July 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

勝間和代さんの「年収10倍アップ時間投資法」

「時間は、『管理』ではなく『投資』するものです!」

今週読んだ、勝間和代さんの本。

本文を読む前に、

帯に書かれていたこの一言がガツーンと心に響きました。

 

今、わたしは再就職して4年目。

途中で専業主婦時代もあったけど、キャリアとしては10年目で、

仕事の内容にも慣れてきたころです。

 

そして今年はPTA関係の仕事も少ないので、

過去2年間ほど忙しくもないです。

(おととしは広報部部長、去年は地区部員だったので、

1学期は土日を犠牲にして作業するほど忙しかった…)

 

でも、今年ラクになったからといって、

ここでダラダラすごしてたらいけないんだな〜。

 

平日は仕事・家事・育児でいっぱいいっぱい、

かといって土日2日間ともダラダラしていたら、いつまでも現状維持。

職場ではあっというまに、勉強熱心な独身新人に追い抜かれます。

 

子持ち時短勤務主婦と、残業も休日出勤もしてくれる新人、

もし今後リストラがあって、

実力も月給も同じだったら、

経営側はどっちを選び、どっちを切り捨てるかな?と考えたら、

子どもの都合で突然仕事を休むかもしれない、主婦のわたしですよね。

 

わたしは一家の大黒柱だから、切られるわけにはいかない。

自分が選ばれる側にならないといけません。

新人よりも、仕事の成果を上げねば。

つまり、時短でも生産性を高く保っておかねば。

 

だから余裕のできた今こそ、

将来の成果につながる「投資」時間を作らないとね。

 

勝間さんのこの本は、一発逆転本ではありません。

毎日少しずつ、コツコツ「カイゼン」を積み重ねていき、

今後10倍のごほうびが得られるためのノウハウが書かれている本です。

 

ごほうびの内容は、年収かもしれないし、

子どものすこやかな成長かもしれない。

自分自身が長く働けるための健康かもしれない。

 

勝間さんが本で強調されているポイント。

時間を作り出すには手帳が必須で、

わたしたちの時間の使い方について、

「消費」「浪費」「投資」「空費」の4つのマトリックスに分けて、

なるべく「投資」(緊急ではないけど重要)の時間をふやそう!

そのために、「浪費」「空費」を減らしていこう!

ということ。

 

投資といっても、お金で株を買うとかではありません。

道具・体力・変化・知識・手法の5つの面で、

あらゆる投資を惜しむな、ということです。

 

わたし、時短家電を取り入れたり、ウォーキングやストレッチをしたりと、

道具と体力については投資をしている方ですが、

変化・知識・手法(全部自分でやらずにプロに頼む)については、

調べることが苦手ということもあって、

これまで投資することを避けてきたな〜。

 

けれど、来年度は息子が小4になり、

学童保育がなくなる「小4の壁」を迎えます。

それでも今の収入をなるべく減らさずに働くには、

自分の時給が上がるように、

そして、労働時間を減らさずにすむように、

「投資」が必要なのよね。

 

毎日少しずつ、「カイゼン」を続けていこうと思います!

 

勝間さんのこの本、10年前に発行されているけど、

今でも古さを感じさせない。

このころからすでに「生産性」について発言されていたんだな〜。

 

【手帳術】フセンに投資する派。

わたしはフセンに投資する派!

あな吉手帳術で使っているフセンたち。

 

わたしの現在の手帳は、

見た目はまあ〜なんとも女子度の低い、

真っ黒で地味〜な物です↓

だいたい、この手帳本体が、

ちゃんとした手帳ではなく、

金属製の6穴リングに、

A5のプラスチック板+無印手帳をはさんで自作したもの。

 

リング部分をとにかく頑丈でゆるまないものにしたくて、

クラウゼのリングを使っています。

今、使い始めて4年目かな〜。

壊れない限り、この先何十年も使うつもりです。

 

手帳を停滞させないために、

いちばん投資しているところがフセンです。

とにかく、自分の「いちばんすき」を妥協せずに使う!

 

自分のスケジュール管理に使っているフセンは、

無地のポストイットシリーズ↓

無地のものって、ノイズがないから好き。

 

一方、人にわたす前提のフセンは、

カラフルでイラスト入りのもの。

夏向けに、涼しげな色合いも意識して↓

職場で、有休や早退のお願いのときに使っています(笑)

 

無地のフセンだとなんとなく事務的な感じがするけど、

なごみ系のネコイラストがあるだけで、

お願いも聞いてもらえそうな気がして。

 

今年夏休みを8月に5連休とれるように、

右下のフセンで課長にお願いしてみたけど、どうかな〜。

 

フセンではないけれど、

タックシールに貼って、

使い回しフセンで使っているのが、

カット済みマステの「KITTA」。

萌える色がそろってます♡

タックシールの幅に合わせて、

少しずつカットして使ってます。

 

とくに右側の「シマシマ」セットは、

すきな色の組み合わせばかり!

 

なんでかな〜と思ったら、

・キャラメル×ホワイト

・ブルー地に、赤とホワイトがポイント

・ピンク×グレー

・グリーン×ピンク

って、今着たい服の色と、リンクしてるから♪

見てるだけでワクワクする組み合わせ。

 

萌えるフセンたちを使うことで、

手帳を開きたくなる、

スケジュールがスムーズに動いてくれる、

つまり、自分の人生を動かせるのなら、安いもの。

 

さあ、フセンに投資しよう!

夏色フセンも待ってるよ♪

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ポストイットマルチカラー
価格:496円(税込、送料無料) (2017/6/20時点)

 

 

 

 

 

 

 

 

夏じたく その1、夏色ストール。

夏色ストール、作りました。

 

梅雨入りしたというのにちっとも雨は降らず、

日に日に日差しが強くなるばかり。

 

毎日の通勤は、

朝は東に向かって車を走らせ、

夕方は西に向かって帰っています。

 

つまり、運転中は常に紫外線を浴びているってこと〜!

しかも運転席なので、右側(窓側)頬・腕・首だけが日焼けするんです。

夏のイベントで1日だけ日焼け、というのはまあ仕方ないけど、

日頃の積み重ねで、頬や腕の右側だけどんどんシミが増えていくのは、避けたいなあ。

 

首だけでも紫外線防止するストールを作ろうと思ってて、

ダンボールにしまっておいた在庫布の中から、

涼しそうな布をひっぱりだしてきました。

 

CHECK&STRIPEさんオリジナルの布。

チェックとストライプのリネンガーゼ

色はラベンダー。

なんと、5年前に買っておいた布でした。

 

この布、おもしろいことに、

1つの布にチェックとストライプ両方が入ってるんです。

 

布の片方はチェックなのに↓

 

もう一方はストライプ↓

 

巻くとこんな感じに、両方の柄が楽しめます↓

 

もともとストール用にカットされている布なので、

裁断の手間がなくてよかったです。

幅55cm、長さ180cm。

 

布の上下の横糸をぬいて、

縦糸を少しずつまとめてフリンジにしました。

これはテレビを見ながらでもできる作業で、地味に楽しい〜♪

切りっぱなしになっている縦の布端を、三つ折り縫いにしたらできあがり〜。

 

今回はミシンも使わずに手縫いでちくちく縫って、

横糸を抜くところから始めても所要時間は2時間くらい。

かんたんソーイング。

ガーゼ素材なので、多少縫い目がゆがんでも大丈夫。

もともと布自体もやわらかくて、糸がゆがみやすいのでね。

 

わたしのパーソナルカラーは、

オータムウィンター

と以前診断していただいたけど、

夏にはこんなきれいな色も身につけたくなります。

温度低めに見える、涼しげな色。

トップスが白でも、黒でも、意外に合わせやすい色。

 

今年のファッションには、

「似合う」だけでなく、

「すき」も取り入れたくって挑戦!

ま、車の中で巻いてるのが主だし、いいよね。

 

なついろストール、いっちょあがり!

 

ストールはすべらないハンガーでおなじみの、

mawaハンガーにかけています。

ストールだけじゃなくパンツもかけられて便利だよ。

 

 

イイダ傘店 初夏の傘展@別府

「いちばんすき」を手に入れた。

 

あこがれのイイダ傘店さんの展示会に行ってきました。

場所は、別府市の雑貨屋「SPICA」さん。

 

お店のinstagramで展示会のことを知り、

写真に写っている、とある傘を見て、

ズキューンとひとめぼれ。

(SPICAさんのinstaから画像お借りしています)

 

行きたいな、

ひとめでいいから、

イイダ傘店さんの傘、現物を見てみたいな、

と思っていました。

 

実はわたしの傘、2年前に玄関の外で干していたら、

なくなってしまったんです。

風に飛ばされたのか、

誰かが持って行ってしまったのか…。

 

大きな花柄の傘で、20代のときにひとめぼれして買ったもの。

すきすぎて、10年以上大事に使っていました。

3回くらい骨が折れて、そのたびに修理に出して使い続けた、

思い入れのある傘だったのにな〜。

 

それ以来、すきな柄の傘に出会えず、

もう1本持っていた折りたたみ傘や、

息子が幼稚園のとき使っていた小さい傘を、

その場しのぎに使っていました。

 

でも、わたしの身長は169cmと高いので、

折りたたみや幼児用の傘だと、

雨の日に足もとがかなり濡れるのよね…。

大きめの傘、やっぱり必要だ!

 

そんな中で出会ってしまった、イイダ傘店さん。

名前は聞いたことがあったけど、

まさかまさか、地元・大分県で見られるなんて。

今日、仕事帰りに車をとばして、別府まで行ってきました。

 

展示会は先週6/3(土)から始まってるし、

すきな柄の傘が残っているとは限らない。

でも、どうしてもあきらめきれなくって。

 

お店に着いたら、

あれ、instaで見た展示風景と、ちょっとちがう…。

もしかしたら、気になってた傘はもう売れちゃったかな…。

 

それでもせっかく来たので、

お店に入って、傘たちを見せていただきました。

 

どれも、透き通った色で、見たことのない柄ばかり。

見ているだけで、ドキドキ、胸が高鳴るほど。

日傘と雨傘がそれぞれ別のテーブルに並べられていて、

傘の持ち手も、カーブしたもの、まっすぐなもの、数種類あります。

 

お店の方にきいたら、イイダ傘店さんは、

傘の柄にいちばん合うタイプの持ち手を組み合わせて、

傘を作っているそうです。

 

そして、雨傘の展示スペースに行ったところ…

わたしが気になっていた傘が、

あ、あ、ありましたー!!

 

傘はほとんど(全部?)1点ずつの販売だと思うので、

もう、もう、残っているのが奇跡!

あ、もしかしてわたしの好みが、

他の人とかぶってないのかも?

 

きれいにたたまれていた傘を、

念のため開いて全体の模様も見て、

鏡の前でも合わせてみて、決心。

迷わずに「いちばんすき」な傘を選びました。

 

傘を選ぶときのポイントは、

・すきな柄かどうか

も大事だけど、

 

・自分に合ったサイズ

・ワンタッチ自動オープンではない(手動がすき)

・パーソナルカラーかどうか(顔色がよく見える)

もチェックします。

 

今日出会った傘は、もう、理想的な物でした。

大事に大事に持って帰りました。

こんなかわいい包装紙に包んでもらえるの。

うわあ…うれしい…!

 

手帳には、記念にイイダ傘店さんのフライヤーを貼りましたよ。

 

九州は今週梅雨入りしました。

これから、雨の日が楽しみです。

 

★イイダ傘店 初夏の傘展

2017年6月3日(土)〜6月27日(火)10:00〜17:00

SPICA:大分県別府市立田町1−34(水・木は店休日)

 

※SPICAさんの駐車場は、お店の向かいに数台分あります。

ファミリーマート別府末広町店の近くです。

メルカリで見えた、わたしの深層心理。

メルカリの売上げ、9万円になりました!

 

育児グッズの大物が売れたので、ホッとしています。

ホーロー製のチャンバーポット。

この他にも、ベビーバスもメルカリで手放しました。

 

結婚したてのころ、

子どもは3人欲しいと思っていました。

自分が3人きょうだいで育って、

思い出もたくさんでとても楽しかったし、

今も弟や妹と仲良くやっているから。

 

もし今後も子どもを授かったら…と思って、

育児グッズをなかなか手放せなかったんだけど、

離婚して、再婚の予定も、願望もないしな〜。

わたしの子どもはどうがんばっても、

息子ひとりになりそうです。

 

メルカリがあってよかったわ。

必要な人のところに、送り出すことができたから。

 

どうがんばっても手に入らない未来を、

あきらめることができたから。

 

メルカリで見えた、わたしの深層心理。

 

つい最近まで、

「子どもは多いほどしあわせ」って思ってた。

子だくさんの人が、とてもうらやましかった。

 

子どもが欲しいのに、

強く願っていても叶わない現実に、

向き合う勇気がなかった。

 

実際は、息子ひとりにさえ、

ちゃんと向き合おうとしてなかったのにね。

 

たとえ子どもがひとりでも、

しあわせだということに気づかずに。

 

息子は、

「かーちゃん、かーちゃん」って、

毎日わたしを見ていてくれたのにね。

 

メルカリで物が減ってきた分、

見えるものが増えたように感じる、

今日このごろです。

<<back|<123456>|next>>
pagetop