アラフォーのシングルマザーが「いま、ここ」と「これから」を楽しみながら綴るブログ。
あな吉手帳術 + ゆる家事 + 卵&魚アレルギーっ子育児。
すきなものいろいろつめこみました。
オリジナルレシピ「にじいろスイーツ」はnoteで販売中。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ukaのネイルを、ちょうちょラッピング。 | main | こんな子ども服が欲しいのです。 >>
グルテンフリーおやつを手作り

おやつを、ちょっとだけグルテンフリーにしてみる。

・写真左:白崎茶会レシピの、小麦粉を使わないごまクッキー。

これは白ごまバージョンで焼く前ね。

生地を混ぜまくっても大丈夫。

グルテンフリーの生地だから、固くならないのがいいところ。

 

・写真中:生地をフォークで押して模様づけします。

白ごま&黒ごま、どっちも作ってみました。

サクサクでおいしい〜!

ごまの香りがたまらん。

 

・写真右:今度はコーンフレークッキーと、

ピーナツバターソフトクッキーを作ろうと思って、

レシピ本でも使われている材料をAmazonで調達しました。

Amazon、すごいな。オーガニック製品もほとんどそろってる。

まさかコーンフレークも売ってるとは思わなかったわ。

 

わたしはもともと食物アレルギーはないし、

息子も今は小麦アレルギーではないので(2歳までは除去していました)、

厳密にグルテンを避けなくてもいいんだけども。

 

小麦のパンやクッキー、ホットケーキを食べたあとの、

胃もたれと急激にくる眠気は、

もしかしてグルテンのせいではないかな?と思い始めました。

胃での消化に、すんごいエネルギー使ってる感じがする。

 

だって、土日の朝に焼いているホットケーキ、

小麦粉で作っていたときより、

このレシピに載っている米粉バージョンに変えたときに、

1日胃の調子がよかったもん。

あの眠気もこないし〜。

 

あと、このごろ気になっているのが、自分の主婦湿疹。

小麦製品を食べすぎた翌日に、左手のかゆみが悪化する。

もうかれこれ5年もたつのに、いまだに完治しないのは、

もしかして小麦の食べ過ぎかな?

 

だってそれまでは、息子の小麦アレルゲン除去につきあって、

2年間小麦なし生活してたもんね。

大量の茶碗洗いしてたけど、とくに手荒れもなかったもん。

 

白崎茶会の小麦なしレシピに出会えたのをきっかけに、

これからおやつも、グルテンフリーを意識してみる。

今週焼いたのはごまクッキーだけど、

今月は冬休みにも入るし、

年末年始は家でゴロゴロするし、

せっかくなので、グルテンフリーおやつを作ってみます。

 

 

スポンサーサイト
COMMENT