November 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

最近の息子おやつ事情

実は、焼き菓子に飽きてます。

・写真左:ある日の息子おやつ。

白崎茶会レシピのビスケット生地で、スプラトゥーン型クッキー。

コーラグミとマリオグミも入れて。

 

・写真中:またある日の息子おやつ。

白崎茶会レシピのかぼちゃボーロ。

ポケモンカリポリキャンディーと、またマリオグミも入れて。

 

・写真右:焼き菓子の湿気防止に、

最近シート状の乾燥剤も入手しました。

これで焼き菓子もしなっと湿気ずに、

おいしく食べられます。

 

でもね〜、最近息子は、焼き菓子に飽きています。

そりゃそーだ、毎日のように固い粉ものだもの。

フレッシュなもの、みずみずしいものも、

食べたいよね。

 

でも、学童保育用に持たせられるおやつって、

・保存がきくもの

・崩れないもの

・まとめて大量に作れるもの

なんだよね〜…。

だからついつい、クッキーなどの固い焼き菓子ばかり作っちゃう。

 

たまに、昨日のようなりんごゼリーみたいなおやつだと、

息子も喜んで食べてました。

これね↓

角切りりんごがゴロゴロ。マルティネリのりんごジュースを使ったよ。

 

う〜ん、ゼリーやプリンを作っておいて、

息子を学童保育に迎えに行った時に、

翌日分を先生にお渡しすればいいのかな。

それとも、市販品に頼ろうか…。

砂糖の量や添加物が気になるから、なるべく手作りしたいんだけどな。

 

わたしが小学生だったころ、

おやつはいつも母や祖母の手作りでした。

ホットケーキ、チューリップ(サーターアンダギーみたいなの)、

おまんじゅう、蒸したトウモロコシ、サツマイモなどなど、

ホカホカあったかくて、どれもおいしかったな〜。

 

季節のものもよく食べた。

びわ、スモモ、柿、栗は家になってて食べ放題だったし、

いちご、りんご、みかん、ぶどう、梨、など何かしらうちにありました。

 

家に帰ったら、母や祖母が「おまんじゅう、いくつ食べる?」ってきいてきて、

「3つー!」とか「4つー!」とか答えていた日がなつかしいです。

今考えると、よく糖尿病にならなかったな(汗)

山奥にある小学校だったから、通学距離も往復6kmと長くて、

学校から帰るとお腹ペコペコでした。

あの長距離通学路のおかげで、筋肉もあったから糖分消費してたんだろうな。

 

息子は今片道1kmもない通学距離だけど、

夕方になるとやっぱりお腹がすいてるはず。

おいしくて、体にやさしくて、

お腹も心も満たせるおやつって、なんだろな。

 

最近の息子のおやつ事情、

この秋〜来春までをどうのりきろうかと、悩みどころです。

また行ってしまった、別府りんご園。

また行ってしまった!別府りんご園。

今日は仕事が休みだったので、りんごを買いに行ってきました。

今シーズン3回めなので、さすがにりんご園のお姉さんに顔を覚えられて、

「りんごお好きなんですね♡」と言われてしまった…。

 

・写真左:今日買ったりんご。

上から時計回りに、

きたろう、サンふじ、秋映、2個めのきたろう、陽光、ぐんま名月。

買う前に、全種類試食させてもらえます。

わたしも息子も、かじったら歯ぐきから出血しそうなほど固いりんごが好き。

さらにわたしは酸っぱい品種が好きなので、こんなセレクトになりました。

 

・写真中:固い品種を選んでも、

たま〜に、たま〜に、やわらかいりんごにあたります。

そんな時は、生で食べずにスイーツに使えばいいよ♪

今日の息子のおやつに、

白崎茶会レシピの「りんごくずゼリー」を作りました。

 

・写真右:今のうちの玄関。

今日は道中、紅葉が本当にきれいだった〜。

カメラを持参してなくて写真を撮れなかったのが残念でした。

代わりに、現在秋モードのうちの玄関をご覧ください。

 

キツネのお面は、去年の息子の図工作品。

わたしがウォーキングで拾ってきた落ち葉を添えてます。

ハロウィンが終わってクリスマスモードになる前に、

1カ月ほど秋を楽しめる時期です。

 

別府りんご園さんは、今は10種ほどのりんごを販売されていました。

秋映、きたろう、玉林、ぐんま名月、紅玉、

サンふじ、シナノゴールド、新世界、、陽光、らくらくふじ。

今月いっぱいくらいまでが、りんご狩りシーズンだそうです。

 

★別府りんご園★

〒874-0805 大分県別府市枝郷5組

 

 

8年間愛用しているオリーブオイル石けん

息子のアトピーをきっかけに、8年間愛用している石けんがあります。

一番しぼりのオリーブオイルのみを使った、

オリプレソープです。

 

・写真左:わたしはいつも個包装なしのアウトレットを購入しています。

4個ずつ紙袋入り+プチプチシート+外側の紙袋で届きます。

 

・写真中:プチプチシートをはずしたら、こんな感じ。

そっけない紙袋ですが、自宅用なのでいいんです。

長期間保管するときは、石けんの油分が紙に滲み出してくるので注意。

 

・写真右:本来1個170gで907円のバージンオリーブオイル石けん。

アウトレット商品は、重量が2割程度足りなかったものや、割れがあるものです。

でも、この重さでアウトレット価格534円ならじゅうぶん満足!

 

息子は赤ちゃんのころからアトピーで、

夏場は湿度や汗で肌がうるおうのですが、

秋冬は乾燥がひどくカサカサ。

ほっぺたはめくれた角質で毛羽立っているほどでした。

 

当時はいくつも病院を変えて通院したけど、

そこですすめられた石けんがどれも合わなくて、

自然食品店で売られている製品も合わず、

ますます乾燥がひどくなるので、

一時期石けんを使うこともやめてお湯のみで洗ってました。

 

息子が1歳のときにネットで出会った、このオリプレソープ。

オリーブオイル石けんはこれまでも使ったことがあったし、

茶色の外側に、中身が緑色で、

独特の香りがして、

お風呂場に置いておくとすぐグニャグニャになる…というイメージだったのですが、

それらをぜ〜んぶ覆してくれたのが、この石けんです。

 

香りはほとんどしないし、色は白い。

固さも、長期間かけてしっかり乾燥させているので、中までしっかり固め。

そして、とにかくよく泡立つ!

 

今年、自分のメイク落とし用に、

数年ぶりにいろんなクレンジング剤を使ってみたのですが、

すすぎがめんどうだったり、洗顔後に乾燥しすぎたり…。

ふだんのETVOSのメイクだったら、この石けんだけで十分落ちるし、

洗った後もつっぱらない。

クレンジング剤を使うのを、結局今年1年たたないうちにまたやめることにしました。

この石けんがあればだいじょうぶ。

 

息子のアトピーは成長とともに肌も丈夫になって、

今は、顔はわずかに乾燥しているくらい。だいぶすべすべになりました。

これからの季節はカサカサ手足の保湿がメインだな〜。

 

オリプレソープで息子の顔を洗うことはないけれど、

1歳から、息子の身体と髪はこれで洗ってます。

そう、髪も洗えるの!(カラーリングした髪には合わないので、わたしはシャンプー派)

夏場の汗もすっきり洗い流せるし、

なにより、香りがほとんどないのがいい。

 

乾燥する時期は、

病院処方の保湿剤、ヘパリン類似物質泡スプレーがいちばん合っているようなので、

それを使うとして。

石けんは、これからもひきつづきオリプレソープだな。

 

8年前当時は、肌の弱い息子に合わせての石けん選びだったけれど、

長い目で見ると、わたしの肌のためにもなっていて、

39歳という年齢のわりにシミも少ないほうだと思うし、

10代、20代のころより自分の肌がすきです。

 

弱い人に合わせると、

自分の身体にもいいことがある。

 

アトピーの息子に感謝しながら毎日使っている、

オリプレソープです。

 

 

<<back|<123456>|next>>
pagetop