November 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

家庭訪問、終わりました〜。当日やったことリスト公開!

昨日は家庭訪問でした。



わたしは午前中仕事。
お昼に退勤しても、
先生がいらっしゃる15時までにやることいっぱい!


前日までに大掃除とお茶菓子の準備はしておいたけど、
当日も床には朝ごはんの食べかすとか散らかってるし、
掃除機かけは必須だな。


★当日やったことリスト↓

・13時に退勤

・帰る途中のお店で、お湯のみと茶托買う (所要時間30分)
(茶托を持ってなかったの…来客用のお湯のみも…)

・ミント(タルトの飾り)と氷買う(5分)


家に帰り着くまでにもはがすフセンがたくさんあるのよ〜!


・14時に帰宅

・先生にお出しするお茶の準備
(暑い日だったので、冷たい紅茶にしました。
透明なアイスティーにするには、濃いめに作って氷を大量に投入!
イッキに冷やすのがポイントです)

紅茶は桜野園さんの「あまふわ」♡

先日タルトを作ったときに、
このスイーツにはぜーったい紅茶が合う!と思ったので♪


お茶を冷蔵庫で冷やしているあいだに、

・玄関の掃除(10分)

・トイレ掃除、手ふきタオル変える、
トイレットペーパーの芯にミントのアロマオイルたらす(5分)

・テーブルの上を片づける(5分)

・おもちゃを箱につめる(3分)

・見られたくないものはひとまず別の部屋へ移動(笑)(1分)

・ソファの上の山積みの洗濯物を、布バッグにつめて隠す(1分)
(↑オイオイ…)

やることはフセンに書いているので、
あとは淡々とやるのみです!

・掃除機かける(5分)

・学童保育に息子を迎えに行く(10分)


息子と帰ってきた直後に
先生がいらっしゃったー!

よかった、間に合ったー!!


きれいになった和室で、
昨日作っておいたレモンタルトを食べながら、
ゆっくり先生とお話できました。

スタイリングも何もあったもんじゃない、
大慌てな感じの盛りつけだけど(汗)

でも、汗ばむほどの陽気だったので、
この日はさっぱりした口あたりのレモンタルトと、
冷たいお茶でちょうどよかったな、と思いました。


担任の先生はおそらく30代前半で、小さいお子さんがいらっしゃる。
直接はお聞きしなかったんだけど、
先生の車にチャイルドシートが載っていたので。

先生〜、毎日、育児とお仕事と、
朝早くから遅くまで、おつかれさまです!


はあ、家庭訪問、無事に終わりました。
いま、うちの中が過去サイコーにきれいです(笑)


これから家庭訪問のかた、がんばってくださいね〜!!
 

家庭訪問前にやったこと。

家庭訪問 = 片づけのチャンス!
大掃除のつづきです。


仕事が休みだった今日やったこと。

・庭の草むしり 1時間
・階段のものを押し入れに入れる 10分
・玄関のものを片づける 10分
障子の張り替え2枚 2時間


・カーテンの洗濯 3時間
(これまた何ヵ月ぶりに洗っただろう…)


・ローテーブルの修理 30分
(天板を留めるネジをなくしたので、コルクシール貼った)


・息子のおやつ作り 1時間
(ベルちゃんレシピの米粉のアーモンドチョコケーキ♪ はじめて作った〜♡
息子、「おいしすぎる〜」と言って、この3倍量ガッツガツ食べてた)


・学童保育に明日のおやつ届ける 10分
(明日は誕生会でケーキを食べるそうなので、今日のおやつを2カット分残して持参。
マステで旗作った♪)


・レモンタルト作る 1時間
(明日、先生にお出しするお菓子。
夕方ケーキといっしょにタルト生地焼いて、夕食後にフィリング作って流し込んだ)


さて、問題は明日…
午前中は仕事なので、
午後ダッシュで帰ってきて部屋を片づけます。

家庭訪問は15時からなんだけど…
間に合うかな?(汗)


ふだんあまりお客さまをお招きすることがないので、
今週は片づけでバッタバタです!

無事に終わりますように〜。

障子を張り替えるときの、ポイント5つ!

あしたが家庭訪問!

ということで、
今日のミッションは、これ↓

障子の張り替えです。


もう、かれこれ2年間、
穴があいたまんまの和室…↓(犯人は息子)


障子をはずしてみたら、こんな感じ。
下の部分(写真奥)だけがやぶれてるんだけどね。

明日はこの和室に先生をお通しするので、
さすがにこれじゃ恥ずかしい。


一部だけ紙を張り替えても、
紙の色の新旧で差が出そうなので、
全面張り替えることに。


実は、障子の張り替えは初体験!
張り替えビギナーが学んだポイントをまとめました。


1、ハケで桟の部分をじゅうぶんぬらす。

障子や襖って、
木でできた枠組みは残しておいて
紙のみを何度も張り替えるという、
日本独特の文化。

だから、使われている糊も独特なんですよね〜。
主成分がでんぷんで作られている障子用の糊は、
ぬらすだけできれいにはがすことができます。
逆に、水分不足だと紙がはりついたままで残ってしまう。
しっかりぬらしましょう。


2、じゅうぶん時間をおいてから、はがし作業へ。

糊が水でゆるんでないと、
紙がきれいにはがれないばかりか、
桟の表面まで紙といっしょにはがれたりして、傷めます。

音楽1曲聴くくらいの時間をおいてから、
はがし作業にとりかかりましょう。
(BUCK-TICK聴きながら作業しました…)


3、桟をきれいに水拭きして、乾かす。
障子の桟を思いっきり水拭きできるのって、
実は張り替えの時だけです。

一度紙を張ってしまうと、
次からは紙を破かないよう汚さないよう、
ビクビクしながら拭くことになるので。

仕上がりを美しくするためにも、
ここでひと手間かけて、
桟を全部きれいに拭いておきましょう。


4、張る紙は、マステで仮止めする。
新しい障子紙を、枠の縦と並行に合わせて〜。
ここで、家にありあまっているマステが活躍!
ここぞとばかりに障子紙の仮止めに使います。


今回の糊はハケのいらない直塗りタイプ。
桟に沿って塗って〜


マステで仮止めしておいた障子紙の反対側を、
そのままくるくる〜っと伸ばしていきます。


5、糊の部分を押さえて、障子紙と桟をしっかり密着させる。

ここで糊を押さえておかないと、
紙がフワフワ浮いた部分が出てしまいます。

すきま風が入るたび、
障子がハタハタ鳴るはめになるので、
桟全体を指で軽くなでておきましょう。

ちなみに、わたしは最初プラスチック定規で押さえてたんですが、
糊でふやけている和紙は破れやすいので、
繊細な人間の指で押さえる方が安全です。

(せっかく張ったのに、1カ所穴が開いたらまたやり直しだからね…)


最後に、紙のあまった部分は、
糊が半分乾いたところで
カッター&定規で切り取って、

できあがり!


うわー!!
きれい!!

2年ぶりに穴の開いてない障子〜!!(笑)


今回使ったのは、
オーソドックスな無地の和紙&糊で、
紙:障子2枚ぶんで350円
糊:150gで100円


ホームセンターに行くと、
やぶれにくいプラスチック障子紙とか、
アイロンでカンタンに張れる障子紙とかあります。

でも、
・値段が高い(障子1枚ぶんで1000円とか)
・成分がいろいろ入ってる素材はシックハウス症候群が心配
・基本的な障子の張り方を知りたい
などの理由で上記のセットにしました。


一度張り替えを経験したら、怖くない♪
これから和室・障子のある家に住むことになっても、
もう大丈夫!

障子のむこうから、光がさしている風景、
実はすきなんです。

これからも、障子をきれいに張り替えてみせまっす!


<<back|<149150151152153154155156157158>|next>>
pagetop