July 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

Why!?プログラミング

息子が今ハマっているゲームが、

「Why!? プログラミング」。

 

NHK Eテレで放送されている、

小学生向けのプログラミング番組です。

 

うちにはゲーム機がないので、

番組HPからアクセスできるプログラミング体験ゲームに、

息子はかなり夢中〜〜〜。

 

わたしはよくわからないので、息子に教えることはできないんだけど、

息子自身は臆することなく、

どんどんプログラミング作業を進めていきます。

画面の中に、いつのまにかオリジナルキャラクターも登場させてるし。

(ピ○チュウっぽい黄色い生き物)

え、どうやったの?

かーちゃんわかんない。

 

キャラたちが自分のイメージどおりの動きになるように、

プログラミングを組んでいくのが楽しいんだね。

 

さっき番組HPを見てみたら、

「2020年から小学校でプログラミング教育導入」

って書かれてありました。

えっ、そうなの?

はじめて知ってびっくりしています。

 

プログラミング…

わたしはよくわかんないから、

あと3年後、息子から教えてもらうのがいいかもね。

 

日曜日はひきこもりday。

日曜日はひきこもりday。

 

ここ最近の土日の過ごし方。

土曜日におでかけしたら、

日曜日はひきこもる。

 

それは、2日ともでかけっぱなしだと、

わたしも息子も疲れて体調を崩すから。

 

それに、家の中を片づける時間がなくて、

部屋の中が荒れるから。

 

外でアウトプットばかりしていると、

だんだん自分の中味が枯渇していく感じがするから。

 

昨日の土曜日は、

早朝ウォーキングに、婦人部の仕事、

と外に出る時間が多かったので、

今日は意識して家の中にいました。

 

ソファでゴロゴロ、おやつにあずきアイス。

なぜか息子がテレビを移動させて(うちのは15インチで軽い)、

お絵描き道具も持って、わたしのすぐ横にやってきた。

ん?さみしかったのかな。

 

せっかく予定のない日曜日なので、

積ん読になっていた本を読んでみます。

「生産性」(伊賀泰代 著、ダイヤモンド社)

ちきりんさんの本「自分の時間を取り戻そう」を読んでから、

この本も読もうと決めていました。

どちらもテーマが「生産性」なのでね。

ちょっと難しかったけど、よかったよ〜。

 

手帳ミーティングをじっくりできるのも日曜日くらいなので、

足りないアイテムを補充します。

 

去年つくった消しゴムはんこを使って、

デイリーシートを1枚作り足しました。

これまでは「平日用」「休日用」の2枚だけだったけど、

休日を「土曜日用」「日曜日用」の2つに分けたくてね。

ラミネートも完了。

あとは、6穴を開ければOK。

 

自分用ではないんだけど、

シンプルなデイリーシートも作成。

これも、いっしょにラミネート。

 

1日ひきこもって、

たまっていた掃除や洗濯物たたみを終え、

子ども関係の書類をチェック、

今週の流れを手帳で確認して、

また新たな1週間に備える。

 

やらなきゃいけないことをやっておくからこそ、

やりたいことに集中できる。

 

日曜日は、そのための大事なひきこもりdayなのでした。

 

 

・今日読んだ本。

仕事の生産性を上げるためのノウハウ本

 

・ちきりんさんの本。

 

・消しゴムはんこの図案はこちらの本から。

 

・うちのラミネーターはA4サイズのこれ。

 

・ラミネートフィルムは、A5サイズの100枚入り。

いろいろ使えて便利です。

Win-Winになる方法を考える。

五色弁当、130食ぶん!

今日は月に一度の、地域の婦人部活動の日でした。

今回は80歳以上のお年寄りの方へ、

にじいろ 五色お弁当のプレゼント♡

 

朝8:30 に公民館の調理室に集合して、

お弁当130食分を作ります。

 

わたしは2年目なので、

だいぶ要領がわかってきました。

集合時間ギリギリに行ってもダメなのよ。

おばちゃん達は朝早いから、15分前集合でちょうどいいくらいです(笑)

 

130食といっても、ビビることはない。

おばちゃんたち20人で作るからあっという間。

作業は細分化されてるから、

 

・ごはんを炊く

・鶏肉そぼろを作る(鶏ミンチ7キロ分!)

・薄焼き玉子を作る(卵80個分!)

・玉子焼きを切る

・インゲンを千切りにしてゆでる

・シイタケの煮付けを作る

・たくあんを切る

・洗い物を同時進行

 

にそれぞれ2~3人ずつ配置して、

あとはひたすら流れ作業。

わたしはひたすらインゲンと卵焼きを切ってました。

 

1時間後には、お弁当パック詰め作業。

ごはんを200gずつ量って詰めたら、

おかずを1種類ずつのせていきます。

彩りに、紅ショウガを添えてね。

これも流れ作業ですね。

 

完成〜!!

 

できあがる頃には、

みんなで、

「きれいね〜!!」

「わたしらお店出せるわあ(笑)」って大盛り上がり。

大勢で料理すると、いつもテンションがアガル〜♪

お互い名前を知らないおばちゃん同士なんだけどね。

 

婦人部員のほとんどは、子育てが終わった世代です。

お料理をしながら飛び交う会話は、

健康のこと・病院情報・家庭菜園のことなどがメイン(笑)

相手のプライバシーを守る配慮をしつつ、

たくましいおばちゃんパワーが炸裂。

 

さて、開始2時間後の10:30には、

お弁当を配ってくれる民生委員さんにお渡しして、

調理作業が終了〜。

予定より早く終わりました!

おつかれさまでした〜!!

 

 

去年婦人部になった時は、

土日の午前中に活動が入るので、

息子をどうしよう、と思っていました。

家に一人で留守番させるのも心配だし。

 

そこで、1回めから息子をいっしょに連れて行って、

買っておいた本(まだ読んでない)やお絵描き道具を持たせておいて、

調理室となりの和室で遊ばせておくことにしました。

 

うちは母子家庭だから、しょうがない。

最優先は、子どもの安全なのでね。

婦人部の仕事も、

「母子家庭だから」っていう理由だけでお断りするわけにもいかないし。

 

自分も、息子も、婦人部の方にも、

Win-Win になるにはどうしたらいいかな、

って考えたら、「婦人部の活動に、息子もいっしょに連れて行く」

(婦人部活動は休まない)という結論になりました。

 

まあ、息子も、発売されたばかりのてれびくんを読めたから、

ラッキーだったのよ。

 

あと、今日はわたしも、Win-Winにしていただいたことがもうひとつ。

 

朝のウォーキングを再開しようと、ママ友さんをお誘いしていました。

でもわたしは婦人部の予定があるので、

8時には家にいて準備をしたい。

けれど、ママさんとも早朝ウォーキングしたい。

 

婦人部のことをお伝えしたら、ママさん、

「じゃあ、いつもより1時間早い6時スタートにして、

7時には帰れるようにしよう。

そうしたら、eyesさんも婦人部に余裕をもって間に合うし」

と、ウォーキング時間を早めてくれました。

 

ママさんも早起き大変なのに、

わたしの都合に合わせてくれて、

ありがたかった〜。

 

ママさんともウォーキングできた。

息子にゆっくり朝ごはん食べさせる時間もあった。

婦人部の活動に遅れないで参加できた。

 

ああ、これもWin-Winだね。

三方良し、かな?

 

わたしがWin-Winを目指すときは、

手帳を駆使して、

自分中心のスケジュール管理で何とかしようとするんだけど、

ママさんがくれるWin-Winは、

いつも相手のことを思いやる優しさで満ちている。

 

これからも、日々Win-Winになる方法を考えていくと思う。

でもそれだけではダメで、

ママさんのように優しい気遣いも、

身につけることができたらいいな。

ゆるベジロジックがあればこそ。

今日のお弁当も、卵&魚ぬき!

 

息子のコピー給食を、わたしのお弁当に詰めたものです。

 

メニューは、

・クーブイリチー(沖縄料理、昆布の炒め物のこと)

具は、昆布・豚肉・にんじん・干し椎茸。

 

・キュウリのスタミナ炒め

キュウリ・鶏ささみ・ゆるベジ万能ダレ・ごま。

 

・いわしのフライ

いわしの代わりに豚ミンチ・塩・ナツメグ・海苔・衣は水溶き小麦粉。

フライ用のパン粉を切らしてたから、

天ぷらみたいになっちゃったな。

 

 

海苔を使うと、

魚じゃなくても(肉でも野菜でも)、

海産物みたいな味になる、と知ったのはゆるベジのおかげです。

 

他にも、

中華風の味つけなら、ごま油+ショウガ+醤油。

洋風の煮込み料理なら、オリーブオイル+ニンニク+ローリエ、とかね。

ゆるベジレシピから学んだことがたくさんあります。

 

息子が生まれるまで、

わたしの料理は、

テキトーに作りはじめて目指すものから遠い仕上がりになるか、

レシピどおりにきーっちり作りすぎて、

材料ひとつ欠けただけで完成できなくなるか、

の両極端でした。

 

だから、めったに使わない調味料でもひととおり揃えたりしてね。

 

息子の卵&魚アレルギーで出会ったゆるベジ。

いちばんの収穫は、料理に使わなくてもいい材料を知れたこと。

ダシをとらなくても、おいしいおかずが作れるってわかったこと。

 

給食で魚を使うメニューが出ても、もう緊張しない。

他の材料でアレンジできるようになったからね。

それは、ゆるベジロジックがあればこそ♪

 

今週も、コピー給食を作り終えることができて、

ホッと一息ついてます。

 

今週も、1週間、おつかれさまでした!

夏の靴は、5月に買う。

美脚のための、第一歩!

 

メルカリで売上げがある程度たまって、

そのお金を何につかおうかと考えていました。

 

ただ貯金するのであれば、これから働きながらでも、できる。

2月からせっせと不要品を出品して得られたお金は、

本来なら、なかったもの。

不要品をイッキにゴミに出していれば、手に入らなかったお金。

 

苦労してひとつひとつ物を手放すことを経験してきたので、

今度から、何かをひとつ手に入れる時は、

妥協せずに「いちばんすき」を貫こうと決めました。

 

そこで今のわたし、何が欲しいかな〜と考えたら、

「きれいなパンプス」

でした。

 

ヒールが高すぎず低すぎず、

背筋をピンと伸ばして歩ける物。

色は、夏にむけて明るめの色。

 

脚を美しく見せるために、

靴そのものが美しいデザインのものがいいな。

 

でも、地元のデパートってなかなかそんな靴に出会えないのよね〜。

何店舗もまわって探す時間もないし…。

わたしの足、大きいからサイズもないし…。

 

いろいろできない言い訳をしつつ、

今月ネット検索していたら、

あっさり出会ってしまいました。

イメージしていたとおりの、きれいなパンプス!

しかも、大きめサイズも、まだ在庫がある!

 

サイズ交換も1回だけ送料無料ということで、

はじめてネットでパンプスを買いました。

これまでは、「靴はお店で試着して買うもの」って思いこんでいたから、

ネットショッピングには抵抗があったの。

 

でも、自分に合うブランドがわかれば、

今後もリピートしてネットで買えるわけだし、

時間の節約にもなる。

今年はチャレンジしてみることに。

 

足のサイズ25.0cm強のわたしには、

靴のサイズ38はちょっと指があたって痛かった。

サイズ39がちょうどいいようです。

 

そして、足の大きい自分には合わないとあきらめていた、

ポインテッドトゥ。

実は、足の親指より人差し指が長い(ギリシャ型)わたしにとっては、

足の形に沿っている自然な形なんだと知りました。

あと、アーモンドトゥもいいらしい。

これまで選んでたスクエアトゥが、自分の足には良くなかったことが判明。

(参考→★痛くならないパンプス選び★自分の足型を知ることで劇的に変わる履き心地

 

な〜んだぁ、これまでは無理してスクエアトゥを選んでいたけど、

自分の好き(ポインテッドトゥ)にしたがっててよかったんじゃん。

 

夏用の靴でも、人気のものは在庫切れになっていたので、

5月中に買ったほうがいいです。

6月になると、雨対策でレインシューズが多くなるしね(実店舗も)。

7月にはセールが始まるので、わたしのようにサイズが平均からはずれている人は、

在庫が残ってないと考えたほうがいいね。

 

どうせ買うんだったら、早い方がいい。

サイズ交換の在庫もあるうちに。

と考えたら、今後も、夏用の靴を買うのは、5月までがベストかな。

 

30代最後の年になってようやく、

パンプスジプシーから抜け出せそうです。

 

さあ、美脚のための、第一歩。

こんなに高いヒールは久々なので、

おっかなびっくりだけど、踏み出してみることにします。

 

<<back|<1234567>|next>>
pagetop