アラフォーのシングルマザーが「いま、ここ」と「これから」を楽しみながら綴るブログ。
あな吉手帳術 + ゆる家事 + 卵&魚アレルギーっ子育児。
すきなものいろいろつめこみました。
オリジナルレシピ「にじいろスイーツ」はnoteで販売中。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

じーちゃん三回忌

祖父の三回忌でした。

・写真左:息子といっしょに、実家に向かってGO!

ふるさとの山には、まだ雪が残っています。

 

・写真中:実家でお坊さんにお経をあげていただいてから、

旅館へ移動して親族の食事会へ。

地元の旅館なんて来たことないから(宿泊する機会がなかったから)、びっくり。

こんなすてきなところだったなんて!

 

・旅館の玄関にはお雛様が飾られていました。

そうか、もうそんな季節だね。

そういえば、日差しもあたたかいし。

2年前に祖父が亡くなったときも、2月なのにどこか春を感じる陽気だったっけ。

食事会会場は、長湯温泉街にある丸長旅館でした。

となりには町営温泉もあったし、ラムネ温泉からも徒歩圏内。

お料理がもう、どれも美しくておいしかった〜!

 

・写真左上:グリーンの小鉢は、

わかさぎの天ぷらや干し柿&バターのロールも。

わけぎのぬたは春の味。

手作り湯葉は生姜醤油で。

 

・写真中上:揚げだしいも餅。

グリンピースの入ったあんかけ。

 

・写真右上:お刺身と、写ってないけど三つ葉を添えた茶碗蒸し。

 

・写真左下:梅茶漬けがこんなにおしゃれに出てくるとは。

 

・写真中下:地元の名物、エノハ(ヤマメ)の唐揚げ。

 

・写真右下:いちごゼリー。和の器に入れてるところが新鮮。

 

両親や親戚の伯父伯母、そしてわたしたちきょうだい、

「これが、インスタ映えする料理ってやつだね〜!」と言いつついただきました。

(※誰もインスタやってません・笑)

 

先月米寿を迎えた祖母もまだまだ元気で、

みんな、じいちゃんに守られているなあ、と感じる日です。

 

じいちゃんがいなければ、わたしたちきょうだいも、みんな生まれなかった。

そう考えると、亡くなった今でも感謝を伝えたい、大事な存在です。

 

じいちゃん、ありがとう。

バレンタイン2018

義理だとか、義理じゃないとか。

今年のバレンタインは、チョコレートをあげて、もらって、

感無量!思い残すことなし!

 

・写真左:あげたのは、ゴディバのチョコです。

 

・写真中:あげたのは、実家の父にです。

 

・写真右:もらったのは、バレンタインよりちょっと早い時期だったけど、

神戸おみやげのチョコプリン♡

濃厚〜でおいしかった〜!!

 

今週は、月曜の祝日に息子が高熱を出して、

火曜日になっても熱が下がらないから、

朝、実家の母に来てもらい、

息子を託してわたしは仕事へ。

 

職場に向かって車を運転しながら、

「ああ、なんでわたし、子どもが熱出してるってのに、

そばにいずに仕事に向かってるんだろ〜」と、

ちょっとせつなくなりました。

 

でも、そこで急に思い出したのが、

わたしが小学生だったころの父。

 

父は夜明けから、日付が変わるほど夜遅くまで、

毎日毎日働きづめ。

 

農家だったから、早朝の野菜収穫に始まり、

夜まで選別、袋詰め。

そして夜遅く、片道1時間かかる市場まで出荷。

翌朝の競りに間に合うように。

 

一家の大黒柱だったからね。

 

そんな父と、今の自分が重なって、

そうじゃん、わたし、今、我が家の大黒柱なんだもん、

母が息子を見てくれてるんだから、

わたしはしっかり外で働いてくるぞ!と思い直しました。

 

それと同時に、

30年前、あんなにがむしゃらに働いてくれた父への感謝が、

今さらながらぶわ〜っとあふれてきて、

運転しながら涙が…。

 

父のおかげで、わたしたち兄弟3人、大学にも行けたし、

自分の好きなことをさせてもらえたな〜。

父は、小さいことには口を出さず、

いつも大きな視点で、子どもたちを見守ってくれる人でした。

母にも優しかったし、理由なく怒鳴ったり、手をあげたことってないんだよね。

ただ、夜19時前のNHK天気図だけは、

翌日の仕事に影響するからと、絶対にチャンネルを変えて見る父でした。

しみじみ、そんなことを思い出しながら、出勤した朝。

(注:父はいまも健在です)

 

この日は母が来てくれたおかげで、

1日仕事を頑張れました。

いつもはギリギリの時間で学童保育へお迎えに行くから、

途中で買い物もできないけど、

この日は夕方、帰りにスーパーにも寄れたしね。

 

食材買い出しの最中に、

ショッピングセンターの一角にあるチョコレート売り場が目に留まりました。

 

そうだ、バレンタインのシーズンだし、

これから先、親への感謝を伝えるチャンスは何回あるかわかんないし。

仕事帰りにチョコレート買って帰ろう!

キラキラのラッピングは、この時期ならでは。

 

母に、父あてのチョコレートを託したら、

実家に帰りついた母から、

照れ笑いする父の写メが届きました。

 

お父さんも、ずいぶん年とったなあ。

あんなに大きく見えたのに、

今ではちょっとしぼんで見える。

あと何年、親孝行できるかわからないから、

今のうちに、感謝を伝えておく。

バレンタインのチョコにのっけてね。

 

義理だとか、義理じゃないとか。

そんなことを考える余裕はない、今のわたし。

 

一生愛すと誓った相手にも、

一瞬で気持ちが離れてしまったんだもん。

人の気持ちって、あてにならない。

 

だから今、自分が大事だと思う人に、

そこにおいしそうなチョコレートがあったから、

ありがとうを伝えるために贈るだけさ。

自分がいなくても、仕事はまわる。

本日、息子が胃腸炎のため、看病でわたしもお休み。

息子は月曜の夜から調子が悪く、

火曜日は早朝に実家の母に来てもらって、わたしは仕事へ。

水曜日、息子が回復したので学校に行かせたら、帰宅後にまた悪化。

そして本日、やっぱり登校は無理そうなのでお休みさせることに。

しかし今日は県内積雪、実家も朝から雪がつもり、母はうちに来てもらえそうにない。

 

息子の看病のため、休ませてくださいと職場に電話しました。

う〜ん、今年度はわたし、一回も休まず仕事に行ってたのにな。

子どもの病気だからしょうがないとはいえ…。

仕事を休むと、自分の信用も落ちそうで、ちょっと憂鬱になります。

 

でも、自分がいなくても仕事はまわる。

わたしにしかできない仕事って、意外とないものです。

それに最近は、自分はいつでも代わりのきく人間なんだ、

と思うようにしています。

そうじゃないと、仕事がつらくなった時に辞められないもん。

 

大事なのは、

1. 自分が元気でいること

2. 家族が元気でいること

3. 仕事

4. 趣味

の順番だよ。

 

今日は息子と1日中、家にひきこもり。

幸い、息子は食事ができるほどには回復したので、

明日は登校できそう。

 

わたしも家でできることをまとめて済ませました。

・PCで仕事の資料づくり

・図書館から借りている本を読む

・とっておきのコーヒーを飲んでみる

・お昼ごはんに野菜をいっぱい食べる

どれも、ふつうの平日にはできないことなのでね。

 

・写真左:今読んでいる本、

「エッセンシャル思考」。

この本を読んで、今年はWISHをあれこれ欲張らずに、

大事なことに集中して生きていこうと決めました。

 

・写真中:去年買ったコスメビオルルさんで買った、

スーパーコーヒー「チャーガ」。

どうせ今日は1日ひきこもりだし〜と思って、

開封してはじめて飲んでみました。

苦みが少なくておいしかった!

白樺チャーガは白樺に生えるキノコだそうです。

抗酸化作用や免疫向上効果があるらしい。

これ、すっごく高かった覚えが…。

でも、わたしが元気に働けるのなら、なにより。

 

・写真右:火曜に母がわさび菜をたくさん持って来てくれたので、

お昼にモリモリ食べました。

さあ、明日は金曜。

息子もわたしも体調整えて、あと1日、がんばろう〜!

こんなに寒いのに…

こんなに寒いのに、今日も花が咲いている。

・写真左:うちの庭の片隅に咲く、水仙。

今週は日曜朝に雪がつもり、

その後も毎日しばれる寒さがつづくのに、

冷気をものともせず、咲いている。

 

・写真中:庭の一角には、薄ピンクの八重の椿。

もともと大家さんが花好きの人だったらしい。

庭のあちこちに、複数の種類の花が植えられている。

この椿も、そのひとつ。

やさしい色あいから、大家さんのお人柄がうかがえる。

(直接お会いしたことはないけども)

 

・写真右:1年前から台所の窓辺に置いていた、沈丁花。

薄いグリーンのつぼみができてるな〜と思ってたら、

今週、そのつぼみが白くふくらみ、ついに花が開きはじめた。

ええ〜!この1年間、水と空気と光しか与えてないのに!!

植物ってすごい。

まだ室内に香るほどではないけれど、花の近くでくんくんかいでみると、

ほのかに、なつかしい、去年の早春にかいだ香りがします。

春の香りだね。

 

寒い中でも花開くのは、

冬の間も、見えないところで準備を進めていたから。

花たちを見習って、

わたしもコツコツ、がんばろ。

またまたときめく、消しゴムはんこ。

図書館で出会った、消しゴムはんこの本にズキューン!

・写真左:美しい表紙につられて、つい手に取ってしまった本。

「消しゴム花はんこ モチーフ153」(津久井智子 著、講談社)

これ、全部消しゴムはんこだなんて…!!

あああ、ちょうちょモチーフも載ってる…!!

 

・写真中:津久井さんといえば、わたしの中では「仏像はんこ作家さん」。

文具店でもらえるフリーペーパー「Bun2」の巻頭にマンガが載っているので、

お名前は知っていました。

 

・写真右:本に影響受けて、文具特売日にはんけしセットを買いましたよ。

津久井さんの本で、ねりけしをはんこの掃除に使うこと、はじめて知りました。

 

あああ、この世にはまだ美しいものがたくさんあふれているんだなあ。

この本を眺めていると、しあわせな気持ちになります。

本は図書館に返却したので、本屋さんで自分用に注文済み。

届くのが待ち遠しいです。

 

寒い日が続くけれど、

春の花を想って、

消しゴム花はんこを作るのだ。

Amazonビデオ様々。

今月観たAmazonビデオ。

 

Amazonプライム会員になっているので、プライム・ビデオはよく利用します。

過去のテレビドラマも入っているので便利〜。

当時見逃した番組、今になって観ています。

 

・写真左:2004年の「オレンジデイズ」。

昨年末からこのシリーズを見始めて、今日ようやく最終話を見終えました。

学生のころの恋していた気持ちや、好きな人に素直になれないところ…。

これ見ると思い出すなあ。

 

・写真中:柴咲コウさんが、聴覚障害の学生役。

物語のほとんどを手話で会話している。

相手役の妻夫木くんもね。

彼女の声を聞けるのは、モノローグのときくらい。

それでも、彼女の感情は激しい手話で画面にあふれてて、

圧倒されます。すごいわ。

 

・写真右:Amazonビデオ、プライム会員特典じゃないものも別料金で観られます。

週末限定で100円になる「ビデオナイト」が始まってた!

新しい映画は400円近い料金でレンタルだったんだけど、

この低価格はすごいね。

リストアップされている作品は少ないけど、

これでもうTSUTAYAにわざわざ行って借りなくてもよくなるな。

貸し出し中でDVD借りられない、という事態もなくなるし。

 

とは言いつつも、プライム・ビデオにまだまだ観たい作品があるので、

有料作品の前にこっちを観らねば。

ウォッチリストにはいつも映画が入っています。

 

・写真左:「エクス・マキナ」2015年のイギリス映画。

AIが出て来る、SFスリラーらしい。

ストーリー全然知らずにジャケ借りというか、

映像に惹かれて観ようと思ってリストに入れてるんだけど、

怖いのかな?

 

・写真中:「ガタカ」1997年のアメリカ映画。

学生のころに観て、人間の可能性に関してすっごく勇気づけられたSF作品。

このタイトルの意味をオープニングの映像で理解して、

鳥肌が立ちそうなくらい感動した覚えが…。

いつのかにかプライムビデオに入ってたんだね。

20年ぶりに観てみようかな。

 

・写真右:「イヴ・サンローラン」2014年のフランス映画。

わたしがすきな映画ジャンルはSFやファンタジーなんだけど、

最近は伝記物にも興味があります。

ファッションブランドで有名なサンローラン、

華やかな舞台の裏側を観られると思うと、ワクワク。

 

映画はストーリーの流れにのってイッキに観たい方なので、

観るとしたら、土日の早朝の時間帯が候補です。

息子が起きてくる前に、ひとり楽しむ時間です。

今年の漢字

今年の漢字は…

「超」でいきます!

 

・写真左:2017年の漢字は、「進」だったのよ。

進撃の巨人の進、進化の進、前進の進。

 

去年は仕事でははじめて担当する部門もあったけど、

初心者だからこそ、過去の実績にとらわれずに踏み出せた。

息子との遊びも、あちこち新しい試みをしたな〜。

プライベートの人間関係も、「嫌われる覚悟で」自分を少しずつ出していったら、

こんな変なわたしでもつきあってくれる人が増えた。

 

3年前は今より少ない仕事量だったのに、

毎日家に帰り着く前に力つきて、スーパーの駐車場で仮眠してから帰宅…という毎日でした。

毎日、ヘトヘトだった。

 

でも去年は、夜に息子を実家の母にお願いして、仕事帰りに研修を受けたり、

休日には厚めの本を読んだりと、

あのころよりずいぶん進化しました。

体力がついたのかな。

毎日毎日、燃え尽きるまで突っ走ってる。

 

なにより、進撃の巨人のアニメとマンガが、勇気をくれた。

「何かを変えることができるのは、何かを捨てることができる者。」

毎日を、全力で生きること。

そうじゃないと、自分の全力ってどこまでなのかわからないまま、

一生を終えそうな気がするから。

 

わたしと息子、巨人を知って、まだ1年なんだな〜。

去年どっぷりとハマったから、ずいぶん時間がたったような気がする…。

 

・写真中:今年の漢字は「超」。

去年をさらに超えられそうな気がしています。

だってあれだけハードスケジュールだったにもかかわらず、

去年はやりたいと思っていたことはほとんどできたので。

仕事も、育児も、肉体改造も。

もっと、今の自分を超えていくよ。

 

・写真右:おっと、そういえばこの字もあったな…。

ほぼ日手帳みくじでひいた漢字、「渚」。

童心にかえって遊びつつ、

エヴァンゲリオン劇場版の新作を楽しみに待つ、

そんな1年にもなりそうです。

謹賀新年2018

今年のお正月は、寝正月。

あけましておめでとうございます。

 

・写真左:グレープフルーツのバスソルト.。

朝風呂に使って、ゆっくり入りました。

1年前にいただいたバスソルト、ようやく使える日が来たよ〜。

 

・写真中:おせちを作らなかったので、お正月っぽくない朝ごはん。

ひじきの炊き込みごはんは息子の好物。

3杯も食べました…。

昨日作った白崎茶会レシピのスノーボールは、

2日めの今日のほうが味がなじんでおいしかった。

 

・写真右:今日読んだ本、「1440分の使い方」。

あいかわらず、ビジネス書がおもしろいです。

生産性向上の本で、手帳術にも通じるし、断る力にもつながるな〜。

メールのタイトルがいかに大事か、この本にも書かれているんだけど、

「おつかれさまです」っていうタイトルは最悪な例ですね。

うちの職場でも先日禁止の通達がきてました。

これだけで相手の時間を奪う、時間泥棒になるのよね。

わたしも気をつけよう。

 

なんでビジネス書を読むかというと、

相手の時間を奪いたくないし、自分の時間も奪われたくないから。

そして、極力残業をしたくないから。

1日に集中して仕事できる体力気力って限られているし、

それが自分の行動次第でコントロールできるのなら、

定時までにきっちり仕事を終わらせて、

息子との生活を大事にしたい。

 

仕事とプライベートは、きっちり分けたい方です。

 

今日は、自宅から息子といっしょに初日の出を拝み、

2階の寝室に本を持ち込み、

息子はテレビとお絵描き道具を持って来て、

どこにも出かけずにゴロゴロ過ごした1日でした。

 

今年も、元気ですごせる1年でありますように。

2018年も、どうぞよろしくお願いします。

 

ありがとう2017

「2017」の文字に慣れた頃に、1年が終わりますね。

 

2017年にやめてよかったこと、ベスト5。

 

5位、「わたしが、わたしが」アピール。

再就職した仕事も4年めに突入し、要領も得てきました。

4年前は職場にもまだなじめなくて、

いかにして自分を認めてもらおうか、

手柄を立てようかと必死だったんですが、

今年はそんな「我」や「個」を捨てたんです。

ひたすら裏方に徹して、淡々と仕事をしました。

自分の仕事をいかに精度をあげてやり遂げるか。

今はそれが社会への還元だと思うし、

自分の仕事のやりがい、生き甲斐だと思えるようになりました。

 

4位、惰性で布を買うこと。

来年40歳になるので、

ここらでライフプラン、マネープランを見直さねば、と思い始めました。

家計の中でいちばんの無駄遣いは何だろう?と見直してみたら、

毎月のように買っていたわたしの布でした。

もう、形にならない在庫布は増やせないぞ。

最近は、縫う物を決めて布見本を取り寄せてから買うようにしています。

 

3位、子どもの手作りおやつ。

息子には食物アレルギーもあるし、なるべく添加物のあるものは食べさせたくないし…。

と、これまで手作りおやつにこだわってきましたが、

さすがに毎日のように焼き菓子だと、息子も飽きてきて、

今年のおやつは市販のものも多かったです…。

ま、その分わたしは時間的・精神的余裕をもらいましたが。

 

2位、ブログの更新頻度にこだわること。

毎日ブログを更新する人にあこがれていました。

でも、平日の21時以降はなるべくパソコンを閉じるように。

寝る前の20分間、自分のブログ更新と、息子への読み聞かせ、

どちらを優先すべきか?と天秤にかけたら、答えはひとつ。

今は、育児のほうがだいじ。

あと、睡眠(健康)ね。

眠りにつくギリギリまでブルーライトを浴びてるの、

ホントよくないよ。

 

1位、パーソナルカラーにこだわること。

これまで何度か、洋服やメイクでパーソナルカラー診断を受けました。

35歳で受けた診断結果と、40歳目前の今とでは、

似合うものが変わってきたなあと最近感じ始めていました。

今年はあらためて診断していただく機会があり、

その結果に納得。

パーソナルカラーじゃなくても、似合う着方、身につけ方もある!

これまではウィンター&オータム、と診断されていたカラーも、

もっと選ぶ色の幅がふえたし、1年を通しての自分のベースカラーも決まりました。

目指すのは、少ない洋服で着回せる女性。

そしてタンスの肥やし服はなくします。

40代になってようやく似合うものも出てくると知り、

これから年齢を重ねるのも楽しみです。

 

 

2017年にやってよかったこと、ベスト5。

 

5位、子どもの習い事。

小3になるまで、な〜んにもやりたい習い事がなかった息子。

それが突然「バスケやりたい」と言い出し、3月から始めました。

もともと運動はできるほうじゃないし、熱心に練習しているわけでもないんだけど…。

でも、バスケ中の息子をしっかり見る時間ができたのは、

わたしと息子、お互いにとってすごくよかったな〜と思います。

複数の学校から集まっているチームなので、

親子ともに世界が広がりました。

 

4位、子どもと思いっきり遊ぶ。

夏にパソコンが壊れたのはいい機会でした。

休日にだらだらネットサーフィンができなかったから、

その分、夏休みは息子と思いっきり遊びました。

息子はこれから難しくなる年頃。

その前に親子でいろいろ遊べたのはよかったな。

とくに、城島高原のプールと戦隊ショーね。

 

3位、筋トレ。

近所の1歳年下のママさんと、週1の早朝ウォーキングを続けています。

1時間半、おしゃべりしながら歩くのはすごくいい気分転換!

ひとりじゃ、とても朝6時半にウォーキングなんてできないしね。

今の季節は外、真っ暗だし。

ダイエットに対してのモチベーションが同じくらいのママさんに出会えて、

本当によかった。

厳しすぎず、ゆるすぎず。

アラフォー世代、これからは代謝が落ちていく一方だから、

筋力つけないとね。

骨粗鬆症対策にもね。

 

2位、バツイチ、シングルマザーであることをカミングアウト。

バツイチって言葉、すきじゃないんだけどね…。

シングルマザーであることを、このブログでカミングアウトできたのはよかった。

とても勇気がいることでしたが。

夫の姿が全然出てこないこのブログ、不自然だったでしょ。

まあ、「旦那さん何してる人?」って訊かれるのがめんどくさいってのもありますが。

(訊いてどうすんだ?)

 

1位、メルカリで断捨離。

2月にはじめたメルカリ。

39歳になった時に、30代最後の1年間で不要品と自分の執着を手放そうと思ったんです。

メルカリ初心者のわりに順調に物が売れて、10カ月で100個以上のものを手放しました。

物以外でも、もっと子どもが欲しかった〜とか、そういう叶わない執着もね。

わたしには、息子がいるじゃん。

今の、目の前のしあわせを体感せよ。

 

今年やめてよかったこと、やってよかったことは以上です。

ああ、こうやって振りかえってみると、

まだまだ色んなことにチャレンジできるね、わたし。

・写真左:今年もおせちは作らないけど、黒豆だけは煮ました。

前の晩に豆を水につけておいて、

翌日にふっくらふくらんでるのを見るのが楽しみ。

 

・写真中:母と妹が野菜やお餅を届けに来てくれたので、

白崎茶会レシピのスノーボールを作って、

年越しスイーツとしてあげました。

抹茶バージョンといちごバージョンね。

 

・写真右:クロワッサン最新号に載っていた「ポットロースト」、

豚の塊肉で作ってみました。

これに年越し蕎麦を組み合わせるという、なんという大晦日の食事。

ま、いっか。

家族みんなが元気で、年越しできるのがなにより。

 

2017年、ありがとう。

30代シングル女性へのプレゼント

30代シングル女性、何をもらったらうれしいかな?

 

30代シングルといっても、その背景はさまざま。

一応わたしもそうだけど、

もう30代も終わりに近いし、

シングルといっても離婚歴ありのワーキングマザーだ。

人生の修羅場を知っている…。ははは。

 

わたしだったら、何が欲しいかなあ…。

毎日バタバタ駆けまわってるから、

ホッとできる時間は何よりのごほうび。

それは、仕事から帰ってひと息つくお茶の時間だったり、

家事を終えてふかふかの布団に入る瞬間だったり。

 

これが、うちの妹のように、

30代前半、まだ結婚もしておらず子どももいない女性となると、

欲しいものはまた変わってくるんだろうな。

仕事は忙しいみたいだけど、子どもがいない分身軽で、ある程度自由な時間はある。

でも一方で、ひとり暮らしのさびしさもあるだろうな。

 

プレゼントを贈るときって、いろいろ想像しちゃう。

でも、気心知れた相手だと、こうやって考える時間も楽しいよね。

・写真左:今年の春に、自分へのごほうびにした桜野園さんの「旬の限定ギフト」。

新茶2袋(写真では1袋抜いています)に、

貴重な抹茶を使ったはぜろうクリーム、

そして、ずっとずっと憧れていた、

お茶の樹から作られた手彫り・手塗りの茶さじ。

好きな形のものを選ばせていただきました。

発売当初、大人気でなかなか買えなかったの。

ようやくうちにもお迎えできました。うれしい〜!

 

・写真中:今月妹のバースデイだったので、

桜野園さんの箱をリサイクルして、プレゼントを詰めて発送しました。

妹はわたしよりおしゃれだし、髪も指先もお手入れされててキレイ。

そのつやつやの髪や爪を守ってくれるもの。

ヘアオイルに、

ネイルベースコート2本セット、

そしてバースデイだからやっぱスイーツもあるといいよね、と思って、

冬季限定のフェアトレードチョコレート。

このあとラッピングをして送りました。ふふふ。

 

・写真右:先月のクリアファリル家計簿の黒字で、

自分用のごほうびを何にしようかな〜と考えていました。

今のわたしがもらってうれしいのは、興味分野の本だ♡

ということで、

白崎茶会の新しいレシピ本「へたおやつ」、予約注文しました。

わーい、楽しみ!!

 

おいしいものに、きれいなもの、そして、ここちよい時間。

30代シングル女性に贈るとしたら、こんなものがいいかもね。