July 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

久々にゆるベジスイーツ!

久々に、ゆるベジスイーツ作った〜!

 

ゆるベジ焼き菓子教室の本から、

「季節のフルーツとラムクリームのタルト」です。

フルーツはキウイでね。

 

先月うちでミシンカフェした友達が、

「今月はうちに遊びにおいで〜」と誘ってくれたのです。

友達、今週が誕生日だったし、

よっし、手みやげにお菓子持って行こう!と思って。

 

ゆるベジとはいえ、焼き菓子を作るのはホント久しぶり。

息子が幼稚園の時はしょっちゅう作っていたのに、

最近では市販のおやつが増えていたから、

生地を作るのに勘がにぶってて、うまくできるか自信がない〜。

緊張する…。

 

生地はフープロでガッガッやって作りましたよ。

タルト台、実は型からはずす時に割れたんだけど、すぐにくっつけて修復!

クリームには、ラム酒をMAXまで入れて。

キウイを並べたら、完成!

ホッ、無事にできた〜。

ミントの葉があればよかったねえ。

(今度花壇に植えとこう)

 

うちの台所にずーっとしまってあった、ケーキ用の箱。

18cm径タルトにサイズぴったり!なので入れて行きました。

 

友達のおうちには中学2年生の次男さんがいて、

(旦那さんと長男さんは外出中)

わたしと息子がはじめておうちにお伺いしてちょっと緊張してる中、

まずは4人でボードゲーム。

ブロックス、初体験だけど盛り上がった〜。

 

そのあとわたしと友達がおしゃべりしてる間、

お兄ちゃんが息子とテレビゲームで遊んでくれました。

小4男子と中学2年生のお兄ちゃん、

初対面でいっしょに遊べるんだろうか…と心配だったけど、

優しいお兄ちゃんのおかげで4時間楽しんだようです。

帰りの車の中で、息子、

「あたらしい友だちができた〜!」って、

目がキラキラしてたもん。

よかったねえ。

ナルトのバトルゲームもできたしね。

 

持っていたタルトも、

友達ご家族がおいしい!って言って食べてくれたのでうれしかった〜。

友達の方が料理上手なのに、

「今度はいっしょにお菓子作りしよう、ケーキの作り方教えて♪」

なんて言われてびっくり。

おお、考えたことなかった!でも楽しそう!

 

わたしと息子のふたりだけなら、

ケーキ1ホールとかめったに焼いたりとかしないから、

最近はスイーツ作りから遠ざかってたもんね。

誕生日かクリスマスくらいだったもん。

 

食べてくれる人がいるなら、

作るのもまた楽しめそうです。

 

 

童心に返る、2018夏

今年の夏は、童心に返ると決めた。

この1カ月間、ブログも更新せずに、

童心に返って息子といっしょにあそんでいました。

 

平日の夜、これまでブログアップにかけてた30分あれば、

息子にマンガ1話読み聞かせできるので、

そっちを優先させたいと思って。

 

土日のどちらかは、

なるべく息子と外の世界に出るようにしています。

youtube以外の楽しみも味わっておかないとね。

 

城島高原パークの年間パスポートは、

期限がきれるギリギリまで遊びに行きました。

去年の5月から、トータル6〜7回は行ったんじゃないかな。

じゅうぶんモトはとりました。

 

遠出ばかりではなく、家の近所でもいろいろチャレンジ。

息子が通学路でつかまえてきたカナヘビを、

2週間ほど飼ってみたり。

(エサの確保が大変で放したけど)

 

暑い日は、近所の公園で水鉄砲対決。

スプレー用ボトルが意外と遠くまでとぶことがわかり、

息子とふたり、晴れた日にレインコート着ての撃ち合い。

(そのかっこで家を出たところで、近所のママさんに見られて恥ずかしかった…笑)

 

家のほうも、片づけと同時並行で、

何があれば快適かな?と思い、

長年のWISHだった座布団を購入!

SOU・SOUで古風ながらもポップな柄を選びました。

これで冬場の椅子も座面が冷たくないぞ〜!

 

息子はあいかわらず、

バスケは週1回習っているものの、

いちばんすきな遊びはマンガを描くことと工作。

マンガ用原稿用紙を渡したら、インクとGペン使って、一所懸命描いています。

下書きなしの一発描きってところがすごい。

5歳ごろからずっとメカものを描いているから、

ナディアのグラタンなんて、もう見ないでも描けるよ。

わたしより上手いです。

 

童心に返るってことは、

いままでの先入観を捨てて、まっさらな気持ちで臨むということ。

苦手だと思い込んでいたことも、

学校の授業じゃないんだし、誰かの評価を気にしてやるわけじゃないんだし。

 

今年はじめてやった息子とのキャッチボールも、プールも、

わたしも初心者なんだからとわりきってやったら、

すっごく楽しかったの!!

 

今年の夏は、息子といっしょに、

新しい気持ちでいろんなことにチャレンジするんだ!!

 

 

おうちでミシンカフェ。

はじめての、おうちでミシンカフェでした。

 

金曜日の早朝に、幼なじみの友達からメールがきました。

「今度の土日、どちらかあいてる?いっしょに縫い物しない?

子どものシューズ入れを作ろうと思ってて」と。

 

このメールを見て、びっくり〜!!

実はわたしも、息子の上履き入れを作り直そうと思ってたの。

テレパシー!?

息子の入学時に作った袋には、

上履きが大きくなって入らなくなってて。

袋用の布まで買ってあるのになかなか縫えず、先延ばしにしてたところ。

 

すぐに、

「よかったらうちで縫おう〜!!道具もあるし!!」と即答メール。

 

この友達には、去年夏の同窓会で10年ぶりに再会したの。

保育園時代〜中学卒業まで12年間いっしょに過ごしてて、

部活もいっしょ。

彼女はサバサバしてて大らかな性格で、

人の面倒見もいい。

わたし、小学校時代いじめられっ子だったけど、

彼女からよく助けてもらった。

 

いちばん好きな友達なので、

10年ぶりに会っても気兼ねなくおしゃべりできる仲です。

 

おたがい子育て中で仕事をしていることもあり、

同じ市内に住んでるのになかなか会えなくて。

だから、会えるチャンスがあればすぐ会おう!

とお互い思っていたからか、

ソーイングの計画がすぐに決まりました。

 

金曜の朝6時にメールもらって、

友「じゃあ、土曜の午後に行くね!」

わたし「うん、待ってるね〜♪」

って、30分後には日時詳細決定。

早いでしょ。

 

とはいえ、彼女をうちにお招きするのははじめて。

学校の家庭訪問からまだそれほど日がたってないので、

和室もあまり散らかってなくてよかった。

1時間ほど片づけて、裁縫道具も準備OK!

祖母からもらったアンティークミシンと、

カットソー縫う時用のロックミシン、

アイロン、アイロン台、針と糸とはさみたち。

 

友達は、土曜のお昼すぎに来てくれて、

自分が縫う分の布持参。

この他に、自分の電動ミシンも。

お互い縫うものちがうから、ミシンにかける糸もちがうし、

慣れてるマシンの方がいいからね。

 

そして、手作りお菓子を2種類も持って来てくれた♡

スフレチーズケーキと、

ラッピングされてるのはナッツぎっしりのフロランタン!

お店で出せそうなレベルのおいしさ♡

しかも、市販のものほど甘すぎずちょうどよかった。

おしゃべりしつつ、スイーツ食べつつ、手も動かしつつ。

 

(息子は卵入りのスフレは食べられないので、

その代わりに自分のすきな市販のお菓子と炭酸ジュースでした)

 

わたしひとりでは休日も縫い物のモチベーションがあがらず、

何週間も布を放置してたけど、

友達が来てくれて作業しているうちに楽しくなり、

ようやく縫うことができました。

 

二人とも、この日はおしゃべりが最優先ではなく、

自分の縫い物を進めることが目的だったからね。

ミシンを使うときになるとふたりとも集中して無口になるのが、

なんだか面白かった。

同じ目的をもつ仲間、大事だ!

 

友達は息子さん二人分のシューズ入れをさくさく縫って、

夕方に帰っていきました〜。

あっという間の5時間だったよ。

わたしも上履き入れ、土曜に9割がた縫って、

日曜の今日、完成させました〜!

小4息子が選んだ布は、マリオカートでっす。

裏地は持ち手と同じ、ネイビーの綿麻ダンガリー。

本体は縫い目が見えないように、

内布つきの二重仕立てにしたよ。

 

おうちでおしゃべりとスイーツとソーイング。

こういうのをミシンカフェというのかな?

いつかやりたいな〜とぼんやり思い描いていたWISH、

友達のメールがきっかけですぐに実現できて、

もう〜うれしくってありがたかった〜。

友達が帰ったあとも、まだ余韻でワクワクドキドキしていたくらい。

 

はじめての、おうちでミシンカフェ。

次は洋服を縫おうね、と約束しています♪

楽しみだ!!

<<back|<123456>|next>>
pagetop