May 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

PTA資料の引き継ぎ方法

こんなに大量の資料、10分でどうやって引き継げっちゅーの。

 

2016年度PTA関係の仕事は、地区部員でした。

自分の地区の子ども登校班や、朝の旗ふり当番表づくり、

夏のプール当番表づくり、そのお世話。

あとは、道路のストップマーク(足形の「とまれ」マーク)を塗り直したり。

これね↓

 

2015年度の広報部長の仕事に比べれば、楽勝楽勝♪

一部員としての仕事だけなので。

 

で、来年度の部員さんへ資料を引き継ぐ時期になりました。

去年の今ごろ、わたしが前部員さんからひきついだファイルが、これ↓

どーんと4冊。

 

中身を見てみたら、ほとんどが過去の部会資料。

インデックスも一応ついてるんだけど、「H25年度」「H26年度」…って。

 

おいおい、これ、毎年ただファイルに入れてるだけで、

誰も整理しないまま冊数だけ増えてくパターンじゃん。

 

しかも、目的の資料がどこに入ってるのかもわからないから、

さがすのが面倒でファイル開きたくない

→部員としての仕事になかなかとりかかれない。

→ギリギリになって始めるので、やっつけ仕事になる。

→資料の整理をする余裕もないまま、来年度にそのまま回す。

 

こういう悪循環になるのがイヤなので、

資料の山がまわってきたら、中身を取捨選択しています。

やり方は、手帳ダイエットの方法と同じ。

 

紙をファイルから全出ししたら、いらないものは抜く。

そもそも2年以上前の資料は、なくても仕事できます。

残ったものを、順番にファイルに入れる。

 

入れる順番も、手帳と同じ。

1年の流れがわかるように、

・年間計画表を最初に。

・4月〜3月まで、イベントごとに順番に。

・ワンアクションで必要な資料が見つかるように、インデックスも作り直し。

 

ボロボロになっているファイルは、自分の代でこっそり捨てる(笑)

 

Before 4冊あったファイル

After 2冊に減りました!

しかも、中身は赤ファイルの半分くらいで収まってます。

負の連鎖は、ここで終わらせないとね(笑)

 

今月の部会では、新旧役員の引き継ぎがありました。

2月のうちに資料の整理をしていてよかったです。

部会でいきなり10分で引き継ぐように言われて、

他の地区の部員さんたちはザワザワ。

 

わたしはチェックボックスつきの年間計画表と、

仕事ごとに細分化した説明書を入れていたので、

来年度の部員さんにファイルをめくりながらざっと説明したら、

「あとはファイルを見て、わからないことがあったらいつでも連絡してくださいね(^^)」

と連絡先をお渡しして、スムーズに終わりました。

 

うん、10分間での引き継ぎも、不可能じゃない♪

ただし、その下準備にはちょっと時間が必要だったけどね〜。

これも、手帳でスキマ時間をみつけて進めていたのがよかったな。

 

日々手帳を使っていると、紙の山の整理にもひるまずに、

書類の断捨離に抵抗がなくなってきます。

手帳効果ですな〜。

 

さて、地区部の1年間も無事終えたので、

来年度は少しゆっくり過ごせそうです。

一家庭一役は仕事があるので、今度は何をやろうかな。

 

春の衝動買い2017

今年買った、春の色。

 

今年は、玄関そばの小さな花壇に、

きれいな色の花を植えています。

 

この形を見ると、いつもムーミンのニョロニョロを思い出す、

ムスカリ。

澄んだ青紫色がきれいなの。

そういえば実家の祖母の花壇でも、毎年かわいいニョロニョロが顔を出してたな〜。

耐寒性もあるので、わたしのような初心者向き。

 

ムスカリは球根なので、ほうっておいても毎年花が咲くんだって。

花言葉は「夢にかける思い」「明るい未来」。

 

その横には、去年の秋に鉢植えを買って、無事に冬を越した、

クランベリー。

食用じゃないよ〜、観賞用です。

花言葉は「心を癒す」。

 

いま住んでいる家は賃貸だから、本当は樹木は植えてはいけない決まり。

でも、一年草の花だと毎年植えなきゃいけない。

それより、多年草の、多少ほったらかしでもたくましく育ってくれる花がいい。

 

少しくらい大きな木になっても、退去時に根っこごと掘りおこして、

いっしょに連れて行けばいいかな?と考えて植えちゃった、

北海道生まれのハッピーベリー。

さすが北海道育ち、寒さには強いです。

これも秋に植えたけど、屋外で無事に冬を越しました。

 

春になるとまず気になるのが、

明るいイエロー。

えへへ、ずっとあこがれてたミモザ。

ホームセンターで、いちばん高さのある木を選んじゃった。

この色があるだけで、光がさしたようにぱあっと明るくなる。

今年から、このかわいい黄色い花といっしょに、春を迎えます。

 

花言葉は「秘密の恋」「友情」。

そして、3月8日の国際女性デーは「ミモザの日」。

 

寒さがゆるんできたら、モッコウバラの新芽も伸びてきました。

まだ植えて1年目だけど、5月になったら咲くのかな?

花言葉は「純潔」「あなたにふさわしい人」。

その下の、シバザクラも成長が楽しみ。

 

実家から母が手折って持ってきてくれたのは、

ひっそりと香る、沈丁花。

21年前に、わたしの高校卒業祝いに植えてくれた記念樹です。

弟の卒業時には山桜、妹は椿だったかな。

 

わたしだけ地味な花のような気がして、ずっと好きになれなかったけど、

毎年この香りが漂ってくると、

ああ、今年もまた、新しい一歩を踏み出す季節がきたんだなあ、と思えます。

花言葉は「栄光」「不死、不滅」。

 

花の樹のある生活にずーっとあこがれつつも、

賃貸だからとあきらめていました。

でも今年は、元気をくれるカラーが気になって、い〜っぱい衝動買いしてしまった!

洋服ではなかなか冒険できないから、せめて花の色でチャレンジね。

 

次に引っ越すときは、なんとかなるさ。

「いま、ここ」を楽しむ。

「いま、目の前の花」を愛でる。

 

スプリングカラーを楽しんでいる、2017年の春でした。

 

2月はメルカリ月間でした。

2月はメルカリ月間でした!

(サイトから画像お借りしています)

 

昨年末の大掃除で出た、不要品たち。

一カ所に集めると、こんなにありました。

ドッサリ。

畳1畳分埋まってます。

 

わたしはもう使わないけど、まだまだキレイな状態のものも多く、

ゴミに出すのはもったいない。

 

今年は新しいことにチャレンジする、

進撃の年にする!と決めたので、

以前から気になっていたネットフリマ、

メルカリに出品することにしました。

メルカリ:「スマホでカンタンフリマアプリ」

 

右下のカメラマーク「出品」をクリックすると、

商品の情報を入力する画面が出ます。

写真は必須です!

 

情報を全部入力したら、「出品する」をクリック。

あとは、購入してくださる方を待つだけ〜。

1日1〜2回、HPをチェックします。

購入されたら、登録しているメアドにも通知がくるよ。

 

思っていたよりすっごくカンタンだった!

アプリとかさっぱりわかんないわたしにもできた〜!

スマホは持ってないので、パソコンで出品しています。

今のところ、専ら出品側。

 

あな吉手帳を使っている人には、このアプリはわかりやすいはず。

出品した商品にコメントがついたり、購入されたりしたら、

「やることリスト」に通知がくるので↓

 

 

ページの右上ね↓

コメントしてもらったら返信を、

購入されたら発送をするように、

とおしえてくれます。

 

あとは、手帳のフセンをはがすのとおんなじ。

やることリストをひとつずつ、クリアしていくだけ。

 

2月から始めたメルカリでしたが、

1ヵ月の売上げはなんと!

マ、マジですか!!

まだ6品しか購入されていないのに、

送料や手数料を引かれてこの金額なので、びっくり!

 

リアルなフリマには何度か出店したことがありますが、

こんなに売上げ出したことないよ〜。

 

意外なものが売れてまして。

マタニティ用品は、出品直後に購入されました。

○○ちゃんベルト、中古だったのに定価の半額で売れましたよ〜。

需要が高いんだな〜。

 

メルカリ出品のキモは、

写真の撮り方と、

商品の説明を簡潔にすることかな、と思ってます。

 

わたし自身が、詳細すぎる文を読むのが苦手なので、

商品説明は4〜5行くらいしか書いてません。

その代わり、商品のタイトルには、

ひとめでわかるようサイズ・カラーなどまで記載してます。

 

そして、ウソは書かないこと(使用年数とか、傷の部分とか)。

欠点部分も、アピールしなくてもいいけど、隠さずに正直に書くこと。

 

値段設定に関しては、値切り交渉のコメントも来るので、

最初はお値段高めに設定しています。

それで購入してもらえたらラッキー!

プライシングの練習にもなってます。

 

メルカリのいいところは、

・金銭のやりとりはメルカリが管理してくれる

(販売手数料として代金から1割引かれますが)

・ラクラクメルカリ便だと、匿名で発送&受け取りができる

(個人情報を相手に教えなくていい)

・商品説明のフォーマットが決まっているので、出品しやすい

・商品画面が写真メインでシンプル、わかりやすい

・出品期間が限定されてない

・購入は早いもの勝ち

などなど。

 

これまでヤフオクには出品したことがなかったのですが、

それは、あの画面がゴチャゴチャしていてよけいな情報を感じるから。

ハードルが高かったんだと思います。

 

これからは、年末年始に不要品を整理したら、

新年度に向けて、それらを手放す準備期間。

 

2月は、メルカリ月間にします♪

コピー給食、未知の郷土料理。

大分県民のみなさん、「お方寿司」ってご存じ?

わたしは知らなかった!!

 

 

地味〜に毎日つくっている、息子のコピー給食。

この日のメニューは、

・お方寿司

・厚焼き玉子

・かしわ汁(写真なし)

 

お方寿司〜〜〜?

大分県の郷土料理らしいんだけど、

はじめて聞いたし、材料も全然わからない。

 

ネットで検索してみたら、

大分市竹中地区に伝わる料理らしい。

な〜んだ、かなりせまい地域限定の郷土料理じゃないの。

大分市から遠い山中で育ったわたし、知らないはずだ。

 

お寿司の具は、煮豆と焼きアジとのこと。

昔、農繁期の前の「地獄入り」の時期に、

お方(庄屋さん)が「がんばろうね」という気持ちをこめて、

農家さんにふるまったお寿司なんだって。

知らなかった〜。

 

息子は魚アレルギーなので、アジの代わりに焼いたベーコンを混ぜ込みました。

シンプルに塩味で。

 

豆の入ったごはんって、めずらしい。

あ、でも、赤飯もそうか。

 

卵を使ってない、厚焼き玉子風。

蒸しカボチャ・薄力粉・ベーキングパウダー・水の生地に、

刻みネギを混ぜてます。

 

うまく焼けるようになったのは、これのおかげ↓

台所の奥にしまいこんでいた、

銅製の玉子焼き器。

 

10年くらい前に買ったものだけど、

息子に卵アレルギーがあるとわかってからは、

しばらく使うこともないだろうと封印してました。

 

8年ぶり?にひっぱり出してみて、

厚焼き卵風を焼いてみたら、

まあ、なんといい感じ!!

熱の伝導性がいいからか、とってもきれいに焼けました。

 

手放す予定の道具だったけど、

晴れて、うちの調理道具一軍に復帰。

試しに使ってみてよかったよ〜!

 

コピー給食は、メニューになるべく忠実に作っているので、

未知の料理にもしばしば遭遇します。

 

大分県の郷土料理って、

かしわごはん、団子汁、じり焼きだけじゃなかったのね。

 

お方寿司ミッション、無事クリアしました。

バレンタインチョコ2017

昔から、チョコはあげるより、もらう方が多かった。

 

今年のバレンタイン、息子にあげたチョコレートは、

KALDIでこんな面白いチョコレートを見つけつつも↓

(仮面ライダーエグゼイドにハマってるから、

こんな薬型のチョコなんてどうかな〜と思って)

 

バレンタイン当日にあげたのは、

やっぱりこんなチョコでした↓

エグゼイドと同じくらい好きな、ピカチュウ♡

 

こっちのパッケージの方が、断然よろこぶだろうな〜と思ってたら、まさに。

「かわい〜♡このピカチュウ、かわい〜♡シッポが〜」と、大喜び。

母のジャケ買い、成功でした。

 

わたしはというと、昔からなぜか、

チョコは異性にあげるより、同姓からもらう方でして。

 

かといって、決してわたしは女性にモテるタイプではない。

スポーツができるかっこいい女子だったわけでもない。

恋愛にも奥手で、どんくさい女の子だった。

 

一匹狼な単独行動ばっかとってたし、

口下手でコミュ障だったし。

 

だから、2月14日はすきな男子にチョコレートをあげる日、

なんて思ったことがないです(笑)

 

でも、不思議なことに、

高校生のころから、

バレンタインは、チョコをあげるよりもらうことが多い。

あ、毎年ではないけどね。

 

それは、義理チョコ以上、本命チョコ未満。

今でいう友チョコに近いような…。

 

今年は職場の先輩女性から、

こんな高級チョコをいただいてしまった!

ヒイイ…美しすぎて、食べるのがもったいない。

 

昔から、2月14日って、

まわりに対して警戒心バリバリで過ごしているわたしに、

周囲のやさしい女性が気遣ってくださる日。

 

「ほら、おいしいチョコレートあげるから、そんなに警戒しなくていいよ」

「もっと心開いていいのよ」

という意味がこめられてチョコが贈られるのが、

わたしにとってのバレンタイン。

 

野良猫が餌付けされてるような日(笑)

めんどくさいヤツで、すみません。

 

市販のチョコばかりではなく、

ゆるベジのチョコレートお菓子も作ったよ〜。

 

プロスク同期のミキティさんのレシピ。

里芋チョコプリン♡

 

ちょうど、バレンタインの日の給食は、

デザートがチョコプリンだったのです。

よっしゃ、わたしにはミキティさんのレシピがある!と心強かったです。

朝の忙しい時間にも作れたよ。

 

息子が給食で食べるつもりが、

この日は欠席者が多くて、デザートを出すのは延期になったそうな。

みんながそろった日に食べるんだって。

学校の給食って、そんな融通がきくんだねえ。

わたしたちの頃は、あまった物はじゃんけんで勝った人が食べてたぞ。

 

家に持ち帰って、夕食のデザートにいただきました。

このごろ目がまわるほど忙しかったので、甘いものでホッとひといき。

 

バレンタインは、チョコレートで心をゆるめる日なんだと思うよ。

<<back|<123456789>|next>>
pagetop