January 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

メルカリ、3ヵ月間の売上げ公開!

2月にメルカリに出品を始めて、はや3ヵ月。

売上げ合計を公開します!

じゃーん!

 

な、な、なんと、

8万円近くになりました…!!

 

不要品を手放すために始めたメルカリ。

ひとつひとつ写真を何点か撮って〜アップして〜

商品説明書いて〜

と、裏ではとても地味な作業をしているんです。

 

でも、それらの作業がわたしには苦にならず、

とっても楽しかったので、続けてこれました(^^)

 

まだまだ使える物たちを、

袋にひとまとめに入れてゴミに出すことに抵抗があったので、

もしかしたら、どなたかが使って下さるかも?と思ったら、

アップするのが面白くて。

 

それがまさか、こんな大きな金額になるなんて思ってなくて、

ビックリ!

やってみるもんですね〜。

 

売れた商品について、ふりかえってみました↓

 

出品すると24時間以内に売れるほど人気なのが、

マタニティグッズや、育児グッズ。

 

捨てるはずだったけど、

状態がとてもきれいだったので出品してみた、

昔ながらのおんぶひも↓

売れました!

 

この商品は、

メルカリ販売手数料¥148(販売価格の10%)

メルカリ便送料¥600

を引いて、利益は¥732 でした。

 

もちろん発送前には、

洗濯して干して、スチームアイロンかけてシワのばして、

ホコリをコロコロテープで取って、

OPP袋に入れて梱包しています。

 

受け取った購入者さんからは、

「とてもきれいなお品でした!」と喜ばれました。

 

うんうん、やっぱり、売る方としても、

相手に喜んでほしいもんね〜。

 

 

未使用のハンドメイド資材も、よく売れます。

編み物にチャレンジしようとして購入した、

カラフルな毛糸。

結局、3年ほど使わずにしまいこんでいました。

購入価格の半額ほどで出品したら、

売れました!

 

¥6000で購入したものを¥3000で売ったら赤字だし、

自分の手元には何も残らないけど、

家に置いておくほうがもったいないもんね。

「わたしには編み物は無理だった!」

とわかっただけでも収穫です。

 

 

自然療法系の本も、人気です。

本は、梱包もラクだし、

ネコポス(¥195)で送れるのでありがたいです。

 

でも、出品する人も多いので、

大半は¥300〜¥500でやっと売れる状態です。

 

それでも、本を古紙リサイクルに出すことに抵抗があるので、

出品し続けますけどね。

 

 

出品に関しては、メルカリ攻略本とかを読んだわけじゃないけど、

売上げを増やしていくポイントは、

なんとなくわかってきました。

 

値段設定

同じ物が出品されていたら、価格を下げる。

出品されていなかったら、価格を上げてみる。

 

なかなか買い手がつかない時は、

じわじわ値段を下げてみる。

 

「いいね!」がついた商品は、

「もっと値段が下がったら買う」だと思っています(笑)

だから、ニーズ自体はあるということ。

 

出品のタイミング

商品は週末にアップしたほうが売れる気がします。

買いたい人が土日にじっくり検索するからかな〜。

あと、メルカリ事務局がポイントやクーポンを配布する時も、

買う人が増えるので出品のチャンス。

 

ニーズのある物だけ出品する

この商品、お金を出してまで欲しい人がいるかな?

と第3者の目線でチェック。

着古した洋服・汚れがひどい本・欠けた食器・動作確認していない家電などは、

買う方も不安になります。

使えないと思った物は、出品せずに捨てます。

 

悪い評価がつかないようにする

写真や商品説明で、やたらと盛らない。

商品を受け取った購入者さんを、がっかりさせない。

悪い評価につながります。

 

同じ商品が同じ値段で出品されていたら、

出品者の評価で判断されると思っています。

悪い評価がたくさんついている人から買うかな?

わたしだったら、いい評価がついている人から買いたいな。

 

買わない

メルカリには一見お得な商品がた〜くさん出品されています。

でも、物を手放すのにこんなに苦労してるんだから、

カンタンには買わないことにしています。

 

売上げが増えても、買わない。

欲しいものがあったら、一晩考えます。

70品売ったけど、わたしがメルカリで購入したものは、たったひとつ。

本屋さんでは入手困難だった雑誌のバックナンバーだけです。

 

 

さて、メルカリ出品強化期間も、一旦終了。

場所をとるものや、

もう使わない育児関係のものを出品し終えたので、

ホッとしています。

 

あと残っているのは、ソーイング用の布たち。

まだダンボール10箱分くらいあるのよね〜。

でも、こんなに縫う時間も情熱も、今のわたしにはない。

 

これは、1年くらいかけて、

季節に合わせて、ぼちぼち出品していこうと思います。

家庭訪問 2017

今年もやりました。

一年でいちばん家がきれいな日!

 

今週、小学校の家庭訪問でした。

そう、毎年この日が、

一年でいちばん家がきれいな日(笑)

 

2月から不要品をコツコツとメルカリで売り、

3月は教科書や書類などの紙モノを処分。

4月に入ってからは本類もどんどん手放していきました。

 

家庭訪問当日も、

先生がいらっしゃる4時間前から片づけ&準備開始。

 

やることが多すぎてパニックになりそうだったので、

まずはフセンを書いて、手帳に貼るところから始めました。

 

・4時間前

チェック先生にお出しするお茶とお菓子の準備

桜野園さんの緑茶と、お菓子屋さんのブラマンジェ←息子も食べられる)

 

・3時間前 

チェック息子の棚を片づける

チェック洗濯物の室内干しを2階に移動する

 

・2時間前

チェック玄関を掃除する

チェック不要品をひたすら2階に運ぶ(汗)

チェック休憩&お昼ごはん

 

・1時間前

チェック全部屋に掃除機かける

チェック洗面所&トイレ掃除

チェック息子帰宅。散らかさないように見張っておく(笑)

(雨の日だったから、濡れた靴下でペタペタ歩く…。あわててそのあとを拭きまくる)

 

・30分前

チェックお茶用のお湯をわかす

お茶はあっつあつでお出ししたい。

この日は雨で、少し肌寒かったし。

チェックブラマンジェを、お皿にうつして冷蔵庫で冷やしておく

 

ギリギリでようやく間に合った〜!

 

あ〜…Beforeの写真を撮っておけばよかったな(笑)

とてもお見せできる状態ではありませんでしたが。

テーブルにも、ソファにも、床にも、

物が積み上げられてたからね(汗)

 

先生をご案内したのは、このリビング。

お茶とお菓子をお出しして、

先生・わたし・息子で食べながら30分ほどお話〜。

 

先生、お茶を一口飲まれたあと、

「あ、お茶がおいしい」と♡

うれしいな。

わたし、桜野園さんのお茶の中でも、

「蒼」がいちばんすきなので。

 

毎年担任の先生からきかれることは、

「お子さんはどこで勉強していますか?」

です。

 

先生がたは、子どもが家庭で勉強できる環境が整ってるか、

ちゃんとチェックしています。

 

いくら学校で勉強を教えても、

家で宿題できるスペースがなかったり、

教科書を整頓できる場所がなかったりじゃ、

授業の効果半減だもんね。

 

うちの息子はまだ学習机はなく、

リビングのテーブルで宿題をしています。

そして、テーブルの後ろに、教科書や本を入れる棚を置いています。

ここも、片づける前は物があふれてました。

白いボックスの中はおもちゃ類で、

とりあえずフタをしてみる(笑)

 

今年は息子も3年生だし、そろそろ机を検討しようかな。

 

 

(わたしが小学生のころは、学習机はあったけど、

いつも茶の間のコタツで、

背後では弟や妹が暴れてる状況で宿題してました。

机のある部屋(座敷)が、夜は暗いし冬は寒くてね〜。

机で宿題するようになったのは、中学生くらいだな)

 

 

ということで、

家庭訪問は、一年でいちばん緊張する日。

先生もきちんとした格好で来られるし、

こちらもそのつもりでおもてなしせねばな、と。

 

幼稚園2年+小学校3年=家庭訪問5年目にして、

ようやくそのことを悟ったのでした。

 

今だけ、ミニマリスト風の部屋になってます〜。

 

その一方で、

2階の和室は不要品を集めたので、

こんな有様でした。

ごっちゃごちゃ。

さ…さあ、メルカリ出品のつづきをやろうかね。

 

今年の家庭訪問は、こんな感じでした。

これからの方、がんばってくださーい!

メルカリ出品で気をつけていること

メルカリ出品するときに、気をつけている3つのこと。

 

1、商品の梱包は、防水仕様に。

わたしが出品している物は、

主に本・布・衣類・食器ですが、

発送の際には防水も考えた梱包にしています。

 

とはいっても、商品をそのまま入れずに、

プチプチシートやビニール袋(もしくはOPPフィルム)で包むくらい。

家にあまっているもので十分です。

 

とくに本は、ネコポスで送ることが多いので、必ずビニルの袋に入れています。

ポストの中で、中味が雨で濡れてたりすると、

購入して下さった方が悲しむでしょう。

 

二重にも三重にも包む過剰包装は必要ないけど、

せめて、中まで水がしみたりしないように。

 

(あ、食器類はしっかりプチプチで何重にも包みますけどね。)

 

 

2、値下げ交渉には、応じない。

メルカリを始めたころは仕組みがよくわからず、

また、物をなるべく早く手放したいこともあって、

値下げ交渉に応じていました。

 

ちょっといいスニーカーを10000円で出品していたら、

結局8000円にまで値下げ交渉されて、

場所をとる大きめの物だったこともあり、

つい応じてしまいました。

 

これがまちがいだった!

 

購入してもらえたけど、

あとから考えたら、2000円も値切られたんだ、とモヤモヤ…。

 

最近も、やたら値下げ交渉コメントがつづきました。

購入希望者からのコメント↓

この方は、布2品を同時購入してくれようとしてたんだけど、

合計金額から1500円以上の値下げ希望。

 

さすがにそれは理不尽すぎるわ…と思い、

送料分(ネコポス200円くらい)だけ値引きすることに↓

 

すると、値引き率が悪いから割に合わないと思われたのか、

2品のうち1品だけを購入されるとのこと。

 

それでもまだ(なぜか)値引き交渉がつづきます↓

 

こう言われたとき、わたしの返事は決まっています↓

こうコメントをお返しすると、

本気で購入したい方だけが残ります。

 

商品へのこういうコメントのやりとり、

他の方も見てますからね〜。

 

過去の商品でも、値下げ交渉に応じてしまったコメントは、

今からでも削除しておいた方がイイです。

残っていると、「この出品者は値下げしてもらえる」と思われるので。

わたしも今日やっとそのことに気づいて、全削除しました。

 

これまでは、複数同時購入して下さった方や、

場所をとる大きなもの(靴とか家電とか)を早く売りたい時には、

値引き交渉に応じていましたが、

これからは一切お断りすることに決めました。

 

もし、出品時の値段でなかなか売れないときは、

随時、自分で値段を調整できるしね。

それがメルカリのいいところ。

 

 

3、出品者と購入者だけじゃない。

商品を購入していただいて、発送する前に。

メルカリは、出品者と購入者だけで成り立っているんじゃないことを、意識する。

 

画面の向こう側で、ポチッと「購入する」ボタンを押して、

商品が届くのを待っている購入者さん。

 

そして、商品を梱包して、発送する出品者(わたし)。

 

その間に、色んな人が関わっています。

 

商品の発送手続きをして下さる、コンビニ店員さん。

荷物を回収して、届けてくださる、宅急便業者さん。

相手先が不在だったときには、もちろん再配達も…。

 

荷物を発送する前に、わたしが気をつけていること。

それは、購入者さんに、発送方法をおしらせすることと、

配達希望日時を事前にお聞きすることです。

「お受け取り日時のご希望がございましたら、おしらせください。」

この1行を入れましょう!

 

購入者さんからのお返事↓

「日中は仕事があるため一番遅い時間帯」ご希望でした。

 

ほら、ここで聞いておかないと、

宅急便業者さんが不在時にお伺いするかもしれないじゃないですか!

それを防ぐには、事前に時間指定のご希望を聞いて、

発送するこちら側が気をつけましょう。

 

発送した後も、伝票を確認して、

購入者さんにお届け予定日時をメッセージでおしらせしています。

しつこいですかね。

でも、不在時に業者さんが荷物を運ぶ様子、

想像しただけでつらくなる。

 

わたしはメルカリで購入することはほとんどないけれど、

Amazonや楽天で注文したときは、必ず受け取れる日を指定したり、

それほど大きくない物なら、店頭受け取りも利用しています。

 

その他に、宅急便業者さん以外でも、

以前トラブル時には、メルカリ事務局の方がすぐに対応してくださったので、

メルカリルールの中だからこそ、安全に売買ができていることも忘れずに。

 

出品者と、購入者だけで成り立っているわけではないからね。

 

 

まだまだハマっているメルカリ、

4月いっぱいくらいまでは(家庭訪問までには片づけたいので・笑)

がんばって出品を続けます!

 

メルカリからの学び

3月も、せっせとメルカリ出品してました。

 

出品側としては、ゴールをどこに設定するかで、

値段のつけ方・売り方が変わってきますね。

 

たとえばわたしのように、

とにかく、早く物を減らしたい人

→早く買ってもらえるように、安い値段をつける

メリット:早いペースで物が減る

デメリット:利益は少なめ

 

少しでも多く利益を出したい人

→多少高くても、自分の納得いく値段をつける

メリット:買ってくれる人がいれば、1点の利益が大きい

デメリット:なかなか買い手が現れないと、物が減らない

 

わたしは100%前者でいけるほど、

割り切れてるわけではないので…。

思い入れのあるアイテムには、極端な安値はつけられないです。

だから、値段つけるのに時間がかかっちゃうんだよな〜。

 

それでも、2月から始めたメルカリ出品、

3月末までの利益は↓

 

30点で約35,000円でした!

 

割と高値で買ってもらえたのが、北欧食器類。

 

大事に使ってきたものだけど、

ここ数年で自分の好みが変わってしまったので、手放すことに。

器が好きな方に、また使っていただけたらうれしいな。

 

出品するには、値段設定も大事だけど、

出品するタイミングも大事。

 

季節やイベントを、すこ〜しだけ先どりして出品するんです。

たとえば3月の今なら、新年度・新学期に使うアイテムや、

入学準備に必要なグッズなど。

 

ハギレとして残っていた布は、

ハンドメイド資材として出品しました。

この布↑は、出品後びっくりするくらいすぐに売れました。

 

子どもさん用グッズに使うものなら、

作る側(親)目線で見ると、

春休みの今、いちばん必要だもんね。

 

手帳には「メルカリ」専用ページをつくって、

出品スケジュールを考えています。

あとは、送料の表を入れたりね。

 

そうやって色々工夫して出品していると、

売れた時がすっごくうれしい!のです♪

 

ただ、いいことばかりではなく、

反省点もありました。

 

たとえば、出品した布のひとつ。

ディスプレイでは光の加減で明るめの色に見えていて、

購入者さんの元に届いたらイメージとちがったらしく、

商品を見てがっかりされました。

写真は加工しすぎちゃダメだ!と痛感しました。

 

他にも、洗濯済みできれいに保管しておいた子ども服。

発送直前になって、濃いシミが見つかって大慌て。

シミ抜きクリーニングに出しても完全には落ちなかった…。

購入者さんが優しい方で、

「中古品前提で購入してるのでOKですよ」と言ってくださったけど、

申し訳ないことをしました。

 

こういう時のクリーニング代は、もちろんこちら持ち。

長い目で見て、勉強代と思うことにしています。

 

いや〜、メルカリ、出品していると色々と学びがあります!

これって、ふだんの生活にも言えることだなあ、と。

 

自分が何を大事にしているか。

高値で売れても、商品のその後が気になってしまう。

ちゃんと使ってもらえてるといいな、と思ってしまう。

物が死蔵されるのがイヤなんだな。

 

自分も、購入者さんも、

Win-Winになれるような価格を模索中。

 

あ、週末夜に出品すると、

いちばん売れやすいってこともわかりましたよ。

今夜も懲りずに、メルカリに出品予定です♪

 

 

本当にすきなものを、少しだけ。

40代からは、本当にすきなものを、少しだけ。

スキマ時間を見つけては、不要品を手放す作業をつづけています。

 

今月中にメルカリ出品作業を終えたいので、

不要品を見つけたら一カ所に集めて(和室の窓際)、

休日昼間の自然光で撮影→夜に出品、という作業のくり返し。

 

まだまだこんなにあるのよ〜↓

 

そんな中で、ずっと手つかずにいた、ハンドメイド材料にも着手。

布も、糸も、ボタンたちも。

この数年間使わなかった物は、今後も使うことはないでしょう。

苦労して集めた物もあるけど、年度末の勢いづいている今のうちに、どんどん出品。

 

そういえば、以前はアクセサリーも作ろうとしてたんだった。

小さな引き出しの中身を、数年ぶりに全部出してみたら、

キラキラしたかわいいパーツが出てきました。

はぁ…。思わず、片づける手を止めて、しばし見とれてしまいます。

 

でも、今年は30代最後の年。

40代に向けて、自分の本当にすきなものを選ぶって決めたんだ。

 

10年前までは若さの勢いで似合ってたイミテーションも、

今の自分にはどこか物足りなくて。

 

金古美のチェーン、20代のころはすきだったなあ。

けれど今は、身につけると肌がくすんで見えてしまう(汗)

 

かといって輝きがあればいいわけではなく、

金メッキのパーツは、やたらギラギラ目立って見えてしまう。

うう、難しいね。

 

上の写真に写っているアクセサリーたちは、

ブローチ数点を残して(機関車と月モチーフの物ね)、あとは手放す予定です。

小鳥の形のガラスビーズや、キャンディみたいなビーズも、

何か作ろ〜と思ってて10年以上手元にあったけど、結局形にはできなかったな。

 

手放して数が少なくなったからといって、

物足りなくなるわけじゃない。

少数精鋭の、お気に入りの物といっしょに暮らすだけ。

 

これからは、本当にすきなものを、少しだけ。

手元に残ったすきなものたちが、似合う自分でありたいです。

<<back|<123456>|next>>
pagetop