アラフォーのシングルマザーが「いま、ここ」と「これから」を楽しみながら綴るブログ。
あな吉手帳術 + ゆる家事 + 卵&魚アレルギーっ子育児。
すきなものいろいろつめこみました。
オリジナルレシピ「にじいろスイーツ」はnoteで販売中。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

コピー給食、再開!
今日からコピー給食、再開です!


息子のコピー給食お弁当づくり、4年目に突入しました。

年を重ねるごとに慣れてきて、
今では6時起きでも間に合います。

3年前の幼稚園年中時代、はじめてのお弁当づくりで、
毎日5時起きでてんやわんやになりながら作っていた時期が、
とてもなつかしい…。


幸い、先生やお友達にも恵まれて、
お弁当持参だからといって、
息子がいじめられたことはないです。

誤食による事故防止のためにも、
1学期最初に先生が説明してくださってるんだと思います。

同級生にとっては、いじめのネタにするよりもまだ珍しさだけのようで、
「なんで○○くん(息子)、お弁当なのー?」と無邪気な質問。

わたしや息子が「アレルギーだからだよ〜」と答えると、
「そうなんだ〜」とあっさり納得してくれる。
ええっ、食物アレルギーって今はそんなに珍しくないんだね。


本日のメニューは、
・ごはん
・麻婆豆腐
・たくあんの炒め煮
​だったので、わたしのお弁当にも入れました↓


あと、どうしてもスペースが埋まらなかったので、
ビタントニオでバタバタ焼いた、
メイプルクッキー(ゆるベジ焼き菓子本より)も入れました〜。

なんでもありなお弁当(汗)
あ、クッキーは学童保育おやつ用で、
息子には、大きめに焼いたものをジップロックコンテナー(小)に入れて持たせています。


今週は入学式もあるし、
給食も、お祝いモードでちょっと豪華な日があります。

4年目になってもまだはじめてのメニューに出会うので、
うまく作れるかどうか、ドキドキしながら材料を準備中。

(ヒントは、これ↑)


さ〜て、また1年間、コピー給食づくりを楽しみましょう!
【コピー給食】もう、いちご○○も怖くない。
本日のコピー給食は、いちごを使って…


朝からコレを作りました!

手作りいちご大福です♡
人生初挑戦!

小学校の給食に、いちご大福なんて出るんですね〜。

今日のその他のメニューは、
・赤飯
・鶏の照り焼き
・味噌汁
とカンタンなものばかりだったので、
とにかくいちご大福作りに注力〜。

クックパッドでレシピを検索したら、
大福の皮の作り方は、レンジ使用のものばかりヒットします。
うう、うちにはレンジがないのよ〜。

そこで見つけたのが、こちら↓
「いちご大福 / きちんとレシピ」
料理家 松本美佐さんの、レンジを使わないレシピです。
鍋で練る方法で、3〜4分で皮が完成。

レシピではあんこ使用ですが、
代わりにゆであずきを使うことにしました。


これ、すでに砂糖が入っているのでじゅうぶん甘いです。
あずきの粒が残っているので、ミキサーでガーしたあとに鍋で煮て、
水分を飛ばします。

最初はトロトロ、ゆるゆる。


たえず混ぜながらグツグツ煮たら、あんこの固さになりました!

よっしゃ!

次は皮づくり。
鍋に材料投入。


加熱しながら練ります。
わりとすぐに固まってきます。


鍋から出して、あら熱をとっているところ。


いちごをあんこで包んだあと、
皮に片栗粉をまぶしながらのばして、
あんこを包めば、完成〜!!


ちょっと大きすぎた…。
「なんじゃこりゃ大福」みたいになっちゃった。

(※なんじゃこりゃ大福…宮崎県の名物お菓子。
いちご・栗・クリームチーズ・あんこが入った、まさに「なんじゃこりゃ」な大福)

皮は大福6個ぶんだったのに、
いちごが大きめだったのと、欲ばってあんこをモリモリつけたので、
包んでみたら3個しかできなかった。

比較的きれいにできた2個を、息子のお弁当に入れて。


残りの1個は、わたしのおやつに。

皮で包むのに苦戦して、つぎはぎだらけ(笑)
教訓:片栗粉はがっつり多めにつけたほうが手にくっつかなくていいです。


今日は仕事がお休みだったので、
桜野園さんの緑茶といっしょに、家でゆっくりいただきました。

切ってみたら、いちごがななめ(汗)

あ、そうか、レシピの見本のように、
いちごの先端にはあんこをつけずに、
ちょっとピンク色が透けるくらいに包むほうがかわいくてよかったのね。


はじめて作ったいちご大福、
作ってみるまでは、
「ちゃんとできるかな?一発で成功するかな?」とかなり心配でしたが、
一度作ってみれば、次からはもう大丈夫。

経験0と1の差は大きいね。

これで、いちご大福ももう怖くないです♡
【コピー給食】エビ・卵ぬきでエビフライ風
本日のコピー給食は、
エビ・卵ぬきで、エビフライ風!


材料はこちら。

・とりひき肉 適量
・玉ねぎみじん切り 少量
・塩 少々
・ニンジン千切り 20本
・水溶き薄力粉 適量
・パン粉 適量

「適量」ばっかだな(笑)
最近のコピー給食は、こんな感じでテキトーに作ってます。


とりひき肉と玉ねぎみじん切り少量を塩で味つけして、よく混ぜます。
ニンジンの千切り数本を芯にして、
まわりに棒状にくっつけます。


水溶き薄力粉→パン粉の順にくっつけて、油で揚げます。


完成!

あ、けっこうニンジン焦げました…(汗)

自家製パン粉だから(パンをフープロでガーしたもの)
ちょっと細かくなりすぎて、見た目はエビ天みたいだけど(笑)


卵・魚介類アレルギーの息子のために始めた、
コピー給食。

2年前に始めた当初は、プロスクでゆるベジを勉強中だったこともあり、
「いかにベジでコピーするか」ということばかり考えてました。

でも最近は、「魚を使えないんなら肉で代用しちゃえ〜♪」と
かなりゆるいです。
息子がおいしく安全に食べられることが、最優先だからね。


これまで肉料理から遠ざかっていたこともあり、
今年の課題は「肉!」です。

肉料理をおいしく作りたい!
ゆるベジ料理本のように、
時短でカンタンにおいしくできる肉レシピ本があるといいのにな♪
 
【コピー給食】ひなまつりのお弁当
ひなまつりの給食は、もちろん、ちらし寿司!



いや〜、「もちろん」とか言いつつ、
ふだん自宅で作らないメニューだと、
前夜はプレッシャーで眠れません…。

ちらし寿司、わたし作ったことあったっけ…。
(↑プレッシャーの元)

せめてもの救いは、
小学校の献立表に、材料まで細かく書いてあることです。
見ただけでなんとなく彩りの想像がつきます。

今回は、卵(うちの子はアレルギーなので使えないけど)、
にんじん、れんこん、いんげん、海苔…と書いてあるので、
ああ、黄色・オレンジ・緑で華やかな感じかな?と想像。


ちらし寿司のレシピは、
こちらの本を参考にしました↓

「九州の食卓」2013年春号です。

この雑誌、マクロビや自然食寄りの内容で、
写真がとても美しいのですき♡
お弁当特集号はとくにきれいで、ついつい買っちゃう〜。

この号のちらし寿司レシピは、
れんこんとにんじんのきんぴらを粗く刻んで、
酢飯に混ぜこむというカンタンな行程だったので、
前日にチェックしてから寝ました。

当日は、れんこん&にんじんの色を活かしたかったので、
醤油は使わず、塩のみできんぴらに。

ゆでいんげんと、
ベルちゃん(プロスクの先輩、米粉の神レシピを多数生み出している方)の、
米粉クレープレシピにターメリックをまぜて、
薄焼き卵風に焼いたものもちらしました。

最後に刻み海苔と白ごまをのっけて、完成〜!

おお、なんだかちらし寿司っぽいじゃないの!


他のメニューは、
・サワラの照り焼き→チキンの照り焼きに変更
・すまし汁→具はえのき・豆腐・国東わかめだけなんだけど、すごくおいしくできた!
・ひなあられ→今年は市販のものを持たせました

で、今年もなんとか、
ひなまつりのコピー給食が完成しました。

ふう、うちには息子しかいないけど、
桃の節句は毎年のようにあたふた料理してます。

今後は、もっとハードルを下げたいですね、
ちらし寿司の(笑)

 
コピー給食、スコッチエッグ風。
またまた新メニュー!


息子のコピー給食、
地味〜に毎日つくっています。
この日ははじめて作った、卵なしの「スコッチエッグ風」。

スコッチエッグって、実はどんな食べものか知らなかった(汗)
調べたら、ゆでたまごをミンチ肉で包んで、パン粉をつけて揚げたものらしい。

そこで、ゆるベジレシピの「もちもち、ゆでたまご風いも団子」
(「子どもに野菜を食べさせたい!あな吉さんの、一番かんたんでおいしいゆるベジレシピ本」より)
をアレンジして。

レシピにある○○粉は抜いて、かぼちゃとじゃがいものみで卵型に成形。
そのあと鶏肉ミンチで全体を包み、
水溶き薄力粉→パン粉をつけて揚げます。

じゃーん。スコッチエッグ「風」、完成!

ちょっと卵の形が大きすぎた…。(手のひら大)
そして、ミンチが少なかったな…。
豚肉ミンチにすればよかったな、お肉の色がもうすこしきれいに色づいたはず。


この日のメニューは他に、
・パン(白崎茶会レシピ使用。夜のうちに一次発酵させて、朝焼きます)
・ポトフ
だったので、
わたしのお弁当にはポトフは具のみ詰めて、完成!

パンだとお腹がすくので、
わたしはお弁当は毎日ごはん派です。


最近では寒くてなかなか布団から出られないのもあって、
お弁当づくりも、6時起床で7時完成をめざしてます。
小学校になると、メニューが少ないのでありがたい。

去年までの幼稚園お弁当は、
毎日おかず平均3品+デザートつき。
5時起きで2時間かけて作ってたことを思うと、
今年はラクです♪

それにしても、1時間でお弁当つくって
(さらに洗濯機まわして洗濯物干す)なんて、
わたしも成長したなあ…。


お弁当づくりも、習慣になると楽しいですよ〜。
お昼ごはんの時間を楽しみに、
仕事をがんばれるし。

きっと、息子がこの家を巣立っていっても、
わたしは自分のために、
お弁当づくりを続けると思います。

食いしん坊なのでね(笑)

 
ビギナーズラック!
ローストチキン、はじめてつくった!


おととい、スーパーのお肉売り場をとおりかかったときに、
見つけてしまった!
まるごとパックされた若鶏。

この時期にしか見かけないので、
きっとクリスマス合わせなのね。

1年に1度しか出会えない、貴重なお肉。
そして、わたしの胸の中では、野望の炎がメラメラ。

クリスマスに、まるごとローストチキンを作ってみたーい!


もともとは息子のコピー給食のチキン用に、
大きめの鶏肉を探しに行ってたんですが、
この丸ごとの鶏肉のほかは、
手羽元・手羽先・モモぶつ切り・胸肉カタマリ…みたいないつものラインナップ。

わたしの求めていた、
「骨つきモモ肉」は売ってなかった…。

では、このまるごと鶏のうち、片モモを給食用にして、
残りはあこがれのローストチキンにしちゃおう!

ということで、作ってみた!!

(モモが片方ないのは、先に息子の給食用に切り分けたからです)


レシピは
「カリフォルニアのばあさんブログ ローストチキンの作り方」
を使わせていただきました。

(↑なぜこちらのブログにたどり着いたかというと、
給食のメニューが「カリフォルニアチキン」だったからです。
作り方がわからず検索していたら「カリフォルニアのばあさん」「チキン」でヒット!)

レシピどおりに、前夜から塩水に漬け込んで(Brineブラインというらしい)、
焼いてみたら、ホンットにやわらかくてジューシー♡
なのに、皮はパリパリ♡♡♡ビックリ!!


チキンの中には、スタフィングも入れました。
ちょうど給食用に焼いたパンがあったので、
これに加えて、炒めたタマネギ・パセリ・にんにく・オリーブオイルで。

(このスタフィングのレシピも、
「カリフォルニアのばあさんブログ グレービー・スタフィングの作り方」から)


はじめてのローストチキンにしては、とってもうまくできて、
感動〜!!

あ、こういうのをビギナーズラックっていうのかな?
いいの、今日チャレンジしてみて、
クリスマスのチキン料理へのハードルが下がったので♡

全部は食べきれなかったので、
あと1〜2日はアレンジして楽しもうと思います。


さてさて、夕ごはんのあとは例の作業(笑)
明日の学童保育のクリスマス会へ向けて、
お菓子のシーリング〜。

1時間で50個は作ったぞ。
最後のほうは、息子も手伝ってくれたりして。


クリスマスひとつとっても、まだまだ、はじめてのことばかり経験するわ。
ドキドキとワクワクの気持ちといっしょに、
クリスマスイブの夜は更けゆくのでした。
 
母さんが〜夜なべ〜をして〜 その2
本日の夜なべは、これ↓


中身は、これ↓


12月25日、クリスマス。
そして、息子の冬休み初日。

いつもお世話になっている学童保育で、
この日はクリスマス会があるんです。

8種類のゲームをして1日遊び、
ゲームをクリアするたびにお菓子がもらえるという。
学童保育の先生が、事前に教えてくださいました。

そう、うちの息子には卵・魚介類アレルギーがあるのでね、
他のお友だちとは別に、食べられるお菓子を準備してください、とのこと。

お菓子8種類か〜。
息子が食べられるものも増えたし、
スーパーに行けばなんとかそろうかな?と思い、
ひとまず買ってきました。

↑8種類以上あるよね。

実は、もうひとつ先生から教えてもらっていて。
「お楽しみでお菓子のつかみ取りをするので、これいっぱいに、お菓子を詰めてきてください」
と言われて、渡された容器↓




で、でか〜っ!!
どんぐりガム100個は入る大きさね。
高さ15センチはあるプラスチック容器です。

これに、たくさんお菓子を詰めろとな。
おお…そうなったら、アレの出番だ。

台所で眠っていた、秘密兵器↓


クリップシーラーです。


買ってきたお菓子をバラして、
OPPフィルムにひとつずつ包んだら、
クリップではさんでシーリング。
電気の熱でフィルムが溶けて、密閉できます。

上はもともと個別包装されているパイナップルキャンディ。
下は本日シーリングした「ぷっちょ」。
地道な作業だ〜。

でも、キャンディも、ラムネも、チョコレートも、
大袋から出して個別シーリングすれば、
つかみ取りができるボリュームになるはず!


というわけで、かーちゃんは〜連日夜なべ〜予定〜。

明日のクリスマスイブは、地道な作業で夜をすごす予定です。
ピンク&グリーンの法則
気づいてしまった!お弁当の法則。


ピンクとグリーンのものを入れると、華やかになる♡


もともと好きな色の組み合わせなのですが、
ピンク&グリーンは、食欲をそそる、
とっても美しい組み合わせだと思います。


夏のころは、さわやかなオレンジ&グリーンの組み合わせにハマって、
食卓には必ずミカン&レタスを出していました。

でも寒くなると、フルーツやレタスからはなんとなく遠ざかる…。

冬ごはんのさし色として、
赤大根&ブロッコリーの、ピンク&グリーンが気に入っています♡


↑お弁当の右上のおかずに、
赤大根の甘酢漬け&ゆでブロッコリーを入れてみた〜。

(あ、ブロッコリーは鶏肉の陰で暗くなっちゃったけど…)


赤大根の色素は、アントシアニンという抗酸化物質だそうな。
あ、じゃあパソコンばかり見ているわたしの目の疲れに効く?
もしかしてアンチエイジングにも効く?
積極的に摂りたいな〜。


赤大根の切ったばかりの断面は、たいしてピンクじゃないのに、

(というか紫だけど…)

酢に漬けておくと、きれいなピンク色に。ふしぎ〜。
アントシアニン+酸→ピンクになるんだね。

(じゃあ重曹のアルカリで青に…いやいや、やめておこう)



実は、過去にもピンク&グリーンで攻めてた時期がありました。
今となってはなつかしい、2年前のプロスクで作った、3色団子↓


あのときのピンクはビーツで着色してまして。
でもビーツってなかなか手に入らないのよね〜、
スーパーでもあんまり見かけないし〜、
それに1個が高いし〜(小さいもので200円台〜)と思ってたら、
今年は赤大根でピンク色♡を楽しめそうです。


女子力も、免疫力も上がりそうな、ピンク&グリーンのお弁当。
つづけてみます♪



 
コピー給食、たくあんのおいしい食べ方。
たくあんのおいしい食べ方を知ってしまった!


本日のコピー給食は、
・根菜カレー
・たくあんソテー

た、たくあんソテー??
たくあんを炒めるの??
小学校給食で、はじめて出会ったメニューです。


これは、大分県独自のものなんだろうか。
全国的に共通?

もしや…と思ってクックパッドで検索したら、
ありましたー!
じゃあ、全国共通メニューなのかもね。


レシピは、たくあんを細く切って、ごま油で炒めるだけ。
調味料は不要♪
たくあんの塩気だけでOK♪


作ってみたら、予想以上においしかった…!!

たくあん&ごま油、相性いいのね。
仕上げに白ごまをふると、さらにうまし!


カレーに添えるということは、福神漬けの代わりなのかもね。
こんな風にね↓


(朝のうちに多めに作ったカレー、夕ごはんにも出しました〜)

たくあんの意外なおいしい食べ方、知ってしまった。
今回は、べったら漬けもいっしょに入れたので、ほどよい甘味もあってよかった。

これまでスーパーの漬け物コーナーはスルーしてたけど、
ときどきのぞいてみよ〜。
着色料ナシの、おいしいたくあんに出会えたらいいな♪

 
バス遠足に、ハロウィン弁当。
かーちゃん、一度やってみたかったの。



本日、息子はバス遠足。

わたしは、数日前から企んでいた、ある計画を実行。
息子に「ねえねえ、お弁当、ハロウィンっぽくしてもい〜い?」
ときいてみた。

といっても、かわいいものよ↓

・魔女の指(ウィンナー+爪部分にトマトピューレ)
これがやりたかったの〜♪

・ゴーストおむすび

・いがぐりコロッケ
(「子どもに野菜を食べさせたい!あな吉さんの一番かんたんで、おいしい、ゆるベジレシピ」より)
そうめんは大葉入りの緑色のもの使用

・枝豆を剣ピックに刺したもの(←このピックを使いたかっただけ…)

・ミニトマト

・デザートをつけてというので、ジップロックに梨


息子の目がキラ〜ンと光ったのは、剣ピックを見つけたからでした。
これは人に向けちゃだめだよ〜と念押し。

もっとグロい色のお弁当にしてもよかったけど、
まずは味重視で。

息子はまだ小1だしね〜。
オトナのジョークがわかる年齢になったら、もっとデコってみよう。
(↑またやる気か)


ま、ハロウィンは盛大なパーティーというよりも、
個人的には「秋の味覚の収穫祭」だと思っております♪


ごちそうしてくれなきゃ、いたずらするよ。

Trick or Treat!