September 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

キラキラウィークリー

手帳をもっとかわいく、お気に入りにするために、
すこしずつお手入れしています。

ウィークリーは無印手帳を解体したもの。
今年は日付のないタイプを購入したので、自分で数字をスタンプ。
DVC00031.jpg 
日付の数字はグレーに見えるけど、実はシルバーなのです。
月の数字はメタリックブルー。
ふっふっふ、キラキラづくしのウィークリーです。

↓こちらのスタンプを使いましたよん。
DVC00034.jpg

デイリー投入

手帳のウィークリーに
フセンがあふれるようになったので、
おためしでデイリーを投入!

DVC00090.jpg

むふふ、手帳術講師の翔母さん
プレゼント企画でいただいたデイリーリフィルです♪
かわいい…!
このフォークとピンクのパスタ(に見立てた糸?)がたまりません♪

なぜ中央が光っているかというと、
フセンはがれ防止にクリアファイルのカバーを貼っているから。

そしてなぜ右ページかというと、
わたしの場合、デイリーは使いまわしだからです。

手帳には、すでに年間計画表、マンスリー、ウィークリーが入っています。
ここにデイリーを追加すると厚みも増えるし、
印刷する手間とインクももったいないので、
使いまわしで1枚のみに。

だからこの写真↑の左ページは、ウィークリーになっています。

翔母さん、すてきなデイリーリフィルをありがとうございます♪

ネームプレートのつくりかた

お待たせしました〜。

ネームプレートの作り方、いきま〜っす。

ネームプレートの材料

【材料】
厚紙 名刺サイズ
(たて5.5×よこ9センチくらい)

・ネームプレートのおもて用の紙
名刺サイズより1.5センチくらい大きく切っておく。
切り口は見えなくなるので、ざっくりでO.K.
(ここでは使用済みの茶封筒を再利用)

ウラ用の紙
名刺サイズより5ミリくらい小さく切っておく。
この切り口はあとで見えるので、きっちりまっすぐ直角に切っておくといいかも。
(これも使用済み茶封筒)

リボン 幅1センチ、長さ7センチくらいのもの
(なければそのへんの布を幅2.5センチくらいで切っておく)

両面テープ
(のりでもO.K. ただ両面テープのほうが手やまわりが汚れず、大量生産にも便利。幅広推奨)

ボンド(速乾性推奨)

はさみ

安全ピン


まず厚紙の片面に、すきまなく両面テープを貼ります。
はみ出たぶんは裏側にまわして貼ります。
厚紙に両面テープを貼る

はくり紙をはがし、おもて用の紙をべったり貼りつけ、裏返します。
写真はその裏返したところ。
1.5センチずつの余白があります。
おもて用の紙を貼りつけ、裏返す

おもて用の紙、余白の4隅をカットします。
これから余白部分をウラ側に折っていくのですが、
プレートの角からはみださないよう かつ すきまができないよう やや台形ぎみにカットしておきます。
紙の4隅を切り落とす

4か所の余白部分に両面テープを貼り、裏側に折ってくっつけます。
余白に両面テープを貼って折り返す

余白部分を全部折ったところ。
もう8割がた完成です。
余白部分を折ったところ

安全ピンをとおすためのリボンをつけます。
リボンが手元にないときは、布の裏側に両面テープを貼って1センチ幅になるよう両端を折ります。
布でリボンをつくって


これを2つ折りにして、端から1センチくらいまで内側をボンドでとめておきます。
さらにわの部分を上にして、
先ほどのネームプレートの裏側にボンドでくっつけます。

プレートの裏にボンドでくっつける
(なぜここだけボンド使用かというと、両面テープやのりだと強度に不安があるから。←石橋叩いてる)

この上から、ウラ用の紙に全面両面テープを貼り、くっつけます。
布で自作したリボンに厚みがあるので、ちょっともこもこしてますね。
ま、裏側なので気にしないでおきましょう。
ウラに紙を貼りつけたら、完成


おもてに返すと、こんなかんじ。
まっさらなプレートになっています。
マステやスタンプなどでデコりましょう♪
おもてに返すと、こう


水俣講座では、リボンに安全ピンをとおして使いました。
首から下げる場合は、ひもやテープをとおせます。

ちなみに右側の3つは、おもて用・ウラ用の紙を布に置きかえたもの。
紙と比べてやわらかく角が出にくいので、そこだけボンドとつまようじなどでちまちま留めるといいですよ〜。
(こういう作業がすきなんだよな…楽しかった…)
布でもできます



あと、手づくりしなくても、いまはこんな便利な道具がありますので↓
プラスチック製ネームプレート
(プラスチックの透明ネームプレート、裏には安全ピンとクリップ両方ついてる)

名刺を入れるだけで、ネームプレートのできあがり〜。
名刺を入れるだけ♪
(ハイ、この名刺、手書きです…。アナログ人間です…。プリンタでミスプリントするのがこわくて。名刺交換してくださったみなさん、ありがとうございました〜)

名刺に使った花柄の用紙は、水俣駅から徒歩10分の文具のたかやまさんで買いました♪
10枚入りで210円也。
こちらのお店、手帳術やスクラップブッキングの品ぞろえがすばらしかったです!
あな吉さんオリジナルバインダーも、リフィルまで全部セットされて店内に見本が置かれてました。

というわけで、ネームプレートのつくりかた&名刺づくりも楽しいよ、というお話でした。
みなさんぜひぜひ名刺もつくって、講座・オフ会に参加しましょ〜。

水俣講座の、アレ その2

水俣講座での、ネームプレート。
こちらも、妄想炸裂!で、自由に作製させていただきました。

DVC00771.jpg 

きっかけは、熊本オフ会参加のときに、ネームプレートをつくって持って行ったこと。

わたし、ひとの名前を覚えるのが苦手でして。
3人以上ひとが集まると、自己紹介の直後でも、
頭のなかで名前がシャッフルされてわからなくなってしまう。

あと、会話のなかで「ねえ、○○さん〜」という風に、ひとの名前を呼ぶのもうまくないんですよね。
そこで、お名前をまちがえないように、必死に覚えなくてもいいように、ネームプレートを作ればいいんじゃないかと。
そうすればお話ししているあいだも「お名前なんだったかな…」とモヤモヤすることなく、会話に集中できるなあと思ったのです。
お名前を耳で聞くだけでなく、目で文字も見た方が、記憶に残るだろうし、ね。


オフ会では紙でつくっていたネームプレートを、水俣講座では布にしました。
色とりどりの花にしよう、
そして、会場でみなさんにおすきな花をえらんでいただく。

自分がえらんだ花を、自分の人生で、思いっきり咲かせましょう。
カントリー姐さんのブログからは、そんなあたたかいメッセージがあふれている気がします。
DVC00694.jpg

(あ、ちなみにカントリー姐さんのネームプレートは、ブラックベースですよ…。
その中に、ダイヤのようなキラキラをちりばめて。)

本来はこの左側部分に、rinrinさんのりんごストラップがつくはずだったのですが、
わたしの手違いで、カントリー姐さんにこのことをお伝えできないまま講座がはじまってしまいました。
ごめんなさい。
実はこれが、rinrinさんとの水俣コラボ企画だったのです〜。

ネームプレートに使った布は、あな吉さんの手帳術ビジュアル本でもおなじみの、
CHECK&STRIPE さんのもの♪
東京や神戸に実店舗があるんですよね。
行ってみたいな〜。
(今回使った布と同じものが、2月13日まで予約販売されてます〜

その他に、maru10 さんのもの♪
こちらは福岡のお店です。

たくさんの布の花たちを眺めながら、
つぎの手帳カバーはあれでつくろうかな、これでつくろうかな、と妄想中です。
むふふ。


つぎは、ネームプレートの作り方、いきま〜っす。

水俣講座の、アレ その1

カントリー姐さんの講座から、もう1週間たったのね…。
早い…早いわ…。
まだ講座のアンケート書いてないわ…。
(ごめんなさい、この記事打ったらすぐ書きます〜)

水俣講座では、ウエルカムボードとネームプレートを(わたしの趣味全開で)作成させていただきました。
声をかけてくださったサクラベリーさん、ありがとうございました!!
最初このお話をいただいたとき、もううれしくってわくわくして、手帳にはあっというまに妄想のフセンが炸裂してました。
そして、できあがったウエルカムボードが、こちら↓
DVC00769.jpg

ボードのまわりにあしらった葉は、実家の花壇に生えていたアイビー。
アイビーの花言葉は「友情」なのです。

カントリー姐さんのブログの、
「手帳が仲間をつれてくる!」というメッセージから

いつも元気をいただいていて、

(ここ→とか、ここ→

この講座にぴったりの葉だと思って使いました。

と、ここまでは夜の交流会でお伝えしたんですが、

言い忘れていたことが!↓ 

アイビーの葉は、

水につけておくと切ったところから根がでて、
それを土に植えるとどんどんふえます。

なのでご希望の方は、

どうぞおすきなだけちぎって持って帰ってください♪


と…。

しまった…。

気がつけばみなさん、帰りのバスに乗りこんで、

会場をあとにされていました。


ひとまずボード&アイビーを宿まで持ち帰ったところ、

あの徹夜手帳オフ会メンバーの御三方が、

もらってくださいました。

わたしも今年の夏は、自宅でこのアイビーをふやして、

グリーンカーテンにチャレンジしてみます。


って、あ、フセンに書いとこ。

妄想炸裂フセンたち

<<back|<149150151152153154155156157158>|next>>
pagetop