おんせん県発!
30代後半ワーキングマザーが「いま、ここ」を楽しむブログ。
あな吉手帳術 + ビジ家事 + 卵&魚アレルギーっこ育児。
すきなものいろいろつめこみました。
<< February 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
持ち寄り新年会

ひとり1〜2品なら、難しくないよ。

 

先週土曜日は、近所のママさん宅で新年会でした。

 

ウォーキング友でもあるこのママさん、

旦那さんのご両親と同居されています。

 

この日はご両親が泊まりでおでかけ。

お姑さんに気兼ねせず人を呼ぶチャンス!(笑)ということで、

持ち寄り新年会を開いてくださいました。

 

わたしが持って行ったのは、

(飲み会で定番になりつつある)牛肉のタタキ。

去年2回もつくったので、コツもつかめてきたよ。

 

牛モモ肉ブロックに、軽く塩コショウして30分放置。

その後、強火の直火で、表面の色が変わるくらい焼いたら、

氷水につける。

 

あとは、カットすれば完成〜♪

(詳しい作り方は、こちら→過去記事「酒池肉林、いい肉の日」

 

下には、薄くスライスして水にさらしておいた生タマネギ。

実家からもらったパプリカ、パセリを添えて。

カンタンなのに彩り良し♪

デザートに、久しぶりにゆるベジ焼き菓子もつくったよ。

色のコントラストがおもしろい、

黒と白のタルト、ブルーベリーソース添え♡

 

タタキ用のおろし生姜や醤油、

ブルーベリーソースは、空き瓶に入れて持って行きました。

あとは、ビール・スパークリングワイン・ロングソーセージも。

 

ママさんが用意してくださったのは、豚しゃぶ鍋!

うちは鍋ができないので(土鍋も卓上コンロも持ってない)

あったかいお料理を囲んでお酒が飲めるのはすっごくうれしい〜♡

他にも、唐揚げ、ピザ、チキンナゲット、生ハム&クリームチーズ、フライドポテトなどなど。

な、何品つくったの〜!

 

もう1人近所のママさん(旦那さん入院中)もおつまみいっぱい持って参加されて、

ママ3人、パパ1人、子ども5人で、総勢9人!

夜にこんな大勢での飲み会を開いてくださったママさんに感謝です。

 

夕方17時に集まって、料理をみんなで準備しつつ、

18時半スタート。

子どもたちには先にピザやポテトを食べさせておいて、

そのあとはゲームに夢中〜。

大人たちはゆっくり飲めました。

 

ウォーキング友のママさん夫婦は、

わたしが学生時代に住んでたアパートと、すごく近いところに当時住んでいて。

(M崎県K武町、学生の街)

 

学年は1つちがうけど、アパートは数百メートルしか離れてない距離だったと去年知って、

もう〜びっくり!!

 

おすすめの喫茶店といえば、すみキチだよね〜とか(笑)

M崎市内のアンの家もすきだった〜とか(笑)

なつかしい思い出話に花が咲きました。

 

もう一人のママさんは、

おばあちゃん家がわたしの実家と同じ町!

(おんせん県K住町)

 

田舎ならではの話題で盛り上がりました。

鶏のシメ方談義から始まり、

家にいろんな獣が来るよね〜イノシシとかシカとか出るよね〜

おばあちゃんがタヌキ汁つくってたよ〜とか(驚)

 

それにしても、すごい話題だったな…(笑)

 

子どもが小2という共通点だけで、

こんなに仲良くなれて、

まさか家飲み会までする仲になれるとは…。

うれしいし、びっくりしてます。

 

それにはやっぱり、口には出さないけど、

お互いマナーを守る気持ちがあるから。

職場の愚痴をダラダラ言わないとか、

旦那さんのご両親の悪口を言わないとか。

 

でも、かわいい毒なら酒の肴になるのよね(笑)

わたし、2人のママさんが、かわいく、嫌味っぽくなく、

さわやかな毒舌で最後に笑いをとれるところ、見習いたい!と真剣に思いました。

 

ひたすら飲みまくってて、気づいたら22時!

帰りはみんな徒歩5分以内で帰宅。

このありがたい環境に感謝。

 

きっと、子どもが男女関係なくいっしょに遊べる今だからこそ、

家飲み会もできるのかもね。

楽しい予感がする、新しい年の幕開け。

2017年は、お酒の開拓もするぞ!

 

 

「進撃の巨人」と「もしドラ」の共通点

何かを変えることができるのは、何かを捨てることができる者。

 

今年の冬は、とにかく進撃の巨人にハマっています。

きっかけは、年末の大掃除のときに観たDVD。

 

主人公の親友アルミンの名言、

「何かを変えることのできる人間がいるとすれば、

その人はきっと…大事なものを捨てることができる人だ」

 

「何も捨てることができない人は、何も変えることができないだろう」

 

このセリフを聞いたあと、数日間、何十回も脳内で反芻。

ぬるい現状につかっている今の自分を、鼓舞するのに十分な言葉でした。

 

あとね、このアニメのオープニング曲がかっこよすぎる。

この動画は歌詞のみだけど↓

「紅蓮の弓矢」(Linked Horizon)

 

当時のTV映像と合わせてみると、さらに胸が高鳴ります。

(ストーリーのネタバレになりそうなので、気になる人だけ検索してみてください)

 

讃美歌のようなコーラス、

スピード感あふれる映像、

とくに、若い兵士たちが一斉に宙に舞うところ。

 

10代の若者たちの情熱と衝動 、

今のわたしが忘れてたものだなあ…。

(アニメの世界なのに、影響受けすぎ?)

 

この曲を聞いてからというもの、

断捨離に拍車がかかっただけでなく、

仕事も、もっと全力で!120%で!と取り組むようになりました。

 

これまでもある程度は全力だったけど、

それは8時半〜15時までの時短勤務の間だけ、やりすごせばいい、みたいな、

どこか手を抜いていたところがあったわ。

 

事前準備も甘かったし、

日々の小さなスキルアップや情報収集を、

育児中で忙しいから、と諦めてたし、

プロフェッショナル意識に欠けてた。

 

でも、それって言葉には出さなくても、絶対相手にも伝わる。

昨日より今日、今日より明日、進化した自分でありたい。

 

アニメDVDを年末に観たあと、

勢いあまって新年早々カラオケに行き、主題歌の「紅蓮の弓矢」に挑戦。

事前に歌詞を調べずに行ったもんだから、

わたしも息子もほとんど歌えなかったけど…(笑)

でも、アニメバージョンを選ぶと歌詞が出ない(表示されない)ってことはわかった!

写真のロングバージョンだと、さらに、ドイツ語全然意味わからず読めず、発音さえできず(笑)

今年中にリベンジしたい。

 

カラオケのあとには、アニメ化された部分のつづきも知りたくて、

原作本を借り、イッキに読破。

(アニメ化されてるのは8巻途中まで。既刊は21巻で、まだ連載中)

 

こんなに続きが気になる作品は、はじめてかも。

殺人シーンがあるマンガは、以前はほとんど読まなかったのに。

 

マンガまで読んで、さらに考えるようになったことが、

自分は、何を捨てられるだろう、ということ。

 

自分にとって、自分の人生にとって、いちばん大事なものって何だろう、

今のこの暮らしをよくするために、

めざすゴールのために、

自分は何を捨てられるだろう、

ということ。

 

マンガの登場人物は、

「人類の繁栄のために、巨人を駆逐する」というひとつの目標に向かって、

他のものは、全部、捨てていく。

ときには潔く、ときにはためらいながら。

 

わたしは、時々自分の目標がブレる。

だから、まだまだムダなもの、いらなくなったものに執着しているところがあるって、

進撃の巨人のおかげで気づかされました。

マンガの影響ってすごいね…。

 

鹿児島に行くときに、このマンガは持っていかなかったけど、

道中に読んだこの本、「もしドラ」にも同じことが書いてあって、

シンクロに驚愕。

 

この作品も、言ってることは同じだった。

甲子園に行くために、野球部マネージャーが取り組んだイノベーション。

それは、これまでの常識を捨てて、新しい何かを始めることだった。

 

「巨人」と「もしドラ」、

どちらの作品も、共通点は同じ。

背中を押してくれる一文は、同じ。

 

何かを変えることができるのは、何かを捨てることができる者。

 

今のわたし、まだまだ捨てられるものがある。

2017年は、進撃の1年にします。

PERCH@鹿児島

鹿児島に行ったら、PERCH(パーチ)に泊まろう。

 

PERCHとは、とまり木のことです。

 

日常の慌ただしさから離れて、

ゆったりのんびり、時間を忘れてすごせる場所。

そんなエアビー&ビーが鹿児島市にあると知って、

お正月に行ってきました。

 

古いマンションの1室ですが、すばらしくリノベーションされていて、

部屋の中に1歩踏み入れたら、もう、空気が変わるほどの別世界。

とにかく、ひろい!

日当たりも良し!

artekのテーブルとスツールがあります。

床の無垢のナラ材が気持ちいい。

 

お正月休みのあいだは、あちこち出かけずに、

ここで自炊をしながら、ゆっくりすごすことに決めました。

 

アイランドキッチンにはスツール3脚。

これもまた美しいデザイン。

冷蔵庫はパナソニックで、パーシャル機能つき。

肉や魚を微凍結できるので長持ちします。

長期滞在も安心ね。

 

ガスコンロは3口。

シビレル、男前なコンロ。

しかもこの下には、ビルトインのガスオーブン(レンジ機能つき)もあります。

お料理し放題!

徒歩数分のところに、大きめのスーパーもあるしね。

 

お箸はなかったけど、カトラリーは6人分あります。

カイ・ボイスンで統一されてる。

そして、はじめて使ったグローバルのペティナイフ。

評判どおり、使いやすい〜。欲しい〜。

 

その他のキッチンツールも、オーナーさんのこだわりが満載。

このターナー、薄くて使いやすかった。

あ、工房アイザワの計量スプーンが♪

下段中央の取っ手は、クリステルの鍋用です。

 

そうそう、クリステルの鍋があるのです!

鍋なのに、ほれぼれするほど美しいデザイン…。

炊飯器は置いてないので、

3つある鍋のうち、いちばん小さいサイズでごはんを炊きました。

難しくないよ、お米と同量の水を入れて中火にかけて、沸騰したら弱火で12分。

 

弟家族との飲み会、ピザは冷凍のものをここのガスオーブンで焼きました。

食器も、白いプレート&マグカップが6人分あります。

 

キッチンシンクもシンプルで美しい。

食洗機はついてないけど、

ラ・バーゼの水切りカゴのおかげで、

洗い物もそんなに苦ではなかったです。

やっぱり、デザインの美しい道具って、使ってて楽しい!

 

寝室には、ベッドがふたつ。

ふっかふか♡

さらにマットレスの固さが絶妙で、ぐっすり眠れました。

 

洗面所にある、ランドリーコーナー。

この、洗濯機上のガス乾燥機が、もう、便利すぎて。

洗濯機で洗い終わったら、そのまま乾燥機に入れて、スイッチオン。

1時間ほどで、バスタオルも、大人のジーンズも、

ふんわり完全に乾きます。

 

もうこれで、雨が降ろうが、灰が降ろうが、怖くない!

そう、鹿児島市は桜島の影響で灰が降る日があるのです。

 

チェックアウトの日も洗濯&乾燥完了したので、

スーツケースに洗い物を詰めて帰らずにすみました。

(主婦は旅行から帰ってからが大変なのよ…)

 

あったかい部屋で、お茶を飲みながらの手帳ミーティング。

進撃の巨人DVDを観つつ、

今年の目標を考えたりして。

 

とにかく、部屋にいるだけで快適すぎて、

ひたすらゴロゴロしていました。

室内のアイテムを見るのも楽しいので、

キッチンツールマニアにはたまらない(笑)

あと、期間限定でミニマリスト気分を味わえます(笑)

 

 

日常の喧噪に疲れたら、

羽を休めて、ホッと一息。

そんなすごし方ができる場所。

 

鹿児島に行ったら、PERCHに泊まろう。

 

★PERCH

鹿児島市西千石町16-22 中央ハイツ

 

 

 

 

 

 

鹿児島旅行記 2017

お正月は、1年でいちばんラクしたかった。

 

今年のお正月は、

父が手術後で入院中だし、

実家も寒くて、母からは「無理して帰ってこなくていいよ」と言われていたので、

大分よりあったかい鹿児島に南下しました。

 

旅のお供は、進撃の巨人DVD。

 

新幹線のテーブルにセットして、イヤホン使用。


息子がDVD観てる横で、わたしは読書も。

「もしドラ」は、2009年発行のビジネス書。

(まさかこの本と、進撃の巨人に共通点があるなんて、

この時は思いもせずに読んでたんですが…。)

 

大分から鹿児島へは、特急と新幹線を乗り継いで3時間半。

巨人6話分見たら着くよ♪

 

鹿児島中央駅についたら、レストランでランチビュッフェ〜♪

以前マダレナさんに教えていただいた、

アミュプラザの「野の葡萄」さんで。

野菜をがっつりいただきます!

ふだん、自宅ではこんなに品数作れないもんね。

 

息子はチョコレートファウンテンに夢中。

卵&魚介類アレルギーがあっても、大丈夫。

彼は、白ごはん・唐揚げ・フルーツ・ぶどうジュースがあればゴキゲンなのです。

さらにこのチョコレートの噴水まで何往復もしてたけど…

まあ、ハレの日だし、いっか。

 

わたしも、大皿3ターンくらいのおかずをいただいたあと、

最後は白玉ぜんざいで〆。

 

さあ、満腹になったところで、宿に向かいます。

予約しておいたのは、天文館近くのエアビー&ビー。

すんっごく広くてきれいな部屋!!

内装だけでなく、家具や電化製品までこだわり抜かれた、マンションの一室。

ここに住みたい!!

(後日、詳しくupしますね〜)

 

徒歩数分のところにスーパーがあるので、食材買い出し。

ついつい、珍しい野菜を選んじゃう。

大分ではなかなか見かけない、

ロマネスコと紫色のカリフラワー。

 

夕食は、弟家族といっしょに、この部屋で鍋パーティーでした。

 

息子と甥っ子、争うようにフォークで同時に刺す、の図。

 

子どもたちが3人も集まれば、

かくれんぼや宝探しなどなど、

ひたすらいっしょに遊んでくれるので、大人たちはラクでした。

 

その間に、鳥刺し食べたり…

 

弟が幻の芋焼酎「八幡」を持ってきてくれたので、いっしょに味わったり。

芋焼酎のイメージが変わる〜。

まろやかでふわっと芋が香る、

とってもおいしい焼酎でした。

 

鹿児島に来たのは、息子と姪っ子甥っ子を会わせるためだったので、

とくに予定は何も入れず。

翌日は、近くの公園で子どもたちを放牧。

 

葉っぱと土さえあれば、延々と遊んでます。

 

葉っぱと土さえあれば…

オイオイ、息子よ、

いくら落ち葉がたくさんあるからって、欲張りすぎだろう。

 

この日の夜も、弟家族と飲み会。

ミネストローネをつくって、

あとは鶏の炭火焼・ピザ・ベーコン・アボカド・チーズなど。

思いっきり酒飲み用メニュー。

 

旅行中、とくにラクできてよかったのが、

この宿の衣類乾燥機。

旅に出ると、洗濯物がたくさんたまって、

家に帰ってからも荷ほどき〜大量の洗濯物〜に追われるのがいやだったのですが、

この部屋、ガス式の乾燥機がある!

 

チェックアウト前に2時間あれば、

洗濯できる&乾燥が完了するので、

すん〜ごくラクでした。

洗濯物干し作業からも解放されてたしね。

乾燥機、いいなあ…。

 

大分に帰る日は、息子のたっての希望で、

観覧車アミュランへ。

 

駅の上にあるから、逃げられないのよね…。

 

期間限定のポケモンゴンドラに乗りましたよ。

ピカチュウのぬいぐるみ&ポケモンボールといっしょに乗れます。

 

わたしは高所恐怖症なので、極力ボールのみ見てました。

子どもたちよ、揺らすでない。

頼むから、じっと座ってて〜!

 

そして、ゴンドラから見えた、桜島。

この日はとってもあたたかくて、おだやかな日でした。

 

お正月に鹿児島、今まででいちばんラクで、楽しかったかも。

炊事・洗濯・掃除に手抜きできたのが、何よりよかったです。

 

移動に時間はかかるけど、

寒い時期は、南に行くのがいいね。

 

また行きます!

 

 

 

いざ、鹿児島!

いざ、鹿児島!

 

目指せ、観覧車「アミュラン」!

 

の、ポケモンゴンドラ!

ピカチュウ、ゲットだぜ!

 

弟家族と飲み会〜。

はっ、今ふりかえってみると、これって新年会。

 

とってもおいしい芋焼酎をいただきました。

ふわりとひろがる、初体験のまろやかな香り。

 

息子と姪っ子&甥っ子。

子どもたちは地面と葉っぱさえあれば、

何時間も遊んでいられるんだとわかりました。

 

今回泊まったのは、自分史上、最高の宿。

ここに住みたい!

 

鹿児島は、何度行っても楽しい場所。

あったかい街で2017年のスタートをすごせて、

しあわせでした。

 

おいしいごはん、おいしいお酒、

そしてなにより、やさしい人々。

 

鹿児島、ありがとう!

しっかり充電できて、

今日から仕事はじめです。