものを1〜2本残して小さい芽をつみ取り、

11月下旬ごろに植え付け。

翌年の5月頃に葉が枯れ始めたら、収穫して日陰で乾燥させる。

 

わ〜い!自分ちでサフラン栽培!!

最高級のスパイスが自分で作れる!!

 

3年前に庭で育ててたビーツもそうだけど、

家庭菜園で育てるなら、

お店でもなかなか売ってないものを栽培したいわ。

育っていく様子を見られるのも楽しいし♪

 

そいうことで、秋のガーデニングは、

サフラン栽培に決定です。

パックの中でもう根が出始めてるから、

さっそく日陰の土に置いてみよう。

 

写真左:サフラン球根のパック詰め。

きっと竹田のサフラン農家の方がサフランを広めたくて出荷されたのね。

 

写真中:球根の楽しさを教えてくれたのは、春に買ったムスカリ。

夏のあいだほとんど水やりもせずほったらかしだったけど、

新しい芽が出ています。

そして、小さな新しい球根も。かわいい♪

 

写真右:うちの小さな花壇で、めきめき成長しているのはモッコウバラ。

来年の春にははじめて花が咲くかな。

長いところは3mくらいあるので、誘引せねば。

 

余談:球根といえば、この曲ですね。

 

 

スポンサーサイト
COMMENT