アラフォーのシングルマザーが「いま、ここ」と「これから」を楽しみながら綴るブログ。
あな吉手帳術 + ゆる家事 + 卵&魚アレルギーっ子育児。
すきなものいろいろつめこみました。
オリジナルレシピ「にじいろスイーツ」はnoteで販売中。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

お弁当づくりにやっと目覚めた?

この自由には代えられない。

今日は、高野豆腐のそぼろ弁当♪

(ゆるベジお弁当本より)

 

コピー給食を一所懸命つくっていたときは、

献立がすでに決まっていることが、

料理をする上でラクなんだと思ってました。

 

でも、息子が夏休みに入って、

お弁当の中身を自由につくれるようになったら、

こっちのほうが楽しい〜♪

 

給食の献立は、わたしが決めるものではないからね。

ときどき、作るのにプレッシャーやストレスがかかるメニューもある。

 

でも、夏休み中の学童お弁当は、自由だ〜。

冷蔵庫事情に合わせて、食材も、家にあるもので間に合わせたりして。

適度に手抜き。

今日のメニューは、

・高野豆腐のそぼろ2種(はじめてつくったよ〜)

・じゃがいものあおさ海苔あえ

・枝豆

・蒸しトウモロコシ

・ミニトマト

でした。

 

自分で決められる、自由。

この喜びは、何物にも代えられない。

 

あら、お弁当づくり、やっと楽しくなってきたかも♪

これまでのコピー給食づくり、

実は、そうとうストレスだったんだね。

 

夏は、野菜がカラフルで楽しい♪

明日のお弁当、何をつくろうかな♡

 

 

久しぶりに、ゆるベジお弁当♪

久しぶりに作りました。ゆるベジお弁当♪

 

今朝、台所に起きてきたら、

なんと〜〜冷蔵庫のドアが半開きでした(@_@;)

 

お弁当に使おうと思って解凍しておいた生肉、

腐ってはいないけど、色がちょっとアヤシイ…。

 

息子が食中毒になるのが心配で

(いつものコピー給食でも、いちばん気をつけていること)

今日はお肉を入れるのはやめました。

 

代わりにボリュームのあるメインおかずを…

そうだそうだ、じゃがいもとオートミールはあるぞ!

ということで、ゆるベジレシピのポテトのハッシュドバーグを♪

(ゆるベジフープロ本より)

 

⇒レシピはこちらにもあります MY LOHAS

 

フープロでガーして焼くだけ。

お肉を焼くより早いかも〜。

(注:黒いのは、焦げたからじゃないのよ。黒コショウよ)

 

サブおかずは、

・キュウリの酢っぱ漬け(ゆるベジお弁当本より)

はじめて作った〜。万能ダレに、こんな使い方があったとは!

 

他には、

・蒸しカボチャ(息子の好物)

・ミニトマト(彩りに)

・大葉(これも彩りに)

 

産直コーナーで買う大葉は、枝?つきで100円〜150円。

わっさわっさ繁っています。

買ったら水の入った瓶にさしておきます。

 

息子のコピー給食、小学校に入ってからは、

そんなにビジュアルに凝ることもなく、

お肉もふつうに使うようになったので、

ゆるベジづくしのお弁当は久しぶりでした。

 

あ〜、久しぶりに思い出したよ、この感覚。

野菜だけで、時短で、次々に料理ができあがる楽しみ♪

 

夏休みの学童お弁当は、

ゆるベジシリーズでいこうかな♪

【ゆるベジ】予想を裏切るこの野菜
はじめて料理しました、この野菜。


産直コーナーでよく見かける野菜。
見た目は、まるでサツマイモ。


皮をむいて切ってみると、その感触は、
まるでダイコン!?


一切れかじってみると、
シャキシャキした歯ざわり。


味は、意外にフルーティ。
梨のような、リンゴのような、
生でもほんのり甘い、不思議な味です。

「ゆるベジ流 “いえ飲み” レシピ」本を見ながら、

この野菜、はじめて料理しましたよ。


『ヤーコンのしょうゆ漬け』♪


熊本のゆるベジインストラクター、rinrinさんに影響を受けて♪

これまでヤーコンなんて全然意識してなかったのに…。
手にとったこともなかったのに…。

rinrinさんのブログを読んでから(毎日読んでます♡)、
わたしの中でヤーコンは、
「気になる野菜、第1位」にランキングされてました。


先月、祖父の葬儀で実家に帰ったとき、
親戚のおばちゃん(ヤーコン栽培中)が差し入れしてくださったのは、
ヤーコン料理の数々。

漬け物に、サラダに、きんぴらに、天ぷら!
加熱してもシャキシャキしている、その不思議な食感と、
ほんのり甘い味にやみつきになり、
実家滞在中の3日間、ずーっと食べてました。

お葬式を終えた夜も、
実家に親戚が集まって食事会(&飲み会)だったのですが、
ついついお酒がすすんでしまったのはこのヤーコンのせいかも?


そして先週、母がうちに持ってきてくれたのは、
そのおばちゃんからのおすそわけのヤーコン。
こんな立派なのを2本も!


めずらしい野菜だけど、
ゆるベジレシピ本に載っててよかった♪
rinrinさんのブログを読んでてよかった♡
わたしにも料理できました〜。


見た目からの予想を裏切り、
食べるとムショーにお酒が飲みたくなる味♡

1週間保存がきくので、
週末には地酒といっしょにいただきまーす♡

 
ベルちゃんの米粉のアーモンドチョコケーキ
今月もお世話になりました、
ベルちゃんの米粉のアーモンドチョコケーキ!


いや〜、今週は朝家事がとくに忙しかった。

よりによって、
コピー給食でいちばん手間がかかるメニューの日に、
学童保育のお誕生日会が重なったりで。

つまりその日は、朝わたしが出勤する前に、
息子の給食メニューに加えて、誕生日会用のおやつ(ケーキ)を作って、
学校に届けないといけない。

(息子にお弁当を持たせるには重すぎるので、毎朝職員室に届けてます)


この日の給食は、
・パン(一次発酵まではすませておくので、当日朝は二次発酵〜成形〜焼き上げ)
・豆のトマトスープ(豆を圧力鍋でゆでるところから始めた…しかも一度焦がしてやり直した…)
・ゆで野菜
・キャベツのミンチカツ(タネは前夜につくっておいて、当日は揚げるだけ)

これらを作った上で、ケーキを焼くとしたら、
もう、あの超時短レシピに頼るしかないー!

プロスクの先輩、ベルちゃん(馬場育美さん)のレシピ、
米粉のアーモンドチョコケーキです!


フープロでガーしてガーして、焼くだけでできちゃうという、
この上ない時短ケーキレシピ!
ゆるベジDVD Private Lesson 2012年6月号より)


しかも、ふわふわなのに、多少揺れても型くずれしないという、
うれしいレシピ♪


↑息子用には、給食とは別のお弁当箱に入れて。

放課後に、息子はこのおやつを持って学童保育へ行き、
無事にお誕生日会でチョコケーキを食べられました♡

(他のお子さんには、フツーに市販のケーキが出ます)


ふ〜、今週もなんとか仕事とコピー給食をのりきった…。


残ったケーキは、わたしも仕事から帰ってきて、
桜野園さんのお茶といっしょにいただきました。


さて、一気に冬モードになってしまった今週。
寒いので、週末はおうちでスイーツ食べながら、のんびりしましょうかね。
連休中のおうちごはん
朝は主食のパンケーキ + 野菜のおかず + フルーツ。

ダイエット中なので、切り干し大根も添えてます〜。


キャロットラペをつくった日のランチ。



大豆の唐揚げ。(ゆるベジいえ飲みレシピ本より)

ゆでブロッコリーとキャロットラペは、
まとめて作って使いまわし。


昨日はお昼すぎにサファリから帰ってきて、
クタクタだったけど作れた、
玉ねぎナポリタン。(ゆるベジ圧力鍋本より)



ゆるベジに出会えてよかったな〜と思うのは、こんなとき。

疲れていても、

「とりあえずフープロでガー」

「とりあえず圧力鍋」

「とりあえず万能ダレ」(←よくやる)

「とりあえず乾物」

これを知っているだけで、
ごはんが完成するので。


平日はバタバタで、
こんなに盛りつけキレイじゃないけどね。
(しかもごはんにおかず1品って日が大半だけどさ)


休日でゆっくりできる日は、
おうちごはん(の盛りつけ)、
楽しんでいきたいな〜。


あ、ちなみに今日のおやつは、
あまりの暑さに食べたくなった、
ゆるベジアイスでしたとさ♪
ちまちま小皿で、夕ごはんプレート。
洗い物がふえるとわかっていても、
ついついやってしまう。


昨日の夕ごはんプレート。

いつもは大きな器ひとつにまとめるのですが
(洗い物を極力減らしたいから)、
もう、がまんしないことにしました。

実はわたし、
ちまちま小皿に分けて盛られたごはんがすき!

なので、分けちゃう!


この日のメニューは、

・さつまいもごはん
・肉じゃが
(お弁当が肉じゃがコロッケだったので、夕ごはん用に取り置きしておいたもの)
・キャロットラペ(ゆるベジレシピ)
・白菜とあぶり地鶏の蒸し煮(これもお弁当用の残り)ブラックペッパーをガリガリふって。
・おからdeチーズのルンピア(すか〜なさんレシピ


息子の幼稚園は、今週が卒園式。
コピー給食も今週でいったん終わりなので、
とっておいた食材を使い切っています。


園の給食、
『四季折々の旬の食材をつかっています』
というのがウリなんだけど、
ときどきありえない季節の野菜が出るからね。

春に枝豆とか、絶対冷凍モンだろ〜〜〜。

同じく春にコーンとか、絶対缶詰だろ〜〜〜。

いいけどさ〜〜〜。


そして、今日はその缶詰コーンを使った夕ごはん。


・ほうれんそうとコーンのサラダ(お弁当メニューの残り)
・豚肉、ゴボウ、豆腐の煮物
・キャロットラペ
・蒸しサツマイモ


そうそう、先日袋詰め放題で買ったにんじんは、
毎日キャロットラペで堪能しております。

日持ちするところがうれしい♪


夕方仕事帰りに、
車を走らせながら、
今夜のメニューを考えるのが、最近の日課。

息子の園への送迎も、あと数日。

こんなにバタバタと準備する夕ごはんも、
あとちょっとかな。

小学生になったら、
送迎がなくなるから、もうすこし余裕が出てくるかも。

そんな期待をする母なのでした。
 
今年のひなあられは、コレ。
オーブンシートに咲いた花。



今日の息子給食のデザートは、
ひなあられでした〜。


今年も「お麩のメープルスナック」を作りました〜。
(レシピはこちら→MY LOHAS


去年は星型の麩を使いましたが↓



今年はこれを使って↓

そう、花ふです。


メープルシロップをからめたところ↓

カチカチに固まったら
おはじきみたいでかわいかった♡
(↑食べものの例えじゃないな)

もちろん、おいしかった♡♡
ひとつつまむと、あとひとつ…と食べたくなるお菓子です。


今日は冷たい雨が降る1日だったので、
おやつだけでも、春らしく。
ひなまつりらしくなったかな。



春よ、こい。
はやく、こい。

花咲き乱れる季節が、待ち遠しいぜ。
ゆるベジアイス&コーンはビタントニオで
冬だけど、ゆるベジアイス♪

「ゆるベジひんやりスイーツ」の本より)


コーン部分は、これが材料です↓

実家からたくさんもらった、お餅。


ビタントニオのピッツェルプレートにのっけて、


はさんで、


加熱。



このあと、熱いうちに成形します。

うちにはコロネ型がないので、
近くにあったにんじんに巻きつけて(←え?)



粗熱がとれたら完成〜♪



卵・乳製品・白砂糖・小麦粉不使用、
のゆるベジアイス。

このコーンなら、
安心して食べられるね。

おすきなアイスをのっけて、召し上がれ♪


お餅コーンはあまり加熱しすぎるとバリバリになって巻けないし、
加熱後に時間をおいても固くなっていくので、
「まだやわらかいかな」くらいの加熱でいいようです。
そして、食べる直前につくったほうがいいかも。

サクサク食感になるように、
今後も要・研究、ではありますが。


おっと、アイスが溶けないうちに、
いただきます♪
ビタントニオでクッキー & プレート収納方法
ビタントニオで、ゆるベジクッキー♪


ゆるベジ焼き菓子本の、メープルクッキーです。

ビタントニオのピッツェルプレートで、
レシピの分量だと4枚焼けました。


今週月曜が仕事はじめだったので、
冬休み中だけど息子のあずかり保育が再開!
=朝のお弁当&おやつ作りも再開!

上のメープルクッキーは、
朝ビタントニオで焼いて持たせました。
直径10センチだから、
1〜2枚でもけっこう食べごたえあるのよ。


いつもは型抜きで焼いていたメープルクッキー、
大きく焼いてみると、
またちがった発見が。

息子からは、
「おいしかったけど、食べてるときに、ボロボロこぼしちゃったよ〜」
と報告が。
そうか、子どもはポイッとひとくちで食べられるサイズじゃないと、
かじったところから屑がボロボロ落ちちゃうんだね。

あと、丸いクッキーをかじっていたら、
味が森永マリービスケットにちょっと似てる…
と感じたのは、わたしだけでしょうか。
あのビスケットは、わたしの理想のお菓子♪


ビタントニオは、
プレートを変えるだけで、
いろんな形が作れるのがいいところ。

でもプレート自体が重くてかさばるので、
収納はどうしようかな〜と思っていました。

プレートごとに、
ぴったりサイズで、
すぐ取り出せて、
ホコリがつかなくて、
材料も手間もなるべくかからない方法…

と考えてたどりついたのが、これ↓



プレートが入っていた箱を、
そのまま台所のステンレスラックへ。

無印のステンレスシェルフの1段に、
箱がぴったり3つ重ねられました。


もう、測ったようにぴったり!!

材料費0円!
制作時間0分!(あ、箱のフタ部分は外に折り曲げたけど)

家電の箱はすぐ捨てる派ですが、
ビタントニオのプレートだけは別〜!
収納に使えるので、
捨てちゃダメだ〜!!

ひとめでどのプレートがどこにあるかわかるので、
これから追加でプレート買っても、
箱はとっておくと思います。

そのうち、箱の外側をデコるかもしれませんが、
当分の収納はこれでいいかな♪


 
ビタントニオで、ゆるベジ焼き菓子

ビタントニオで、
​ゆるベジ焼き菓子を作ったらどうなるのかな〜と思って、
作ってみました。

「季節のフルーツとラムクリームのタルト」です♪
ゆるベジ焼き菓子教室の本↓より)


オーブンがなくても、
タルトができたー!


レシピどおりの分量だと、
タルトレットプレートで4個弱つくれました。

生地をプレートにのせたときはデコボコだけど、
加熱したら、生地の油分のおかげか、
やわらかくなって少し伸びます。
できあがりも、思っていたよりきれいだった!

オーブン使うより、予熱も加熱も短くて、
1回(2個)焼くのに、
加熱5分くらいかな。
(予熱は最初5分くらい、2回目はもうすこし早いです)


うちのビタントニオは、これ↓

買うことは2014年のWISHだったのに、
色と機種を決めるのに、半年くらいかかりました(汗)

わたしが買った機種は、
ワッフル&ホットサンドメーカー VWH-1-W




白い冷蔵庫の上に置いて使うのが前提だったので、
白メインの機種がいいかな〜と思ってて、
さらに出しっぱなしにしておくので、
電源コード収納はいらないかも、と。

(形は、一世代前?のVWH-4100-Wのほうが、
カクカクしたシャープなデザインで好きだな〜)

このVWH-1-Wの付属プレートは、
ワッフルとホットサンドの2種類のみなので、
タルト型や鯛焼き型は、
ネットの安いところで買い足しました。

本体には電源のオン・オフスイッチがなくて、
電源プラグを入れる=電源が入る(加熱がはじまる)です。

いちいちプラグを抜き差ししなくていいように、
電源コード類は冷蔵庫横のタップにまとめて、
スイッチで管理してます。

(オレンジの目印=電源オン)


ビタントニオを手に入れたとき、
「ああ、フープロ、ミキサーにつづき、
便利で楽しい調理器具がうちに来ちゃった〜!」
と思いました(笑)


焼き菓子を大量に作るのなら、
もちろんオーブンがいちばんだけど、
短時間で少量作りたいときは、
ビタントニオが便利〜。


ゆるベジレシピ × ビタントニオは、
もともとは、息子のおやつ用に始めたこと。

でも、せっかく手に入れた便利アイテムだもん。
今年はいろいろチャレンジします♪