アラフォーのシングルマザーが「いま、ここ」と「これから」を楽しみながら綴るブログ。
あな吉手帳術 + ゆる家事 + 卵&魚アレルギーっ子育児。
すきなものいろいろつめこみました。
オリジナルレシピ「にじいろスイーツ」はnoteで販売中。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

週末農業人、初収穫!
今年はじめての収穫!



去年の11月に植えた、スーパーのネギの根っこ!



あれが、こんな立派なネギに育ちました〜。

ぴかぴか、ぱりっとしてきれい♡


お天気がよかった日曜日。
月齢は7。
よっしゃ、タネ蒔きのチャンス!
半年ぶりに家庭菜園のお手入れしましたよ。


草むしりのあと、
クワでがっつり土を耕して〜
ネギの収穫に、
春夏野菜のタネ蒔き。

去年はミニトマトとバジルだけたくさん採れたので、
今シーズンは苦手な青菜系にもチャレンジです。


この日採れたてのネギは、
実家から「入学のお祝いに」と地鶏をもらっていたので、
(実家で放し飼いで育てたニワトリね)
いっしょに煮て鶏すき風?にしていただきました。



息子は土遊びののち、
ひとしきりトカゲと戯れておりましたが。


そうそう、息子よ。
ネギの根っこは、トカゲのしっぽとおんなじなんだよ。
切れても、またそこから生えてくるのさ。


週末農業人、今年もスタートです。
 
週末農業人、リアルトトロ。
来週が家庭訪問なので、
あわてて玄関まわりの草むしり。

そこで見つけたもの↓



えーっ!
ドングリから芽が出てるじゃん!

去年、息子が幼稚園からポケットいっぱいつめて帰ったドングリたち。
あまりにもたくさんなので、
玄関脇の土に置いてたのです。

そのまま存在を忘れ。
(わたしたち、リス並みの記憶力?)

まわりには雑草が繁って隠されていたのですが、
半年ぶりに見てみたら…!


しかも、芽が出てるのは1本2本どころじゃないぞ。
半分以上のドングリが発芽しています。


あ〜…
あのおまじないが効いたんだな。

先日、野菜のタネをまいたときに、
息子がやってたトトロのあれ

しゃがんで〜


パッ!

芽が出るように、おまじない♪
効果ばつぐん!!


今はこの小さな苗、
数十年後にはきっと大きな木になるね。

幼稚園時代、
真夏の太陽の下でも子どもたちが遊べたのは、
すずしい木陰をつくってくれたあの木々のおかげ。


息子、「せかいいちおおきなきになりますように」
と次の呪文をとなえていました。


今のわたしたちの生活。
まるで、リアルトトロの世界です♪
ジブリアニメでやってた、アレ。
この日家庭菜園にまいたタネは、
カボチャ・ビーツ・青じそ。



息子、まいたタネの前で、
なにやら念をこめています。

晴れてポカポカいいお天気だというのに、
傘をさしてしゃがんで〜


パッ!


この動作を、数回リピート。

どうやら、
トトロのおまじないをやってるらしい。
(サツキとメイがどんぐり埋めたあとにやってた、アレ)

最近ジブリアニメにハマってるので、
現実社会でも再現しようとします。

うん、ちゃんと芽がでてくれるといいねえ。


この1週間は三寒四温だったのか、
寒い日とあったかい日が交互にきて、
体調がいまひとつでした。

は〜、でもこうやっておひさまの下、
緑にふれることで元気回復!



草むらにしゃがんで見ていたら、
お、テントウムシ。



お、四つ葉のクローバー。
 



春だねえ〜♪
週末農業人、春を待ちわびて。
クローバーが凍る朝。



今日の大分県は、
最低気温が氷点下でした。

日がのぼる前に庭に出てみると、
骨の髄までしみるような寒さ。


家庭菜園には、
秋冬に何もタネをまかずにきたので、
残ってるのは夏野菜の残骸。


去年の夏、
たった5粒のタネから芽をのばし、
200個以上もの実を与えてくれた、ミニトマト。

さすがに夏の野菜なので枯れてしまい、
残っている実も寒さで落ちてしまいます。


となりに植えたバジルも、
11月の霜が降りるころに全部枯れてしまったな…。
1年ごとにタネ蒔きが必要ですね。


そんな中で今でも元気なのが、
スーパーで買ってきたネギの、根っこだけ植えたもの↓

ぐんぐん伸びて、
みんな、まっすぐピーン!
まるで、「ハーイ!」って手をあげてるみたい。


この季節は、夜が明けるだけでうれしい。


太陽にじんわりあたためられるから。


あたりが明るくなると、
さっきまで凍りついていたクローバーは、
両手を大きく広げるようにして、
おひさまのほうを向いていました。


ああ、春が恋しいねえ。

週末農業人、
今年は何のタネを蒔こうかな。
週末農業人、次のシーズンは…。
さて、この秋冬は何を植えよう。


週末のみの家庭菜園。
秋冬は何を植えようか、迷っております。

春〜夏は気温も高くて、
野菜たちも発芽しやすく、
どんどん枝も伸びて、
次々に実がなって楽しかった!

たとえば、夏〜初秋におもしろいほどたくさん採れたミニトマト。


せっせと冷凍して、
夏のスープに使うことが多かったです。

最近では、ミキティさんレシピの、
5分で完成!トマト1個で簡単スープに♪
本来は普通サイズのトマト1個使用ですが、
ミニトマト5個でもいけた♪

(スープはマグカップに入れて飲むのがすきです)


あと、そのミニトマトの隣に植えてたバジルは、


ベルちゃんレシピの、ガパオに!(「めくって決める!今日の野菜ごはん」より)

この夏、何度作っただろ〜。


ミニトマトもバジルも、寒さに弱いので、
もう今月で終わりそうです。

これから先、秋冬野菜を本気で作るんなら、
もうタネまき→定植まですませておかないと、
この時期、間にあわないんだけど…。

最近、そこまで手がまわらなくて。

あると便利な野菜優先で。
スーパーで買ってきたネギを、
根元だけ残して水につけておいて…



根が伸びたところで、
土に植えときました!
定植、完了!


ひとまず、今はこのネギ1種類だけでいきまーす。
 
週末農業人、タネを継ぐもの。
本日の収穫。

ミニトマト、18個。



バジル、30枚。




ひっさびさに、家庭菜園のお手入れをしました。

もう、「週末農業人」じゃなくて、
「月末農業人」でもいいくらい、
久々…(汗)


今年の夏野菜は、
トマトとバジルのみが順調に成長。

途中でカボチャも(ハロウィン合わせで植えて)
立派な実がなったのですが、

草刈りに来てくれた父が、草刈り機で茎をバッサリ根元から切ってしまい、
収穫できたのは結局この1個だけ。残念。

父よ、この道のプロのはずなのに(農業歴40年)、
なぜそんな初歩的なミスをする(涙)

甘くっておいしいかぼちゃだったのにな〜。

また来年タネ蒔きからチャレンジ!
今度は草刈りは父にはまかせておけん。
わたしが自分でやる!(笑)


今日のお手入れでは、
トマトの枝の剪定をしました。

まだ青い実がたくさんついてるんだけど、

台風の影響をうけて、
枝がずいぶん倒れてしまったり、
病気や虫食いにやられていたり。

枯れた枝や、
黄色く変色している葉っぱを切りました。

そして、雑草が伸び放題で土も見えなかったところを、
集中的に草むしり、2時間。

は〜、スッキリ!(写真の上1/3は、残ったミニトマト)
これで、ようやくリセットできました。
またここに、新たにタネを蒔こうと思います。


わたしが草むしりした後は、
息子がせっせとミニ鍬で耕してくれました。
うんうん、これも彼にとっては遊びの一環。

そのあと、畑の隅でしゃがみこんで、
「わあ、かわいい〜♡」と言ってるので見てみたら…
素手でトカゲを捕まえてた。

うんうん、今年の夏は、よくトカゲ捕まえたもんね(かーちゃんが)。
さんざん見せられたから、
もう、キミも怖くないよね。

わたしが小・中学生のころ、
実家の農作業を手伝わされるのがいやだった(遊びも宿題も後回しだし、汚れるし)。
なのになぜか今、休日には子どもと畑仕事をしているという、不思議。
やっぱりわたしは、土とともに暮らすのが好きなんだな。


さて、夏のあいだに採りきれなかった野菜は、
熟れてそのまま地面に落ち。

知らぬ間に、そこから新たに芽を伸ばしています。


春に蒔いた、たった数粒のタネが、
ぐんぐん枝を伸ばし、
たくさんの実を結び、
そしてまた、次のタネを生む。

固定種なので、
また同じ実ができるはず。

霜が降りるまでのわずかな時間だけど、
次世代に継がれた、このタネの成長、
見守っていこうと思います。


 
週末農業人 2014梅雨明け
ようやく、梅雨明けです。


梅雨のあいだは、
空からの恵みの雨で、
野菜たちがぐんぐん大きくなりました。

いちばん成長がめざましいミニトマトは、
背丈ほどの高さに。

もう向こう側が見えないヨ…。

たった4〜5粒蒔いたタネが、
こんなに茂るとは。

1週間前に、
青い実がついてるな〜と思ってたら、


一気に赤くなり。

すずなりの実で、どの枝もたわんでいます。

雑草に埋もれていたので、
今日は朝イチで草むしり。

そして、お楽しみの収穫。
ミニトマトは今日だけでこんなに!

大きい!

皮がパリッとしていて、みずみずしい!



そのミニトマトの横に植えている、
スイートバジルも、
1回に30枚ほど採れます。

ちょっとふれただけで、
さわやかないい香り〜。



今日のお昼ごはんは、
生トマトのフライパンカルツォーネ(ゆるベジ本「野菜1種の5品献立」より)と
フレッシュバジルでジェノベーゼにしました♪


トマト&緑の野菜が苦手な5歳息子も、
これだとモリモリ完食!
よっしゃ!


さあ、いよいよ夏本番。
新鮮な夏野菜で、
暑さをのりきっていきましょー(^o^)/


 
週末農業人 2014梅雨
しとしと、一日じゅう降りつづく雨を浴びて。

野菜たちは、元気です。

タネを食用にしようと思って植えた、ひまわり。
先日花が咲きました。
(夏休みごろに咲くと思ってたのに、早っ!!)

リビングから庭を眺めていた息子が、
「かーちゃん、ひまわりのタネとってくるね〜」
と言うので、
数個タネをむしってくるのかな〜?
と思って見ていたら…

根こそぎ引っこぬいて、
ニコニコ満面の笑みで抱えていた!

息子よ、これは食用なのだ。
タネを収穫して、キミのおやつ(のトッピング)になるのだよ。

いや〜、5歳男児、予想以上の行動に出るな…(汗)
その後、引っこぬかれたものを植え直して、支柱も立てました。
(上の緑の支柱は、そのためです)


その他の野菜たち。
ミニトマト、元気!
ついに実がつきました!


3〜4株だったのが、今やジャングル化!!


その根元には、スイートバジル。


手帳仲間であり、
畑仲間でもあるshipoさんから、
「バジルは茎からつんだものを水につけておくと、根が出て増やせるよ〜」
と教えていただいたので、やってみました。

水につけて1週間もしたら、根がびっしり!


新たにタネをまかなくても、
これを植えたら、どんどん増えますね。
shipoさん、ありがとう!!

ビーツ畑の次に目指すのは、
バジル畑かな〜♪


去年食べたカボチャのタネも、
蒔いたら芽が出て、成長中。
葉の下で花が咲いてる。

あのおいしいかぼちゃに育ってくれるといいな〜。


食用の花、ナスタチウムは、
雨に濡れて、いっそう色鮮やかに。

すこしずつしか咲かないので、
いまのところは観賞用。


このところ仕事でぐったり疲れて、
毎晩のように、寝落ちする日々でした。

わたし、今日なにかひとつでもできたのかな〜。

終業時間だからって、バタバタ切り上げちゃった気がするな〜。

毎日、流されるまま生きてるな〜。

そんなモヤモヤを、
息子のお迎えに行く前の、
わずかなスキマ時間に、
野菜たちに水をやりながら、リセット。

雨が降る日は水やりをしなくていいので、
たっぷりうるおった野菜たちを見ながら、
ただただ、空からの恵みに感謝。

雨の日は、道路も混むし、
洗濯物も乾きにくいし、
いつもの靴が履けなくて、
苦手だったのですが…

今年はなんだか、うれしいです。

野菜たちのおかげかな。
週末農業人。
ビーツ、大豊作!



ビギナーズ・ラックというやつでしょうか。
家庭菜園は、週末くらいしか世話をしていないのに。
今年、はじめてタネから育てたビーツ。
立派に育ってくれました〜!

ゴロゴロ。

ビーツは高温と乾燥に弱いらしいので、
葉を切り落としたのち、
新聞紙にひとつずつくるんで、
冷蔵庫の野菜室に保存します。



さてさて、では、そのうちのひとつはさっそくボルシチに。
新玉ねぎといっしょに炒めていたら、
白い玉ねぎが、まるで紫玉ねぎのようにみるみる紅く染まる…。

ひ〜、何度見てもすごい色。


圧力鍋で数分加圧したら、完成!

「飲む血液」と呼ばれる野菜、ビーツ。
その名にふさわしく、
真っ赤なスープになりました。


家庭菜園、その他の野菜たちも成長中。
オークリーフレタスも、ベビーリーフで収穫できるようになり。


こちらは、紫色がきれい。
ミズナといっしょに、サラダに。



エディブル・フラワー(食用にできる花)の、
ナスタチウム。

いつのまにか、つぼみがついてた!


ミニトマトは、ぐんぐん伸びて。
2週間前はこんなだったのに。


いまでは、こう。


あれ、こちらもいつのまにかつぼみがついてる…。



ミニトマトの隣には、スイートバジル。
トマトとバジルは、コンパニオンプランツなので、
いっしょに植えています。

バジルの葉はまだ少ないけれど、
すこしふれただけで、いい香りがします。



この季節、
ひと雨ごとに、植物たちが大きくなり。

週末だけ野菜の世話をしているわたしですが、
その成長ぶりにはビックリです。

ときには、葉の上に宝石のようなキラキラした水玉が。
感動…。



わたしは、週末農業人。
野菜が大きくなるとともに、
自分も成長していきたいな。
家庭菜園 2014 初夏
ビーツ、初収穫です。
どーん。


…放置プレイで育てたわりに、
立派なビーツが育ってくれて。
少々、動揺しております…。


さすが、極寒の地シベリアでも育つ野菜、ビーツ。
冷たい環境には慣れているようです。

ここまで大きくなってくれて、
ありがとう!

育ちまくって、
上のほうは花が咲きそうなんだけど…。

F1種ではなく、固定種を育てています。
これは、このまま花を咲かせていいのかな〜。
次世代のタネ、採れるかな〜。

野菜はタネから育てるのがすきで、
タネは主に、
★オーガニックシーズ (全国の取扱い店は、こちら→
★野口種苗
の2店から購入しています。

他の苗たちも、
あったかいおひさまのもと、
ぐんぐん成長中〜。

左はミズナ。毎日のサラダに使うのにちょうどいいかな、と。
赤紫色がきれいなオークリーフレタス(右)も♪


ビーツ(左)は、来シーズンの苗も育ってきました。

まんなかの虫食いだらけの苗は、
去年いただいた、す〜っごくおいしかったかぼちゃ。
固定種らしいので、タネを蒔いてみました。
うちでもおいしいかぼちゃができるといいな〜♪

(それにしても、実がおいしい野菜は苗もおいしいんだろうか。
虫がこれだけ集中して食べてるんだけど…)

ほかにも、

スイートバジル(左)に、
ミニトマト(右)。

バジルとトマトは、コンパニオンプランツ♪
いっしょに育てると、おいしくなるし、お互いの生長を促進するそうです。
キミたち、仲よく大きくなれよ〜。


うちの家庭菜園は、
癒し系というより、
時短系。

食材買い出しの時間を減らしたいから、
家から1歩出れば、野菜が手に入る環境へ。
それが、今年の大きなWISHのひとつ。

折しも、いまは月齢7。
新月から満月へと向かっていて、
タネを蒔くのには、ベストなタイミング。

月が満ちていくのと同時に、
わたしの願いも、満たされていきそうです。