July 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

メイクも、夏用にアップデート。

メイクするよろこび、思い出したっ!

 

今月は本当に日差しが強い。

油断していたら、すでに顔や腕を日焼けしていて、

肌がくすんでしまってます…。

 

そして、秋冬用のリキッドファンデで過ごしていたら、

夕方には汗やら皮脂やらでメイクが落ちてしまうようになりました。

 

20代のころは、メイクアイテムは何を使おうとたいがい平気で、

資○堂の新色が出るたびに試していました。

ピエヌやマキアージュのキラキラ感、すきだったな〜♡

 

若いころは夏には強い日焼け止め(紫外線吸収剤使用のもの)

&それを落とす強いクレンジング、

で乗り切っていたけれど、

アラフォーの肌には、どちらも乾燥がひどくなるようで、

もう肌にのせるのさえつらい。

 

2年前に、石けんで落とせる安全なメイクを教えていただく機会があり、

講師の山田夏央美先生が、

エトヴォスというメーカーをすすめて下さって、

それ以来メイク用品はほとんどエトヴォスです。

 

ここの口紅は唇が荒れないからすき。

わたしは敏感肌ではないのですが、

口紅だけは、オーガニック系のメーカーのものでも唇の皮がめくれていました。

なんでだろ?

 

ちなみに、another~kitchenで受けた手づくりメイク講座の口紅は、大丈夫でした。

これからも手づくりで続けていくべきなのか…

材料そろえるところから始めるか…と思っていたところに、

やっと出会えた、安心してつけられる既製品の口紅〜♡

 

山田先生のメイクレッスンを受けたのは、もう2年前。

あのころと比べたら、

メイクのカラーも新色が出てるし、

この夏は、おしえていただいた色以外にも挑戦することにしました。

 

だって、今年は、わたしにとって、

(30代最後ってことで)進撃の年だからね。

メイクも攻めるよ(笑)

 

UVケア用には、

化粧下地のミネラルCCクリーム(SPF38、PA+++)

顔・体用日焼け止めのミネラルUVボディリキッド(SPF50+、PA++++)

を投入!

 

ある程度日焼けするのは仕方ないけど、

シミとシワは残さないでリカバリーしたいので。

 

そしてリップは、すこし日焼けした肌に似合う、

オレンジ系を買いました。

(わたしの肌はイエローベース。

一応購入前には店頭で色を試しています)

エトヴォスのパッケージは、デザインが美しくてワクワク♪

メイク用品としては、超高価!というわけではないのに、

パッケージには高級感があふれています。

開けるのがもったいなかった〜。

 

さて、ますます日差しが厳しい季節。

今週からは、新しい夏色で行くぜいっ。

 

 

 

 

 

 

1冊の本が、わたしの人生を180度変えた。

1冊の本が、わたしの人生を180度変えた。

 

3日前のブログで、

シングルマザーであることをカミングアウトしてから、

なんだかラクになりました。

 

これまで、

泊まりがけで県外の講座を受けに行ったり、

プロスクに通ったりしていた頃、

「旦那さんがよく許してくれるね〜。いいな〜」とか、

「旦那さんがよっぽどお金持ちなのね〜」とか、

言われて、本当のことを言えず、苦しかったから。

 

実は、その頃すでにわたしはシングル生活でした。

未来への投資だと思って、

貯金を切り崩しながらの生活。

でも、初対面の人に本当のことはなかなか言えないしな〜。

 

心を開ける数人の手帳仲間さんには、

シングルになる少し前から、

プライベートのことをお話ししていました。

 

みなさん、すごく優しくて、

ただただわたしの話を聴いてくれて、うれしかった。

 

シングルマザーになる理由は、

離婚、夫との死別、夫の蒸発…

いろいろあるとは思いますが、

わたしの場合は離婚です。

 

それも、1冊の雑誌を読んだことで、

それまでの専業主婦生活から一変、

離婚して、ひとり親になってもいい、

働きながら息子を育てていこう!

と決めました。

 

その本は、育児雑誌のクーヨン。

この本に出会ってなかったら、

今の自由な生活はなかっただろうな…。

 

たった1冊の本で、人生が180度変わることって、

あるんですね。

 

しかも、あの日あの場所に、

神様が用意していてくれたとしか思えない、偶然。

 

10年前のバックナンバーだから、

もう売ってないかも〜と思ったら、

中古でAmazon出品されていました。

今、注文して取り寄せているところです。

 

本が届いたら、

わたしの人生を変えてくれた記事について、

またおしらせしますね。

 

 

 

進撃の巨人にハマったワケ。

進撃の巨人にハマったワケ。

なんとなくわかってきました。

 

自分の過去と重ねて見てしまうからだ。

「(主人公たちが)壁に守られて平和に暮らしていたころ」を、

「(夫という)壁に守られて、一見しあわせに暮らしていたころ」に。

 

そしてそれは、偽物の平和だった。

 

 

「壁の中にいれば安全なのに」

 

「自由を求めて、わざわざ壁の外を見に行こうとする」

 

「壁の向こうに、どんな恐ろしいことが待ってるかわからないのに」

 

「それでも、見たい世界があるから」

 

「だって、そっちの方がワクワクするから」

 

 

あ〜、主婦になっても、40歳近くなっても、

わたしは永遠の中二病です。

 

進撃の巨人、Season2も見てますよ♪

シングルマザーだからこそ、ロジカル家事。

勝間さんと同じ、シングルマザーだからこそ。

「勝間式 超ロジカル家事」

(勝間和代 著、アチーブメント出版)

 

これまで家事の本はたくさん読んできたけれど、

家計のやりくりまで書かれた本は、はじめてだ〜!!

お金の管理も、家事の一部なんだと実感させられた本。

 

しかも、それは節約や貯金のすすめではない。

経済評論家の勝間さんならではの視点で、

投資の方法が書かれてあるのです。

 

 

わたしが勝間和代さんを知ったのは、

テレビ「金スマ」の特集でした。

ロードバイクに乗りヘルメットをかぶって通勤する、

バリバリキャリアウーマンの勝間さん。

すごい仕事人間なんだな〜、

きっと独身なんだろうな、と思いこんでいました。

 

その後、2013年に地元大分で講演会をお聞きする機会があり、

子育て世代の女性が働きやすい社会をつくるために尽力されていること、

そして、実はシングルマザーで、3人の娘さんを育てていることを知りました。

 

わたしもシングルマザーなので、

それ以来、勝間さんに親近感がわいたのを覚えています。

(いつからわたしがシングルかというと、このブログの9割方です)

 

勝間さんの「超ロジカル家事」では、

・最新家電に投資して、家事ストレスをなくす

・健康が一番の節約、スポーツジムより階段をのぼる

・ロジカルファッション、コスパがよく女性らしさを活かす服のルール

などなど、

普段主婦のわたしたちが考える「衣食住」以外のことまで網羅されています。

 

だって、子育てしながら毎日くりかえす衣食住って、せいぜい、

衣…衣類の洗濯、収納法、着まわし、古着活用法

食…時短料理、作り置き、子どもがよろこぶメニュー、献立の考え方

住…収納法、掃除の仕方

くらいなんだもん。

 

家事のうち、

家計のどこにいくらくらいお金をかけるべきかとか、

主婦の洋服の選び方まで書かれた家事本なんて、

ほとんど見かけないもん。

 

この本には、だからこそワクワクがいっぱい詰まっていて、

これからやってみよう〜と思えることがたくさんありました。

 

やっぱり、シングルマザーとしてゆずれないのは、

自分の健康管理。

常にワンオペ育児だし、

かといってシッターさんやヘルパーさんをお願いする経済的余裕はない。

でも一人でがんばりすぎて倒れたら、お給料出ないからね。

(時給で働いています)

 

だから稼いだお金はどこに使うか、

優先順位をつけねばね。

 

これまでに実践してよかったのは、

食洗機購入

(子どもと接する時間が増えた。主婦湿疹と頚椎ヘルニア軽減)

断捨離

(物は厳選して買う。物の管理に費やす手間を減らす。1つ買ったら1つ手放す)

お酒の習慣をやめる

(ダイエットも兼ねて)

ですね。

 

これからやろうと思っているのは、

生命保険の見直し

投資信託(ネット銀行口座はSBI銀行を開設済み)

です。

だいじょうぶ、やり方はこの本にくわしく載っているので♪

 

いま、息子は8歳。

10年後の18歳のとき、どうなっているかな?

大学に進むのなら、教育費をためておきたいし、

もし他にやりたいことがあるのなら、それもよし。

お金の使い方、活かし方を、教えられる母でいたい。

わたしの中での、10年後ギラギラ(野望)プランニング。

 

というわけで、

ロジカル家事のあとは、

勝間さんのこの本を読もうと思っています。

「お金は銀行に預けるな」

 

5月は、お金についての勉強月間にします!

 

メルカリ、3ヵ月間の売上げ公開!

2月にメルカリに出品を始めて、はや3ヵ月。

売上げ合計を公開します!

じゃーん!

 

な、な、なんと、

8万円近くになりました…!!

 

不要品を手放すために始めたメルカリ。

ひとつひとつ写真を何点か撮って〜アップして〜

商品説明書いて〜

と、裏ではとても地味な作業をしているんです。

 

でも、それらの作業がわたしには苦にならず、

とっても楽しかったので、続けてこれました(^^)

 

まだまだ使える物たちを、

袋にひとまとめに入れてゴミに出すことに抵抗があったので、

もしかしたら、どなたかが使って下さるかも?と思ったら、

アップするのが面白くて。

 

それがまさか、こんな大きな金額になるなんて思ってなくて、

ビックリ!

やってみるもんですね〜。

 

売れた商品について、ふりかえってみました↓

 

出品すると24時間以内に売れるほど人気なのが、

マタニティグッズや、育児グッズ。

 

捨てるはずだったけど、

状態がとてもきれいだったので出品してみた、

昔ながらのおんぶひも↓

売れました!

 

この商品は、

メルカリ販売手数料¥148(販売価格の10%)

メルカリ便送料¥600

を引いて、利益は¥732 でした。

 

もちろん発送前には、

洗濯して干して、スチームアイロンかけてシワのばして、

ホコリをコロコロテープで取って、

OPP袋に入れて梱包しています。

 

受け取った購入者さんからは、

「とてもきれいなお品でした!」と喜ばれました。

 

うんうん、やっぱり、売る方としても、

相手に喜んでほしいもんね〜。

 

 

未使用のハンドメイド資材も、よく売れます。

編み物にチャレンジしようとして購入した、

カラフルな毛糸。

結局、3年ほど使わずにしまいこんでいました。

購入価格の半額ほどで出品したら、

売れました!

 

¥6000で購入したものを¥3000で売ったら赤字だし、

自分の手元には何も残らないけど、

家に置いておくほうがもったいないもんね。

「わたしには編み物は無理だった!」

とわかっただけでも収穫です。

 

 

自然療法系の本も、人気です。

本は、梱包もラクだし、

ネコポス(¥195)で送れるのでありがたいです。

 

でも、出品する人も多いので、

大半は¥300〜¥500でやっと売れる状態です。

 

それでも、本を古紙リサイクルに出すことに抵抗があるので、

出品し続けますけどね。

 

 

出品に関しては、メルカリ攻略本とかを読んだわけじゃないけど、

売上げを増やしていくポイントは、

なんとなくわかってきました。

 

値段設定

同じ物が出品されていたら、価格を下げる。

出品されていなかったら、価格を上げてみる。

 

なかなか買い手がつかない時は、

じわじわ値段を下げてみる。

 

「いいね!」がついた商品は、

「もっと値段が下がったら買う」だと思っています(笑)

だから、ニーズ自体はあるということ。

 

出品のタイミング

商品は週末にアップしたほうが売れる気がします。

買いたい人が土日にじっくり検索するからかな〜。

あと、メルカリ事務局がポイントやクーポンを配布する時も、

買う人が増えるので出品のチャンス。

 

ニーズのある物だけ出品する

この商品、お金を出してまで欲しい人がいるかな?

と第3者の目線でチェック。

着古した洋服・汚れがひどい本・欠けた食器・動作確認していない家電などは、

買う方も不安になります。

使えないと思った物は、出品せずに捨てます。

 

悪い評価がつかないようにする

写真や商品説明で、やたらと盛らない。

商品を受け取った購入者さんを、がっかりさせない。

悪い評価につながります。

 

同じ商品が同じ値段で出品されていたら、

出品者の評価で判断されると思っています。

悪い評価がたくさんついている人から買うかな?

わたしだったら、いい評価がついている人から買いたいな。

 

買わない

メルカリには一見お得な商品がた〜くさん出品されています。

でも、物を手放すのにこんなに苦労してるんだから、

カンタンには買わないことにしています。

 

売上げが増えても、買わない。

欲しいものがあったら、一晩考えます。

70品売ったけど、わたしがメルカリで購入したものは、たったひとつ。

本屋さんでは入手困難だった雑誌のバックナンバーだけです。

 

 

さて、メルカリ出品強化期間も、一旦終了。

場所をとるものや、

もう使わない育児関係のものを出品し終えたので、

ホッとしています。

 

あと残っているのは、ソーイング用の布たち。

まだダンボール10箱分くらいあるのよね〜。

でも、こんなに縫う時間も情熱も、今のわたしにはない。

 

これは、1年くらいかけて、

季節に合わせて、ぼちぼち出品していこうと思います。

<<back|<123456789>|next>>
pagetop